親子の不思議

2019–07–16 (Tue) 15:45
親子は現世では最も深い縁で結ばれた関係だ。
的にもソウルメイトやソウルグループの一員と言える関係だが、時にはカルマ解消の相手として生まれてくる場合もある。
虐待する親子の話は何度か記事にしたし毒親についても触れているが、うまく行っている親子の間でもしばしば依存関係がみられる。

子供は何度も心の中で親を殺して成長するという話を聞いたことがあるが、これはあながち間違いではないだろう。
殺すというのは象徴的な意味だが、十代の反抗期に親にむかつき反抗し悪態の一つもついた方が、自我の目覚め、自立という観点からは健全と言える。
従順すぎて親の言いなりになっていた子は逆に大人になってから問題行動を起こしたりする率が高い。

特に母親は子離れできずに子供を自分の持ち物と考えたり死ぬまで親という権威にしがみつき支配しようとする毒親もいるが、の視点から見ると過去生や縁の深さの違いも現世での関係の在り方に影響している。
違うソウルグループから勉強のため親子になったもいれば、何度も助け合い深い縁を結んでいたソウルメイトの場合もある。

虐待や毒親は、違うソウルグループで過去の因果関係とカルマから今世での解消、学びのために親子になったと思われる。
だから親子であっても性格が全く違ったり、共通点がなく故に反目したり疎遠になったり、近親憎悪や虐待に及んだりする。
特に悲惨な親子関係になると、過去生のカルマを積んだネガティブな縁の相手だと言える。

親と子は別の人間で別の人格だというが、的に考えれば密度の違いや関係性の違いはあって、それが現世での親子のありようを決定していると思う。
中には親子であっても関係が逆転しているようなケースもあるし、親が子を守っているはずなのに実は子供が親を守っていたりする。

命に代えても子供を守りたいと思うのが母親だ。
無償の愛だ。
しかしそれは、子供が親にもたらしたものだ。
子供を産むことによって親になれたわけで、その子の存在失くしては親として存在しえなかった。
その子のおかげで母親という人生を経験することが出来たし、親でしか味わえない子への愛情や成長の喜びも感じることが出来ただろう。
育児は育自、教育は共育というが、子供を持つことによって親としては成長できたのだ。

最近はシングルマザーが増え、生活の困窮が問題になっている。
母親が一人で頑張っている姿を見て育った子供は、普通の家庭の子供よりの成長度は高い。
人の痛みが分かり人間としての器量も大きいような気がする。

シングルマザーはわが子を育てるために必死で生きているが、実はその魂は子供に守られ助けられ成長させてもらっているという側面がある。
子供への愛情のために死に物狂いで頑張れたのは、その子のおかげで生きるエネルギーや勇気を貰えたからだ。

子供の背中には天使の羽がついている。
母子家庭で頑張っているお母さん達は、いつか子供が大きくなって立派な社会人になった時、その背中に付いた羽から沢山のエネルギーが送られていたことに気が付くだろう。


cb859367d24119889f4797c1042e44df_s.jpg





邪気がつく

2019–06–11 (Tue) 16:55
スピリチュアル世界で、見えないものの実態はエネルギーだと考えるとわかりやすい。
霊魂も幽霊も思念も邪気もオーラも、皆ざっくり言えばエネルギーだ。
それぞれの違いがあって、それは波動と言われたり周波数と言われたりもする。

神仏のような大きくパワーの強いエネルギーもあれば、個人が感じる好き嫌いの念や思いもエネルギーとなって放たれる。
神社へ行って清々しい気持ちになったり何故か涙が出てくるのは、神気という場のエネルギーに触れたからだし、裏路地のごみごみした所で不快になるのはそこに溜まった邪鬼や負のエネルギーを感じるからだ。
地縛霊や悪霊などの固有のエネルギー体もいるが、人の落としていったネガティブエネルギーが溜まり淀んでいる場合もある。

そしてエネルギーは付いたり留まったりする。
普通は邪気の存在など信じないだろうが、例えば嫌な思いや辛い思いをした時に着ていた服をまた着たいと思うだろうか。
嫌いな人の服を貰っても、なかなか着る気にはならないはずだ。
それは本能的にそこに残っているその時の残留エネルギーを拒否しているからなのだ。

服に限らず物にも体にもエネルギーは付くので、もしあまりよくない場所や人に会った時は帰ってきたら手を洗いうがいをするか、早くシャワーや入浴で髪や体を洗い流した方がいい。
そして着ていた服は必ず洗濯をすることだ。

エネルギーに敏感な人は座る場所さえ気にする。
電車の優先席やカフェでも何となく嫌な席などは避ける。
何故ならそこに座った人たちの負のエネルギーが残っているからだ。

私はスピリチュアルを深く知るまでは頓着しない方だったが、ある時全身のアロママッサージをしてもらったことがあった。
ところが、翌日半端ではない腰痛に見舞われた。
しばらく治らなくて整形外科で検査をしたほどだったが今なら理由が分かる。
そこにはいわくのあるマッサージ室でそこで施術を受けたので、マッサージ台もそうだしセラピスト自身も何かしら深刻な邪気を貰ってそれを次に回していたのかもしれない。

最近はスピ的視点から見るようになったので、今なら理由の判らなかったことが解明できる。
自分が知らずに感じて実行していたことは、皆スピ的に意味のあったのだと。
昔から人と手を繋ぐのや体に触れられるのは嫌だったが、それも相手のエネルギーを貰うのを防御していたせいなのだろう。

エネルギーは気とも言えるが、気は指の先から一番出ていく。
だから昔から人を指差すなと言われる。
気が相手に飛ぶからだ。
マッサージなどは敏感な人は気を付けた方がいいと思う。
相手によってはいい気を貰い良くなることもあるが、逆にネガティブな気を貰ってかえって悪くなることもあるからだ。

そんなことをいちいち気にしていたら生活できないし生きていけないが、これだけは言える。
何となく着たくない服や身に付けたくないものはよした方がいいし、直観的に嫌だと思う場所や人はなるべく避けた方がいい。
それは自分のセンサーが良くないエネルギーに反応しているからだ。



DSC_0219.jpg






親子の因業

2019–06–10 (Mon) 15:01
最近、元官僚が息子の反社会的行動を危惧し、殺害してしまった事件の記事を書いた。
かたやまた2歳児の虐待死があった。
親子関係というのはにとって最大の修行であり、カルマの清算の場だと思わずにはいられない。

肉親はソウルメイトで何度も転生を繰り返し助け合い愛情というものを学ぶ関係もあれば、過去生で敵対しひょっとしたら殺し合ったかもしれない因縁の相手の場合もある。
後者の場合は親子で生まれるぐらいだから、お互い過去生で何度もを積みその続きで今生も親子という逃げられない関係で生まれたのだろうか。

悲劇に終わる親子は、実はカルマの清算や因を断ち切るためにそこまでする必要があったのかもしれない。
様々なケースが考えられるが、生煮えのまま終わるより完全に負の連鎖を断ち切るためには徹底的にやるしかなかったのか。

的には、子供は親を選んで生まれてくるとスピリチュアルでは言われる。
極端な言い方だが、虐待死する子のは予めそのブループリントで来ていて、親より霊格が高い場合も多い。
虐待死することによって、親のを成長させるために来ただとも言える。
現実的には痛ましくてとてもそんな理屈が通らないのは百も承知だが、こんな極端な例は別にしても普通の親子関係でも不肖の子供、毒親は程度の差こそあれかなりの割合でいると思う。

家族は仲良く愛情で結ばれるという神話のせいで、それに縛られ苦しんでいる親も子供も見えないだけで大勢いる。
うまく行かない親子は、の本来の役割とは別に人間としての社会的常識や道徳観で、親子関係はこうあるべきという強迫観念に葛藤し苦しむ。
しかし、もし魂同士が因の相手なら、お互いカルマを清算する必要がある。
因縁を来世に持ち越さないためには、今回限りで因果関係を断ち切るという覚悟が必要だろう。
虐待や殺人は論外だが、大人になっても家族の不仲を悩む人は、違う角度から関係を見直してみてもいいと思う。

家族だから親子だから兄弟姉妹だからという既成概念で、自分を縛り付けるのはやめた方がいい。
もし母性や父性、親子愛や兄弟愛を知るのが今回の魂の目的なら、疑いなく愛を感じるだろう。
しかし「肉親だから愛して当然だ、そう感じられない自分は異常だ」と思うのは間違いだ。
それは今回は親子愛を知るためではなく、親子という関係でしかできない違う何かのためだからだ。

家族になった本来の魂の目的は様々だ。
だから今生でそれが達成できたかどうかが一番大切なのではないだろうか。



da3dab641ca5871e67ffbf064f627728_s.jpg





スピリチュアル的雲

2019–05–06 (Mon) 17:11
スピリチュアル世界では雲好きの人が多い。
「雲好き」などと言うとお叱りが飛んできそうだが、雲の形が天や霊界からのメッセージと捉える人が多いということだ。

普通は誰も雲の形など見ないと思う。
空の雲をチェックしている人は気象関係か地震マニアか、スピリチュアリストくらいなものだろう。
私は地震雲は信じているので、地震雲か出ていないかと時々見ることはある。

スピ関係で一番多いのは雲の形を龍神、鳳凰、あるいは天使、天使の羽と見ることだ。
龍神が一番多くて、私が入ってしまったFBのスピグループには、毎日のように「龍神の雲です」逆光フレアが「神様の光が写りました」という喜びの報告と写メが上がってくる。

正直なところ「龍神に見えるかな」「神社に行けばフレアやゴーストはいつでも撮れるけど」と思うことがあるが、御本人達の目にはそう映っているし、本当にそういうエネルギー体からのメッセージかもしれない。
私自身もまれだが雲がそういう風に見えることもあるので、その時は何かのサインかもしれないと思うこともある。

雲はやはり向こうの世界からの媒体として使われることはあると思う。
実際本当に龍神の形をした雲もあるし、天使の羽のような雲も見たことがある。
雲を見てスピリチュアリストがその時のエネルギーを送れば、そういう形に変化して見えるのは想像に難くない。
実際量子力学では見る者が形を作るという説があり、雲などはその可能性を持つのではないか。

私自身も満月の日、一面の曇り空の時に満月を見たいとしばらく空を見上げていたら、ぽっかりと雲が切れて満月を見られたという経験が何度かある。
だから多分雲が龍神の形に見える人は本当に本人の中では龍神が現れたのであり、それを喜べばいいエネルギーを貰えるだろう。

令和に代わって連日空模様が急変したり、日本の波動が変わりつつあるような気がする。
日本を守る大きな龍神が何体も動いているのではないか。
下の写真は4日、新天皇の皇居参賀の夕方千葉で撮られた上空の雲だ。
この日は午後から雹が降ったり激しい落雷が関東地方を襲った。
新天皇のお披露目の日なので何とも偶然を感じる。

因みにこの写真の右下の黒い雲はどうも黒龍の正面の顔のようにも見えるのだが、そこは各人各様の印象で。笑



1557129445179.jpg





エンパスと霊視

2019–05–04 (Sat) 17:08
最近続けて不思議系の人二人と話す機会があった。
一人はタロットや占星術を趣味でやっている人なのだが、別の職業や才能もあって多芸多才のマルチ人間だ。
占いも興味があり、一応講座のようなものを受け簡単なスキルは身に着けたと言っていたが、確かに開業するほどではなくても大雑把な要所は押さえているようだ。

何も霊能力はないと言っていたが、やはり勘は働くようで話してみたらかなりのエンパスだった。
家族や大事な人が調子が悪くなったりどこか傷むと、自分の体も同じようになるそうだ。
多分いくらか肩代わりしてあげているのだと思うが、このタイプのエンパスは大変だ。

数日後その人からメールを貰った時刻、私はなぜか頭が痛くなった。
驚いたことに内容は、最近頭痛が立て続けに起こっているという話だった。
どうやら私もコードが繋がると体にも来るエンパスらしい。

もう一人は一切スピリチュアルには関係ないのだが霊の見える人で、たまたま話した時に私の左側に座っている女性にネガティブな黒い邪気が見えたと後から言われた。
その時に話すとその霊体が気付くので、その場では絶対に言わないことにしているそうだ。
その人は意図しなくても色々な霊が見えるそうで、まるで生きている人間のように見える事もあり、その時に目を合わすと相手が見えていると察知し憑いてくると言っていた。

だから、後から私も左側の人がやばかったと教えてもらったのだが、そのせいか翌日二度も続けて閃輝暗点になったり左の片頭痛になり具合が悪かった。
そんな人といると、私自身も同期してしまうのかもしれないと怖くなってしまった。

私はその手のものは見えないが、そういう人は結構いるようだ。
お世話になっている陰陽師も生きている人間のように霊が見えるので、危なくて車の運手が出来なかったと言っていた。
彼は逆に見えないようにするために、防御の眼鏡を普段は掛けている。

世の中にはスピ能力を持った人は沢山いるが、いる数だけ微妙に力や特性の違いがあるのだと思う。
それを占いやリーディングに使うプロから、全く普通の生活故にその能力を隠したい邪魔なものとして持っている人もいる。
それを仕事にするか人助けにする以外は、スピ能力はしばしば日常を生きにくくする。
小さい頃から人に言うと気味悪がられたり親には止められたりと、可哀そうな人も何人か知っている。

その上残念ながらその能力はほとんど自分には使えない。
途中から私利私欲で使う人も出てくるが、そうなると大抵能力を剥奪されるか闇落ちでひどい目に遭ったりする。

私も含めて自分は何が出来るのか、何が出来ないのかを見極めることがスピ人間には一番必要な事だと思う。
私自身今回学んだことは相変わらず脇が甘いということだった。
もう少しプロテクトを学ばないといけないと反省している。



DSC_0716.jpg





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR