喪失の意味

2019–06–24 (Mon) 15:06
人間は人生で何度か喪失を経験する。
一番大きいのは誰かを亡くすることだが、その他にも人間関係では好むと好まざるとにかかわらず喪失感を味わうことは必ずあると思う。
物理的に場所が離れた場合も、縁が切れてしまったという場合もある。
離婚や恋人との別離など、深い傷を受けるものから、親しい友人や信頼していた人、支えてくれた人など大切な人を失うことでも喪失感は大きい。
これは相手に去られた時も自分から去った時も、いい関係のまま別れた時もそうではない時でも喪失感というのは必ずあるものだ。

人は普通にあったものがなくなると、必ず空虚を感じる。
まして人間の場合はぽっかり穴があいたような感覚もあれば、絶望の淵に沈むほどの打撃を受けることもある。
私も幾度か大きな喪失を経験してきたが、立ち直るにはしばらく時間がかかった。
大事な人で年単位のこともあれば友人関係では一か月ぐらいというのもあった。

よくスピリチュアルでは何かが去れば違う何かが来るというが、経験上そうとも限らず空いてしまった空間はずっとそのままのこともある。
実は最近も不可抗力で信頼している人と縁が切れてしまったが、余人に代えられない人だったのでかなりの喪失感だった。
しかし人にはそれぞれの道があり人生の一時期必要があって縁を結んだが、それが永久に続くとは限らず一定期間軌道が交わってもやがて違う軌道に進む時が来たのだろう。

人との縁が切れる時は、間違いなく必然だと思う。
もうお互いに必要がなくなった場合もあるし、片方は必要としていても強制的にシフトチェンジをさせられる場合もある。
それもこれも多分次へ進みなさいということなのだ。

ステージが変わる時は人間関係も変わるというが、そういう時期は立て続けに起こることが多い。
そしてショックから立ち直り気が付いたら周りは違う景色になっていたり、何より自分自身もいつの間にか変わっていたりする。

大きな喪失も小さな喪失も試練ではあるが、それを乗り越えればかならず気づきや成長があるはずだ。
今大きな喪失の渦中にあってはそんな余裕はないだろうが、必ずこれからどうしたらいいかのヒントを後ろのガイドや守護者はくれている。
案外周りの人の言葉を通して伝えてくれている場合もあるので、複数の人に同じことを言われたら心に留めた方がいい。
それを経験する自体魂にとっては予定調和かもしれないから、必ず行先の道が用意されていると思って前を見るように努力しよう。


Image420.jpg





苦手な人の対処法

2019–06–02 (Sun) 15:10
誰でも苦手な人や嫌いな人はいる。
一目見ただけでも何となく嫌な感じの人もいるし、話してみると反りが合わないと思う人もいる。

生理的に嫌だと思う人はまずの問題と思ってもいい。
波動が違う、ステージが違う、過去生で敵対関係や先祖の仇、はたまた出身星が宇宙戦争をした相手の星の人だった場合だってある。
人間として生きる過程で培われた思想信条、考え方、人生観などは違っても仕方がないが、それは物理的な問題ともいえるので努力次第で折り合いはつけられる。
しかし、本能的に相容れないと思う人はやはりこの世以外のところに問題があると思うしかない。

では、そういう人とどう接したり身を守ったらよいか。
これはメンタル面とスピリチュアル的側面から考えなければならない。
の問題となると如何ともしがたいが、仕事で逃げるわけにもいかない場合もあるだろう。
その場限りや接する回数が少ない場合は必要最低限しか近づかない、喋らない、特に相手と目を合わせない方がよい。
相手のオーラやエネルギーを極力避けるためだ。
目を合わせると相手と一瞬でも気脈が繋がってしまうことになる。
嫌いな人とは目を合わせたくないというのは、そういう本能が働いているから理にかなったことだ。

スピリチュアル的には波動を受けて何かネガティブな邪気を貰ってしまう可能性があるので、身を守るものを身に着けるのも効果がある。
一番いいのは魔除けの効能が強いパワーストーンブレスレットを左手に付ける。
あとは好きな神社のお守り、護符、粗塩、小さい鋏などもあるが、霊能者や占い師、ヒーラーなど人の邪気を受ける人は皆何かしら付けている。
鋏やカミソリを常に持ち歩いている人もいる。

しかし、どうしても仕事仲間のように常に接触を持たなければならない人は、思い切って発想を転換するのも一つの方法だ。
人を変えようと思ったら自分が変わるしかない。
嫌だと思っていたら必ず波動は伝わり相手も同じように思う。
苦手でも笑って挨拶するとか違う態度で接してみれば、案外相手も変わってくれたりする。
不思議に自分が苦手意識をクリアできれば、相手の方がいなくなることがよくある。

もう一つ、鏡の法則というのがあって、嫌な相手は自分も持っている嫌な部分をそこに見ているから、尚更嫌になるというものだ。
つまり同じ波動を持っているから引き寄せ合うのだ。
自身の同じ部分を認めて直すようにすれば、ステージが上がり波動が変わるので周りの人間関係も変わっていく。

不倶戴天の敵と思っても、実は過去生のカルマ解消で今世で巡り逢ったのかもしれない。
判っていてもなかなか実践するのは難しいことだが、苦手だと思う人も頭から拒絶せず、もしかしたら何か課題があるのかもしれないと考えてみてもいいのではないか。

他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる。


DSC_0532.jpg





毒出し

2019–05–31 (Fri) 16:10
昨日絵描きの友人と会って、お茶を飲み食事をしてお喋りをして来た。
全然スピリチュアル的な事には興味のない人だったが、私と話すようになってブレスレット作成を頼まれたり濃い話もするようになっていた。
私も同様に困り事などを話してお互い知恵を拝借の感じだが、昨日も一緒にいた美術団体の話になった。
ネガティブな人間ドラマや残念なシステムで成り立っている組織図を一通り口説いた後、ふと同じ立ち位置で話している自分に気付いた。

人間は意識しなくてもネガティブな部分を持っていて、それを吐き出す為に周りのネガティブな部分を見つけ出し、一緒に自らも毒出しをしているのではないかと思う。
悲しいかな人を褒めるより人を貶す方が楽な場合も多い。
勿論悪口はよくない事だと誰でも知っているが、我慢出来ずに批判してしまうことはある。
その後後悔もするが妙にすっきりもするという経験はあるのではないか。

人を褒める時に「人の悪口は絶対に言わない人だ」という言い方がある。
人間が出来ていなければなかなかそうはいかないので、美徳の一つとして捉えられる特性だろう。

霊格が上がれば周りも低い波動の人はいなくなるから、自ずと人の批判や悪口は言う必要がなくなる。
しかし誰でも徳が高いわけではなく、上の褒め言葉は「人の悪口を言うのは当たり前」という前提があるのだろう。
スピリチュアルでは嫌な人間は、自分が同じところを持っているから鼻につくという解釈をする。
いわゆる鏡の法則だ。

しかし人間関係や周りの人を起因にして生まれるストレスも含め、デトックスのためには溜めたものを封殺せず全部吐き出すのが一番早い。
ネガティブを我慢して押し込めれば自分が壊れてしまうから、毒出しとして吐き出す必要がある。
良し悪しは別にしても、常に人を批判し悪口を言って毒を吐いている人間は、いつも元気で長生きだ。
我慢してやられっぱなしの人や、いわゆる「いい人」が、メンタルを病んだり寿命も短かかったりする。
残念ながら「憎まれっ子世にはばかる」は事実だ。

昨日話した友人は常識的で良心的な判断のできる人だが、さすがに「あれはひどいよね」という話はいくつかあって、私も同調しつつ結構話していた。
最後の方になって、なぜか彼女の顔が明るくなってすっきりしたのに私は気づいた。
多分話すことによって毒出しが出来たのだろう。

負の感情でも胸に溜まってきたら、できる限りどこかで思いの丈を話した方が楽になる。
聞かされる方は大変かもしれないが、元気でキャパの広そうな人を選んで聞いてもらおう。
自分が聞く方に回る場合は、弱っている時は邪気を引き受けてしまうので避けた方が良い。

お互い持ちつ持たれつのデトックスできる相手を持っておくと楽だと思う。



005.jpg





スピ人間の孤独

2019–05–16 (Thu) 18:43
「小さな親切大きなお世話」「あなたの常識私の非常識」
誰でもこれを痛感させられることが、一度や二度はあるのではないだろうか。

人は自分の基準で物事を判断する。
それは人間関係でも同じだ。
社会人として常識的な基準は皆ある程度は共有しているが、考え方や価値観、思想信条が違うと微妙なずれや相反が起こる。
それでもそれを含めての人間関係なので仕事や職場ではうまく対応するし、利害関係が絡まない組織や友人なら離れてしまうのは自由だ。

しかしスピリチュアルの仕事に携わりそれなりのスピ能力があると、普通の人間関係でも様々な事が分かってしまったりあるいは相談されたりする。
だから、多分人との付き合い方もどこまで踏み込めばいいのか分からなくなって、普通の友人が出来なくなってしまうことも多い。

過去知り合ったスピを仕事にしている人は、敢えて友人は作らない人もいたし、出来てもすぐうまく行かなくなって殆ど友達のいない人もいた。
理由は様々あるだろうが、友達を作らない人は何かあると自分の能力を「友達だから無料で見て」と頼られるからという理由だったし、友達とうまく行かない人は力が強すぎて友人が離れてしまう人だった。

同業者同士ならある程度理解できるが、これがそうでない人ならどこまで深く付き合っていいのかボーダーが見えなくなるのかもしれない。
親切心で分かったことを伝えてもその人にとっては大きなお世話だったり知られたくないことだった場合もあるから、不可侵領域というのが分からず時に「小さな親切大きなお世話」になってしまうのだ。

かくいう私も人に言えない秘密を鑑定以外でもカミングアウトされることに慣れているので、自分にとっては当たり前のことが仕事とそうでない友人関係で厳密に線引き出来ていないのだと気付くことがある。

誰でも人に知られたくないことを持っているし、隠したり偽っていることもあるだろう。
それを話しているうちに、意識しなくても気づいたり読み取っている相手とは付き合うことは苦痛かもしれない。

エンパスや霊能者はしばしば「そんなことが分からないの?」と思うことがある。
人と同じ土俵には立てない疎外感を感じて生きてきたインディゴやスターシードは多い。
悩みを抱えている人は料金を払って占いやカウンセリングに行くが、その場限りで秘密は遵守されるからカミングアウトできるのであって、その内容を職場や友人関係の誰かが、話しているだけで気が付いてしまうのなら怖くて近づけないだろう。

勢いスピ人間は人付きあいの仕方が分からなくなり孤独を抱える。
小さい頃はもろにそうだが、案外大人になっても人間関係や家族関係がうまく行かず、孤独を抱えるスピ人間は多い。

「あなたの常識私の非常識」はスピリチュアル世界と普通の世界を説明する言葉でもあるようだ。


c1b8acbed7a4ed7539eed5afa143a175_s.jpg





スピリチュアルケア

2019–05–14 (Tue) 16:07
数日前にネットで「ハーバード大学がスピリチュアルを認定」という記事を読んだ。
大がかりな追跡調査で、精神世界や信仰、宗教を生活や生き方の一部分として持っている人は平均より健康で寿命が長いという結果が出て、人間にとってスピリチュアルの存在は否定できないという結論に達したらしい。
結果についての原因や理由を分析しているが、人間関係の充実や規則正しい生活など何とか現実的な要因のせいにしたがるのはやはり研究としての面目を保ちたいためか。笑

スピリチュアルは今でも見えないものを信じるか信じないかのラインで分けられていて、信じない人が大部分でスピ人間を変な人と見る向きも多いが、実際は本音の部分で否定できないと感じている人は結構いると思う。

今や科学でも学問の世界でもスピリチュアルなものは研究対象になっており、特に生と死が交錯する医療現場では建前と本音が違う医療関係者も多いようだ。
特にスピリチュアルケアという概念が終末医療の現場では広まっている。
病気と死に人間が向き合う時、精神世界やの視点から自分を見るようになるのは避けられない事だからだ。
逆にそこを理解すると患者を病の苦しみや死の恐怖から少しでも楽にしてあげられることを、医療者は事実として確認しているからだろう。

神仏も幽霊もも輪廻転生もありえないし信じないという人は、自分がそういう世界に答えを求める必要がない人達だ。
もっと言えば人知を超えた大きなものに思いめぐらせる精神性は持たず、目に見えるものの追求とそれだけに喜びを見出せる人だということだろう。

それぞれの生き方なのでスピリチュアルに馴染む人生もそうでない人生もあって当たり前だが、スピリチュアルが科学的に研究されたり解明されていくことはこれからもっと増えるような気がする。

スピリチュアル的視点から見たら、過去も未来も人間の命も全く違ったものだ。
大抵の人間はそれを知らないで終わる。
だが、私達が生まれて死んでいく過程で、スピリチュアルというものが切っても切り離せないということは、以下のスピリチュアルケアについての引用文を読んでもらうと判るだろう。
命というものを喉元に突き付けられないとその世界が見えないのが、悲しいかな普通の人間なのかもしれない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


病は(しばしば、本人にとって)何の前ぶれもなくやってくるものであり、因果関係がはっきり判らずそれが説明されない疾病も多く、そういった場合は当然のことながら「わたしだけがなぜこんなに苦しまなければならないのか」といった問い、自分の苦難の存在に関する問い・苦痛、が現れてくる。また、死を覚悟しなければならない病状になったり、他人の世話にならなければ生きることができなくなった場合、「私の人生はいったい何なのだろうか?」といった問い、生きる意味に関する苦痛が生じる。病気の状態だとしばしば、孤独感や罪責感という苦痛にさいなまれることも多く、また永遠に家族と別れなければならないと感じるので別離の予測に伴う苦痛もあり、また死後の世界のことを考える際に苦痛を抱くこともある。これらの苦痛は、単なる精神的な痛みというよりも、むしろそれを超えた"の叫び"、自己存在の根本的な意味や価値に関わる、より深いレベルの痛みと捉えることができる。これらは、「スピリチュアルな痛み(霊的な痛み)」と呼ばれる。これは、特定の宗教に属する人に現れるような痛みではなく、全ての人間に現れる痛みだと言われている。スピリチュアルな苦痛を感じている状態に対しては、(万人に通用するような)ただひとつの援助方法というものは存在しない。スピリチュアルな苦痛を癒すには、人間対人間の人格的な交わり、心の交わり、あるいは信仰心といったものが必要である。スピリチュアルな痛みは、単純に宗教家だけいれば癒されるというわけではなく、むしろ患者に関わる全ての人との関係によってはじめて癒されるものなのである。


b6b85a3281f5512d95f18c07ec0f6e52_s.jpg





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR