運命鑑定

2017–01–08 (Sun) 19:57
私は算命系の占いには詳しくないが、四柱推命や九星気学、紫微斗数、占星術などどれも通底するものがあって同じような結論を導き出す。
究めていくと死ぬ日までわかるそうだが、未来は変わるのでそれもアカシックと同じでその可能性が高いという日なのだろう。

ただこれらの占いでも例えば10年周期だったり12年周期だったり、運気の高低があっても空亡や天中殺など運気低迷の時期は違っている。
幾つか調べたら最低運気が順番に来てひどい人生だと嘆いてた人がいたが、確かに四柱推命では良くても九星気学では悪いという場合がある。

先日四柱推命をかじっている人に命式を出してもらい色々話を聞いたが、私は悪い星回りが他の占いとはずれているそうで
「悪い運気ばかりが続く」とがっかりしたら、面白い見方を教えてくれた。
曰く、運気低迷期が占いごとでばらける人は逆にひどい低迷期がないという事で、ある命式では低迷期なのに違うものでは好運期なら相殺されていいという話だった。

なるほど、そう考えれば人生でどん底期はないともいえる。
運がいい人だと言われ物は考えようだと思った。

かつて九星気学の亜流のような独自の占いをする人と話した時にも参考になることを聞いた。
厄年や運気低迷期で悪いことが起こると考えられているが、実は本人だけの問題ではなく本当に悪いことが起こる時は家族や肉親の空亡や天中殺が重なった時だというのだ。
つまり影響し合う間柄同士で皆同じ運気を共有しているのが一番怖いという事らしい。
確かにそういう間柄は悪い事、例えば事故、病気などもお互い影響を受けるから被るわけだ。

自分一人の運気を知ればいいのではなく家族や肉親、大事な人の運気も併せて観て、初めて未来はどうかというのが占えるのかもしれない。

人間は一人で生きているのではない。
家族や肉親という切っても切れない間柄の人達の運命もお互いに関わり合っているのだから、占ってもらいたいと思う時でも自分一人ではなく周りにも影響されるという事を頭の片隅に置いておいた方がいいのだろう。

人生とは自分だけのものだと思っても、実は多くの他者が関わって織りなして行く壮大な物語なのだと思わずにはいられない。




日常の不思議な出来事

2017–01–05 (Thu) 17:20
新年になったがまだ初詣に行っていない。
神社オタクとしては元旦の0時に駆けつけてもよさそうなものだが、どうもあまりに人が同じ意識で神様にお願いしている場所には神様を感じるより人の凄まじい念を感じてしまう気がして、静かになってからゆっくり今年一年のご挨拶に行こうと思っている。

というわけで、自由業は殆ど正月も関係なく仕事をしていたわけだが、家にいてもここ数日ちょっと不思議で嬉しいことがあった。

私はスピリチュアル世界を普通の人よりは知っているつもりだが、他のスピリチュアリストのように神や天使と話したり見えないものが見えたりガイドに魔法のようなことをして貰ったりしてはいない。
様々な事象をスピリチュアル的視点で見ることはできるが、それとて確証があって検証できるわけではない。
ある時スピブログを書いている人と会う機会があり「あんなこと、こんなことすごいですね。」と聞いてみたら、実際のところは本人自身も確信があるわけではないというようなことを言っていた。

些細な事でもガイドや不思議な世界のおかげだと考えたり自分の願望がそう思わせるのでも、本人がそれで生活に潤いが出ればそれはそれでいいと思う。
ただ人様にそれを押し付けたり、有料の場所で説くのは慎重にしてほしいとは思うが。

前振りが長くなったが、私は去年黒揚羽を数え切れないぐらい見たので、これはメインガイドが見せてくれていると思っていた。
最近は蝶はどこにもいないが、二日ほど前彼に新しい年だしまた黒蝶を見せてほしいとお願いしてみた。
するとその夜何気なく見たスピブログの時計パーツに黒蝶が飛んでいたので、びっくりしてしまった。
嬉しくなり同じテンプレートを拝借して、このブログにも貼り付けたところだ。(ダウンロード自由のもの)

二つ目はパワーストーンに聞いてみるという記事を読んで、今更ながら一番好きなアメジストのブレスレットに話し掛けてみたところ、なんと突然あることが閃いた。
同じ18mmのアメジストの玉が残っていて、その一個がゴムの結び目が穴に引っかかってしまい何としても取れなかった。
取ろうと刺した針が折れて放置していたのだが、それを抜いてほしいと言っているような気がした。
それで、何時間もかけてもう一度穴に引っかかったゴムを取り、それを使って新しいブレスレットを組んだところ、とてもいいものが出来て私自身も嬉しくなっている。
どうしてもゴムが取れなかったのだが、なぜか今回は取れるという確信があったので不思議だ。

三つ目は来月鞍馬山へ行くことにして昨日からビジネスツアーを調べていたが、決めたパックを取ろうとしたら直前までその日に○印がつていたのにクリックするとその日だけ×印が付いて駄目になっていた。
手頃だと思ったパックだったのでがっかりしたが、その日に行きたかったので他を探したところ同じ条件で同じホテルで何千円も安いツアーが見つかったのである。
これにはびっくりしたが、絶対ガイドか誰かが教えてくれたと思った。
その分京都で美味しいものでも食べなさいと。

やはりガイドはちゃんと側にいてくれるのだと思えて、とても嬉しかった。
日常の小さなことでも「ラッキー!」と思うようなことは、もしかしたらガイドや守護霊のおかげかもしれない。

DSC_1791.jpg




初夢とシンクロ

2017–01–02 (Mon) 16:39
2017年も穏やかに明けた。
今年はどんな年になるのか

チャネラーなどのメッセージを見てもあまりいい内容はないようだ。
自然災害、地震、テロ、紛争と、ここ数年の流れは一気に変わるわけはなく、天災や社会の二極化など混迷が続て行くような気がする。
そんな中私の住んでいる地域で、年が明けた真夜中の午前4時過ぎに緊急災害警報でスマホが鳴った。
全国ニュースにもなったが川崎市の誤報で近辺至る所、携帯が鳴り出し真夜中に叩き起こされた人達は散々な年明けだったようだ。

私もびっくりして目が覚めて暫く眠れなかったが、これはスピ的には意味があるのかもしれないと考えた。
今年来る災害を前倒しで予告したのか、それとも仮想事態を起こし来る筈だったものを回避したのか。
去年も何度か緊急地震速報でⅯ8やⅯ9の誤報があったが、あれは来るべきものを軽減したりずらしたような気がしている。
出来れば今回もそちらであってほしいが、まあ私の妄想的こじつけでしかない。

さて、初夢で私は京都の鞍馬山へキャンプに行こうとしてる夢を見た。
鞍馬山など鞍馬天狗ぐらいしか知らなかったが、調べてみると昔宇宙人が降り立った山で今でもよくUFOが目撃されるらしいし、鞍馬寺は尊天という宇宙観が入ったご本尊を祀っている。
金星から来たとかシリウスから来たと説があるが、バリバリの宇宙伝説のパワースポットで六芒星もあり、シリウスなら呼ばれたかもしれないとシリウス由来の魂と言われた身では思ってしまった。(これはスルーで・笑)

側には龍神の居る貴船神社があり貴船には若い頃から行きたいと思っていたが京都に行っても行けずじまいの場所だったので、もう今年は鞍馬山と貴船神社へ行けという事なのだと考えている。
夢があまりにもはっきりしていた上、名前しか知らない鞍馬山が出てきて調べたら絶対に縁がありそうなので、行くことを決めてしまった。

思えば一年ほど前にも家の窓の外に宇宙船が来ている夢を見たことがある。
去年は何故か突然神社へ行き出したので、どうやら段々神→宇宙へと繋がっているのかもしれない。
普通の人には我田引水的な妄想に過ぎなくても、今回は不思議な繋がりとシンクロを感じているので、ここは直感を信じ取り敢えず鞍馬山へは必ず行こうと思っている。

今年はどんな展開が待っているのだろうか。

002.jpg




« 前へ | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR