生霊の飛ぶYoutube

2022–01–14 (Fri) 17:11
先日あるYoutubeを見ていた。
独自の整体師というか治療家の人なのだが、体が痛む原因や病気を潜在意識や考え方、そして見えない波動や周波率から探りまずそこを直してから身体本体の施術をするという人だ。
それは全く私も同意している部分で、スピリチュアルから見た病気に相通じるものがあった。

つまり体の不具合は潜在意識や霊の世界から発しているという考え方だ。
そこで面白い動画があった。
身体の痺れは人の生霊が多いという話だ。
それは知らなかったので新鮮だった。
生霊を飛ばされると肩が凝ったり頭が重くなったり不調になるというのは知っていたが、痺れもそうらしい。
もしかしたら時々ピリピリするのはそれなのかもしれない。

偶然YouTubeで霊能者に頼まれコラボをすることになった。
彼が動画で言っていてさすがにまずいだろうとカットした部分があるが、他の占い霊能系YouTubeチャンネルの話だ。
私は霊能者でないので判らないが、彼はそれ系の様々なチャンネルを見ているとそのユーチューバーの波動とそこに集まってくる視聴者の波動が分かるそうだ。
曰く「あのユーチューバーは当たるがチャンネル自体が見る人の波動が悪いのできっと体を病むかも」「あのチャンネルは当たらなくてほぼお金儲け」などバサバサ切っていたが、私も何となく感じていたのでやはり本当なのかなとは思ってしまった。

Youtubeをやってある程度視聴されるようになると、視聴者の生霊が飛んで来るのは事実だと思う。
多分ビジネスと割り切っている人の方が影響は受けないし、もっと言えば当たる当たらないは関係なく視聴者が興味があり需要に応えられる動画を仕事として上げられるようなビジネスライクな人が生霊が飛んできても跳ねのけられるだろう。
なまじ霊感があり、なおかつお金や名声などに気持ちが走ると一番良くないのかもしれない。

芸能人は常に生霊を飛ばされているが、それを味方につけるくらいの強さを持っている。
今やユーチューバーも芸能人とは言わないが、それなりに動画に人が集まってくるのならある程度の生霊は受けると覚悟した方がいいだろう。
私も他人事ではなく、襟を正して当初の志通り利他のためにYoutubeを続けていきたいと思う。

体のどこかがピリピリしたら気を付けなければ。笑


e6ae35e7ba5ce83952373a86eff9dfb3_s.jpg




人生は帳尻が合う

2021–06–18 (Fri) 16:19
ユーチューバーの端くれになって一年半以上経つ。
一時は毎日取り憑かれたように動画を上げていたが、昨年秋強制的にストップがかかり今は週二回くらいのペースで上げている。
スピリチュアル系動画は数々あるが、勉強のために時に見ているとこの業界も熾烈な競争なのだと感じる。
いかに視聴者に受けるかが営業戦略だが、そのためにはネトウヨ絡みの陰謀論は鉄板だ。

久しぶりに見たりすると占い、スピ世界の話、果てはヨガ動画までいつの間にか陰謀論の愛国者シフトになっていて驚く。
それは純粋にビジネスでその層に迎合しているのだろうが、一方自己啓発系のスピ動画でも最初はいい話をしていたのに次第に闇系のスピ流派に傾斜しているのが判ったりして、「ブルータスよお前もか」と思うことがある。

面白い特徴は、彼等が一年前より顔がすっかり変わっていることだ。
いで立ち自体が変わる人もいるし、格好は変わらなくても顔つきが変わる人もいる。
概してこの向きは「幸せになるために」「お金持ちになるために」「成功するために」スピリチュアルを役立てようというコンセプトだが、必ず自分が実践して今この現実があるというストーリーも類似している。

実際一年足らずで年収1000万以上もYouTubeで収益を上げれば成功者だろう。
だからみんなもこの動画を見て引き寄せて、ということなのだが誰も同じようになれたら世話はない。
彼らの年齢は殆ど若年から中年層だ。
やっと人生の折り返し地点に来たくらいで、せいぜい行っていても50歳に手が届くかだし、20代の若者もいる。
成功者として自己啓発のノウハウを説いているが、果たして彼らの今の状態があと倍以上ある人生でずっと継続しているのだろうか。

視聴者は真に受けて「引き寄せ」やら「アファメーション」を必死でするし「自分に正直に自分軸で」生きれば成功すると思うかもしれない。
だが人間に生まれた限り人生の課題やカルマは持っており、潜在意識のブロックを解除すればあとはオーケーと簡単にはならない。
悩み苦しみその課題を乗り越えてカルマを清算し、徳を積んで霊性を上げていくのが魂の修行だ。
それを省略して人生の成功はない。

人生は帳尻が合うと私は思っている。
安直に成功を引き寄せても残してきた課題はいつか解消しなければならない。
中にはご褒美の人生もあるだろが、大抵は人間の喜怒哀楽を味わいたくて魂はこの世に来るのだ。

YouTubeで「夢を手に入れる方法」と説いている成功した若者が、将来どうなっているのだろうかと思うことがある。
そういう動画を見ていて、実は闇系スピリチュアルに繋がっていたりしてぎよっとしたこともあった。
スピリチュアルの世界は百花繚乱にして魑魅魍魎が跋扈だ。

61e72a64b1c3ecda4ef0fe6e7ba85ddb_s.jpg





ネガティブエネルギーを受けない

2021–01–27 (Wed) 14:35
最近私のYouTube動画を見て、YouTubeタロット占い専門プロデュース会社から営業があった。
今までもいくつか来ているがタロット占い専門と銘打っているところに驚いた。
まあ、占い師ユーチューバー専用で営業戦略を売るような感じだったが、タロット占い動画でも戦国時代が始まっているのだと思ってしまった。
端から私はビジネスでやっていないし動画もアップ数は減らしているのでお断りした。

確かに、明らかにプロデュースを委託したなというタロット動画もあって、次々新しい企画をやったり到底一人ではできないような規模だという動画もある。
ネット住民にウケそうだと思うテーマならどんな内容でも毎日しつこく関連動画を上げたりしているが、確かに固定客がいるのでそこそこ視聴回数は稼げて登録者も増え収入も上がっているだろう。
しかしトランプのフェイク陰謀論や芸能人の自殺(最近は自殺した芸能人の動画は広告が付かなくなったので止まった)について、これでもかと何回も執拗に動画として上げているのは辟易とする。
需要があれば供給があるのは資本主義の原理だが、そこに倫理も良識もないのは残念だ。

スピリチュアル的に言えば動画の画面からでも気は伝わってくる。
電化製品は媒体となりやすいので、動画自体の、またユーチューバー自身のネガティブな気もポジティブな気も来ると思って見た方がいい。
実際勘の鋭い人は「この動画いやだな」と思ってすぐ見るのをやめるだろうし、嫌だと感じるのは動画の良くないエネルギーを受け取ったからだ。
また良し悪しは別にして、ユーチューバーと同じ波動や霊格が似ていたりすると自分に合うような気がするだろう。
類は友を呼ぶというのは動画にも言えたりする。

ただ注意してほしいのは、よくスピリチュアルや占い系の動画でヒーリングしたり気を送るものがあるが、中には霊格の低い魂のネガティブなエネルギーもある。
視聴者の癒しを念じているか自分の信者を増やすことを念じているかは分からないのだ。
エネルギーは受け取ろうと思うとコードが繋がるから、そのあたりはよほど信頼できるものでなければ安易にコードは繋げない方がいいと思う。
これはリアルの生活でも全く同じだ。

皆今は新型コロナで生活が変わっている。
閉塞感から癒しや救いを求めてネット世界に耽溺してしまう人もいるだろう。
しかしスマホ、パソコンの画面を見るだけだから安心と思わず、自分がそれに心を入れてしまったら危ない世界だと思った方がよい。

今はYouTubeの世界は新規ビジネスを求める人間の草刈り場になっている。
タロット占い専用のプロデュース会社まであるくらいだから、有象無象が入り乱れている状態だ。
当然悪質な人間もいるだろう。
視聴者も魔に魅入られないように気を付けた方がいいと思う。


20210125_142554 (002)




スピリチュアル業界の暗闇

2020–12–15 (Tue) 17:36
最近は毎日動画を上げることをやめたので、ゆるゆるYouTubeなども見て術後の休養も兼ねてゆったりと毎日を過ごしている。
スピ系の動画もいくつか見てみたが(ほとんど聴くだけのもの)、某女性フリーアナウンサーのスピリチュアルに絡んだ番組降板騒ぎを知った。
誰でも知っている有名人だが、妹さんを乳癌で亡くしてからスピリチュアルにはまったらしい。
その関係で知り合い結婚した年下のご主人に影響されて、すっかり人が変わったようになり番組とも事務所とも揉めて辞めてしまったようだ。

ご主人とYouTubeを開設して毎日アップしているが、そこに出ていた彼女を見て私は痛々しさを感じずにはいられなかった。
スピリチュアル業界は聖者も魔物もいる。
高邁な志から金儲けの俗物まで多種多様だが、ビジネスと割り切って商売しているならまだしも魔物に取りつかれたカルトの教祖のような人やカリスマスピリチュアリスト、スピリチュアルカウンセラー、占い師、霊能者などもいて闇は深い。

この女子アナ夫婦の背景は、有名なカリスマスピカウンセラーとカリスマ教祖だった人に行き当たり、ああ、なるほどと思ったものだ。
基本私は個人批判はしないスタンスだが、この人たちはスピリチュアル界で物議をかもしている人たちで、特にカリスマ教祖のような人には洗脳状態になった信者も多数いるようだ。
それで批判をする違うスピリチュアリストに総攻撃をかけたり、かなり凄いことになっていたのを偶然にも以前知ったことがあった。

スピリチュアルと名乗っても、実は小さな宗教戦争のようなことをやっていたりして、信者同士でサイキックアタック(笑)攻撃を仕掛けたり物理的にも集団で個人攻撃をメールやブログコメントでしたりする。
人々を救うスピリチュアルが人を貶めることをやっていたりするのもスピリチュアル業界だ。

日本でも有名な政党を持つ宗教団体が、「仏罰が下るぞ」と逃げ出す信者を脅していたのは有名な話で、新興宗教は内側でも外に向けても、もはや崇高な神仏との繋がりなどなくなっているのが実態だと思われる。

件の女子アナを辿っていくと「女性性の解放」を謳うスピリチュアル団体が見えたが、自己の解放を目指して影響されたとしてもどこかで道を間違えてしまったのではないかと、配偶者と一緒に出ている動画を見て思ってしまった。

スピリチュアル業界は怖い。


74d0bc58b9f1c507ced1fe608726bf67_s.jpg





悪人の憑依霊

2020–02–09 (Sun) 16:02
最近あるスピ系のユーチューブを見ていたら、悪人の守護霊と憑依について解説したものがあった。
これはスピに興味のある人ならだれでも疑問に思うことだろう。
悪人にも守護霊はいるのか?

守護霊がいない人の存在は知り合いの霊能者から聞いたことがある。
霊能者と言っても見え方が違うから、正しいか正しくないかはわからない。
本物の霊能者もいれば、何かに憑依されて見えるものまで操られている霊能者もいる。

悪人にも守護霊はいるのかと言えば大体はいるらしい。
守護霊の力の及ばない悪行をしている場合もあるし、守護霊もついている人間のレベルに合った守護霊だという説もある。
人間が悪行に及ぶのは、カルマだったり因縁だったりする場合も多い。
また強い憑依によって悪行に走らされる場合もあるので、そもそも何で悪人になったかという原因や理由もそれぞれだ。

犯罪者も生まれたときから悪人ではないと言われるが、中にはサイコパスやソシオパスもいて彼らは幼少期からその傾向が現れる。
彼らは特殊な事例としても、犯罪を犯す人間も良心があったり改心したりはするので、こういう人達はもちろん守護霊はついていて導いてくれているのは判る。

時にどうしてあんな悪人が捕まりもせず悪徳の限りを尽くせるのだろうと思うケースがある。
権力を持つと法さえ味方につけて悪行三昧という権力者もいるが、彼らは死ぬまで安泰だったりする。
こういう輩は何かに守られているのではないかと思うほど強運だ。

実は実際にそうらしい。
強力な悪霊に憑依されていたり、後ろに大きな魔物を付けている場合がそうだ。
悪霊は類友式に重なり強大化するので、その力たるや正義なと到底通用しない代物だ。

そもそも悪霊は本人のカルマや因縁によって引き寄せたものだから、仮に凄腕の術者が力ずくで除霊してしまうと、本人自身の持っているカルマや因縁が自分に向かい、命を落としてしまうこともあるそうだ。
もうすでに一体化しているから無理やり取ってしまうと本人が危なくなる。

これは統合失調症や精神疾患の人にも言えて、殆ど幼少期から因縁として自分の中に憑依霊を入れているから、もはや除霊や浄霊の段階ではないと聞く。
カルマ因果と言ってしまえばそれまでだが、元々生まれる時に背負ってきた物なので如何ともしがたい、それこそ宿命なのだろう。

どうしてあんな悪事をしても平気なのかという手合いは政治家を始め世の中にたくさんいるが、強力な悪の背後を持っているということだけは確かなようだ。

悪霊に憑依されたら簡単に取ってしまえばいいという問題ではないのが、霊の世界の複雑なところだ。


9eeaeb9704879dbec5d77e36177dc342_s.jpg




 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

12 | 2022/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR