占い師は辛い

2017–01–20 (Fri) 17:30
占い師は人の人生に関わることになるので責任は重い。
軽いノリでちょっと手相を観てほしいぐらいのお客ならいいが、中にはメンタルを病んだり重い病気を抱えたり、背負っているものが厄介なお客もいる。
藁にも縋る気持ちで占いに来るクライアントには慎重に対処しなければならないし言葉を選ばなければならない。

鑑定者も仕事ではあるが、全身全霊で取り組もうとすれば身が持たないのでそこは線引きが必要となる。
鑑定でも引き寄せの法則や鏡の法則は当てはまり、鑑定師と似たような波動の客が来る場合が多い。
私もふらりと入った占いで、占い師と友達になったことが何度かある。

占いを生業にして人気もある占い師は客と個人的な接触は一切取らないというスタイルを徹底させている人が多いが、駆け出しだったリ専業でなければ前者はお客を増やすため、後者は仕事としてのボーダーが曖昧でお客と個人的な関係になる場合がある。

勿論友人になって一個人として付き合うのはいいが、これが男女の場合は何かとトラブルが付きまとう。
かつて知り合いだった女性霊能者は、男性と同棲していた時も随分とその彼に能力を使わされたらしい。
仕事に彼女の霊能を利用して、彼女のリーディングが当たり結構な成功を収めたようだが、段々彼女はそれに疎外感を持つようになったと言っていた。
いわゆる霊能コンサルを無料で彼氏にしていたわけだが、彼はその能力を含めて彼女を好きになったのだろう。

男性占い師がお客の女性を食い物にしたり、逆に男でも女でも異性のお客にストーカーのように付き纏われることはよく聞く。
占い依存症は男女の場合は恋愛感情が絡む場合が多い。

先日も知り合いになった若い男性占い師に、女性客との恋愛トラブルの話を聞いた。
見えない世界を見るようになると前世の関わりなども普通の人よりも大きな位置を占めるから、人との付き合い方や関係も特殊なものになってしまいがちだ。
お互い気が合うと前世で何かあったねとかツインソウルかもと期待して、それで恋愛感情と錯覚してしまう場合がある。
その占い師の彼は最初はお客の彼女とは前世の縁だと思ったらしい。
結局うまく行かなかったと言っていたが、私はその彼に最初にリーディングした時判らなかったのかと聞いたら、「よくわからなかった」と言っていて、占い師は自分の事はフィルターが掛かるというのはやはり本当だと苦笑した。

若いのだから占い師の修行と考え同じ轍は踏まないでねと言ったが、スピリチュアルを理解する人間が陥りやすい「前世の関係」「ソウルメイト」「ツインソウル」というトラップには気を付けなければいけない。
実証できないものだから思い込むのも危険だし、仮にそうだとしても前世と今世は違うのだからそれに囚われる必要は全くない。
最初にそれありきではなく、後からそうだったかも程度でいいと思う。

占い師もなかなか大変だ。




 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR