オーラの色を知る

2019–05–21 (Tue) 16:52
先日オーラ写真というのを撮ってみた。
遊びに行った観光地でお土産物店の一角にあったのだが、オーラの色だけならワンコインで撮れるというので興味半分でやってみた。
後から調べると単なるオーラ写真だけと体のチャクラから全身をスキャンし詳しい解説書をつけるコースがあるらしく、他でやる時は同じカメラでももっと高い料金で、私は観光地だったのでリーズナブルに撮れたようだ。

パソコンに向かって座り左手をマウスのようなものに触って体から出る微弱電磁波を測定すると、色分けされて出て来るらしい。
邪道だという霊能者もいるが、案外当たっているような気がした。
オーラと言ってしまえばスピリチュアル的なものになるが、人間の体は電磁気を帯びているのでそれを測定すると考えれば理にかなうのではないか。

私は上半身のオーラを調べてもらったのだが、その前に多分計測時に詳しく全身の微弱電磁波=オーラを機械は調べるらしい。
それを分析すればフルの料金になるのだろう。
私が見ていたパソコンの画面は最初全身とその周りのオーラを映し出したが、それが実にきれいな紫色で自分でも驚いたくらいだ。

オーラは紫色かマゼンダか銀色と言われることが多いが、それは外れていないのだと確信した。
実際の上半身のオーラ写真の色は部分的にグラデーションがあったが藍色という判定だった。
確かに写った写真ではインディゴブルーの部分が多いがラベンダーやピンクも入り頭の周りは白くて、味方によっては紫っぽいし多分オーラの見える人達は同じように見ていたのだろうと思う。

以前ソウルリーディングをしてもらった時、の色は透き通った紫と言われたから皆大きく外してはいないことになる。
多分オーラの色は自分の好きな色やいつも身に付ける色に近く、その日の気分によって変わるのならオーラの色も変わっているのだろう。

このカメラでパワーストーンを持った時と持っていない時や、自分自身にヒーリングをした前後で写した記事があったが、微妙に色が変わっているので、やはり体内から出ている電磁波も様々な影響を受けていると思う。
目には見えないエネルギーは確実に存在しているというのを改めて感じてしまった。

因みにオーラの大きさも測定してくれて、100までの10刻みでどれくらいかという測定方法だった。
普通の人は50~60くらいなのだが私は80あったので大きい方のようだ。
100になると芸能人や有名人らしいから、やはりそういう人種はオーラが大きいし存在感があったり人目を引くのだろう。
目立つ人はオーラの大きさ、つまり自分の出すエネルギーが強く大きいということだ。

オーラの色はベースは変わらないらしいが混じる色や大きさはその時の状態によって変わるので、何度か計測してみると面白いと思う。
自分の色が気になる人は好きな色やいつも着る服の色から大まかに予想できる。
そしてオーラの色の説明でその人の傾向も判るだろう。

好きな色は実はオーラの色で、ラッキーカラーなのだ。
いつも身に着けていれば、きっと自ら出すエネルギーもパワーアップするに違いない。



DSC_0108.jpg





 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR