避けられないもの

2016–08–22 (Mon) 16:41
日本は台風が直撃し関東から北海道まで水が溢れ出してる。

二つの台風のこコースはいずれも311の大地震の起きた場所をなぞっている。
数日前からこの場所でマグニチュード5クラスの揺れが群発しており、311前に酷似していると警鐘を鳴らす関係者も多い。

台風は普通地震を抑える役目がある。
大雨は地龍を鎮め大地を浄化していく。
台風一過の後の晴天が清々しいのは、台風の風と雨によって大地が浄化されたからだ。

311のマグニチュード9以降大きなアウターライズ地震が来ていないので関係筋ではいつ来るかと心配しているらしいが、どうも諸条件からそろそろ近いのではないかと言われている。
大地震が今までも違う方法で代替されたり分散されたりしているのは、分かる人なら気付いているだろう。

今回もダブル台風で軽減されM5の繰り返しで分割しているのではないかと思っていた。
しかし体感者や独自に上と繋がっている人達がそうでもないような発信をしていて、私自身も予知能力はないがやはりあまりいい感じはしていない。

東北大震災は小型核爆弾で起こした人工地震だという説があり、3度の大きな地震が複合したのは事実らしい。
海底掘削船地球号が関係しているとも言われているが、今はまさに揺れている位置にいるそうだ。
核爆弾と言わなくても地中深く掘ってプレートに刺激を与えたり、福島原発で何度もメルトダウンした核燃料が地底を刺激しているのだから大きな地殻変動が起きないわけはない。

要するに原因はどうであれ地震も災害も起こるべくして起こるもので、多少大難が小難になってもそれは地球の活動として避けられないものだろう。
人間の地球に対する傲慢さが神の逆鱗に触れたと考える人もいるし、もともと予定調和だったと考える人もいるが、私は複合的に様々な要素が絡まり合い大きな流れが道筋を変えつつ大海へ注いでくのだと思う。
大海へ注ぐという結果は決まっていても、緩やかな流れがその時々の条件で蛇行したり激流になったりというのではないだろうか。

人災も天災もその時を魂は選択して来たのだから、それに遭遇した人生の中でどう消化していくのかが今生の課題だろう。

人間はどんな災害や事故に遭おうと生きるべき人間は必ず生き延びる。
これから10月までは世界的に大きな変化があると言っているスピ系人間やアナリスト達がいる。

何が起きるのか今を生きる人間としてしっかり見ていたい。



 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR