登戸殺傷事件

2019–05–28 (Tue) 16:58
今朝、川崎市登戸で19人の殺傷事件が起きた、
50代の男性がスクールバスを待つ小学生に刃物で切り付け、保護者の男性と小6の女児が亡くなった。
最後に犯人も自殺をしたが、なんとも痛ましい事件で言葉もない。

このような無差別殺人は過去何度か起きている。
池田小学校事件、秋葉原事件、養護施設やまゆり園事件。
いずれも犯人は捕まっているが、今回は自害したのでそこまで計画的だったと思われる。

被害に遭われた人達には何の罪もないのに、現実世界ではしばしば不条理な出来事が起こる。
本人には全く責任がないのに、災害や事件事故に巻き込まれ落命したり人生が変わる。
犯人が悪いのは言うまでもないが、何故私が?なぜ家族が?と思うだろう。
スピリチュアル的にはいくつか説明できるかもしれないが、そんなことは何の慰めにもならない。

ただ、場所が「登戸」というのを聞いて、私は「ああ、あの登戸か。」と思った。
ここからは私の勝手な妄想ワールドなのでスルーしてもらっていいが、日本各地にはいわくつきの場所が多くある。
古戦場や刑場、激しい殺戮のあった特定の場所があるし、また一定の地域などある程度広い範囲でも負の歴史があると怨念や怨霊が溜まりやすくなる。

登戸は旧日本帝国陸軍の兵器研究所があった。
広大な敷地に一時は1000人も働いていたという戦争のための研究所で、のちに中国で凄惨な人体実験をした731部隊もここの分隊だ。
生物兵器を作るためペストなどの細菌や毒薬を研究、それを詰めて風船爆弾を作りアメリカまで飛ばしたりした。
敗戦で戦争犯罪を逃れるため全ての資料を破棄してしまったが、どんな極悪非道な事が行われていたかは想像に難くない。

戦後明治大学の資料館となっているが、登戸はそういう闇の部分を過去に秘めた土地だ。
以前引っ越そうと思って実は登戸も調べたことがあったが、やはり名前を聞いただけで腰が引けた記憶がある。

一見不条理に見える災害や事件事故は、宿命や運命というの領域から見るしかないのかもしれない。
折しもトランプ大統領が訪日し安倍総理が彼を嬉々として軍艦に案内する時間に、日本が戦争の狂気を具現化した場所で事件が起きた。
何とも皮肉な感じがする。

被害者の方々に心からお見舞いを申し上げたい。



12a45938bcb427bb426157f8e4315f97_s.jpg





 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR