命の選別

2020–03–30 (Mon) 13:19
4月にやるはずだった個展が延期になった。
もう2週間も前に延期を申し出て来年になったのだが、某モールのギャラリーで大作から小品まで仮面中心に作品入れ替えもある2週間の大きな企画展だった。
2月の初めの段階で無理かもしれないという予感がありギャラリー側に打診したが、まだ危機感の温度差があった。
今月の半ばになってやはり無理かもと申し出たところ、やっと延期をしましょうということになったがその時点でもこちらの希望に沿うという形だった。

日本人の危機意識や切迫感はちょっと前までその程度で、私の周りでは誰一人感じている人はいないようだった。
オリンピックが延期になりあれを境に国が態度を変えたので脳内転換が起こったようだが、ずっと他人事に感じていた人たちはやっとピントが合ったのだろう。

今更政府の対応のひどさを言っても仕方がないが、東京都の基幹病院が重大な院内感染を起こし使い物にならなくなっている。
マスクも防護服もろくにない状態で、というか多分厚労省がオリンピックのせいで徹底しなかったのだから、感染に対しても手薄で医療関係者も同じだったのではないだろうか。
各国のような完全防護服、街の消毒の光景など一切テレビでは見せなかったし実際やっていなかったと思う。
病の実態も国内の感染も隠し矮小化し、情報操作で国民にもそれを刷り込んだ。
風邪程度で大したことがないと思っている国民が殆どだった。

検査をしろと言った者たちをバッシングし、医療崩壊すると封じ込めてきたが、実際検査をしなくても医療崩壊になりつつある。
ちゃんとした対策をしてこなかった政権、厚労省、自治体の責任は重い。
そして何より判断力を失い政治の言いなりになっていた国民自身が自分の首を絞めている。

ヨーロッパ諸国、イタリアやフランス、スペインではもう命の選別さえ行われている。
老人より若者を助けるという判断だ。
イタリアでは人工呼吸器を老人より若者に付けるトリアージが行われているし、フランスでは老人ホームでそのまま亡くなる人や瀕死で発見される老人がいるそうだ。
救急車を要請しても断られるからだ、

これに是非はつけられない。
多分ぎりぎりの局面ではそうするしかないだろう。

それがいま先進国で起こっているのだ。
日本も一か月後にそうならない保証はない。
花見などしていないで、目の前の生きるか死ぬかという局面が来るかもしれないのを国民はもっと自覚すべきだと思う。


古代蓮2





お花畑日本

2020–03–27 (Fri) 16:32
東京都と近隣の県が、不要不急の外出の自粛を言い出した。
オリンピックが延期になって予定通り感染者を増やし、オーバーシュートの危険を指摘している。
海外の様子もニュースにし始め、緊急性を演出している。

何を今更という感じだが、テレビしか見ていない人達はやっと大事なのかもと思い出して、小池都知事の会見の後はスーパーに走り買いだめを始めた。
昨日今日と空っぽになったスーパーの棚の画像が流れている。
なんと今の日本は、自分で判断できない人が多い事か。

どんな政府でも言うことや発表を全て真に受け動くのは、日本人の気質で何ら戦時中と変わらない。
これだけ御しやすい国民もないだろう。
一番脱力するのは、国のトップが良くも悪くもカリスマ性を持った強力な指導者ならわかるが、幼稚でお粗末な頭の持ち主と同類のお友達集団なのに、それに子羊のように文句も言わずに粛々と従っていることだ。

オーバーシュートなどわけのわからない言葉を使っているが、海外ではパンデミック、ブレイクアウト―爆発的感染のことで、もはや一か月前から日本では進行していたと思う。
オリンピックのために調べなかっただけだから、潜在的に広がっており、仮に今東京で無作為に検査をしたら3割ぐらいは陽性かもしれない。
東京は検査希望者のうち検査したのは、何と1,5パーセントだそうだ。
大阪3,5、兵庫1,8、あの封じ込めに成功したと言われる和歌山で35パーセントだ。

発熱が一週間続いても、「検査するなと言われているので」と保健所の電話で言われたとのツイートが流れていた。
命よりもオリンピックだったのが日本だ。

私は1月の段階で情報を収集していたので海外の動向を知るにつれ、日本が世界に背を受けて道化芝居をしているのが情けなかった。
敗戦を転進と言ってガダルカナルに突っ込んで行った大日本帝国と全く変わっていない。
国民は大本営発表で日本は勝っている―日本は感染が少ないと信じていた。

つい最近まで何人か周りの人に大変なことになると言ってもピンとこない人が多かったし、風邪くらいのもので何で大騒ぎするのかという感じだった。
スマホを離せない若者も、自分の関心事以外は全く情弱なのだというのも判った。

今回のコロナウィルスは、それぞれの国の政治の成熟度や、国民の民度の高さをはっきりと色分けしたように思う。
政治家が国民の命を大事にしているかどうかも見えた。

今日も国会で安倍総理が今の時期芸能人と花見に興じている妻について追及されたら、色をなして「何が悪い」と開き直っていた。
そんな総理大臣が動かす国に住んでいることに、やり切れない悲しみを感じる。



12-06-23_001.jpg





呪われたオリンピック

2020–03–25 (Wed) 15:32
オリンピックが一年延期になったが、これは安倍総理がトランプ大統領に在任中にやりたいと頼み込んだらしい。
テレビのニュースではさも安倍首相の英断のように一年延期を提案し、バッハ会長から100パーセント同意を得たと胸を張っているが、実のところ他国から日本の無責任ぶりを指弾されていた。
挙句カナダ、英国、オーストラリアからは参加拒否という三下り半を突きつけられて、仕方がなく今年の開催を断念したものだ。
そして中止になる前に延期すると早々に宣言して、一年後になったという顛末だ。
(それにしても100パーセントをいつも使うがよほど好きなのか・笑)

コロナウィルスの終息は、1年はかかるとみている関係者も多い。
アメリカは18か月とトランプ大統領が言っていた。
テレビのニュースしか見ない人は海外の様子を知らないだろうが、ヨーロッパ諸国を始めアメリカ、今度はアフリカ、ラテンアメリカも感染者が増えている。
各国の都市は何処も外出禁止令が敷かれ、無人のタイムズスクエアの様子がネットで流れていた。

相変わらず日本は普通の日常だが、これはひとえに風邪ぐらいと思い込まされている日本人の危機感のなさゆえだ。
オリンピックが延期になって東京都知事はいきなり東京封鎖を言い、案の定感染者数を増やし出したので、日本も予定通り緊急事態宣言に向かうだろう。

これから起こる経済でのロックダウンにも、各国に比べればあまりにも的外れな経済政策が取りざたされていて開いた口が塞がらない。
ETF購入枠を二倍にして株価を支えているが、いつまで持つのか。
貯蓄に回るから現金ではなく商品券を配ると言っているが5月末になるとか。
アメリカは2週間でやる。
世界各国が家賃の免除、自営業者への補償、休業中の生活費の補填、その他もろもろ国民が生活していけるように全て国費で賄うという経済対策だ。

日本は商品券で所得制限を設けるから配られるのは低所得者だ。
その層は二か月も待てないし家賃や光熱費に商品券は使えない。
何を考えているのか。
おまけに外食や旅行に助成金を出すという。
外出を控えろ外食を控えろと言いながら、この漫才のようなオチには眩暈がしてくる。
ついでに二階幹事長が旅行業協会会長ときたら、もうお分かりだろう。

海外のコロナ対策に比べたらお笑い種のような実効性のない日本政府の対策だ。
どうして日本人は怒らないのだろうと不思議だが、皆いまだにオリンピックが延期になる事しか関心がないようなので、目の前で人がウィルスで苦しみ死ななければ気が付かないのだと思う。

私はオリンピックは来年も無理のような気がする。
いみじくも麻生大臣が「呪われたオリンピック」と言ったが、その通りだろう。
聖火が日本に到着して点灯しようとしたら消えた。
ブルーインパルスの五輪マークは風で吹き飛んだ。
これが何よりそれを物語る。
止めろということだ。
幾度も躓き邪魔が入りケチがついたのだからこの際中止にすべきなのに、安倍総理のレジェンドと金の亡者のために延期を手放さない。

スピリチュアル的にはこんなにサインの出ている流れなら、完全によせということだ。
やはりコロナウィルスとは人間が覚醒しない限り、亡国の使者なのかもしれない。

一年の延期で「完全な形のオリンピック」など無理だろう。
コロナウィルスは収まっても経済がガタガタになっているはずだ。
オリンピックを手放さない限り、呪いは続くような気がする。



0e2bc9fa0938507dfd7f6192bb2ab7b9_s.jpg





ブラックマンデー

2020–03–10 (Tue) 11:48
アメリカの株価が1日で1800ドルも下がった。
昨日は日本も1000円以上下げている。
まさにブラックマンデーだ。

コロナウィルスで世界の経済崩壊が起こるのか。
リーマンショックはリーマンブラザーズの倒産でそれ上のことは起らなかったが、コロナウィルスは今まだ進行形などころか、もっと増悪が予想される。
中国は落ち着いたように見えるが、未だに経済活動は元通りに戻っていない。

そして今度は欧米に広がっている真っ最中だ。
燎原の火のように、程なく世界を覆いつくすような気がする。

あるブログでパンデミックは致死率の高い感染症ではなく、軽くて感染率の高い病気が長い間流行ることだという論文を紹介していた。
つまり感染しても自分でも気付かず感染を広げ、いずれ社会活動を停止させ経済崩壊を引き起こし、そのせいで多くの人間が死ぬという筋書きだ。
感染症で死ななくても社会の混乱と経済活動の停止で物資も滞り、弱者や貧困層は収入もなくなり死に向かう。

社会のシステムがダウンするから戦時中のような混迷が予想される。
考えただけで空恐ろしくなる。
日本も高齢者は年金が足りず、70歳を過ぎても働かなければならないのが今の現状だ。
この二週間の自粛でも働き盛りのフリーランスの人が悲鳴を上げているのに、仕事がなくなった高齢者はどうなるだろう?

本当に怖いのは感染症で死者が出るのではなく、その影響で死者が増えることだろう。
この二週間の全国休校と自粛で、もう確実に影響は出ている。
政府は補填すると言っているが、この感染が数か月も続いたら補償など打ち切るに決まっている。

まあ、最悪の予想を描いてしまったので真に受けないでは貰いたいが、株価を始め、為替、原油など経済の指標となるものが激しい失速を示している。
日本も何か手当をしなければならないが、緊急事態宣言が入る特措法で私権制限を手に入れた安倍総理なら、預金封鎖とかいきなりやりそうで怖い。

資産のある人は今のうちに防衛策を、生き延びたい人は自給自足の算段を考えておいた方がいいかもしれない。
ブラックマンデーのおかげで今日は思いっきり悲観的な記事になってしまったが、大抵悪い予想は外れることになっているので、これで厄払いということにして読んだら忘れてほしい。笑

以下は今日引用させて貰ったブログだ。

https://indeep.jp/we-found-new-coronavirus-is-ultimate-pathogen/


003-7.jpg





「#安倍辞めろ」のトレンド

2020–02–29 (Sat) 14:22
今日ツイッターのトレンドで「#安倍辞めろ」が一位になっている。
理由はもう散々このブログでは書いてきたが、突然ぶち上げた「全国一斉休校」が国民をカオスに陥れたのがダメ押しだろう。
その間の手当ても何も考えず、お気に入りの参謀と一緒に思い付きで決めたスタンドプレーのようだ。
もう今更政権のことは書きたくないのでやめておくが、何となく国民の怒りが臨界点に来ていると感じている。

新型コロナウィルスはインフルエンザ程度と国民への刷り込みに国は必死だが、エイズウィルスのタンパク質を持っているので体内からなかなか消えず日本でも一旦陰性になった人がまた陽性に転じている。
一割ぐらいの人は体内からウィルスが消えず持ち続けて、いつまた再燃するかわからないし周囲にも撒き続ける。

ここへ来てアメリカが異様なほどの反応を見せている。
カリフォルニアで集団感染が起ったのだが、このウィルスの実態を知っているからだろう。

311の時の原発事故に擬している向きもツイッターでは見かける。
散々こき下ろされていた民主党だが、あの時の民主党は国民に向けて真摯だった。
利権官僚に足を掬われながらも不眠不休で対策を講じていた。

あの時が悪夢の民主党だとしたら、今は地獄の自民党だろう。

さて、皆外出を控えるようになり、私もいつも以上にヒッキーの生活をしている。
こんな時はスピリットガイドとコンタクトを取るとか、内観の時間を作るのもいいかもしれない。
スピ的に新型コロナウィルスの意味を解説している人は多いのでここでは言及しないが、少なくとも感染が多い国は日本を始め試されているのだと思う。

有事の際に人間の本質が分かる。
今の政治家ははそれをよく証明している。
原発事故の時にデマと言われても放射脳と馬鹿にされても、いち早く危険を察知し危機管理した人は今回も事態の深刻さを早くから気が付いていたのではないか。
私は一週間前くらいから最小限の物は買っておいた。
品不足もそうだが物流が滞るかもしれないと思ったからだ。

勿論楽観的な人は案外コロナウィルスにもかからず、生活も影響なく過ごせるかもしれない。
人それぞれだ。

有事の際は国や政府の言うことは鵜呑みにせず、正しい情報を取りに行き自分の判断と直感で動くのが一番だと思う。


DSC_0209.jpg




 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR