スピリチュアル的属性

2017–01–24 (Tue) 17:44
神社仏閣へ行き出してから一年余りが経つが、神様にもそれぞれ相性のようなものがあってスピ系人間でも系統が違うようだ。
ここへきて偶然の一致というかやはり不思議に感じることに出会った。

今年の初夢で鞍馬山へ行く夢を見て来月行くことにしたのだが、私が懇意にしている陰陽師とアカシックレコードのリーダーが二人とも鞍馬山に縁が深いということが分かったのだ。
陰陽師は名前を聞いたら誰でも判る系譜の人だが幼少の頃から京都の鞍馬山の裏側で厳しい修行をさせられていたそうで、修行が終わって陰陽師の師である父親に貴船神社の側のお店で鮎のお茶漬けを食べさせてもらうのが楽しみだったと言っていた。
アカシックの若いリーダーの女性は京都に住んでいた時神社仏閣は興味がないのに、鞍馬寺だけは好きで何度か行ったと言って懐かしそうだった。

二人の話を聞いて偶然にしても何か通じるものがあるのだろうかと思わずにはいられなかった。
ソウルグループなのか同じ星の出身なのか地球での同じ仕事仲間なのか、とにかくスピリチュアルのスキルも分野も違うが同じ鞍馬山をキーにしているところは何か共通するものがあるのかもしれない。

よく神社でも伊勢系、出雲系と言われるが、神社仏閣ブログを読んでいると幾つかに属性が分かれるような気がする。
一方のブログで礼賛している神社が他方のブログでは否定的に書かれていたりしてどっちなんだと思う事があるが、多分どちらでもなく属性、相性の問題なのだろう。

また、龍神系、稲荷系、天狗系という分類の仕方も読んだことがあるが、これも当てはまる所があり結構的を得ているかもと思ってしまった。
龍神系の人は雨女雨男で稲荷系は晴れ女晴れ男というのは当たっている気がする。
天狗系の人は優秀だが傲慢で鼻が高くなるというのはそのものずばりで笑ってしまった。

しかし同じ龍神系でも伊勢系がいたり出雲系がいたりするから何とも複雑だ。
属性が分かったからどうなんだと言われそうだが、少なくとも私の場合は多分行って気持ちのいい神社やまた行きたくなる神社、何故か行くことになる神社が自分と相性がよく縁がある神社だと思うようになって、それが属性なのかもしれないと思っている。

しかし私の場合天神様の菅原道真公が何故か好きだが、多分学問の神様である所に惹かれたという単純な理由があるのかもしれない。
大国主命も好きなのだが、頭が良い人やイケメンが好きという実に安直な理由が成り立つと気が付いて思わず苦笑してしまった。

神様、申し訳ありません。


482495_412483615513058_396068091_n.jpg




 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR