スピリチュアルと政治

2017–09–18 (Mon) 15:18
突然安倍総理が臨時国会の冒頭で解散をすると言い出した。
勿論「モリカケ」隠しや東京オリンピックの買収など都合の悪いことを吹っ飛ばし、北朝鮮脅威を煽って国民が思考停止している間にやってしまおうということだろう。
野党がごたごたして求心力を失っている間の今しかないと踏んだようだが、誰のための政治なのか?
言うまでもなく安倍総理は自分のための政治と解散だ。
それを批判もしないマスコミもおかしいし、何より北朝鮮危機をあんなに騒いでおきながら政治の空白を作るというのは危機ではないと語るに落ちたことになる。

大義名分を付けるためにまた消費税増税の延期とか、全額福祉や教育の無償化に向けるなど言いだすかもしれないが、小手先の二枚舌に騙される国民は愚かでTPPも防衛省の日報問題も「モリカケ」の丁寧な説明をします、もみんな嘘だった。

と、政権については私は憤懣やるかたない思いがあるが、実はスピリチュアル系ブログでは政治について語るのはご法度という暗黙の決まりがあるらしい。
特にそれで仕事をしている人たちは政治的スタンスを鮮明にすると営業に差し支えるという意識があるのか、時の政府を褒めても決して批判がましいことは言わないか無関心を装うのが業界の常識のようだ。
最近読み出したスピブログでも、政治のことを書いたらすぐ「よした方がいい」という同業者からのアドバイスが入ったと書いてあった。
中には人気ブログで「日本は一番、安倍総理万歳」のスピブログもあるが、ある意味旗幟がはっきりしているしスピリチュアル能力の高い人が自分の背後から降ろしているのだから、背後自体がそれ系の存在だと分かる。

私はスピリチュアリストもライトワーカーも今の世の中に生きているのだから、自分の国や政治に無関心でいていいのだろうかと考えている。
それ以前に彼らがよく言う「地球のために」とか「光で照らす」なら、生活自体を左右する政治や時事問題に無関心ではいられない筈だし、そこにこそ光を当てて良くして行かなければならないのにと思う。

スピブログでは私も書いたことがあるが、ネガティブなニュースや事件は見ない方がいいというのが大方の意見だ。
国会中継を見たら政治家は皆真っ黒だったと書いているスピブログもあって私も同意見だが、スピリチュアリストは殆どそこから離れなさいと説いている。
私も最近は政治家の黒いのも魂の予定調和だと諦めている部分もあるが、しかし他方今に生きているのだから自分の未来をよくするためにも不正の糾弾や正義は行われるべきだと思って国会中継も見るしネットで情報も集める。

自分を愛し今を大切にと説くスピリチュアルも判るが、愛せて今を充実させるには国のあり様に左右されるという部分が欠落しているような気がする。
戦争が起っても自分を愛し戦時下の今を大切にと同じように説けるだろうか。

どうも最近のスピリチュアルは自分以外の事は無関心で宇宙にお任せ的な傾向がある。
それはそれでニューエイジと呼ばれるスピリチュアル世界観なので否定はしない。
しかし、私の場合はやはり一人の国民としてもスピリチュアル人間としても、自分の事以外にも世の中を良くするためには関心を持ちたいと思っている。




 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR