前世とカルマ

2019–08–25 (Sun) 16:34
昨日パワーストーンブレスレットを依頼されていたサイキックの人に会って、それを渡しお茶を飲んだ。
過去生とカルマの話になり、「スピ人間はカルマも重いよね~」という話になった。

いくら今世では人のためになることをしていても、その能力はずっと魂が抱えているもので、過去生でも何度かは使っていることが多い。
魔女、魔術師、シャーマン、陰陽師、呪術師と洋の東西問わず色々なところでその力で善悪関係なくやっていただろうし、中にはしたことを覚えている人も結構いたりする。
今生はその罪滅ぼしでいい方に使いたいということを言っていた占い師もいたが、過去の悪行のビジョンが見えて引いてしまったこともある。

人間は都合の悪い事は忘れる。
過去生も同じで、無数にある過去生だが、覚えていたり何かの方法で思い出しても大抵いい過去生しか見ない。
人は必ず過去生でいいことも悪いこともしているし殺したり殺されたりしている。
大きな傾向には別れるが、それなりに貧者も富者も経験している。

しかし大抵は、いい時の過去生しか思い出さなかったり見えなかったりする。
王侯貴族や富豪の令嬢子息は多いが、農民、罪人などはなかなか出てこない。
今世でカルマの元を知りたいならいざ知らず、スピリチュアルに救いを求めてきている人に残忍で惨めな過去生など必要ないだろう。

私はいくつか自分の過去生を知っているが、それは必要に迫られて知ることになった過去生なのでいいものも悪いものもある。
ショックを受けるのでなかなか見ることが出来なかった過去生もあるが、それを知ってかなり人生の謎が解けた部分はある。
もうそろそろいいかと思っていたのだが、昨日サイキックの人と話していて、トンデモ過去生らしきものが出てきてびっくりしている。

本当かどうかはわからない。
話の中なので相手の過去生とシンクロしたりすることもあるし、話の流れで違う人のビジョンを見た可能性もある。
私の場合も確実だと思うのはこれまで三つしかないが、その他は大きなグループソウルの一部の記憶を持って来ているのかもしれない。

過去生については、望むとどこかから自分のではない記憶を引っ張ってくる場合もあるし、ガイドや先祖の過去生を見る場合もある。
証明のしようがないので、その程度に押さえておくしかない。

生まれて来る時魂は過去の記憶をすべて消してくるから、過去生や前世など本来は関係なく生きていくのが普通だ。
しかし、しばしばスピ人間はそれを持ち越す場合があり、業が深い魂も多い。

昨日は最後は「早くカルマを解消したいね」という話で終わった。
それにしても昨夜はいささか寝心地が悪かった。


a1fceebde444133ec37d131e9ace0cd9_s.jpg





前世の繋がり

2019–08–12 (Mon) 14:36
占い師霊能者は不遇な人生を送ってきた人が多い。
私が知っているそれ系の人でも、順風満帆の人生で幸せいっぱいの人はほとんどいないような気がする。
冗談で「この業界の人間は不幸自慢が出来る」と言われる。

人にない特殊な能力を持っていたら生き辛いのは当たり前だが、人生に翻弄され艱難辛苦の末見えない世界に辿り着いた人もいるし、あるいはそれをするためにそういう目に遭わされたという導きの場合もある。

最近話したサイキックの人も義父に10年近くも虐待を受け、自殺未遂も数度でメンタルを病み高校の3年間は精神科に入退院を繰り返したそうだ。
この手の人はなぜか勉強しなくても頭が良く、成人すると普通に戻りやがて予定されていたようにその道に行く。
その人も不登校でも優秀で大学を出て会社員をしているが、その能力を使わなければならないという指令が来たらしく、もう道筋もついているようだった。

もちろん自分の過去生も判るから虐待した人との過去生の関りも見ていて、「今世は敢えてひどい人になって来てくれた。それは私が早いうちに人間のどん底を経験してその道に進むためだと思う。彼は前世では私のことを心配してくれている人だった。」と言っていた。

まあ、普通の人は理解できないかもしれないが、自分を刺した相手と今世で出会った私にはよくわかる。
きっとそんなはそれも織り込み済みで、お互いに話を決めてこの世に生まれてくるのだと思う。

これは特殊なスピ人間の話だが、実は普通に生活している人達でも往々にしてあることだ。
生きている限り反りの合わない人や嫌いな人、もっと言えばいじめられたり顔も見たくないような人もいる。
そんな相手は過去のカルマだったり先祖の因縁だったりすることもあるが、中にはわざとソウルメイトに近い縁のあるが今世では修行のために敵役になろう、あるいは勉強のために嫌な上司になってあげようなどと話を決めてくる場合もある。

人間関係でいつも怒られたり嫌な思いをさせられたりする相手がいても、もしかしたらその人は自分の成長のための相手なのかもしれないと発想を転換出来たら違う展開になるかもしれない。
よく聞く話は、嫌な相手を嫌だと思わなくなったらその人がいなくなったというケースだ。
彼、彼女は自分にとって耳の痛い事やムカつくことを言っていたが、もしかしたらそれは自分にとっては必要な言葉だったかもしれないのだ。

天からの警告や注意はしばしば周りの人の口を借りて発せられる。
それを何となくでも受容出来た時に、多分嫌な相手との関係は好転するか離れるだろう。
辛いことがあったら、その分人間性は深まり器量は広くなる。

冒頭のサイキックの人のように過去生まで詳らかには出来なくても、過去にも縁があった人は良しにつけ悪しきにつけ人生で関りを持つ。
ネガティブな人でも出来事でも必ず自分にとっては意味があるのだと思うようにすると、未来のあり方も変わって来るのではないだろうか。



ls-004.jpg






香りと過去生

2019–05–11 (Sat) 16:29
私はスピリチュアルに覚醒してから特に香水が好きになった。
考えれば若い頃から好きだったのだが、香りのスピリチュアル的意味を知るようになってからは、外出の時は必ずパワーストーンと香水はつけている。
特にスピリチュアル関係の場所に行く場合は、パワーストンブレスレット、マニュキュア、指輪、ネックレス、バッチリ化粧に香水と、完璧に魔除け武装だ。笑
それでも邪気をお持ち帰りの時もあるから、そうなれば本人自身の意識の問題かもしれないが。

香水はずっと好きだったが最近好きな香りがあるのに気付き、その周辺を過去から遡って検証したことがある。
「マグノリア」の香りが好きなのだが、これは最初に若かりし頃持っていた香水で何故か匂いが印象に残っていた。
どうして手元に来たのかは忘れたが、今でも香水のボトルの映像を覚えている。

数年前も突然マグノリアの香水が欲しくなり、探していたところラッキーにもプレゼントされて大事に使っていた。
ここぞという時の「勝負香水(笑)」にしていたが、そのマグノリアに拘る理由がある時セルフヒプノをしていて分かったのだった。
それは私の過去生がマグノリアに幸せな思い出を持っていたからで、その記憶を今のも覚えていたらしい。
今世で私の後ろにいるガイドとも関係があって、その理由を紐解いていくとなるほどと思えたものだ。

が過去生から持ち越すものはカルマやネガティブな記憶の方が多いが、時には楽しかったことや幸せだったことも持って来るらしい。
どうしても好きな物や行ってみたい所、うきうきすることなど、きっとがかつて経験していた良い思い出なのだろう。
もし、そんなもの、そんな場所があれば、是非試してみた方がいい。
そして嬉しい気持ちになったり幸せを感じたりしたら、それは今のガイドが元気づけてくれているのだと思う。
「楽しい時、幸せな時があったのだよ、思い出してごらん」と。

マグノリアは私にとってそういう意味を持つ香水だと確信したのは、昨日お土産に貰った香水がマグノリアの香りがしたからだ。
ボンド・ナンバー9というニューヨークの香水メーカーの 「マディソン アベニュー」というお洒落な香水なのだが、香りをかいだ瞬間マグノリアだと思った。
買ってきた御当人も知らなかったようで、成分を調べたらやはりマグノリアがミドルノードに入っていたのにはびっくりだった。
これはシンクロに違いない。

最近は低空飛行気味だったので、元気を出してと後ろのガイドが励ましてくれたのかもしれない。
なんだか嬉しくなって今日の目覚めはとてもよかった。笑

疲れている時、辛い時は我慢せずに、好きなものを買ったりしたい事をしたり行きたい所に行ってみるのがいい。
特にどうしても拘りのあるものは、きっと過去生からが馴染んでいるものだ。

小さい頃から思い返して「なぜか○○が好きだった」と思い当たることがあったら、それを大事にするとは喜ぶだろう。


sayumi.jpg img_4.jpg






前世のパターン

2018–07–05 (Thu) 15:07
前世は今の人生に大きな影響を及ぼしていると考えられる。
いわゆるカルマ解消のため、前世でやり残したことを再挑戦するため、経験していなかったことを経験するためと、何かしら過去生との関連を持ったライフパーパスで生まれてくることが多いようだ。

極端な話過去生で積んだカルマを解消するために今生では辛い目に遭ったり苦難の人生だというのはよく言われることだが、そればかりでもない。
色々な人生を経験するために過去生ではお金持ちに生まれても今回は貧民だとか、武将で沢山の兵士を死地に送ったら今回は一兵卒で前線で死ぬとか案外逆転現象も多いと聞く。、
権力がほしい、金持ちになりたいと渇望する人間は、過去生でそれを持てず悔しい思いやひどい思いをしたので、今生こそはと異常に執着するらしい。

大抵は過去生で成し得なかったこと、反対の立場などが多いようだが、中には繰り返し同じ事や同じスキルを持ってくる人もいるらしく、これはスピリチュアル系の人に多く見られるがシャーマンや陰陽師、霊能者や僧侶など高次のマスタークラスになると特別な使命をもってその能力を使うために幾度も同じようなポジションで転生する場合もあるようだ。

この世に生まれて家族肉親を始め関わる人は、必ず前世の縁があったと思っていいだろう。
親子兄弟夫婦は何度も微妙に形が変わっても、濃密な間柄で一緒になっている。

いい縁もあるし悪縁もあるし宿縁もある。
大きなソウルグループの仲間だと気が合ったり見た瞬間好感を持ったりする。
ソウルメイトと呼ばれる人はその中でも特別深い縁があった魂で、何度も転生の中で一緒になり助け合ったりしている。
これは異性も同性もあり数人いると言われている。
好きになった人はソウルメイトではないかと思いがちだが、そうとも限らず逆に宿縁を持ち修行やカルマ解消のために結び付く場合がある。
そう簡単にソウルメイトと恋愛など出来ないようだ。

仮にソウルメイトで運命の人としか思えなくて好きになっても別れてしまうことがあり、それはお互いが違うライフパーパスを今世では決めて来たからだ。
私もそういうカップルを知っていたが、運命のいたずらのように別れてしまい可哀想だった。

色情因縁や因果で結びつく恋愛や結婚は今世での因業の清算の必要があって、それを成し得なければまた来世でも同じことを繰り返すかもしれない。
色情因縁の男女なら来世では近親相関や性的虐待になる親子など、おどろおどろしい因果が続くケースもある。
殺人事件でも殺された方は前世で殺していた方だというのはよくある話だ。

ただ、今生が不運や艱難辛苦ばかりだと余程自分は過去生で業を積んだのかと思いがちだが、そうではなく敢えて辛く厳しい人生を志願して来る魂もあって、こんな魂は霊的進化を三段跳びで駆け上れるようだ。


004.jpg




前世は語る

2018–07–03 (Tue) 17:09
誰でも何となく好きな事、好きな場所、あるいは興味を持つものや、逆に嫌悪感、恐怖を感じるものなどがある。
自分の中の説明の出来ない思考回路や行動様式、感情的反応などは過去生に由来する場合が多い。
よく言われるが、水の怖い人は水死、高所恐怖症は墜落死、閉所恐怖症は生き埋めの過去生を持っているらしい。
その他にも何かについて恐怖心を持っていたり、反対に得意だったり才能があったりする場合も前世でも同じ事をやっていた可能性がある。

日本人なのにある国が好きだとかある時代が好きだというのも過去生でそこにいたりして、実際その地を訪れてみたり、博物館でその時代のものを見てデジャブを感じることはよくある。
私はスピ系の知人が何人かいるが中で4人魔女だったことがあるという人がいて、いずれも占い師やセラピストをしているが、一人は火焙り、一人は絞首刑、一人は縛られて水に沈められ、一人は少年に扮して逃げ延びたという。
首を絞められ殺された人は今でも首を触られるのが嫌だと言っていたし、火焙りの処刑で死ぬ間際に自分が叫んでいたのを思い出したという人もいた。

これは妄想だと思ってもらってもいいが、私にも中世ヨーロッパで告発され捕まり拷問の末死んでいった過去生がある。
冷たい地下牢の床で体が腐り「まだ死ねないのか」と思っていたビジョンが見えた。
凄絶な死に方を知った時はさすがにショックだった。
でも自分の今生を顧みた時、生き方としてあの時の死に様が魂に深い傷となり、影響しているのが納得出来たような気がした。
このシーンはガイドになかなか見せてもらえずやっと覚悟が出来た時にセルフヒプノで見ることが出来たものだ。

もう一つもっと古い過去生があるのだが、その時の仕事でパワーアップの為奴隷の目をくりぬいて飲むか食べるかしていたらしく、皿や瓶に目玉が入っているのをはっきりと見た。
これもあまりにショッキングなので最初は見せてもらえなかった。
やっと見た時に、私はずっと左目に病を持っていて、奴隷の左目をくりぬいていたから今もそれを持ち越しているのだろうと腑に落ちた。
その時に誓ったのが魂の契約で、「力を手に入れるために人を犠牲にしたのだから、力は人のためにしか使わない」と誓いを立てたようだ。

まあ、トンデモ話なので一笑に付されてもいい内容だ。
他にも騎士で戦った前世が多く裏切られて後ろから刺されることが数回あったり、その場所を今世でもメスを入れたりと、今の人生に符合することが過去生を見て多々あったので、私自身はそれらの前世は信じているし謎を解明できたと考えている。

因みに悲惨な過去生が多いのは人生で遭遇した問題やトラブルに関係する過去生だからで、もし今抱えている問題を解決したくて過去生を知りたいのならまずネガティブな前世しか出てこないことは覚悟しておいた方がいい。
単にどんな過去生があるのか見てみたいなら、セラピーの前に「一番幸せだった前世」と設定してから見に行った方がいいだろう。

私は自己犠牲、罪悪感、贖罪意識、不安、恐怖とネガティブ思考を抱えていて、それに関する過去生はむべなるかなの悲愴なものばかりだったが、一度「一番幸せな前世」というのを設定して見に行ったところ、ベネチアで今のガイドと夫婦をやっていた過去生が出て来た。
その時にベネチアンマスクを被り踊っていたようだ。

人によっては自分の前世の証拠を探して来る人もいる。
前世の記憶を持って生まれてくる子もいて、その追跡調査をするとほぼ真実として証明できるそうだ。
そんな事実を突きつけられれば、転生はあると認めたくもなる。






 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR