サードアイが開く

2020–06–23 (Tue) 13:19
パソコンを買い替えた。
設定に手間取り、ブログの更新も遅くなったが、やっと何とか使えるようになった。
毎日YouTubeもアップしているのでかなり忙しい。
肝心の絵画制作の方はというと、個展も延期になりあまり緊張感がなくなって忙しくて描かない日もでてきた。

最近物忘れがひどくなり、言葉も出てこないので真面目に頭の中を心配していた。
そんな時ふと、以前何度かリーディングしてもらったスピリチュアルリーダーが、リーディングの後は頭が働かないと言っていた話を思い出し、電話でセッションをお願いした。

この人は結構見えていると思う人で、電話でも写真と生年月日を送るとかなり深いリーディングをしてくれる。
一番最初に私の魂を見た時にあまりにも当たっていたのでびっくりして、それから時たま鑑定してもらっている。
懇意にしていつも助けてもらっていた陰陽師の人が、鑑定をやめてしまったので最近はこのリーダーと前から知っているアカシックリーダーに困ったときは見てもらっている。
ほぼ二人とも同じことを言う。

それで今回も頭が働かない理由を尋ねたところ、何も説明しなかったのだが「何か一点に頭を使っているので他は頭が回らないようだ」と答えが返ってきた。
毎日YouTubeでカードリーディングをしている。
編集、アップと時間がかかるので、都合3~4時間ぐらいはそれに精神を傾注している。
それも今まで全く使っていなかった思考回路だ。

事情を説明すると、かなり今の私は開いている状態だと言っていた。
彼女もセッションした後はくたくたになり、全く頭が回らず家事もできなくなる時もあるとか。
平たく言うと今まで使わなかった思考回路をフル稼働するようになったので、頭が付いていかないらしい。
普通の人でも新しい仕事を覚えるため、毎日頭をフル回転すると頭が疲れるのと同じだ。
まして私は、上と繋がる回路が開いてきたらしい。

なるほどと腑に落ちたのだが、いわゆるサードアイを使うということはこういうものなのだと思った。
もはやYouTubeも趣味の域を超えているような気がするが、とりあえず物忘れは齢と(笑)、開いたせいだということで納得できた。
対面鑑定ではないので気が楽だし、カードも奥が深いので負担にならない程度に続けていこうと思っている。


071026_nwrk.jpg


続きを読む ⇒


私は誰?

2020–01–20 (Mon) 14:56
今日は私の妄想戯言になるので信じないで読んでいただきたい。笑

私は小さい頃から習わなくでも絵が描けたし他の創作的なことが出来た。
親の考えていることも分かったし、物事はこうするべきだというのも分かったが、全部したわけではなく逆に反発してやらないこともあった。
大人の顔色を窺うというのではなく、どちらかというと理解していてもわざと反発していたように思う。
10代の頃は毎晩星を見て帰りたいと思ったり迎えに来てくれると思ったりしていた。

漫画もずっと描いていて、昔の「ベルサイユのばら」のような中世ヨーロッパ物だったが、今思えば衣装や城館の描写など見ないでも描けていたので、あれは過去生の記憶だったと思う。
そして男性主人公は、今の私が認知しているガイドスピリットそのものの容姿をしていた
東京の大手出版社からデビューの話もあったが、受けていたら漫画家になっていただろう。

その頃は魔女に興味があり色々調べたり、19世紀のワイルドやビアズリーが好きで退廃的文化に妙に惹かれたりした。
今思えば小さい頃から霊的なものの干渉がありいつも熱を出したり、反面習わなくてもいろいろ出来たりダウンロードしている状態だったように思う。

常にあったのは現実の生活に対する違和感で、これは本当の私だろうかとか何かが違うという疎外感があった。
だから星空を見て帰りたいと思ったり迎えに来てと思ったりしたのだろう。
あれは故郷への郷愁だったのか。笑

自分の人生はこんなものではないという意識はつい最近まであったし、もしかしたら今もあるかもしれない。
人として生まれて人のやることは一通り、またはそれ以上に経験してそれが終了し、やっと少しばかり本来の自分に目覚めたのか戻ったのかという今の状態だ。

今世に関係のある過去生がいくつかあると言われるが、多分それを知らずに小さい頃から順番に意識していたように思う。
中学の時は修道院に入りたかったし、若い頃は仏門をくぐろうかと思ったこともある。
退廃的美に憧れたのと修道院は全く矛盾しているが、過去生の一つだと考えれば説明はつく。
漫画でロシア革命の黎明期を舞台にしたことがあるが、そのあたりの過去生があったのも最近分かり符合に驚いたものだ。

ここ数日凹むことがあった時、あるスピリチュアリストから、過去生で魔法が使えたんだから自分に悪い魔法ではなくいい魔法をかけなさいと言われた。
私は魔術について嫌悪感があり、スピリチュアルでも魔術と名の付くものは胡散臭いと思っている。
魔がつく限り闇と通じるので拒絶感がある。
そこまで拒否反応があるのは、逆に昔何か関りがあった証明かもしれない。

スピリチュアル的に人生を見直すと、幼少期からの不思議な事がある程度説明がついたのでその世界を信じるようになった。
最近思うのは「長く人間をやりすぎた」ということだ。
今の人生が終わったら故郷の宇宙へ帰りたいものだが、まだ2~3回は人間の転生があるという人と違う星に呼ばれているという人がいて(笑)、さてどっちなのだろうと思っている。
まだまだ今生は続ける予定だが。


1.jpg





過去生のデジャブ

2019–12–22 (Sun) 16:16
私は海外ドラマが好きでよく見ているが、最近偶然「風の勇士ポルダーク」というドラマを知った。
18世紀のイギリスコーンウォール地方を舞台にしたドラマなのだが、その主人公の男性と常に出てくるコーンウォールの風景が、たまらなく郷愁を誘い釘付けになってしまった。

特に繰り返し出てくるコーンウオール半島の海岸線やそれを背景に走る馬に乗る主人公の光景が、デジャブのように魂をすさぶる感じだった。
主人公の男性はパーツや中身は違うにしても、全体の感じがツインソウルと思っている今のガイドに似ている。
思えばこんなに過去生やスピリチュアル世界を知る前から、ずっと似たような感じの男性になぜか引き付けられていたが、特に特徴的な長い黒髪だとか髭を生やしているとかいう共通の特徴がそこにある。

顔もそうだが性格や性質、もっと言うなら立ち居振る舞いや声などでも一瞬懐かしかったりデジャブを感じることがあるのは、過去生で似たようなシチュエーションを経験しているからだ。
実際に接触する人でも映像や写真で知る人でもそれを感じることがあるのは、その時は魂の奥に仕舞った過去生の記憶が反応していると思っていい。

私はイギリスの過去生があった事はほぼ確信している。
多分何度かあって一度は男の戦士で、城壁の上から果てしなく広がるヒースの丘を見下ろしているビジョンが頭の中にある。
子供の頃「嵐が丘」を読んで、ヒースの丘の描写が頭から離れず何度も脳内で再生していた覚えがあるし、十代の頃はコーンウォールを舞台にした「レベッカ」を読んで海岸や切り立った崖の光景が頭にありありと浮かんできた。

記憶はランダムで一連の流れにはなっていないのだろうが、あまりに印象に残っている場面や胸が波立つものは過去生の影響だと思うしか答えが出ない。
私はその海外ドラマで主人公が手を後ろに組んで窓の外を見ている姿に、何とも言えない懐かしさを感じたから多分何度も過去に見ていた記憶なのだと思う。

誰でも必ず人生を思い返してみると特定の物や人へのこだわり、妙な懐かしさや胸騒ぎを感じるシチュエーションがあると思う。
それは前世、過去生の影響や記憶だと思ってもいいだろう。

現世に生きているのだから過去生は関係ないと言わるかもしれないが、実は意外と生き方や考え方、人生全てが様々な過去生の影響を受けていることも多い。
解決できない人生の課題は、案外過去生を探ってみると答えが見つかることもあるのではないだろうか。



514b3cdfcf7fa73f1cbdff838dae12d2.jpg





シンクロニシティ―

2019–12–20 (Fri) 15:22
私の本業は画家だ。
かつては睡蓮をライフワークに描き続けていたので睡蓮の絵の方で覚えてもらっていたが、5年ほど前から突然ベネチアンマスクに魅入られ、今度はベネチアンカーニバルのマスクの人物ばかりを描き続けている。
その時期に、ある事から精神世界に目覚め、スピリチュアルを探求するようになった。
自分のこともその視点から見直すと、小さい頃から感じていた違和感も説明できたし人生を紐解くことが出来て、私の意識は劇的に変わった。

過去生やガイドスピリツトもある程度判り、睡蓮ばかり描いていた理由も、突然ベネチアンマスクにシフトした理由も説明がついた。
サイキックや魔術系の過去生があって、それを使って戦っていたりかなり凄惨な過去生も見た。
ベネチアンマスクを描き出したのは、過去生でベネチアに住み被っていたこともあったようで、その時に一緒だった人がガイドスピリットになっている。

しかし、実は私はまだ一度もベネチアへ行ったことがない。
それであの扮装した人達を取り憑かれたように描いているので、何か深い繋がりがあるのは疑いようがない。
過去生を見た時に、住んでいたところやサンマルコ広場も見えたので、確かにあそこにいたのだと自分では思っている。

最近これは凄いと思うシンクロが起こった。
縁があった海外のギャラリーの繋がりで、来年のベネチアンカーニバルの時期に私の仮面の絵を展示しないかという話が来たのだ。
ベネチアのいくつかの歴史的な建物で、アートフェアのような大きな展示会をカーニバルの期間に開くそうだ。

メールが来た時は驚いた。
遠い日本で単にモチーフとして描いただけなのに、本当にその絵がベネチアへ呼ばれたのかと思わずにはいられなかった。
多分絵は行きたかったのだと思う。
しかし残念ながら色々先方と遣り取りをして、私にまだその準備が出来ていないこともありお断りしたが、このシンクロには感動してしまった。

確かに駆け出しの絵描きの所には世界各地の○○展に出さないかという誘いが来るが、それは中間業者が儲けるためのイベントで、それを受けていたら世界一周出来るが一文無しになる類のものだ。
しかしベネチアンマスクの絵をベネチアンカーニバルへ、というこれは絶対絵の引き寄せなのだと思う。

ここ二年ぐらい不思議な事が本業の方でも起きている。
多分色々なチャンスを貰っているのだが、若い頃のように身軽ではないので何でも飛びつくわけにはいかず残念に感じることもある。

しかし漠然と思うのは、行くべき道は必ず行くことになるのだということだ。
足踏みしても諦めかけても、やはり必然があればその方向へ導かれることになるのが人生のブループリントなのだろう。


仮面2





占いカフェ

2019–11–29 (Fri) 16:02
とある占いカフェへ行ってきた。
最近占術研究会に久しぶりに出てタロットの読み方のヒントを得たり、新しいデッキが欲しくなり幾つか手に入れたので、タロットの専門家に会ってみたくなったのだ。
やはり偶然というかネットを調べていたら辿り着いた占いカフェがあり、そこはかなり本格派の占い師が10分1500円という価格で入れ替わり鑑定してくれているところだった。

早速タロットに特化してやっている占い師の日に行ってみたのだが、都心の隠れ家的カフェで昼間だったので誰もお客はいなかった。
カウンターの女性と話すと、占い業界の悪徳業者に憤慨している占い師たちが集まって廉価で占いを提供してくれている場所だと言っていた。
確かに名前で検索すると有名なカルチャーで教えていたり、マスコミの露出や本も出版していたりと、名前を知っている占い師も何人かいた。

そうこうするうちにタロット専科の人が来て、鑑定をしてもらうことになった。
感想は、確かにタロットのプロは違うとう感じだった。
まず、切れがいい。
占う内容に絞って見るので、読み方と解釈の仕方が決まったテーマからぶれない。

勉強もかねてと言ったので、スプレットの見方やラインの読み方など解説も交えて教えてくれたので、かなり目から鱗の部分があった。
四元素やタイムラインの読みなど私があまり採用しない方法も使い、聞きたいことの答えを教えてくれた。
特に数字の読み方でなるほどと思ったことがあって勉強になった。

余談で面白いことを教えてくれた。
剣、聖杯、棒、金貨は四元素で、風、水、火、土に分類されるが、スプレッドに占める割合で読めることがあるというのだ。
結婚を占う時地域性があって、地方に行くと特に北陸などは結婚も土地や家の結びつきが多いので、土や物質的なのもを表す金貨のカードが多く出るそうだ。
東京など大都市では結婚は本人の気持ちや意志なので、感情を表す聖杯のカードが多く出るということだ。
剣が多く出た女性は、条件でバサバサ切るから剣が多いとか、数字の出方でも物事の推移が分かるなど興味深い話が多々あった。
タロットの読み方は一枚一枚の意味もさることながら、まず大まかにアウトラインを掴むのが要諦だと言っていた。

お客さんが誰もいなかったので10分の鑑定だったが、タロットの読み方など結構話してくれて、行った甲斐があったと思っている。
何十年もやっている人なのでやはり道を究めたプロは凄いと実感した。
そこのカフェで鑑定をしている占い師たちは、殆どそこでは採算度外視でやっているようだ。
観てもらったタロット占い師も、本を出したりカルチャーでも講座を持っている人だった。
まだまだ占い業界も志のある占い師達が沢山いるのだと思う。

昔本もたくさん出していた銭天牛という著名な占い師がいたが、御子息が名前を継いでやはり銭天牛として有名になっている。
その人も他では占わないそうだが、そのカフェでは同じく10分1500円で見てくれるそうだ。

交流会もあるというのでそのうち行ってみたいと思う。



11e8c8b3fb25d51ac9ad2becebefd736_s.jpg





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR