ワクチンと自己肯定

2022–01–13 (Thu) 17:07
最近はこのブログも新型コロナの話題ばかりになって恐縮だ。
しかしこんな時代になって、新型コロナ抜きではもう今を語れない。
人間の二極が進んでいる。
何も考えずマスメディアや国の言いなりになっている人間と、自分の頭で考え判断できる人間。
そしていつの世も為政者はどこかのもっと大きな権力に動かされているという事実。

今更陰謀論は持ち出さないが、人間の性として異常事態になると権力を剥き出しにし人々を支配したがる人間はいる。
今ヨーロッパやオーストラリアで行われているワクチンによる人権蹂躙はまさしくそのものだろう。
国の支配者は国民を従わせることによって己の権勢欲を満たしているようにさせ思える。
しかし私が言いたいのはそれではなく、唯々諾々と何も疑わずワクチン接種に盲従している人々だ。

ワクチンを打った人のYouTubeを見たり、snsを見ていると痛々しい気持ちになる。
特に最初から信じている人ではなく初めはワクチンに否定的な人でも、同調圧力や皆が打っているからと接種を決めた人達だ。
彼らの意識は確実に変容する。
打つと決めたからには否定から肯定へ、批判から自己弁護へと変わっていく。
二回接種後は、己を納得させるためにありとあらゆるワクチンの利点を探し、ネガティブ面は完全スルーだ。
もはやワクチンに利となる情報以外はシャットアウトしているようだ。

この気持ちは痛いほどわかる。
打った人間にすればもう取り返しがつかないから、自分が正解だったと何とか思い込むしかないのだろう。
接種をした人たちはほぼその思考回路になっている。

それがワクチンを勧めてきた人間達、言われた通り打ってきた人間達の今の意識なのだ。
もしワクチンを否定してしまったら自分自身をも否定することになる。
兎に角それで突き進むしかないのは国民も国も同じだ。

私はワクチンを仕掛けた一部の支配層はそろそろ逃げ道を考えていると思う。
可哀そうなのは信じて国民に打たせた政治家と、言うなりに接種して将来どうなるかわからない人々だと思う。
ただ、数年たてば何が起ころうが因果関係など立証できない。

恐ろしいのは新型コロナではなくワクチンだと私は思っている。


a721434acf17d4d63d78a3d0105dcceb(1).jpg




星は巡る

2022–01–08 (Sat) 15:50
2022年も明けて8日になってしまった。
誰にとってもここ2年は映画を見るような現実感のない2年だったろう。
新型コロナのパンデミックで、世界中が日常を失った。
それまで普通にできていたことが普通でなくなり、気がついてみれば大戦中に匹敵する死者が出ている。
もう正確な死亡者数など分からないだろう。
新型コロナでの死、ワクチンでの死など超過死亡を入れたらかなりの人数が地球から間引かれたのではないか。

折しも占星術では歴史が大きく変わるグレートコンジャンクションの配置になったのが去年からだ。
人間の寿命が80年とすれば、先の大戦は1945年に終わっていて今の高齢者は戦争末期を幼少期に経験していることになる。
その前も数10年ごとに世界史に載るような歴史上の出来事が起こっているから、人間一人が一生のうちに一度は何か歴史の大事件に遭遇しているのだろう。

このパンデミックはスペイン風邪の次に歴史に残る疫病だろうが、後にはこれによって社会が大変革を遂げたと記されるかもしれない。
私個人としては社会よりも人類がと思っている。
人類はmRNAワクチンの影響を数年後に必ず受けると思う。
もしかしたら悪い意味ではなく、変化した遺伝子を持った新人類が出来ているかもしれない。

人類はその時その時で自分の遺伝子を変化させ適応してきたと言われている。
スピリチュアル的に言えば宇宙由来の魂であるインディゴからクリスタルチルドレン、レインボーチルドレンなど、エンパス系の人間が増え、そのうち会話をしなくてもテレパシーで話せるようになるとか。
実際今のマスク生活は話すことを必要としない未来を示唆しているのかもしれない。

夢のような話になった。
だが、現実はまたオミクロン株が増え、世界は狂信的にワクチンを進めている。
もう皆元の体へは戻れないのなら、その中で変化に対応して生きて行く体になるしかないだろう。
陰謀論は数々あるが、案外当たっているものもあるような気がする。
10年後の未来がどうなっているか是非見てみたいものだ。


20211229_143549 (2)





狂った世界は続く

2021–12–26 (Sun) 17:36
2021年ももう終わりだ。
今年はブログが殆ど書けなった。

Youtubeを定期的に上げていたせいもあるが、今年は引っ越しや個展など忙しい年だった。
そして天中殺二年目で嫌というほどその辛さを味わっている。
統計学占術は後に検証すると殆ど当たっていて、インド占星術もその通りだ。
これらの占術はよほど肝が据わっていないと学ばない方がいいと思う。
まず自分の人生が見えてしまうからだ。

もちろんどんなに確度の高い占術でも、最高当たって7割くらいと言われているから全く当たらない場合もある。
むしろ予想される未来の自己暗示をかけて、引き寄せてしまう方が怖い。
占い結果は良いことはそのまま信じ悪いことはスルーというのが一番いい方法だが、全く占いを知らなかった人の人生を統計学占術で検証してみるとやはり当たっていることは多い。

2022年も困難が予想される星回りだ。
新型コロナが始まって二年だが、来年も続くだろう。
そして世界はすっかり変わってしまうかもしれない。
初めは新型コロナのパンデミックだが、終わってみればワクチンで人類の体は変容し淘汰されるという壮大なドラマのような気がする。
今ブレイクアウトしているオミクロン株は毒性は低く、感染力は高いが重症化もしない。
そして当初からワクチンは効かないか、むしろワクチン接種者の方が感染しているのに、いまだに全世界を上げての3回目接種の大合唱だ。
効かないとわかっているのになぜワクチン接種を進めるのだろうか?
根拠にしているのは重症化しないかも、というそれだけでまだエビデンスもない状態だ。

皆おかしいと思わないのだろうか。
ヨーロッパではワクチンを拒否する者は迫害されている。
そのうち普通の生活も営めなくなるかもしれない。
しかも、新型コロナの被害よりワクチンの被害の方が大きくなっているのにだ。
免疫不全、ありとあらゆるワクチン由来の症状や疾病が劇的に増えているがそれは完全無視だ。

私は世界が狂ってしまったと思っている。
確かにこのワクチンに適応して生き延びる人も多いだろう。
しかし遠くない未来で新型コロナの被害者よりワクチンの被害者の方が確実に増え、社会はカオス状態になると思う。

怖くて誰も認めたくないが、ワクチンによる間引きは始まっているのだ。
何度打ったら人間は死ぬかの治験だと、ファイザーの研究員が告発している記事を読んだ。

ワクチンで狂った世界が正気に戻ることがあるのか、もう私にはわからない。
せめて2022年はまだ正気の人が多く残っていてほしいと思うばかりだ。


11-08-10_001 (2)





続・狂った世界を見る

2021–10–07 (Thu) 16:06
近頃動画で眞子様と小室氏の結婚について占った。
所詮占いではあるが結果を含め、この結婚は結局この結論しかなかった的な話になった。
すると、驚いたことに初めての経験だが一日にして50人以上の登録が減っていた。

多分ポイントは「この期に及んではもう眞子様と小室氏への批判をやめて二人を祝福してあげるしかない、人の不幸を願うのは良くない」という趣旨の私の発言に多くの反対している人達が反応したのだと思う。
かつてないほど低評価もついたし、もちろん反論のコメントもついた。

反対する人間は小室圭氏の出自と人間性、将来の天皇の義兄になること、税金を使うことについての三本柱を強調しているが、大半は愛国ネトウヨ系が多いようだ。
人権問題を持ち出すとパヨク認定されたりする。

反響の大きさに私もいささか驚いているが、思ったのはこのコロナ禍で日本人の心が荒み病んでいるのではないかということだった。
確かにこの二人のいきさつを考えたら、横紙破りで眉を顰められても仕方がない部分もある。
しかし、3年間国民の誹謗中傷に晒されメンタルまで病んで、全ての身分を捨て結婚して海外へ逃げ出そうとしている眞子さんに追い打ちをかけるようなことをしているのは、もう無抵抗な人間をいじめているようにしか見えない。

閉塞した今の社会で、妬み、羨望といった負の感情を向ける格好のターゲットがこの二人なのだ。
マスコミは売り上げが伸びるから、尚更小室氏の過去のネガティブなエピソードを血眼になって深堀りする。
庶民はそれを読んでは尚更二人への非難を増幅させるという構図だ。

あさましいと思う。
結局この二人が幸せになろうが結婚に失敗しようが当事者同士の問題であって、誹謗中傷している人間には何の関係もないことだ。
もっと言えば小室氏が懸念している通りの人間で野心のために眞子さんと皇室を利用しているとしても、それを断罪するのは関係者達だ。
皇室が~とか、税金が~とか、正義漢ぶって言っているが、それであなたの生活が影響あるのかと聞かれたら一切ないはずだ。
皇室の恥さらしだとか言っても、では日本がそれで世界から何か不都合を受けるかと言ったら全くないだろう。

愛国ネトウヨ中国攻めて来るぞの人たち以外にも、ごく普通の人も同じ感想を持って私の動画を批判的に受け取っていたようだが、どうして皆こんなに心がささくれ立っているのだろうと悲しくなった。
絶対幸せになれるわけがない、失敗しろの感情が誹謗中傷になるのだろうが、「人の不幸を願ったら自分に返ってくる」と私が言ったのが、そういう人たちの逆鱗に触れたのだろう。

どんな人間だって幸せになりたいだろうし、人としてそれを祝福してやれるだけの器量を持ちたい。


200731_400503600044393_1385435071_n - コピー





狂った世界を見る

2021–09–23 (Thu) 16:19
暫くブログを更新できていなかったが、実は個展と引っ越しが重なりとてもブログまで手が回らない状態だった。
Youtubeは何とか動画は上げていたが、二つの大きな行事が重なると疲労困憊で、とにかくまだ疲れは抜けないが、歳を考えたら仕方がないのかもしれない。笑

久しぶりに更新するが、書いていなかった数か月で社会はまた変わってしまったように思う。
コロナの第五波が押し寄せ自宅放置で死者が続出、菅総理はとうとう政権を維持できなくなり総理大臣も変わる。
何より私が不気味なのは、みなワクチンを打つようになり、ワクチン洗脳が進んで打たない人間は非国民扱いになる風潮だ。
ワクチンのネガティブ事象など、もう調べてもいないのかもしれない。
ワクチンさえ打てば普通に生活できる、重症化しない、周りの人のためと、若いインフルエンサーを使い国民に刷り込みを行った結果、深く考えない人達は若年層までワクチンを打つものだと思い込まされている。

今更ワクチンのリスクを言ったところでもう聞く耳を持たない人たちが殆どだろうから無駄なのだが、半年しか効かない、ブレークスルー感染がある、ADEで重症化する等の事実はワクチン先進国のイスラエルを始め世界的に立証されているが、それでも世界も日本もワクチン一本鎗で、聞かなくなったら次々打てばいいという恐るべき発想だ。
動物実験では5~6回打ったら全員死んだそうだ。

私は打つつもりはないし家族にも打たせたくないが、今や日本はワクチン二極化で家族や友人間でも分断が起こっている。
日本は同調圧力が強い。
上が号令を掛ければ右倣えだ。
日本よりワクチン推奨だったアメリカは頭打ちで50~60パーセントから進まないようだが、後れを取った日本はもうアメリカを追い越したとか。

自分の意志を持つ個人主義のアメリカ人と同調圧力で集団意識の強い日本人の差だろう。
結果は来年から出てくると思う。
これは戦争と同じで、作為的であれ自然であれ天の間引きで淘汰だと思う。
コロナやワクチンで犠牲になる人間、罹っても打っても生き延びる人間、今の時代に生きているそれぞれの魂のプログラムなのだろう。

一番感じるのは、ワクチンという一つの方向に向かって是非も判らずひたすら向かっていく人類の狂気だ。
ワクチンパスポートを作り出した世界は狂っていると思う。


81537505_2668357403258990_7946169112302977024_o.jpg





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR