オミクロン株

2021–12–01 (Wed) 17:54
ここへきて世界中で新型コロナの変異種、オミクロン株について騒ぎ出した。
感染力が従来の比ではないらしい。
南アフリカ共和国発祥と言っているが見つかっているのはいずれも渡航者だ。
スパイクタンパクがデルタ株に比べてかなり変異しているらしいので、感染力が強い以外に重症化するのか致死率が高いのかもまだわかっていない。
全て渡航者が感染して運んでいる。
彼らはほとんどワクチン二回接種済みだろう。
だから、ワクチンは効果がないというのだけは確かだ。
イスラエルでは3回接種した医師が感染している。

ワクチンは効かないのに世界では3回目接種を急げの大合唱だ。
ここに激しい論理矛盾を感じるのは私だけだろうか?
南アフリカの医師の証言では症状は軽いらしい。
しかし、WHOはじめ世界は示し合わせたように、大ごとにしている。

世界でのワクチン接種はもう頭打ちだ。
3回目をする人間はそれほど多くないだろう。
普通に考えてもエンドレスで6か月ごとに打って大丈夫かと思う。
ウィルスも生き残るためには変化を続けるし、ワクチンが新型コロナを撲滅するという発想でいる限り仁義なき戦いは続く。
そして代償は治験中の人間の体と命だ。

私は今回のオミクロン株騒動には人為的な匂いを感じる。
これまでも新型コロナのウィルスは絶え間なく変異し続けてきた。
表示を付けてカウントされただけでも二桁はある。
しかし各国が感染者を厳密に調べているわけではない。
ただこのオミクロン株では降って湧いたように騒ぎ出したところに、どうも腑に落ちないものを感じるのだ。
確かに感染力が強いし患者が増えれば病院は逼迫するだろうが、軽症なら治癒する。
しかしその前にワクチンを早く打てと煽る。
それも効かないワクチンをだ。

折しもヨーロッパや各国で、ワクチン義務化、ワクチンパスポートへの反対運動反対デモが大規模で行われている。
それを蹴散らし恐怖からワクチンを打たせ、国民を黙らせ国家を安泰にして利益を上げられるのがこのオミクロン株なのではないだろうか。
世界の支配層にとっては一挙両得なのは確かだ。


20211128_115100 (2)




ワクチンと全体主義国家

2021–11–17 (Wed) 17:40
新型コロナが激減し日本は一応の落ち着きを取り戻したようだ。
しかしヨーロッパは激増している。
ワクチン接種者の間でのブレークスルー感染で増加しているのは間違いなさそうだ。
これを認める国は少なく、未接種者が広めているという論調だが、もはや情報操作だろう。

3度目のブースタ―接種を各国が始め、日本も来月からするという。
イスラエルは二回目以降激増し、三度目が終わってまた減ったがいつまで持つのか。
ヨーロッパ諸国はワクチンパスポートを作り、未接種者の人権を制限しようとしている。
仕事も解雇されとにかく接種しないと基本的人権さえ奪われる。

その結果反対デモが起こり、二極化、分断化が進み、新型コロナのせいというよりワクチンのせいで世界がおかしくなっている。
そのワクチンはいまだ治験中で、5年後のことは判らない代物だ。
副作用や死者も他のワクチンとは比べ物にならず、当初宣伝された効果も次第にメッキがはがれ、打っても感染するのは明らかだ。
重症化や死者は減らせると頑張ったが、それもヨーロッパでは怪しくなってきたようだ。
ここに至ってはワクチンの非を認めることは、推奨してきた国家にとっては絶対できないので、ただただ打ち続けるのを進めるのみだろう。
どんな病気が増えようと超過死亡が増えようと、時間がたてば因果関係が分からなくなり薬害だと証明が難しくなる。
日本も打ってすぐに死んでも、認めないくらいだから。

各社の混合接種にしたのも責任の所在をはっきりできないためだろうし、製薬会社も利権業者もとにかく儲けるだけ儲けようとしているのは明らかだ。
新型コロナの死亡者がほとんどいない幼児にまで接種しようとしているわけだから、世界はどうなっているのかと思う。
兎に角このワクチンの害やネガティブ情報は、正規の研究論文さえ一切無視され封殺される風潮になっている。
youtube始めソーシャルメデアも反ワクチン狩りが凄まじい。

言論の自由や反対があってこその民主主義が、もはや一つの意見しか認めない全体主義国家になっている。
日本はまだそこまで行ってはいないが、ドイツやオーストリア、オーストラリアなどは、打たない者は人権を剥奪すると、堂々と国の為政者が言っている。

恐ろしい世界になったと思う。
全体のために個人が抹殺される世の中がまた来たわけだ。
歴史はかくも繰り返されるのか。


mask (2)





ワクチン同調圧力

2021–07–02 (Fri) 15:59
新型コロナワクチン接種の圧力が日に日に増している。
職域接種が始まったので会社が圧力を掛けてくるようだ。
ワクチンは打ちたくないと思っていても解雇や配置換え、村八分をちらつかせられて圧に負け泣く泣く打つことになる人もいるようだ。
実際医療関係者で心底嫌がっていたのに、半ば強制的に打たされて命を落とした若い女性もいる。

日本という国の集団意識、同調圧力はすごい。
ロシアのジョークで沈没船から海に飛び込ませるのに、日本人は「みんな飛び込んでるから」と言ったら飛び込むと揶揄されている。
実際最初は打ちたくないと思っている人でも周りや知り合い、友人が次々打ち出し、大丈夫だったとわかると自分も打とうと思う人は少なくないだろう。

現行で打たれているファイザーやモデルナの遺伝子ワクチン、アストラゼネカのベクターワクチンは確かに感染を減らし重症化を防ぐ効果はある。
しかし治験中なのは言うまでもなく、数年後のことも、体内でどういう働きを後々するかということもはっきりわかっていない。
あくまで治験の少ない人数、僅か半年くらいの経過観察での結論なので、「~だろう」「~~と思われる」しか言えず、先のことは判らないと製薬会社も認めている。
それどころかいつまで有効かも「多分半年くらい~いや、一年効くかも?」という無責任な状態だ。
いち早く接種が進んだイギリスやイスラエルでも、デルタ株の増加が始まりワクチンが効かない変異株が出てきていることは確かだ。
その上心筋炎や他の自己免疫疾患の関係性も判ってきたが、「ごく僅か、稀に」という枕詞がまだ付いている。

時間がたつにつれ中長期スパンの予測出来ない副反応は必ず出てくるだろう。
しかし利権絡みの世界的ワクチン信仰は、リスクを訴える者をデマやフェイクと封殺し、魔女狩りのようになってきている。
日本でも河野大臣が論文や科学的根拠がある学説でもデマと切り捨てた。
この男は立身出世しかない人間だから、菅政権がオリンピックのためにワクチン接種に血眼になっている現在はポジションを不動のものにするためにワクチン神話で突っ走っている。

ワクチンの危険性を論拠を示して反証する医師の動画がYouTubeで削除された。
ワクチンの危険性を訴える者はネット上から抹殺されかねない。
特徴的なのはもはやワクチンを接種してしまった人間達が、ワクチンの利点ばかりを強調し出したことだ。
確かに打ってしまってからワクチンの危険性を言えば自己否定になるし、自分でも人体実験をしているわけだからリスクなど考えたくもないのだろう。

老人は新型コロナで重症化や死亡率が高いから、確かにワクチンは打った方がいいかもしれない。
まして何十年もこの先生きるわけではないのだから、10年後何があっても関係ない。

しかし10代の若者まで接種を進めようとするのは恐ろしいような気がする。
5年後10年後にどんな被害が出ても、世界も日本も今壮大な人体実験の旗振り役になっている人間達はもう責任を問われることはないのだ。
ワクチンも治療薬も新しいものが次々と出てくるだろう。
よくよくリスクとベネフィットを考えてから接種は判断すべきだと思う。


DSC_0516.jpg



最大の悲劇は善人の沈黙

2021–06–27 (Sun) 17:44
東京オリンピックに向け現代のインパール作戦もいよいよ玉砕に向かっている。
行き当たりばったりでとにかく突撃しか考えていない組織委員会と政権は敗戦末期の大日本帝国を彷彿とさせるが、第二次世界大戦と違って多数の犠牲者を出しても軍事裁判も開かれないし戦犯として処刑されない。
菅総理を始め連座した手下たちは何ら責任を問われることがなく、さっさとその役を降りて終わりだ。

菅総理が「俺は勝負した」とうそぶいたらしい。
オリンピックの可否を自分の勝負と考えたところは、馬鹿の驕りが天井を突き抜けた感じだ。
ここへきて今上天皇が宮内庁長官を使って「オリンピックはやめた方がいいのでは?」的な表明をしている。
天皇は憲法上政治的発言はできないからぎりぎりこういう形になったのだろうが、政府は「長官の考え」と一蹴した。
お互いに事情は分かっているが、それしかないという出来レースだ。

今上天皇がオリンピックに反対なのは去年からだと思うが、今更アクションを起こしてももう時すでに遅しで、開会式の出席を断る理由くらいにしかならないだろう。
明仁上皇に比べると徳仁天皇はどうも影が薄い。
新型コロナのせいもあるが、菊のカーテンの陰に隠れて動向も判らない。
多分上皇様であったら震災の時のようにもっと表に出て、国民を励ましたり行動を起こしていたのではないか。

今や菅政権に歯止めをかける者はいない。
政治家も官僚も自分が可愛い人間しかいなくなってしまった。
安倍政権の時と同じだが、どちらも愚昧なところは共通しているとはいえ菅総理の方が陰湿、頑迷で質が悪い。
あんな、ろくに質問の意味も判らない、まともな答弁もできない、原稿さえ読めないような蒙昧で頭の回らない老人が総理大臣だ。
しかしその言うなりになっている我々国民も同程度なのかもしれない。

菅総理はオリンピックを曲がりなりにも終わらせ、一律給付金を国民に配り消費税5パーセントを公約に解散選挙をして再選を目指す青写真だろうが、それを許すとしたら国民自体がもう救いようがない。

002.jpg





オリンピック万歳

2021–05–30 (Sun) 14:59
昨日どうしても必要があり渋谷へ行ってきた。
驚いたのは土曜日で人出が凄いことだった。
ほとんどコロナ前と変わらない。
皆マスクはしているが、密を警戒するどころか行動様式はコロナ以前と全く同じに見えた。

緊急事態宣言延長とか言っているが、皆もうコロナ慣れして以前の日常と同じ生活に戻っている。
オリンピックを強行することには批判があり、世論調査をすれば8割は反対している。
この期に及んでもオリンピックに突き進む政府を狂っていると思っていたが、一方で聖火リレーに殺到する人、こっそり行われているオリンピックの事前大会に集まる人、そして何より昨日の渋谷の人混みを見たら、オリンピックをやったら多くの国民が熱狂するのではないかと思ってしまった。

新型コロナも自分が罹らない限りは他所事で、もううんざりだというのが本音だろう。
マスクしていれば罹らないという気持ちがあって、特に若者は罹っても風邪くらいにしか思っていないのは昨日の渋谷でよくわかった。
とにかく自分さえ大丈夫ならいいという意識が日本に蔓延しているような気がする。
それもこれも国民を散々愚弄してきた政治があって、もう国など信用できないから宣言を出そうが延長しようが関係ないのだ。

大阪がピークアウトしたと言われている。
それはさすがに大阪人もあの増加と医療崩壊でやばいと思ったから自粛したのが理由の一つらしい。
一時旭川もコロナがブレイクアウトしたが、同じように市民が危機感を抱き、外へ出なくなったからだと聞いた。
つまりもはや日本人は自分が身をもって危険だと思わなければ分からない民度の低さで、そうさせてしまったのは政治だと言えよう。
目の前でバタバタ人が倒れなければ気が付かないのだ。

ビスマルクは「賢者は歴史から学び、愚者は経験から学ぶ」と言ったが、経験からしか学べないのが今の日本人だ。
オリンピックを強行したら、後の結果など考えず熱狂する国民が目に浮かぶ。


DSC_1462.jpg





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR