悪霊・生霊の引き寄せ

2019–11–04 (Mon) 14:35
ある霊能者が言っていたが、除霊を依頼に来る人で本当に悪霊に取り憑かれて霊障を受けている人は1割ぐらいしかいないそうだ。
原因不明の不調とか運の悪さなどを感じると、見えない世界を信じている人はついそちらに原因を求めてしまう。
しかし大抵は自分がそれを作り出している場合が多い。

よく茶碗が割れたとか物が落ちて壊れたなどは、縁起が悪い、何か良くないことがあるのではないかと思ってしまう。
私もその傾向があるので、何かある度に疑心暗鬼になりそれを意識してしまっていた。
結果実際に何か起こったりする。
しかしこういったことは殆ど自分がその時に「縁起が悪い」とインプットしてしまって、その後よくないことが起こったら自分が引き寄せてしまっていると気付いた。

それと同じで、悪霊生霊が憑いて霊障を起こしているのではないかと疑念を持つ時も、仮にそうだとしても自分自身が何かしら思い当たることがあって、それが心に残り霊道やコードを繋げていわばウェルカム状態にしているからだ。
いくら悪霊生霊なりが飛んできても受信機が無ければ電波は跳ね返されるだけだが、原因を作ってしまった覚えがあればそれにこだわる心が受信機となってキャッチしてしまうわけだ。

生霊などは誰でも飛ばしたり飛ばされたりしているが、普通は大した影響もなく終わっている。
しかし例えば恨みを買うようなことをしたり、あるいは相手に悪いことをしたという良心の呵責が大きければ、お互いの想念がコードとなって繋がり相手の思念に呼応して自分が反応してしまう。
良心の呵責があれば自己刑罰的に具合が悪くなったり不調になったりするし、撥ね退けられなくなって本当に生霊に取り憑かれる状態になってしまうだろう。

占い師や霊能者の所に行って悪いことを言われると、それが引っ掛かり自分でネガティブに落ちていく場合などもそうだ。
もっと言えば懇意にしていた霊能者とうまく行かなくなり、「報いを受ける」などと物騒な言葉を吐かれた日には、もう恐ろしくて呪いでも飛ばされるのではないかと縮み上がるが、その段階ですでに自分自身に呪いをかけてしまっている。
相手に霊障を起こせるほどの占い師や霊能者はそういないし、もし出来たとしてもそんなことをしたら闇と繋がっているので本人自身がいずれ報いを受ける。

引き寄せの法則はよく言われるが、私も最近は確かに自分が潜在意識に刷り込んでしまったことは自分が現実化しているのではないかと思っている。
「これをやったらこうなる」というのは本人が作る法則で、実は外部的な力ではないことがほとんどだと思う。
何があっても必要以上に恐れる必要はないし、現実は自分が作り出しているのだという意識を刷り込めばいい。

そして考え方の転換だ。
仮にお守りのように大事にしていたブレスレットが切れたとしよう。
これを「大事なブレスレットが切れたから何か悪いことが起こる、怖い」と思うか「代わりに切れてくれた、厄を落としてくれたからもう大丈夫」と思うかの違いだ。
前者は自分で悪いことを引き寄せるパターンで、後者はすっきりして何も起こらないパターンだ。

「幽霊の正体見たり、枯れ尾花」という言葉があるが、悪霊生霊も相手にしないか、油を注ぎ燃え上がらせるかは実は自分の心持ちいかんなのだと思う。


aa89452ba72dab4ea2575350ae7cf1a9_s.jpg





『痛スピ』考

2019–10–22 (Tue) 17:04
『痛スピ』という言葉がある。
スピリチュアル業界で同業者同士で使うこともあるし、単にスピリチュアルに興味のある人にも嘲笑的に使われることもある。

業界人同士で使う場合は「能力もないのに能力者のふりをして金儲けのために偽霊能やスピをしている」という本物を標榜する霊能者が言っている場合が多い。
仕事にしていなくてもスピ系人間を痛スピと呼ぶ場合は、知ったかぶりをしたり格好から入るスピ系人間を揶揄する感じだ。

確かに霊能力と知名度は比例しないし、中には詐欺まがいがいたりマルチ商法があったりするし、霊能が無くてもハウツーを知ればある程度商売をしていける世界だ。
また一見霊能力が凄いと思えても闇と繋がっている場合もあり、不思議な力を見せることはできる。
「悪徳霊能者に除霊と称して莫大なお金を取られた挙句、逆に変なものを憑けられておかしくされた」というのはよくある話で、そういう人が「神仏と繋がった霊能者」に助けを求めることはよくある。

最近直接、間接に「痛スピ」に憤慨している霊能者の話を聞いた。
一人はたまたま電話で話したし、もう一人はYouTubeで大々的に「痛スピ撲滅キャンペーン」をやっている人だ。。
どちらも多分霊能力は高く、特に後者は今売り出し中で神仏の力を借り能力は凄いらしい。

スピ業界は闇が深く魑魅魍魎が跋扈している。
政治と同じで最初は志が高くても金力権力と名声を手に入れると、闇落ちしたり能力を剥奪されることもある。

確かに悪どい霊能者も魔界の使者のような霊能者もいる。
霊能力だけ言ったら何処と繋がっていても凄い人は凄い。
本物偽物というふるいにかければ能力の有無で線引きは出来るが、能力があっても正邪のボーダーは明確ではなく、中には「痛スピ」を糾弾している人も実は「痛スピ」だったりする。

上記の二人の実力は私も疑わないが、共通して言えるのは「自分は本物で正しく悪をやっつける」的な正義感というか義侠心がある所だ。
それ自体はいいことなのだが、真偽、善悪の評価は誰が決めるのか?となったら、公明正大な共通の基準がなく審判員もいないわけだ。
自分が繋がっていたりついていると思われる神仏が、唯一無二の基準でしかない。
霊能の世界の実相など誰も知らないし証明できない限り、簡単にジャッジは出来ないと思う。

常識的に「大金を取られただけでかえって問題が悪化した」というのは悪徳スピで断罪されていい。
しかしそれ以外は力のない霊能者でも金集めのスピでも、ある意味そういうところに引き寄せられる客の方にも課題があり、もしかしたら痛い目に遭って学ばなければならないのかもしれない。

私はどちらがどうと言えないし、スピ業界あるあるだと思って見ている。
ただ一般論として、自分の信念を持つのはいいことだがどの世界でも価値観の多様性はあり、人に害を与えたり犯罪に抵触しない限りは「痛スピ」と排除するのは傲慢なような気がする。
排斥の陰には選民思想があって、どちらが上かという比較でしか物事を見られない。

宇宙でも神仏でも、見えない世界は幅が広い。
自分の基準からは「痛スピ」に見えてもそれぞれの霊的進化の過程だ。
「痛スピ」という言葉は、聞く方も何となく痛く聞こえる。


DSC_0213.jpg





オーラが見える

2019–10–20 (Sun) 15:00
台風が来たり落ち着かず、すっかりスピブログならぬ時事ブログになっていたが、今日はスピネタだ。

風邪を引いて高熱がやっと下がった時に、知り合いの視える人にその時のオーラを見てもらった。
この人は普通の人だが、特殊な霊能力を持っていて自分ではあまり制御できないらしいが、病人や生命力、病気などに関しては判るらしい。
オーラも普通の色ではなく独特の見え方で、大体白っぽい色をしていて大きいとか切れているという部分で判断するそうだ。

熱が下がって病み上がりの時にラインのビデオ電話で話して視てもらったのだが、「思ったよりダメージは少なく生命力はあるよ!」と言われて、やはり熱はデトックスだったのかもと思った次第だ。

その時おもしろい話になって、その人も初めて画面を通してオーラを見たようだが、生で見るよりはっきり見えるということになった。
霊体などは肉眼では見えなくてもカメラを通して見るとはっきり見えることがあって、その人も部屋の中で何かいそうだと感じると部屋を暗くして携帯カメラで見るそうだ。
すると、何か影が映ってたりする時があると言っていた。

確かにエネルギーは電気や電磁波などに反応するから、肉眼で見るより捉えやすいのかもしれない。
オーラ写真というのもあるくらいだから、それも理にかなっている。
パソコンやスマホの画面を通じてネガティブなエネルギーが来るというのも、一部スピリチュアルでは認知されている。

その人は人のオーラを見ると健康状態や生命力が分かるそうだが、確かに生命力溢れている人と病人では誰でも受ける感じから何となく違いが分かる。
一部の人はそれをオーラとして可視化して見ることが出来るというわけだ。
そして携帯カメラを通すともっとそれが見やすくなるということが、図らずもその時証明されたようで御本人もびっくりしていた。

すっかり風邪が治ってから違うスピの知り合いに会ったら、「かなりすっきりした感じ」と言われたので、やはり熱を出すのは最大の浄化かもしれない。

私はオーラも見えないし、幽霊も見えない。
自分の問題は感情で曇って殆どわからなくなり、見える知人に有料、無料で視てもらったりする。
多分必要な事はちゃんと色々な方法で上から伝えられているので、それを確認するために人の口から言ってもらうのだろう。

せめてオーラぐらい見たいと思ったこともあるが、そんなことは関係なく然るべきものはちゃんとあるからといつも言われているような気がしている。
取り敢えず高熱が続いた時は「これは毒出しなのか?」と疑いそうになった自分がいたが、確信の持てない時はそれを確かめることをすると安心できる。

スマホカメラで怪しい気配を見る、というのは一度やってみようと思っている。笑



37877.jpg





パワーストーン恐るべし

2019–10–05 (Sat) 13:16
実は風邪を引いて熱を出し、この一週間寝込んでいた。
前記事で書いたが身内の葬儀から戻りホッとしたのか、喉が痛くなったと思ったら高熱が三日ほど続き、下がってからも咳がひどかったり、いまだに復調とは言えない状態だ。

葬儀疲れという言葉があるが、確かに身内なので葬儀場に親戚と一緒に遺体の側で一夜を明かし、納棺から火葬告別式まで済ませたら疲れも出るのは当たり前だ。
死者に連れていかれるので友引にはお葬式を上げないし、長寿の老人に長生きの秘訣を聞いたら、「友人の葬式には出ない」という答えがあって妙に納得したものだ。
勿論連れていかれるわけではないが、病気や体が弱っている人は葬儀場には近寄らない方がいいのは確かだろう。
中にはまださ迷っている霊もいたり、葬儀場に集まる様々な人のネガティブなものを貰ってしまう場合もあるからだ。
そういう場所はそんな部分を増幅させる作用があると思う。

私が熱を出したのは疲れや様々要因は考えられるが、一つ思い当たることは葬儀が終わった翌日親戚二人に誘われて、お寺に預かってもらったお骨を拝みに行ったことだった。
ちょうど初七日だったので、行こうと誘われたのだが、迎えに来てくれたのが早く支度も途中で急いで出かけた時に、必ず身に着けているパワーストーンブレスレットとお守りのような指輪をするのを忘れて、両手には何も付けていない状態だったのに気づいた。
今更遅く何となく嫌な予感というか心細い感じがしたのだが、そのままお寺の納骨堂に行き、身内のお骨を拝んだのだった。
大きな納骨堂で、お墓への納骨の前にお骨を預かってくれる場合もあり、いくつかのお骨がずらりと棚に置かれていた。

連れは元気なおば様二人で拝んだ後に他の骨箱も見ていたり、付き合って私も目をやってしまったりした。
しばらくそこにいて、その後食事をし別れたのだが、戻って来た途端どうにもならないほどの疲れというかだるさを感じて起きてはいられなくなった。
何時間か起き上がれず、夕飯も食欲がなくどうして具合が悪いのかと思ったが、多分納骨堂で何かを憑けてきたのかもしれない。

いつも必ず身に付けている魔除けグッズが全く無い状態で無防備だった。
納骨堂の身内を拝むだけならまだしも、他のお骨まで見てしまったのだから、私のような人間は影響を受けても仕方がない。

案の定こちらへ戻ってきたら、もちろん疲れや他の理由もあるのだが、一週間寝込むことになった。
やはり、私はリーディングや占いは本業にはできないタイプだとつくづく思う。笑

因みに熱が下がらず困っていた三日目、最強の魔除けのパワーストーンブレスレットを両手にして寝てみた。
何故かその夜10時間も爆睡し翌日には熱は下がっていたのだった。
大粒のマラカイトは小さな欠けが入っていて、一晩で艶がなくなっていた。

パワーストーンの威力、恐るべしだ。


DSC_0864.jpg




親子の不思議

2019–07–16 (Tue) 15:45
親子は現世では最も深い縁で結ばれた関係だ。
的にもソウルメイトやソウルグループの一員と言える関係だが、時にはカルマ解消の相手として生まれてくる場合もある。
虐待する親子の話は何度か記事にしたし毒親についても触れているが、うまく行っている親子の間でもしばしば依存関係がみられる。

子供は何度も心の中で親を殺して成長するという話を聞いたことがあるが、これはあながち間違いではないだろう。
殺すというのは象徴的な意味だが、十代の反抗期に親にむかつき反抗し悪態の一つもついた方が、自我の目覚め、自立という観点からは健全と言える。
従順すぎて親の言いなりになっていた子は逆に大人になってから問題行動を起こしたりする率が高い。

特に母親は子離れできずに子供を自分の持ち物と考えたり死ぬまで親という権威にしがみつき支配しようとする毒親もいるが、の視点から見ると過去生や縁の深さの違いも現世での関係の在り方に影響している。
違うソウルグループから勉強のため親子になったもいれば、何度も助け合い深い縁を結んでいたソウルメイトの場合もある。

虐待や毒親は、違うソウルグループで過去の因果関係とカルマから今世での解消、学びのために親子になったと思われる。
だから親子であっても性格が全く違ったり、共通点がなく故に反目したり疎遠になったり、近親憎悪や虐待に及んだりする。
特に悲惨な親子関係になると、過去生のカルマを積んだネガティブな縁の相手だと言える。

親と子は別の人間で別の人格だというが、的に考えれば密度の違いや関係性の違いはあって、それが現世での親子のありようを決定していると思う。
中には親子であっても関係が逆転しているようなケースもあるし、親が子を守っているはずなのに実は子供が親を守っていたりする。

命に代えても子供を守りたいと思うのが母親だ。
無償の愛だ。
しかしそれは、子供が親にもたらしたものだ。
子供を産むことによって親になれたわけで、その子の存在失くしては親として存在しえなかった。
その子のおかげで母親という人生を経験することが出来たし、親でしか味わえない子への愛情や成長の喜びも感じることが出来ただろう。
育児は育自、教育は共育というが、子供を持つことによって親としては成長できたのだ。

最近はシングルマザーが増え、生活の困窮が問題になっている。
母親が一人で頑張っている姿を見て育った子供は、普通の家庭の子供よりの成長度は高い。
人の痛みが分かり人間としての器量も大きいような気がする。

シングルマザーはわが子を育てるために必死で生きているが、実はその魂は子供に守られ助けられ成長させてもらっているという側面がある。
子供への愛情のために死に物狂いで頑張れたのは、その子のおかげで生きるエネルギーや勇気を貰えたからだ。

子供の背中には天使の羽がついている。
母子家庭で頑張っているお母さん達は、いつか子供が大きくなって立派な社会人になった時、その背中に付いた羽から沢山のエネルギーが送られていたことに気が付くだろう。


cb859367d24119889f4797c1042e44df_s.jpg





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR