孤独は蝕む

2019–03–21 (Thu) 17:15
人間は一人で生まれて一人で死ぬ。
つまり生まれる時も死ぬ時も孤独なわけだ。
生きていく過程で家族を持ち友人を持ち様々な人間関係を作るが、やがて年老いて気が付くと一人で周りには誰もいなくなる。
子供達と同居して最後まで孤独にならずに済む幸せな老人もいるが、介護で家族の重荷になり体が動かなくなれば邪魔者にされたり年金目当のみで置いてもらっている老人もいる。

子供はもう自分の人生を持っているので生活に親が入る余地はないのが普通で、孫の面倒を見てもらったりあくまで親に助けてもらえる状態では繋がりを持つが、逆になったら負担でしかない。
親の介護で仕事まで辞めなければならない中高年がいるが、自分のせいで子供の人生をスポイルしているとしたら親にとっては忸怩たる思いだろう。
と、客観的には思うが実はすでにそういう親は認知が始まっていて正常な判断が出来ないか、親として子供を犠牲にすることに何の痛痒も感じない毒親的な親だ。

寿命が延びて90代の親を介護する70代の子供も稀ではなく、老々介護の悲惨な実情がある。
それに伴い老人虐待も増えている。
人間は死ぬ前に自分の生き方を総括させられるというが、老人虐待を子供に受ける親は残念ながら自分の撒いた種を刈り取っているかもしれない。

認知症は老人が孤独や死の恐怖を感じなくするための神の恩寵だという説もあるが、あながち間違っていないような気がする。
一方子供は親が年老いて介護が必要になり自分の生活を圧迫されたり、認知で親と思えないような状態になれば早く旅立ってほしいと思っても仕方がない。
そういう状態は親との別れを納得させたり良心の呵責を軽減するので、お互いのためかもしれないのだ。

孤独は人の心を蝕む。
家族や会社のために社会で必要とされてきても、やがて家族も離れ仕事も終わり夫婦二人が一人になった時に、孤独と向き合い目標を持って生きられる老人がどれだけいるだろうか。
ちょうどその頃合いで病気になったり認知症が始まり、旅立つ助走期間に入るのが人間の自然の営みなのかもしれない。

生まれた時も死ぬ時も一人でも、生まれた時は意識がないが死ぬ時の意識は選択できる。
認知症で意識なく死ぬか、死と向き合って理性を持ち死ぬか。
出来れば後者を選びたいが、天寿を全うするまで生きるとしたら、それにはその前の長い孤独を超克できる強さが必要かもしれない。




525aa73c79eff6315f0a31101da0081d_s.jpg






彼岸参り

2019–03–20 (Wed) 16:46
明日は彼岸の中日だ。
彼岸の期間は一週間だが、その前後は体調がすぐれない人がいる。
私の知り合いでもスピ関係の人は彼岸やお盆は向こうの世界と波長が合い、能力が鈍ったり逆に鋭くなったり体が辛くなったりするという人がいた。
体調に関係なくやはり様々な霊の気配を感じるという人もいる。

彼岸と此岸は日本的な概念だが、その間にあるのは三途の川だ。
この世からあの世へ行く時に川を渡るという考え方は、日本だけでなく古代からオリエントやギリシャにもあったらしい。

臨死体験をする人は世界各地にいるが、国や信仰によって川があったりトンネルの先に光が見えたりしたと語っている。
バックボーンによる違いはあるにせよ、いずれもきれいな光景が見えて亡くなった親や親戚、友人がいたというのは似通っている。
そして生き返った人はいずれもその近しかった誰かに「来るな」「帰れ」と言われたり、後ろで誰かに「行くなと」と言われ呼び戻される等々、同じような体験をしている。
多分皆、此岸と彼岸の間に行っていたということなのだろう。

こちらの世界とあちらの世界には、グレーゾーン的な境目があるような気がする。
それが三途の川に象徴されるように、そこを通るか通らないかで生死が分かれるのかもしれない。

彼岸は死者の霊が戻って来ると言われるから、お墓参りに行き故人を思い出すのはいいことだと思う。
遠くて墓参が叶わないのなら、仏壇に生前好きだったものを供えたり仏壇がなかったら好物を一緒に食べてあげるのもいいだろう。
亡くなった親や祖父母は、向こうへ行っても子供や孫を気にかけ心配している。

彼岸やお盆は霊道が開くともいわれるし、一斉に人々があちらの世界へ思いを馳せればその時期は此岸と彼岸が近くなるのではないか。
や霊を信じる人は勿論信じない人でも、亡くなった人を思い出して感謝すれば必ず側に来て喜んでくれることだろう。




9827e59f1eb9921d71c90ac4d7a2b995_s.jpg






宇宙アート

2019–03–18 (Mon) 15:44
私は絵描きで美術業界に身を置きかなりの年月が経つが、最近の若い作家の作品を見ていると明らかにこの子たちは宇宙人だと思うことがある。
アブストラクトともいえないような心象画なのかデザイン画なのかイラストなのかわからない、いわゆる現代アート的な作品が多い。
見て描くというのではなく、頭の中にあるイメージやインプットされているものを引き出して作品にしているという感じだ。
無論、いわゆるヒーリングアートやスピリチュアルアートとも違い、本人達も美大芸大を出て正統派の画家を目指している人も多い。
中には習わなくても基礎が無くても不思議なテイストの絵を描き有名になる人もいる。

最近はそういう作品を見ると、「ああ、この作家はクリスタルチルドレンやスターシードで、宇宙の記憶や宇宙の意識で描いているのだ」、と判る。
多分私の時代とは違って、簡単にそういう才能を出せるが増えたのだろう。

かつては画家の世界でもインディゴやクリスタルチルドレンは確かにいたが、人間というフィルターを一旦かけて人間仕様の絵を描かなければならなかった。
しかし今は自由奔放に自分のイメージをすらすらと描き、新しい芸術スタイルとして受け入れられている。
そういう作家はインスタグラムを使い作品を発表すると、何故か海外から引き合いが来るようだ。
最近もsnsで見かけた若い女性の作品がインスタグラムであっという間に世界各地からオファーが来て、壁に掛ける絵としてのみならず工業品にも使われ海外のアマゾンでインテリアとして売られている記事を見た。
マーブリングを応用して作っているので、描いているわけではなく行き当たりばったりの抽象的な作品だが、どれも確かに何かが違ってその訴求力は半端ではなかった。

あれよあれよという間に世界に打って出て人気者になる若い作家は少なくない。
それも自助努力はほとんどなくて、インスタに作品を載せたら一年のうちに「アメリカやヨーロッパで個展をしました~」みたいなノリだ。
これはもう宇宙人が宇宙の力を働かせているとしか言いようがない。
そして彼らの作品に共通しているのは、その独特の宇宙記憶とスタイルだ。

数年前にスターシードの女性と知り合い彼女もイラストを描いていて見せてもらった時、この感覚は特殊で地球の物ではないと思ったが、今続々とそういう作家が増えている。
以前の画家は画家になるためには赤貧を洗いつつ人生を賭けたものだが、今はそんな苦労もせず才能をダウンロードしてあっという間に人気作家になる。
多分それを受け入れる同類のも増え後押しするから、見えないエネルギーが繋がるのだろう。

芸術の世界でも確実に進化が進んでいる。
クリスタルチルドレン達が今は媒体になり宇宙のイメージを絵にしているが、そのうちそれも宇宙エネルギーが入ったAIが取って代わるのかもしれない。



92368ef21622d1d494d412b7051cda7a_s.jpg






量子力学とスピリチュアル

2019–03–17 (Sun) 18:01
スピリチュアルを大脳生理学や量子力学を使って説明しようという動きがある。
主として自己啓発系で多いようだが、潜在意識の書き換えや引き寄せの法則などでそれらが使われているようだ。

量子力学自体まだ研究中の分野だが、すべては量子で成り立ち波動であるという考え方から、スピ系のエネルギーや波動というところにそれを応用している。
確かに気や思念もエネルギーだから、量子力学で解明できると考えてもおかしくはない。
「引き寄せの法則」で、ポジティブな波動を出せば同じ波動が引き寄せられるから引き寄せの法則は成り立つという、量子学的な説明をしているものがあったが、さてどうなのだろうか。

たまたまそれ系の人と話す機会があり、その後量子力学とスピリチュアルの関係について調べてみたが、分かりやすく解説している記事などはなるほどと思わされたものも多い。
しかし、いずれも最後に自己啓発やカウンセリングの誘いがあって、書いていたのはその業界の人だと判りいささか鼻白んでしまった。

潜在意識の書き換えは心理学的にはトラウマの解消や、スピリチュアルからもブロックの解放というのがあって、潜在意識が現世だけのものか過去生からも繋がるものかという違いはあっても、ある意味やっていることは一緒だったりする。
しかしまだ研究中で結論も出ていない量子力学でスピリチュアルは説明出来るのだろうか。

最近ありとあらゆる切り口で自己啓発系のセミナーやカウンセリングが増えている。
スピリチュアルと同じで言った者勝ちでそれらしい名称を付けセラピストですと名乗れば、寄せ集めの知識と専門用語でお客は来る。
勿論それはそれでお客が信じて自信を持ったり救われたりすれば、問題はないので批判するつもりはない。

そういう自己啓発やセッション系の仕事に自己実現の場を求める若者が多い。
大抵は30代だが、会社で躓いたり思うような成果が出ず社会での自分の価値を見失い、自身も自己啓発が必要な状態になった人達だ。
セミナーに通ったり勉強するうちに「自分も人を救いたい」という志を抱いて、その道に進むようだ。

実際複数のその手の人と話したが、彼らに通底していたのは「人を救う」のが自己実現の方法になっていたことだ。
それが成功しセンセイと呼ばれ人気が出ると当初の「人を救いたい」の比重より「自己実現」が大きくなり、全能感を抱いて多くの聴衆の前で腕を振り上げるカリスマセミナー講師になるのだろう。

大脳生理学も量子力学もスピリチュアルを解き明かす一手段にはなると思うが、決定事項のように声高にスピや自己啓発のセミナー等で説くのはまだ早いと思う。
まあしかし、この世界は製造物責任もないし、言った者勝ちで、「鰯の頭も信心から」の世界だから、全ては自己責任ということだ。



Image524.jpg





LGBTの苦難

2019–03–15 (Fri) 15:16
最近何故かLGBTについてのシンクロがあった。
先日「潜在意識」に関して話す茶話会に出たのだが、そこの講師の心理カウンセラーが性同一性障害で性転換をし戸籍も変えて女性から男性になった人だった。
彼がLGBTだとは知らなかったし内容も潜在意識の書き換えという話だったのだが、線が細くて女性だなと思っていたところ、後になって違う参加者からその事実を知らされなるほどと思ったのだった。

その数日後に、ある友人から息子さんの相談を受けた。
ずっと不登校や引きこもりでメンタルを病み、今も定職がなく家にいて時々暴れるという話だった。
前から断片的に聞いてはいたのだが、友人の彼女もこのところ体調が悪く息子さんの問題が関係ありそうなので、ランチをしながら話を聞いたのだった。

一通り聞いた後ふと彼の写真を見たくなったので、かなり前のだが写メを見せてもらった。
見た瞬間「可哀そうに」という思いがこみ上げて来た。
そこで私も半分ダウンロード状態になったらしく、色々なものが一気に降りて来た。
彼の苦しみ、痛み、暴れる原因、小さい頃からの違和感、等々。
彼もやはり女ので性同一性障害を抱えていた。

「この子、女でしょう?」と聞いたら友人は「わかるの?」と絶句した。
「実はどうも女になりたかったらしいの。」とつぶやいて涙目になった。
男性の格好をしているが顔も心も女性で、小さな繊細なを大きな強い男性のにしようと本人が苦しんで、メンタルを病んでしまったようだった。

話を聞くと第二次性徴期で体が男性に変化する頃から不登校や引きこもりが始まり、ずっと社会に出ても躓きを繰り返していたそうだ。
時々スイッチが入ったように暴れるのが友人にはいたたまれないらしく、夫婦が不仲だったことなど自分のせいかと罪悪感を持っていたらしい。
しかし根本の原因は性同一性障害に対する葛藤と自己矛盾ではないかと言ったところ、実は母親である友人も薄々は気が付いていたと話してくれた。
結局周りはそれとなく察していても、本人も家族も認めたくないので彼は自分を責めて壊すしかなかったようだ。

私はその前に偶然会ったLGBTのカウンセラーの話をした。
友人は思い返すと全て辻褄が合うことに気が付いて、改めて息子が精神病ではなく全てLGBTが原因で今日の彼になってしまったと理解したようだった。
現実を受け入れ見方を変えれば彼も楽になり暴れることもなくなるのではないかと彼女に伝えたが、それにしても写真を見た瞬間すごい勢いで繋がった感じだったので、私はどうも誰か彼女の後ろの人にでも呼ばれたのかもしれない。

LGBTで苦しむ人は多い。
カミングアウト出来ないことも苦しいが、それ以前に自分のあるがままを受け入れられず自己否定を繰り返し内部崩壊を起こす人も少なくないのではないか。
歴史の始まり以来LGBTは一定数社会にはいた。
常に秘匿され迫害される宿命を持ってきた。
過去生からのカルマや持越しもあるだろうが、普通の人よりも過酷な修行をするだ。
それだけに彼らのは高い霊的進化を望めるだろう。

友人にはLGBTのカウンセラーの情報を伝えたので、このシンクロが役に立つように願っている。



a4dfe83452db1eba99eab5773eac4aac.jpg





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR