言葉は凶器

2019–05–20 (Mon) 15:05
先頃国会議員が「北方領土を取り返すためには戦争するしかない」と酔っぱらって元島民にしつこく絡んだ事件があった。
辞職勧告も出たようだが所属する党を辞めただけで議員には居座り、逆に「辞めさせるなら知っていることをばらす」と開き直りのような態度を見せている。
これで東大出の元官僚というのだから、如何に今の政治や行政が堕落しているかわかる。

失言で大臣や議員を辞めた政治家は枚挙に暇がない。
しかし、最近は何を言ってももう辞めないで済むので、政治は無法地帯となっている。
そもそも失言というのは公式の場で言ってはいけないことを言ってしまうことで、本人は常日頃思っていることだと考えていいだろう。

人間関係の中でも何かの拍子に言ってはいけない言葉を言ってしまうことがある。
喧嘩してかっとなってとか、酔っ払って判断が出来ずとか理由は色々あるが、一つだけ言えるのはその内容は本人の頭のどこかに必ず存在しているということだ。
もしかしたら普段は理性が働いて顕在意識にはないかもしれないが、潜在意識の中にはある場合も考えられる。

言ってはいけない言葉内容は、普通は常識というセンサーが働くので表面には出ない。
そう思う自分を否定したり恥じたりする場合もあるが、一旦はそんな考えや感情があったことは事実だ。

お酒を飲んだり車を運転すると人間が変わったようになる人がいるが、これもそのパーソナリティーを実は持っていて、何かのトリガーで出て来ただけの話なのだ。
後からいくら後悔しても遅いのだが、その際にはあれは弾みだと思わずに本当は自分はそういう部分を持っているのだと直視するべきだろう。

覆水盆に返らずと言う。
言ってしまった言葉はいくら取り消して謝っても、もし相手が許してくれたとしても、もうすでに自分への見方が変わっている場合が多い。
親子夫婦でさえ一言が突き刺さって関係が変わってしまう場合があるのだから、他人である友人や仲間では失言一つで大事な人間関係を失うことになりかねない。
失言が問題なのではなく失言によって「そんな考え方、感じ方の人」と見方を変えられてしまうのが問題なのだ。

人間が感情のままに思っていることをみんな言ってしまったら、人間関係は成り立たなくなるだろう。
常識というフィルターで発言を選別し人と人との間は円滑にいく。
家族ならある程度人間性は判るのでむき出しの暴言も耐えてくれるかもしれないが、他人ならまずもう元の関係は望めないと思った方がいい。

口から出た言葉は取り消せない。
言霊はエネルギーだから聞いている人間の心に入り込み影響を与える。
言葉一つで地位も名誉も失うのは何も有名人に限ったことではない。
普通の人でも大事な友人や人間関係を失う場合も多々ある。

考え方や価値観は人それぞれなので、戦争をしたいと考えている人間を断罪するわけにはいかない。
しかし、社会で生きていく上で、人を不快にする言葉を慎むのは最低限のルールだろう。
ネット上では狂気のような言葉さえ飛び交う昨今だ。
言葉は凶器になるということを、政治家、市井の人間の別なく肝に銘じておくべきだと思う。



8eb2b1138ca84e77ba875a5ecea55cbb_s.jpg






令和のシンクロ

2019–05–02 (Thu) 17:19
元号が令和に変わり、様々な占い師やスピリチュアリストがどんな時代になるか予想を出している。
概ねいい予測が多いが、そこはお約束だ。
現実的に考えて新天皇の年齢からしても、令和はそう長くはないだろう。
せいぜい20年ぐらいで、多分生前退位を今後は踏襲するのではないだろうか。

平成最期の日に天気予報を覆していきなり雨になった。
特に都内は一時激しい雨になり、令和が始まった昨日も雨模様、今日は東京都心は激しい雷雨があった。

雨は浄化と抑制の意味がある。
私は時代が変わる時に降ったこの雨が、何かを抑え何かを浄化したような気がしている。
元号が変わる前後に体調を崩した人も多かったようだ。
確かに日本の波動は変わるのだから、その影響を受けた人もいただろう。

新天皇は幼少時、徳仁(なるひと)という名前から「なるちゃん」と呼ばれていた。
オックスフォードに留学し英語も堪能のようだが、バイリンガルの雅子皇后との結婚は周りの反対を押し切り成就させた。
しかし、バリバリのキャリア外交官だった彼女が皇室のしきたりに馴染めず、長い間メンタルを病んでしまう。
一人娘の愛子内親王についても様々な憶測があったが、秋篠宮家に男子が生まれたので女性天皇も可とするように皇室典範を変えることはなくなった。
皇室典範を変えようとした小泉首相をすんでのところでやめさせたのは、当時官房長官をやっていた今の安倍総理だ。
この時期秋篠宮夫妻が人工授精で男子を選別し誕生させたのは公然の秘密だ。
大きな力が動いたのは想像に難くない。

一連の経緯を鑑みれば、新天皇は決して順風満帆な皇太子時代ではなかった。
公務をしない雅子妃をかばう発言をした時には、かなりバッシングされたりもした。
妻がいるのに殆ど一人で海外へ公務に出かけるのも、立場的に辛かったのではないか。

温厚でにこやかな面立ちの後ろには、ずっと人間的な苦悩や心労を抱えていたと思う。
そういう意味では平成天皇のような高次の神通力はまだなくても、人の痛みの判る暖かさがあるような気がする。

新天皇が幼少時、母の美智子妃が海外公務で留守にする時に育児の手引きを細かに記したものを残したが、それが「なるちゃん憲法」と呼ばれ、本まで出されている。
奇しくも父の平成天皇が守ろうとしていた日本国憲法は、愛娘の皇位継承を潰した安倍総理の手で今改憲されようとしているのだ。
なんとも因果を感じる話だ。

まして幼少時に自分の名前と「憲法」という言葉で国民に親しまれた新天皇が、その「憲法」の存亡に関わることになろうとは、あまりのシンクロではないだろうか。
この二人が時代が変わる時の当事者になったことに、安倍総理と令和天皇の宿縁を感じてしまう。

令和に変わった5月1日0時のホロスコープを見ると、Tスクエアが重なったり、波乱万丈を予想させる星回りになっている。
やはり破壊再生があるのかもしれないが、悪しきものを破壊し良きものを再生する令和の時代と新天皇に期待したい。


PB120005.jpg





平成の終わり

2019–04–30 (Tue) 17:24
今日で平成が終わる。
今日と明日は変わらない日なのに国民の集合意識が区切りだという風になれば、自ずと新しい波動が生まれるだろう。

平成天皇は国民に愛された。
何故なら父親の昭和天皇の起こした戦争の過ちを身をもって贖罪したからだと思う。
昭和天皇も軍国政府に利用されたとはいえ、現人神と奉られた半生は国民を臣民として「天皇陛下万歳」と死んでいく兵士を是としていたわけだから、いくら敗戦によって人間宣言をしても国民を戦争に向かわせた罪は大きい。

そんな父親を見て今の平成天皇は戦争の愚と平和の尊さを訴え、父親の代わりに世界各地へ戦争の犠牲者の慰霊の旅をした。
彼の一生は父親の残した負の遺産の清算だったように思う。
多くの国民を戦火に向かわせ死なせた父親とは反対に、国民を国粋主義に傾く政治から身を挺して守ろうとしているのは、事あるごとに「戦争の惨禍」や「平和憲法」という発言を聞いてもわかる。

私の世代は戦後民主主義教育をまだ受けていたから「天皇陛下万歳」という言葉は兵士が特攻する時叫ぶ印象しかないが、今の国民が若者も含めて皇居で平成天皇を見ると「万歳」と自然に言ったり涙を流す理由は、スピリチュアル的に判るようになった。
平成天皇も若い頃は血気盛んなところもあったようだが、年を重ねるとともに霊的進化も著しかったのだろう。
今や平成天皇夫妻は日本最高の神官でヒーラーだから、その波動に触れると自然に魂が感応してしまうのではないか。

天皇家は天皇家だからと言って高潔な魂ばかりではない。
万系一世などと国粋主義者はうそぶくが、遺伝子的には他の血が入っているしY遺伝子が延々と引き継がれているわけではないので男系天皇のみもおかしな話だ。
スピリチュアル的に見ればたまたま天皇家という特殊なソウルグループの中に相応しい魂が来るだけで、男性だからというわけではないだろう。
輪廻転生するなら魂は男の時も女の時もあるはずだ。
たまたま平成天皇は天皇家のカルマも清算するような高次の魂だったのだと思う。

「戦争のなかった平成の時代」と声を震わせながら平成天皇が言った言葉に、彼の平和に対する生涯をかけた悲願が滲み出ているような気がする。
新天皇も父の意志を受け継ぎ、戦争のない平和な令和の時代の象徴になってくれることを願ってやまない。



古代蓮2





狂った日本

2019–04–23 (Tue) 15:00
ここ数年日本はおかしくなってきていると思っているが、特に安倍政権の嘘やまやかしがまかり通るようになってから顕著になってきた。
不正や悪を糾弾する側が攻撃され権力になびくことが当たり前の風潮になっており、上層階級と下層階級の落差が激しく、権力を持った者に従って得をするか、逆らって潰されるかの両極端しかなくなってしまった。

去年から組織で不祥事が起こると、ヒエラルキーの上の者が下の者に罪を押し付けるというシステムが出来上がったように思う。
上層階級は責任を取らない、罪を問わないというのは、社会のあらゆるところに蔓延し、政治ばかりか司法や警察にまで浸透している。

最近池袋と神戸で似たような交通事故が起こり、死者も出て多数が巻き込まれたが、警察の対応があまりに違うので問題になっている。
池袋の87歳の運転手は東大出の元通産省の官僚で、大企業に天下りし副社長をやっていた。
かたや神戸の事故は市バスの運転手だ。
池袋の方はブレーキも踏まず完全に運転手の責任なのに、最初は名前も出さず、出てもさん付けで未だに逮捕もされていない。
神戸のバス運転手はその場で業務上過失致死傷で逮捕されている。

池袋の事故を起こしたこの元高級官僚は、事故後、フェイスブック、ツイッターの削除、携帯の解約、自宅写真にボカシなど、スマホで息子に事細かに身元隠しの指示していたそうだ。
目の前で大事故を起こし人が死んでいるのに、救助より早く真っ先にそれをしたと言われている。
まあ、真偽のほどは判らないが、SNSがいち早く消されていたのは事実だ。
何があっても保身に走る官僚の面目躍如というべきか。

警察もマスコミも元官僚のバックグラウンドを配慮しているのは火を見るより明らかだが、それが当たり前の今の日本になってしまったのだ。

反対に権力がない弱者は冷遇され切り捨てられる。
内部告発や権力に逆らう者は、嫌がらせをされ組織から追われるようになっている。
アイドルグループの一人が暴行事件を告発したら、結局本人自身が辞めさせられるという腐った構図が最近もあった。
大ボスは安倍友の〇元康だから対応の仕方は推して知るべしか。

一番危惧すべきは司法が狂っているということだ。
大きな国家的流れに忖度しているとしか思えない傾向があからさまになっている。

娘に性的虐待をしていた父親が強姦容疑で起訴された裁判があったが、二件とも父親が無罪になっている。
自分の娘を犯したら、和姦、強姦の判断の前に性的虐待で何故父親は捕まらないのだろう?
12歳の娘に週3回の性行為を強いても、自宅が狭い、声が聞こえなかったと父親を無罪にする司法を、国民は許すのだろうか。

この事件の他にも最近はレイプ事件が次々と無罪になっている。
例の安倍友である山口某のレイプ事件を正当化するために、片っ端から司法でレイプを認めない圧力がかかっているのではないかと疑いたくなるような事態だ。(この彼は最近被害者の女性に、逆に億単位の賠償訴訟を起こしている)
何でも安倍政権のせいとは言わないが、もう日本中が強きを助け弱きを挫くようなおかしな社会になっているようだ。

しかしそれは国民がそういう意識になってきているからだ。
そのうち、それをおかしいという人間がおかしいと思われるのではないかと恐ろしくなる。



2b6dc3dbbf31ee21eae1cf1985f26d81_s.jpg





若者の死

2019–04–09 (Tue) 16:25
最近立て続けに30~40代の男性芸能人が亡くなった。
30そこそこのミュージシャンが心不全で突然死したが、そういう事例が増えて中には10代の突然死や20代の脳梗塞もある。
芸能人、著名人でも大病や死者がぞろぞろいるのに、こんな現象を皆麻痺しているのかなんとも思っていないのか。

全てを8年前の原発事故による被曝のせいだとは言わないが、今頃になって東電と国は隠蔽していた事実を出してきて未曽有の放射能放出と被曝量だったことが明らかになった。
しかし8年も経てば誰も関心を示さないしそれを待っていたのだから、国民の命などどうでもいい連中が国を牛耳っているのだけは証明された。
一番の問題は国民が国の嘘を見抜けず放射能は安全だと信じてしまったことだ。
そして時間が経てばなくなるだろうと。

半減期という言葉さえ知らない国民が大部分で、何年も経っているから放射能はもう大丈夫、今更そんなことを言い出すのは変だという社会になっている。
半減期で減っているのは半減期2年のセシウム134だけでセシウム137は30年、ストロンチウムは29年、プルトニウム、ウランに至っては億年単位だ。
半減期とは半分になる期間で半分は残っているということだから、いずれも福一から放出された放射能はまだ日本を覆い尽くしている。

福島で甲状腺癌が増えたと最近ツイートがあったが、それを袋叩きにしているのは福島の人だった。
福島に恨みがあるのかという主旨だったが、読んでいて暗澹とした気持ちになると同時に、国民があの時国と東電に間違った刷り込みをされたことにやりきれなさを覚えた。

折しも最近福島原発では水蒸気の噴出や奇妙な光がライブカメラに何度も映っており、観察している人達が地下で再臨界ではないかと言っている。
実際東京や千葉の水道から検出される放射能の量も増えている。
海にはトリチウムが流され放題でもう止める術はない。

チェルノブイリ事故の後も、日本でも若者や乳児の突然死が相次いだ。
一時に目に見えて判る事象ではないが、段々とみんな病んで気が付いたら倒れたり死んでいくのが被曝の晩発障害だ。

勿論放射能以外にも遺伝子組み換えや添加物など日本人の健康を蝕む要因は幾つもある。
だからこれらが複合的に作用して人々は心身共におかしくなっていくのではないか。
日本人の平均寿命は長い。
しかし平均寿命と健康寿命は違って、平均寿命が長くても健康寿命との差がどんどん開いていくのがこれからの日本だと思う。
体に入った毒物は脳も同様に蝕み、メンタルを病んだり認知症も増える。
頭も体も健全で健康な人は、あらゆる世代で少なくなるだろう。

今からでも真実を自分の目で確かめ、一部の支配層と利権者の犠牲になる必要はない。

しかし、悲観的だがこれも天の予定調和だとしたら、自然淘汰はやむをえないないのだろうか?



92.jpg





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR