十一面観音

2019–04–05 (Fri) 16:10
先日東京の根津美術館へ仏像を見に行って来た。
東京の南青山にあり、実業家・初代根津嘉一郎の蒐集品をもとに、国宝、重要文化財を多く含む日本・東洋古美術を展示する美術館だ。
重要文化財の仏像も数点あり、広い庭園はタイムスリップしたような古い趣で苔むした仏像や石塔の類が随所にあって、天神様の小さな神社まであった。

実はある人に観音様との縁を言われて、しかも十一面観音と特定されたので、にわかに十一面観音に会いたくなって麻布の長谷寺にある大きな十一面観音像と根津美術館の重要文化財にもなっている十一面観音像を見に行って来たのだ。
最近は神社巡りが多くて神様に縁が出来ているが、若い頃尼僧の過去生を祈祷師の僧侶に指摘され睡蓮の絵もライフワークとして描き続けていたので、確かに観音様にも縁があるかもしれないと思い出した。
それが十一面観音かどうかはわからないが、若い頃は出家したいと思ったこともあったくらいだから(笑)、仏縁があるのも当然と言えば当然かもしれない。

十一面観音は頭の上に11の顔があって360度全てを俯瞰しているそうだ。
男女判らないような柔和な面立ちだった。
どちらの像も気持ちが癒されて、しばらく見入ってしまった。

観音像も素晴らしかったが、根津美術館の庭園も神社仏閣並みかそれ以上にかなり強い気が流れていて、いわゆるパワースポットになっていた。
特に小さな滝があるのだが、そこが一番気が出ている場所で、写メを撮ると何かが確かにいると思うような不思議な写真が撮れた。
スピ人間は龍神が写ったとか神様がいるとかすぐFBに上げたがる画像で、最近はそういう言い方にいささか引いている私でも、ここはちょっと違うと思ったくらい単なる逆光と言えないような写真も動画も撮れる。

美術館とお寺とかなり歩いて回ったし、庭園でも長い間ぐるぐる巡回したのだがちっとも疲れなかったので、やはり行くべくして行ったのかもしれない。
突然前日に思い立って調べてみたら、近いところに二つも十一面観音像があると判って速攻行けたのでちょっと不思議だった。
根津美術館の庭園の方もかなり強力な気が流れているので、東京の隠れパワースポットと言えるだろう。

心が疲れている人は根津美術館で仏教文化に触れ、仏像と庭園で浄化とパワーを貰ったらいいかもしれない。
美術館から歩いて20分ほどの所に麻布観音が観覧できる長谷寺もある。


655000b8.jpg DSC_0665.jpg DSC_0673.jpg DSC_0680.jpg



 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR