今だけ 金だけ 自分だけ

2019–06–07 (Fri) 15:29
最近政府が「年金はあてにならないから老後を困らないためには夫婦で2000万円の老後資金が必要だ。」という試算を出した。
年金を株価維持に使って溶かし、65歳支給を70歳75歳80歳と段階的に引き上げる目論見で、果ては人生100歳、死ぬまで現役などと就労上限も取っ払うつもりらしい。
つまり「年金はないから自分で死ぬまで稼いでね」ということだが、ふざけるなと言いたい。
20歳から年金を天引きされても当たり前だと思っていたのは、老後は年金で暮らせる約束だったからだ。
小泉政権時代に「100年安心年金」という触れ込みで支給を65歳に引き上げたが、それでもまだ国民は信じていた。

それが安倍政権になって年金を株に突っ込み大損をして、65歳支給など覚束なくなってきたから何とか払わない方法を考えて「生涯現役」などと言葉を変え、死ぬまで働かせる方向にシフトし出した。
挙句の果ては自己責任論をぶち上げ、国の面倒はあてにするな、自己資金で老後を過ごせと言う始末だ。
福祉も何も期待するなというなら、全て自己責任だから税金も取るなと言いたい。

消費税を10パーセントに上げると言っているが、今までの消費税増税の時も福祉に回すという名目だったのに、なんと7割も法人税の引き下げに回していたのが発覚した。
法人税とは大企業にかかる税金のことだが、、つまりは金持ちに消費税を回しているわけだ。
その見返りとして企業は政治家や政党に多額の寄付をする。
つまりキックバックで自分達の懐に入るから、増税は国民のためではなく自分たちのためにやりたいのだ。
トランプ大統領の機嫌を取るために使い物にならない戦闘機を147機も買って6兆円献上し、TPP以上の悪条件も飲んで国内産業もめちゃくちゃにしてもどこ吹く風で未だに安倍政権は続いている。
政権に不利なことなどマスコミは取り上げないから、何も国民は判らず消費税も福祉のためと思っているが、無知は罪だ。

最近街を歩いていると明らかに70歳は過ぎている、もしかしたら80歳近くかもしれないと思うような老人の作業員を頻々と見かける。
交通整理や清掃作業員などはみな老人ばかりだ。
生き甲斐のためにやっているというより、明らかに生活のためにやっているようにしか見えない。
ちょっと前までは60歳定年後は夫婦で旅行したり悠々自適の老人が多かったが、今は年金も少なく働かないと生活できないのだろう。
かたや少数の上級国民が入る豪華な老人マンションや老人施設もあって、老後も激しい格差社会になっている。

先頃人生100年とうそぶいた口の曲がった大臣がいるが、100年など生きられるわけもなく、次々と死ぬか半病人になる老人が増えるのは目に見えている。
政権にいる連中はあと数年でその先は何が起ころうと責任を取らなくていいから、「今だけ、金だけ、自分だけ」なのだ。

私の周りでここ数か月で脳梗塞、心筋梗塞、孤独死と立て続けに起こっている。
それもまだ50代60代70の前半の人達だ。

本当に日本人でいることが怖いし情けなくなる。


a851a3a81c65acb20eecde6f5628e484.jpg





元次官息子殺害事件

2019–06–04 (Tue) 16:32
川崎の小学生殺傷事件に続いて東京練馬では元農水省事務次官が44歳の息子を殺害した。
いずれも共通するのは加害者も被害者も引きこもりの中年男性ということだ。

どちらも調べていくと発達障害的部分を持っていてそれゆえ学校でいじめられたり、長じても社会不適応で社会生活から落伍してしまったようだ。
後者はエリ-ト官僚だった父親が、そんな息子が社会の加害者になることを危惧しての結果だったようだが、何ともやりきれない事件だ。

息子は44歳無職でドラクエの有名なゲーマーで、ツイッターのアカウントはゲームの名前だが、自分自身のことも暴露している。
読んでいけば普通の感覚の持ち主でないのは判る。
父親の威光を嵩に特権階級を自慢しているが、母親に対しては異様な憎悪を吐露している。

単なる44歳の中年男として見るから異常に感じるが、彼はアスペルガ―症候群で統合失調症の診断も受けている。
川崎の犯人もそうだが、この二人は発達障害という共通の部分を持ちそのせいで社会に馴染めずトラブルを起こし、無職や引きこもりになったという同じ経緯のようだ。

犯罪者を調査すると発達障害や精神病質の割合が高い。
切れやすい、暴力をふるう、良心の欠如など、アスペルガーやサイコパスの特徴だ。
勿論アインシュタインやエジソンもADHDだったそうだから、突出した部分は人類の福音にもなるし厄災にもなる。

スピリチュアル的にはは人生のブループリントを持って来るから、殺人でさえ何かの予定調和と言えなくもないが、現実問題としては悲惨で本人達のカルマと片付けるには忍びない。

息子を殺した元事務次官はエリート官僚で、問題のある息子のことなどおくびにも出さず出世階段を駆け上がった。
池袋で数人を殺傷する自動車事故を起こしたエリート官僚の老人はいまだに免許取り上げだけで逮捕もされていないが、さすがに国家権力も殺人までは揉み消せなかったようだ。

二人ともエリート官僚だが、この二人には違いがある。
一人は事故を起こしてもまず自分の身元を消して権力を頼り保身に走った。
もう一人は自分の息子が川崎殺傷事件のように社会に迷惑をかける前に、覚悟を決めて自らの手で責任を取った。
後者の上級国民の方が、ある意味まだ人間としての良心を持っていたような気がする。

殺されたゲーマーの息子のツイッターが消されず、今でも閲覧可能になっている。
最後のツィートは殺される3時間前で、「誰も一人では生きられない」というような予言めいたことを残していた。
崇拝する父親の手でリセットされたことが、何ともの宿命を感じてしまう。



796aac2c099e8da9ea9f672901d7fa4e_s.jpg





苦手な人の対処法

2019–06–02 (Sun) 15:10
誰でも苦手な人や嫌いな人はいる。
一目見ただけでも何となく嫌な感じの人もいるし、話してみると反りが合わないと思う人もいる。

生理的に嫌だと思う人はまずの問題と思ってもいい。
波動が違う、ステージが違う、過去生で敵対関係や先祖の仇、はたまた出身星が宇宙戦争をした相手の星の人だった場合だってある。
人間として生きる過程で培われた思想信条、考え方、人生観などは違っても仕方がないが、それは物理的な問題ともいえるので努力次第で折り合いはつけられる。
しかし、本能的に相容れないと思う人はやはりこの世以外のところに問題があると思うしかない。

では、そういう人とどう接したり身を守ったらよいか。
これはメンタル面とスピリチュアル的側面から考えなければならない。
の問題となると如何ともしがたいが、仕事で逃げるわけにもいかない場合もあるだろう。
その場限りや接する回数が少ない場合は必要最低限しか近づかない、喋らない、特に相手と目を合わせない方がよい。
相手のオーラやエネルギーを極力避けるためだ。
目を合わせると相手と一瞬でも気脈が繋がってしまうことになる。
嫌いな人とは目を合わせたくないというのは、そういう本能が働いているから理にかなったことだ。

スピリチュアル的には波動を受けて何かネガティブな邪気を貰ってしまう可能性があるので、身を守るものを身に着けるのも効果がある。
一番いいのは魔除けの効能が強いパワーストーンブレスレットを左手に付ける。
あとは好きな神社のお守り、護符、粗塩、小さい鋏などもあるが、霊能者や占い師、ヒーラーなど人の邪気を受ける人は皆何かしら付けている。
鋏やカミソリを常に持ち歩いている人もいる。

しかし、どうしても仕事仲間のように常に接触を持たなければならない人は、思い切って発想を転換するのも一つの方法だ。
人を変えようと思ったら自分が変わるしかない。
嫌だと思っていたら必ず波動は伝わり相手も同じように思う。
苦手でも笑って挨拶するとか違う態度で接してみれば、案外相手も変わってくれたりする。
不思議に自分が苦手意識をクリアできれば、相手の方がいなくなることがよくある。

もう一つ、鏡の法則というのがあって、嫌な相手は自分も持っている嫌な部分をそこに見ているから、尚更嫌になるというものだ。
つまり同じ波動を持っているから引き寄せ合うのだ。
自身の同じ部分を認めて直すようにすれば、ステージが上がり波動が変わるので周りの人間関係も変わっていく。

不倶戴天の敵と思っても、実は過去生のカルマ解消で今世で巡り逢ったのかもしれない。
判っていてもなかなか実践するのは難しいことだが、苦手だと思う人も頭から拒絶せず、もしかしたら何か課題があるのかもしれないと考えてみてもいいのではないか。

他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる。


DSC_0532.jpg





« 前へ | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR