毒出し

2019–05–31 (Fri) 16:10
昨日絵描きの友人と会って、お茶を飲み食事をしてお喋りをして来た。
全然スピリチュアル的な事には興味のない人だったが、私と話すようになってブレスレット作成を頼まれたり濃い話もするようになっていた。
私も同様に困り事などを話してお互い知恵を拝借の感じだが、昨日も一緒にいた美術団体の話になった。
ネガティブな人間ドラマや残念なシステムで成り立っている組織図を一通り口説いた後、ふと同じ立ち位置で話している自分に気付いた。

人間は意識しなくてもネガティブな部分を持っていて、それを吐き出す為に周りのネガティブな部分を見つけ出し、一緒に自らも毒出しをしているのではないかと思う。
悲しいかな人を褒めるより人を貶す方が楽な場合も多い。
勿論悪口はよくない事だと誰でも知っているが、我慢出来ずに批判してしまうことはある。
その後後悔もするが妙にすっきりもするという経験はあるのではないか。

人を褒める時に「人の悪口は絶対に言わない人だ」という言い方がある。
人間が出来ていなければなかなかそうはいかないので、美徳の一つとして捉えられる特性だろう。

霊格が上がれば周りも低い波動の人はいなくなるから、自ずと人の批判や悪口は言う必要がなくなる。
しかし誰でも徳が高いわけではなく、上の褒め言葉は「人の悪口を言うのは当たり前」という前提があるのだろう。
スピリチュアルでは嫌な人間は、自分が同じところを持っているから鼻につくという解釈をする。
いわゆる鏡の法則だ。

しかし人間関係や周りの人を起因にして生まれるストレスも含め、デトックスのためには溜めたものを封殺せず全部吐き出すのが一番早い。
ネガティブを我慢して押し込めれば自分が壊れてしまうから、毒出しとして吐き出す必要がある。
良し悪しは別にしても、常に人を批判し悪口を言って毒を吐いている人間は、いつも元気で長生きだ。
我慢してやられっぱなしの人や、いわゆる「いい人」が、メンタルを病んだり寿命も短かかったりする。
残念ながら「憎まれっ子世にはばかる」は事実だ。

昨日話した友人は常識的で良心的な判断のできる人だが、さすがに「あれはひどいよね」という話はいくつかあって、私も同調しつつ結構話していた。
最後の方になって、なぜか彼女の顔が明るくなってすっきりしたのに私は気づいた。
多分話すことによって毒出しが出来たのだろう。

負の感情でも胸に溜まってきたら、できる限りどこかで思いの丈を話した方が楽になる。
聞かされる方は大変かもしれないが、元気でキャパの広そうな人を選んで聞いてもらおう。
自分が聞く方に回る場合は、弱っている時は邪気を引き受けてしまうので避けた方が良い。

お互い持ちつ持たれつのデトックスできる相手を持っておくと楽だと思う。



005.jpg





 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR