台風被害と棄民

2019–09–16 (Mon) 16:55
千葉の台風被害は政府の初動のミスで、未だに復旧が遅れている。
甚大な被害だが投入された自衛隊の数は圧倒的に少なく、民間やボランティアの力に頼っているところが大きい。
またしても想定外とか行政も東電も言っているが、被害が起これば想定外の繰り返しで過去から何ら学んではいない。

今回も気になるのは被災した人達に、事前の情報で準備していなかったのか、備蓄もせずすぐ行政に文句を言うのは甘えだとか、自己責任論が出ていることだ。
そしてマスコミには相互扶助や住民の助け合い、ボランティアの人々を礼賛するような論調が目立つことだ。
何があっても自己責任で自分達で解決しろ、文句を言うな、お上に頼るな、我慢しろ的な考え方がツイッターでも流れていて、その主流は政府批判を封じ込める右翼的勢力に多かった。

被災地を訪問するわけでもなく激甚災害に指定するわけでもなく、今日も私邸で午前中は休養という総理大臣だ。
内閣改造の記者会見で「復旧は待ったなし」と得意気に言ったのには開いた口が塞がらなかった。
待ったをかけてたのは誰だ、と突っ込んだ国民は多かっただろう。

日本は段々冷たい国になって、自助努力で生き延びろという国民意識になっている。
国に支援を求めるのさえ非難されるようなら、何のために税金を払っているのか分からない。
こういう時に国民を救うのが国家ではないのか。

いつも間にか「国民のため国家」ではなく「国家のための国民」への刷り込みが進んでいるような気がする。
この流れは棄民政策にもなり、弱者切り捨てへと繋がる。
自助努力、自己責任、相互扶助が標榜されるようになると、国家の暴走が始まる。
国に寄与しない国民はいらないわけで、行政の支援を必要とするような弱者や老人、身障者が最初に切り捨てられる。

台風が来るといくら注意を呼びかけられても、停電も家の崩壊も個人では防ぎようがない。
食糧を備蓄して家の防備をしても、あの圧倒的な自然の脅威の前には人間は無力だ。
ツイッターで助けを求めるのも、応えて個人が救援するのももちろん必要だ。
しかし個人が手弁当で救助に駆け付けなくても済むような、大掛かりな救援をするのが政治であり行政であり民主国家ではないか。

今回も表立って後手に回る政権の無能と身勝手さを批判するマスコミはない。
それどころか台風被害を政権批判に結び付けるなと、訳のわからないことを言っている安倍シンパの論客もいる。
彼らは自分の家が飛ばされても食料が無くても自助努力で生き延びるのだろうか。

最近の日本という国を見ていると、国民意識が確実に変わってきているのに暗澹とした気持ちになる。



DSC_0209.jpg





命の危機

2019–09–11 (Wed) 16:30
台風15号の被害が甚大だ。
千葉県内では未だに40万戸以上の停電が続き、断水の地域もたくさんある。
しかしテレビのニュースではお茶を濁す程度しかやらない。
一方ツイッターでは今日も悲鳴のような被害の惨状と、救助を求める声が次々と流れてくる。

この現象を見て日本はいよいよおかしくなってしまったのかと思う。
おかしいのは安倍政権と操作されるマスコミだが、それに何も感じていない国民も同じだ。
政治の不利にならぬよう都合の悪い情報を隠すのは悪政の常套手段とはいえ、こと人命に関わる災害や緊急事態でも内閣改造の方が大事で、韓国の玉ねぎ男を延々と放送する国営放送以下マスコミはもう終わっているとしか思えない。

安倍政権になって社会の木鐸を捨てた報道だが、国民の命さえ無視するのはもう感覚が麻痺しているのだろう。
官邸の命令か忖度かは知らないが、最近は世界各地の災害も異変も政治的出来事も殆どニュースにならない。
政権にとって都合のいい嫌韓報道だけは朝から晩までやっているが、とにかく国民には世界情勢や政治や自分の状況について考えないように、娯楽とお笑いとスキャンダルさえ与えておけばいいということだろう。

去年大豪雨の時に赤坂自民亭で宴会を開いていた安倍総理は、今回も内閣改造のために台風被害をなるべく見せないように千葉県民が猛暑の中電気も水も食べ物もなく壊れた家屋でしのいでいるのも無視だ。
テレビのトップニュースは小泉進次郎氏の入閣と産休についてだ。
命の危機に瀕している被災者がすぐ近くに大勢いるというのに。

緊急事態条項を改憲して手に入れたい安倍総理だが、今こそ緊急事態なのが空っぽのおつむでは結びつかないのだろう。
緊急事態条項は災害が起こった時の為に国民の人権を一時停止し全権を政治が握るというものだが、災害は抜けて全権掌握が目的だから今回のようなことになる。
腐臭漂う顔ぶれの内閣を作るために、どれだけ国民の命を軽視し国民の人権を蹂躙すれば気が済むのだろうか。

多分日本各地の人たちはニュースだけ見ていれば、千葉がそんな大変なことになっているのなど判らないだろう。
ツイッターを見ているだけで、東日本大震災の津波の後を彷彿とさせる映像が次々と流れてくる。
自衛隊に派遣要請はしたようだが、数が少なそうだ。
熱中症で亡くなったり停電のため透析や人工呼吸の病人が死の危険に瀕している。

東北大震災と原発事故の時、つくづく安倍政権でなくてよかったと思う。
あれが今なら確実に日本は壊滅していただろう。
これほど国民の命を疎かにしている総理大臣は見たことがない。


EEGjVe5U8AUgDQz.jpg ED-P_PwU4AEKtzW.jpg ED-WSTTUcAAZlOe.jpg







ハインリッヒの法則

2019–09–05 (Thu) 15:03
今日は横浜の近くで京浜急行の電車の脱線事故があり、30人以上の負傷者が出ている。
ネットでもリアルタイムで画像や動画が上がっていて心が痛む。
最近神奈川県では電車の事故が多い。
私が覚えているだけでも今年になって複数あったように思う。

何か大きなことが起きる時は、前触れのように小さいことが何度か起こる場合がある。
個人には注意喚起の場合もあるし、今回のように個人の力ではどうしようもないケースは注意のしようがなくても、天の報せのようなものかもしれない。

ヒヤリハットの法則というのがあって、正式にはハインリッヒの法則というのだが以下のような経験則だ。

「1件の重大事故の背後には、重大事故に至らなかった29件の軽微な事故が隠れており、さらにその背後には事故寸前だった300件の異常、いわゆるヒヤリハット(ヒヤリとしたりハッとしたりする危険な状態)が隠れている」

これは統計的に出したものだが、スピ的に考えても小さな事故の段階で上の何かが注意喚起しているのだから、それに気付いて気を引き締めるとかやり方を変えるなどすればいいが、大抵の人は全く改めないから大事に至ってしまう。

交通事故なども大事故を起こす前に危なかったり小さな事故を何度か起こしていて、周りは気づいたり本人自身も気づくこともあるが、なかなか身に付いた習性は変わらない。
で、やってしまった後に「やっぱりね、危ないと思っていたよ。」と思う人が必ずいる。

交通事故などは個人で回避できるが、今回のトラックとの衝突脱線事故は大局的に見れば地域的にいくつか小さい事故があったので流れとしての大事故だ。
しかし、局所的に見れば双方いずれかにヒヤリハットの法則が働いていたとも考えられる。

このハインリッヒの法則は事故だけではなく、個人的な失敗や会社のトラブル、政治でも適用されるので、小さな失敗やハッとしたりヒヤリとしたことが複数回続いたらくれぐれも注意した方がいいだろう。

スピ的には必ず大事の前には守護する者や上の方から何かの警告が来る。
それで気づいたり改めたりしたら大難が小難で済むし回避できることもある。

私も何度か、「そこまでしないと気が付かなかっただろう」と言われたようなことを経験している。
もういい歳なので、貰えるサインは漏らさず気付くようにして、身を律したいと思う。

ハインリッヒの法則は政治の世界でも通用する。
歴史的に見ても、戦争が起こる時はヒヤリハットが必ずある。
今の日本もその例外ではないだろう。


DSC_0089.jpg





極右的スピリチュアル

2019–08–28 (Wed) 12:05
スピリチュアル業界は政治と無縁というのが一般的だ。
特に個人相手の占い師やスピリチュアルリーダーは、自分の政治的スタンスを鮮明にすると業務に差し支えるというのがある。
特別に政治家や財界人の顧客を持ってたりコンサルをやっていたらそうもいっていられないだろうが、基本スピ業界には思想信条をはっきりさせない暗黙のお約束がある。
そして、実際政治などに興味がない人の方が多い。

「今を生きよう、目の前の幸せを見つけよう」というのがコンセプトだったりするが、生活も苦しくなり戦争でも起こったら「自己肯定して自分を愛そう」なんて呑気な事を言っていられなくなるとは思う。

スピ的世界を知るにつれどうしてスピリチュアリストは大局的に物を見ないのかと思うことが多々あったが、これは一面的な見方で少なくとも私の知っている範囲のスピリチュアリスト達のことでしかない。
多分もっと大義のために、自覚しているか否かは別にして違うところでその能力を使っているスピリチュアリストは沢山いるだろう。
霊能者やスピ人間としての職業ではなくてだ。

ただ、最近どうしても疑問に感じてしまうことがあった。
周知の通り、今日本は韓国との関係が悪化している。
これについては記事にした。
平たく言うと喧嘩を売って相手が買ったらびっくりして狼狽し抗議しているという格好だが、自分は悪くないと言い張る子供が日本をかつてない危機に陥れようとしている。
その上アメリカから国内で使えない遺伝子組み換えのトウモロコシを全部買わされることになり、それは加工されて我々の口に入る可能性もある。
もはや安倍晋三首相は亡国の総理だと思うのだが、問題は彼を支持し嫌韓や戦争を否定しない極右的スピリチュアリストが少なからずいることだ。

嫌韓に至っては露骨にブログにヘイト意見を書いているスピブログもある。
とても影響力の強いブログだが、そういうブログが韓国について非難的なことを書くのはとても残念だ。
個人的見解ならいざ知らず、好きなスピリチュアルリーダーがそういうことを書けば、霊的な見解なのかと影響される人もいるのではないかと危惧する。

私も政治的発言を記事に書いているが、度々言っているようにそこは私の人としての思想信条だ。
ただ、確かにスピリチュアル的な見解も交えるが、人類の幸せのために平和を望むという確固たる信念に基づいて戦争反対しているし、北朝鮮でも外交で解決すべきだと考える。
だから好戦的で幼稚な今の政権に危機感を覚え批判しているのだ。

ライトワーカーに限らず霊能者でも、人の役に立ちたい、人々を助けたいという動機でその能力を使ってるだろう。
そこには、人類は国境もなく皆愛に満ち平和で幸せに暮らすのが理想という共通認識があると思うのだが、隣人をヘイトし嫌がらせをするような行いを後押しするスピリチュアリストがいるのは残念でならない。

人類の救済のために贈られた霊能力なら、そのために使ってほしいと心から思う。



PA210019.jpg





先祖返りの日本

2019–08–20 (Tue) 17:34
安倍政権の韓国輸出規制によって事態は悪化している。
最初は子供の嫌がらせのような動機でトップダウンで決めてしまったが、相手は渋々土俵に上がりかけていてもまだ冷静に対話を求めて逃げ道を作っている。
そもそも安倍総理が文大統領を大嫌いだというのが根底にあるような気がする。
国内の求心力を保つために仮想敵国を作るのが手っ取り早く、トランプ大統領に北朝鮮はもう構うなと言われたせいで今度は韓国に矛先を向けているが、もともとの嫌韓右派へのアピールもあって振り上げた拳が下せないのだろう。

情報操作で韓国への対応賛成という世論の数字を作り、何とか国民をその方向へ向かわせようとしている。
何も知らないグーミンは言われた通り「韓国ってひどいよね」みたいに考えているが、そもそも韓国民がデモまでやっているのは安倍総理への抗議だ。
それを反日運動と日本のマスコミはニュースにしているが、正確には「反安倍運動だ」
掲げる彼らのプラカードが、初めの『安倍ノー』という韓国文字に日本語の『安倍』が書き加えられている。
いかに日本のマスコミが政府の手先になって情報操作をしていることか。

今や格安航空の韓国便は減り、韓国行きのチケット代もダンピング状態だ。
観光客も激減している。
これで被害を受けているのは誰なのか、安倍総理と子分たちは考えているのだろうか。
韓国へ輸出できない中小企業のメーカーや、観光業界は立ちいかなくなり瀕死の状態だ。
幼稚な総理の感情的な振る舞いが一国の経済を脅かしているのに、誰もそれを指弾しないのは狂っているとしか思えない。
そもそも徴用工問題で、以前判決に従い賠償金を払おうとした新日鉄を止めたのも安倍政権だ。

最近ツイッターを見ていても恐ろしいと思うのは自分で調べもせず、従軍慰安婦はなかったとか南京大虐殺もなかったと信じ込んでいる普通の日本人が増えたことだ。
この人たちは極右勢力のデマゴークを信じてそれが真実だと思い込んでいる。
彼らはアメリカで公開された戦時中の従軍慰安婦関係の書類を見せても、中曽根元総理が軍主導で従軍慰安婦を集めたと告白している事実を突きつけても、嘘だと言い張るに違いない。

テレビにもよく出る安倍カルトの提灯持ち評論家などは、いかにもまことしやかに話をつぎはぎして作り上げているので、何も知らない若者などはそれが真実なのかと思わされてしまう。
そして一度思い込むと、人間はそれを書き換えることはなかなかできないのだ。

「韓国が嫌い」という嫌韓思想は戦前からあったから、それを延々と持ち続けている日本人は一定数いた。
しかし戦後のまともな人道教育のおかげで差別意識がなくなったのに、また先祖帰りをしようとしている今の日本と日本人には恥ずかしささえ覚える。


https://lite-ra.com/2019/07/post-4874.html
https://www.excite.co.jp/news/article/Litera_4345/

hannicni_02-550x413.jpg





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR