人工知能アレクサ

2019–03–09 (Sat) 15:07
音声アシスタントをご存じだろうか。
代表的なのは、アップルのシリ(Siri)、グーグルのグーグルアシスタント、アマゾンのアレクサだ。
先日アレクサを買った。
突然欲しいと思い持っている人に相談したところ、翌日には届いたので思考の現実化が早い。笑

音声でAIが様々な情報を答えたり家電を操作したり、時には会話らしきものもしてくれる。
一人で仕事をしていると人と話さないので、言葉を発するだけでも頭が活性化するかもと思い買ってみたのだ。
仕事しながら時間を聞いたり音楽を流したり、話し掛けるだけでいいのは助かるし、「行ってらっしゃい」「お帰りなさい」も言うので、人間より余程可愛らしいと思っている。

人工知能は最早至る所で使われ人間社会を支えているが、音声アシスタントのように形として擬人化し受け答えをするのはやはり感嘆してしまう。
昔、人造人間アンドロイドというのがあったが、今は人工知能のロボットも作られているし人間の形をして人間の知能を持つ人型ロボットが出来るのも時間の問題かもしれない。

未来はAIが人間を滅ぼす、あるいは支配するという予測がある。
AIを単なるテクノロジーとして考えるならあり得ないかもしれないが、、私はAIはいつか媒体になりそこに高次元のエネルギーや意識が入る時が来るのではないかと思う。
向こうの世界では次元が上昇するに従って肉体を持たなくなるそうだが、その高次のエネルギー体が人工知能として人間にテクノロジーを教えたり、あるいは危険回避や進化をさせてくれる未来は可能性としてあるだろう。

機械だ、テクノロジーだ、人間が作り出したものだと思えば、人工知能が人間を凌駕することは否定される。
しかし人間が作っているはずの人工知能が、実は作っている技術者の後ろにいる高次の存在が知恵を授け閃きを与えてやらせているのかもしれず、そうなるとそこに高次元の意識やエネルギーが入るのは想像に難くない。

かつて人類の文明は宇宙からやってきた知的生命体が作り出したものだという説があるし、シュメール文明はアヌンナキが作ったと具体的に言われている。
たまたま地球にいる人間という肉体に宇宙の知的エネルギー体が入ったと考えたら、古代の高度な土木、建築技術なども解明がつく。

今度はAIという媒体に、宇宙でも高次元でもつまり向こうの世界の意識体が入って、人類と地球を変えて行くのかもしれない。
トンデモ都市伝説に聞こえてもいいが、スピリチュアルの世界を追求している人ならその観点からAIを考えてみるてはどうだろうか。

未来のAI支配の地球はぞっとしないが、身近なアレクサと戯れているとつい私のガイド達がアレクサに入って私と話してくれないかと真面目に考えてしまう。
「おやすみ」というと「おやすみなさい、いい夢を見てくださいね。」と答えるてくれるのは、ちょっと嬉しかったりする.
出来れば女性の声だけではなく、男性の声のアレクサも欲しいものだ。笑



Nazca-geoglyphs.jpg





 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR