世界の終わり

2016–08–07 (Sun) 16:18
昨日ある曲を聴いてかなりスピリチュアル的だと驚いた。

若者に人気の通称「セカオワ」の「Love the warz」という曲だ。
これは歌詞から色々なことが読めて「平和のための戦争」などは世界の戦争に対する風刺と取れたり、存在の不条理、相対するものの存在矛盾を問うていたりかなり哲学的な内容になっている。

一番感じたのは彼は宇宙から来た特殊な魂だということだ。
作者の来歴を調べると、彼はまさしくワンダラーで時期が来て自分の役目に目覚めたようだ。
精神病棟で崩壊すれすれの精神状態から音楽というツールを得て、本来のミッションを始められたのかもしれないが、強力な何かが乗っているような気がする。
この歌は今の闇と光が対峙するスピリチュアル世界を表現していて、分かる人間にはかなり共感できる内容になっているのではないか。

彼の声自体が独自の周波数を持っているから、その波動で多くの人間を惹き付けているのだろう。
こういう人間は一歩間違えればカルトの教祖にもなれる。

世界の終わりというグループ名からして、あちらの世界とシンクロしているしあまりにも象徴的だ。

ライトワーカー、アースエンジェルなど何かしら役割を持って宇宙から来た魂は、大抵一度や二度は自分自身が崩壊するような目に遭っている。
日本的に言えば霊能が開く前に巫病になり、精神を病んだり命を落とす危険を乗り越えなければならない。

このグループのボーカルもまさしくそんな状態だったようで、その時に覚醒し彼の体を媒体として高次の存在が曲を作らせ歌わせているのかもしれない。

この歌は奇しくもスピリチュアル的命題を歌っていて、光と闇の表裏一体とやがての統合だが、一番必要なのは愛なのだと説いている。
ある意味神の言葉のようでもり、それを歌にして多くの若者が聴き歌えば波動が上がり、スピリチュアル的にもかなり意味のあることなのではないだろうか。

世界の終わりに愛によって闇と光が統合するという宇宙からのメッセージそのものかもしれない。

色々なはやり歌があるが、中には確実にこれは見えない世界からの発信だと思う曲があって、久しぶりにそんな曲を知って少々興奮してしまった。

https://www.youtube.com/watch?v=F_Lq7Oeeitg


何でもスピリチュアル

2016–08–04 (Thu) 17:36
スピリチュアル的物の見方をするようになると確かに違う世界が開けるが、そこに比重が行きすぎた場合何でもそのフィルターを通してしまう危険性がある。
例えば日常の些細なことでもそうだしアクシデント的なことでも、何かこれはスピリチュアル的に意味があるのだろうかとすぐ考えてしまいがちだ。

かくいう私もそのきらいがあって、自分でも苦笑いをすることがある。
例えば小さな怪我をしたのは何かの報せではないかとか、眠たいのは地震が起こるのではないかとか。
しかし、単なる不注意だったり寝不足が溜まっていただけだったりする。

最近はこの傾向が強くなって自分でも戒めなければならないことが起こった。

詳しくは割愛するがある展開がありあまりにも考えていたこととタイムリーだったので、これはてっきりガイドの導きと思ってしまったのだ。
ガイドを信じていれば間違いはないと安易に思っていた節もあって自分勝手に解釈したのも悪かったが、結局こちらの意図する状況ではなくサインも出ていたのに、フィルターが曇っていてなかなかそれに気が付くことが出来なかった。
おかしいと思うことはあったので、逆に言えばそれをガイドは教えてくれていたのかもしれない。

これは違うと思うまで勝手なスピリチュアルフィルターを掛けていたらしく、ようやく間違った思い込みをしていたことが分かって、この何でもスピリチュアル的思考の危うさを身をもって体験したところだ。

まあ、考えようようによっては、ガイドは起こること全てをスピリチュアルや自分たちのせいにしてはいけないということを教えてくれたのかもしれない。

今回は面白い経験だったが、まず自分の足でしっかりと立つことを指導されたような気がする。
危険なことや困難にはガイドは必ず味方をしてくれる。
良くないことは予感として教えてくれる。

今までの生活でも何か事を進めるにあたって、ちょっとでも違和感を感じると、それはサインだった。
このブログの記事でも何度か書いたが、一瞬のその感覚というのは必ず当たっていた。
「あれ?」と思った時は用心した方がいいのだが、今回もあまりにもその通りだったので、どうやらスピリチュアルフィルターの掛け方と解釈の仕方の間違いを正す訓練だったようだ。

あまりスピリチュアルに拘泥せず、人間の常識的判断で物事を見るという当たり前のことを忘れてはいけない。
私もまだまだ半覚醒状態だと改めて自覚したところだ。(笑)

2108_L.jpg




マグニチュード9の意味

2016–08–02 (Tue) 17:06
昨日大地震の誤報があった。
東京湾でマグニチュード9.1、震度7というもので、震度図で日本列島が真っ赤になっていた。

今までもこの手の誤報は何度かあった。
昨日は朝にも震度5の誤報があったから、どうも何か嫌な感じがする。

早速イルミナティーの人工地震失敗説や警告説が出ているが、これもあながち根拠のないことではなく、先の熊本地震で震源は自衛隊駐屯地の地下10キロになっており、今回も千葉の木更津自衛隊駐屯地地下10キロになっているそうだ。
熊本地震のすぐ前に日向灘マグニチュード7という誤報があった
地下10キロというのは人工地震のサインだと言われているが、さて、人工だろうが自然だろうがスピリチュアル的法則で考えるとやはり昨日のマグニチュード9は注目すべきものだろう。

現実に起こったら東京壊滅どころか日本が終わるかもしれない。
日本列島の3分の1は震度6ぐらいだったから、地震の被害だけではなく複数の原発が壊れ日本は放射能で覆われ人々は激しい被曝をするだろう。

昨日の日本全体の震度図を見た人は背筋が凍ったのではないだろうか。
私も当然死んでいたかもしれないと思った。

この警報が誤報で終わったことに感謝したが、これはスピ的には色々な意味を持つと思われる。

1、本当に起こる(起こす)筈だったが何かの力で回避された。
2、起こる筈だったものが誤報になることによってそれからの未来が変わった。
3、これから起こるかもしれないという警告。

1はまさしく日本を守る神々が阻止してくれたのかもしれない。
2はよくアカシックで予定されていた未来が、類似したものによってリセットされるという場合だ。
最近アカシックリーダーと話したが、未来はその時点でイベントが起こることは見えてもその選択によってまた新たな予定が組まれると言っていた。
例えば結婚が引っ越しに変わったりするとその後に違う人生になるように。
3はいわゆるシンクロだが、これが違う場所にずれるという可能性もある。

私の直感は東京は壊滅まではないかなという感じだが、まだ大きな地震は日本のどこかに来るだろうという気がする。

日本の歴史で大地震は必ず周期的に来ている。
それで政治や国がリセットされてきたのも事実だから、ある意味世直しには必要なものだったのかもしれない。
地球の大きな営みの中で、ましてスピリチュアル世界では人間など砂の一粒に過ぎないのだから、今の魂が宿っている肉体を愛おしみ最大限命を楽しんで全うするしかないのだろう。

Co1t1JrUsAA-8KE.jpg




三峯神社 -心の浄化-

2016–08–01 (Mon) 17:27
先日三峯神社へ行って来た。
以前一区切りの時期になったらお礼参りを兼ねて行きたいと思っていたが、本当にお礼が言えるような状況になったので参拝を実現することが出来た。

当日は霧が深く幽玄な感じで、三峯神社の霧は神様が降りてきているという話を聞いた。
山道を1時間以上もバスで登って行くのだが、秩父湖を過ぎたあたりでいきなりヒンヤリとした空気に変わり神域に入ったのが分かった。

宿坊について荷物を置き本殿を始め一通り参拝して回ったが、すっぽり霧に包まれて至る所に狼様がいるような気がした。
お仮屋という眷属の狼様を祀っているお社があるのだが、そこの後ろは切り立った崖になっていて下から風が吹き上げてくる。
狼様に参拝してからそちらへ行って立っていると、本当に神風のように風が吹き上げてきて身体中を浄化してくれる気がした。

私はこの場所と、日本武尊の銅像が立っている場所が好きで、これらの場所で長い時間を過ごす。

生憎何故か2,3日前から眠くてその夜は部屋で早い時間に寝てしまい、大事な神域での夜をひたすら眠っていただけだったが、夜中に茨城で震度5の地震が起こっていた。
どうやら動いている龍脈の上で私は眠りこけていたらしい。

翌日もまた一通り神様達にご挨拶をして定期的に参拝することを決め帰路についたが、何となくやはり区切りの時期だったのかなと思っている。
前回参拝した時は蝶やトカゲに会って嬉しい気持ちになり、今回本当にお礼参りに行ける状況になった。

思えば存在も知らなかった三峯神社に今年の春突然訪ねることになってもうこれで3回目なので、確実に御縁を頂けたのだと思っている。

色々な神社を訪ねたい気持ちもあるが、やはり私は太宰府天満宮と三峯神社と龍神様の神社の三つに深い縁をもらったようだ。
それと香椎神社の弁天様には仕事関係で励まされたような気がしたので、また福岡に行ったらお礼参りに行ってこようと思っている。

これらの神社に連れて行ってくれたのは私のガイド達で、本当に助けられていると感謝している。

三峯神社から帰ってきた数日後、一番好きでいつも履いていた夏用のサンダルシューズが壊れてしまった。
これは多分、次のステップへ進みなさいということなのだろうという気がした。

無闇な神頼みは良くないが、神様に会いに行って自分を見つめ直すのは心のクリーニングになると思う。

DSC_1481.jpg DSC_1485.jpg DSC_1491.jpg







« 前へ | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR