輪廻転生の繋がり

2019–05–12 (Sun) 17:27
このブログを読んでくれている人は、スピリチュアルに興味があるか多少なりともスピ人間の人が多いと思う。
私も含めて幾つかのスピブログを見たり様々なスピ情報に興味を持っているはずだ。
パワースポット情報とか神社仏閣情報とかはたまた当たる占い師からスピグッズ、怪しげな場所まで調べたり共有する。
知れば行ってみたり試してみたいものもあるだろうし、私自身も何度かそういうことがあった。

総じて言えるのは万人向けと個人向けがあるということで、神社仏閣はあまり個人を選ばないが、パワースポットや遺跡などは結構合う合わないがあるようだ。
勿論占い師などはもっとその落差が大きいかもしれない。

これは個人が持つの由来や傾向、過去生などと関係あって、神社でも伊勢系や出雲系、源氏筋平家筋があるくらいだから、古代からの場所、物はそこに関わる幾多のが今生になっても影響を受ける場合があるようだ。
例えばあるパワースポットと言われる場所に行って、パワーを貰って元気になる人もいれば逆に何か調子が悪くなる人もいる。
その場所にあるエネルギーと波動が合うか合わないかにもよったり、またかつてそこを敬った人と冒涜した人達ではその子孫やの系列で、訪れた人に全く反対の作用をすることもある。

よくお化け屋敷に肝試しに何人かで行って、全然平気な人もいれば熱を出したり怪我をする人もいるのはそのせいだ。
調子が悪くなる人は、一つは霊に敏感な場合、もう一つはそこの場所や浮遊霊、地縛霊と何かしらの縁を過去生で持つ場合だ。
平気な人は全く鈍感か強力な守護がついているか、そこに縁もゆかりもない人と考えられるだろう。

スピ人間は興味があるからすぐスピ的なものを試したくなるが、スピの世界は奥行きも幅も広い。
誰も彼も御利益があるわけではないし、Aさんがいいと言ってもBさんにもいいとは限らないのだ。

では何を基準に決めるべきか。
行きたいと思い邪魔が入らず行って気持ちのいい場所や、欲しいと思ってすんなり手に入り嬉しいと思えるものは自分と波動が合っている。
意気込んで行ったり買ったのに却って調子が悪くなっても、その場所や物が悪いわけではなくたまたま自分とは波動が合わなかったと考えた方がよい。
特にスピマニアはピンとくるものや何度もシンクロで目についたものは、偶然ではないと考えてもいいと思う。

は果てしない輪廻転生を繰り返す。
今の人生で触れ合うものは全て、過去生の影響を受けていると言っても過言ではないだろう。



291.jpg





親子という呪縛

2019–03–26 (Tue) 17:00
最近息子が両親を殺害するという事件が起った。
スピリチュアルでは子供が親を選んで生まれて来ると言われる。

自分の子供に「どうしてママの子供になったの?」と聞くと、ちゃんと理由を言う幼児もいるそうだ。
「ママとパパを前から知っていたから」「今度はママの子供になろうとお空の上で決めていたから」等々。
大抵は幼少時のことでその子自身も忘れてしまうことが多いようだが、スピリチュアリストのブログで、前世との関りを説明して、だからあなたの子供に生まれて来た、と言っている娘さんの話があった。

確かに親にしても子供にしても、どうしてこの人と親子なのかと疑問を持つことはある。
親子関係がうまく行き問題ない親子ならそんな疑念は湧かないだろうが、世の中には他人が思っている以上に親子や兄弟姉妹の不和は多い。
毒親が子供を虐待するのはよく知られるが、その関係がある時逆転して虐げられていた子供が親が弱った時に老人虐待をするケースもあるようだ。

悲しいかな親子でも、好んでこんな親のところに生まれてきたわけではない、選んでこの子を産んだわけではないと心の奥底で思う時もあるのではないだろうか。
誰でも反抗期には「生んでくれと頼んだ覚えはない!」と思ったり実際に親に言ったことがあると思う。
しかし実は自分がその親を選んで生まれて来たのかもしれないのだ。

は様々な目的で親子としてこの世に来る。
ソウルメイトで助け合うため、お互いの霊的修行のため、あるいは前世のカルマを清算するためなど目的は様々だ。
だからそれに応じて幸せな親子もいれば、近親憎悪に陥る親子もいる。
子供のためなら命を投げ出す親も子供の命を奪う親もいるのはそういう理由だ。

親なら同じ子供でも何人かいれば全く性格が違うのが分かるし、子供の方は親に対する評価がその子によって違ったりする。
だから世間は一括りで親子だから家族だからうまく行って当たり前、最終的には分かり合えるという幻想を抱くが、実はそもそものの役割を考えたらそれは無理な話なのだ。

虐待死させられる子供もいるが、親を殺す子供もいる。
成人になっても引き籠り、DVで親を苦しめる子供や、親を殺す殺人事件も起きているのが事実だ。
昔は尊属殺人と言われたが、そんな名称がつくほど実は昔から親を殺す事件はあったということだろう。
確かにギリシャ神話にも親殺しの話はあって、歴史的にも枚挙に暇がない。

子供を虐待死させるのも親殺しも「何故親子なのに」と思うかもしれないが、実は親子だからこそなのだ。
他人ならきっとそうはならなかったが、親子という呪縛でそこまで行ってしまうのだろう。

の深い親子でもがそういうプログラムで来ているのなら、それは今生では致し方のないことだ。
残念ながら親子関係は変えられない宿命であり、の一番厳しい修練場なのかもしれない。



f450f19c964fd57d9e181ae9d9ca7f18_s.jpg





チャネラー

2019–03–04 (Mon) 15:46
スピリチュアル界では最近チャネラーと言われる人達がいる。
いわゆる広義の霊視になるのだろうが、向こうの世界とコンタクトを取れる人のことでスピリチュアルリーダー、チャネラーなど呼び方が日本語以外になっている。

私は最近をリーディングするチャネラーに電話セッションをしてもらった。
」という部分にフォーカスしてリーディングしてもらいたいとずっと思っていたので、あるところでその存在を知り本物らしいと思って連絡を取り一時間のセッションとなった。

女性のチャネラーだったが、確かに本当にチャネリングしているのは間違いなかった。
私のの本質と今の状況をリーディングしていて、言っていることは漠然と感じている自分自身についてほぼ当たっており、過去生や来歴からその理由も説明のつくものだった。

去年沖縄でユタに見てもらい本物だと思ったが、そのユタと言葉は違ってもかなり重なるようなことも言っていたので、どちらも私の上から降ろしているようだった。
今回のチャネラーは私のかなり上の高次の部分とチャネリングしていると言っていた。

彼女は電話鑑定だったので事前に生年月日と写真の画像を送ったが、セッションを始める時に改めて生年月日と名前を繰り返し何度も唱えてチャネリングをし出した。
多分それがアカシックレコードに繋がる鍵なのだろう。

様々な事を解き明かしてくれたが、早口で殆どトランス状態の感じだった。
本人も言っていたが終わったら内容は忘れてしまい、その後はくたくたで思考も働かなくなるそうだ。
昔でいう霊媒のようだ。
ただ、霊媒は自分に他の霊体を入れるが、チャネラーはそこは違うのではないだろうか。

様々な事を言われたが、骨子の部分は以下だ。
「智慧や知識を追求するで、そのため余計なものまでたくさんつけすぎているから体が重くなっている。求道者だがあれもこれもは無理だから絵が一番シンプルだ。の本来の価値に相応しい生き方や環境にしなければ、ますますずれが大きくなる。」

確かにずっとこれは本当の私ではない、この生き方やありようは本来の私を反映していないと、若い頃から常に違和感を感じていたが、絵描きになってそれは軽減されたし年齢と共にその感覚自体鈍化していた。
しかしここに来てずっと抱いていたその違和感が、が感じていたものだったのを指摘され、やはりあの感覚はそういうことだったのかと納得できた。

未来のアカシックレコードも見てくれたが、よく言われるように道は3本ぐらい見えるそうで寿命も長短教えてくれた。
因みに私の魂は透明な紫色で、紫の物を身に着け良い香りに囲まれるといいと言われた。
スピリチュアルに覚醒してから紫が好きになり、服も紫系が多いし香水も好きになって付けている。
一切彼女には教えていない情報だったが、やはり自分の魂はそれを実践していたようだ。

具体的な問題についても魂をリーディングしながら視てくれるので、かなり気になる事は答えを貰えた。
生活の上で起こる様々な問題や心配事はそれぞれ適したスピのプロに相談しているが、魂の観点から本質的な自分を読んでもらったことはなかった。
偶然その機会を得たので、やはり今の私には必要なリーディングだったのかもしれない。

もし自分の魂の本質や自分が何者かを知りたいと思ったら、そんなセッションを受けてみると人生の謎が解けるかもしれない。
常識的な料金設定だし、興味のある人は料金なりの価値はあると思う。
私的には本物のチャネラーだと思った。



32c58c85701ec774bab0f7d8a9d145f1_s.jpg





クリスタルチルドレン

2019–03–02 (Sat) 10:37

ネットを見ていたらこんなニュースを見つけた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190228-00000500-san-hlth

HSC・HSPというのは、とても敏感で、繊細さや感受性の強さ・豊かさを生まれ持つ気質の子・人のことだ。
解説を読んでいて、スピリチュアルでいえばエンパスで、いわゆるクリスタルチルドレン、レインボーチルドレンと言われる最近のスターチルドレンの特徴そのものだ。
これは後々地球の人類が二極化され淘汰されるという説にのっとれば、残るために来ている宇宙のの子供たちかもしれない。
最近は段々増えているようだ。

元々インディゴという宇宙のが来ていて今の30代ぐらいまではそれだが数は少なく、その後にクリスタルチルドレンというもう少し特徴の異なる世代になって数も増えて来たらしい。
インディゴはある種地球の不正や権力と戦い変革していこうとするだったが、クリスタルチルドレンになるともっと穏やかで文字通り透明なゆえ人の痛みに共感したり、世俗的な悪や邪な波動に耐えられなくなって不登校になりやすいようだ。

人間の気が分かるから絡み合ったどろどろしたオーラを感じると、とてもそんな集団には耐えられないのだろう。
よくスピリチュアルで邪気を貰いやすい人という表現をするが、そのまま当てはまると思う。
人混みや集団が疲れるという人はそうだ。

HSCという言葉を実は私も初めて聞いたのだが、解説を読むと自分自身にも当てはまる所が多々あり驚いてしまった。
私はどちらかというと戦って来たが、今の若いスターチルドレン達は戦うことさえできずにドロップアウトする場合も多いのかもしれない。
かつて絵の教室をやっていた時に来ていた生徒は、今考えると殆どこの傾向のある子供達だった。
類は友を呼ぶのか私が彼らの世話をすることになっていたのか、かなり深く関わった子達もいたから皆どこかの星で一緒だったのだろうか。

スピリチュアルではスターシード、スターチルドレン、アースエンジェルなど様々な呼び名と分類があるが、心理学の一領域として研究されているのはやはり数が増えてきているからだろう。
今後もこういう子供達はもっと増えていくと思う。

つまりスピリチュアルでいうようにアセンションが進み次元が上昇して、テレパシーで相手と通じ合える人類が生き残っていくのかもしれない。
まあ、そこまで行くと都市伝説的な仮説になるが、少なくともこのブログを読んでいる人の中にはHSC・HSPの解説を読んで私のように膝を打つ人もいるのではないだろうか。
社会で生きにくいことは宇宙由来のの共通点だが、社会的にもそういう人間が認知されつつあるように世の中は変わってきている。

HSC・HSPを検索すると様々な関連記事が出てくるので、思い当たる人は調べてみてはいかがだろう。


DSC_0243.jpg




魂の履歴書

2019–01–21 (Mon) 15:47
スピリチュアルに覚醒し出して様々なスピリチュアリストと出会った。
私は仮面の絵を描いているが、その理由は過去生でベネチアにいて仮面を実際に被ったことがあったのと、仮面の人物が宇宙から来た仲間だかららしい。
真偽はもちろん不明だが腑に落ちることは多々ある。
その時の仲間かもと思う人とも何人か出会った。
中にはある仮面の作品を見て、これは私とガイドだと言って実際に購入した人もいる。

ここ数年、私のサードアイを開き必要な情報をくれる人が現れては消えて行った。
残念ながら良い事ばかりではなく見えない世界の怖さや闇を教えてくれた黒系の人もいたが、今では修行させてもらったと思っている。
おかげでスピの危ない部分や己の分限というものが分かったからだ。
いわゆるサイキックアタックも身をもって知り、スピリチュアル世界の付き合い方というものは学んだ。

最近は無闇に同類だからと言って、知り合いを増やしたり関係を作るのは良くないと思っている。
しかしたまたま数年前に癒し系のイベントでお試し鑑定を受けたヒーラーが、渋谷の百貨店の占いコーナーで鑑定しているのを知って行ってみた。
最初に会った時この顔は覚えがあると思ったので、多分どこかで縁はあったのだろう。
インド占星術をベースに色々な占術もやるらしいが、半分は霊視のようだ。
その人のブログも時々見ていたので、バックボーンもある程度わかっている。

私はスピリチュアルに覚醒してから、ずっと自分のの出自、来歴、ブループリントを知りたいと思っていた。
このブログでも断片的に書いているし、大まかなものは過去生も含めて他者にリーディングしてもらったりセルフヒプノをやったりして知っている。
だが妄想半分かもしれないので、確信が欲しかったり証明したいというのが常にある。

昨日そのヒーラーに改めて事情を説明しリーディングしてもらったところ、7割ぐらいが私が思い描いていたの由来や過去生と同じ内容だった。
求めていたことの半分ぐらいは得られたので、渋谷まで出かけて行った意味はあった。
一番心に残ったのは「人生で沢山の修行をして来たから元々あったものが開いた。」と言われたことだった。
それは当たっているかもしれないと思う。
確かに普通の人ならしなくても済む体験や大病もして死と向き合ったり、人生の転換や局面を何度か経験した。

あれは多分文字通り人間という道の修行だったのだろう。
もともとはそんなじゃないから、今世は人間の苦悩や悲哀、限りや縛りを経験したかったのだと言われた。

確かに人生を振り返ると「ストイック」が大好きだった。
この歳になり、そしてスピリチュアルの理を知ったから納得できることで、こうなるまでは「これは自分が望んだ修行だ」、などと考えらなかった。
しかし、実際そう思えるようになったので、今艱難辛苦の渦中にいる人も後にはあれは修行だったと思える日が来るかもしれない。

「自分はなぜ生まれたのか」「自分はなぜ生きているのか」
自分の存在意義を知りたくなった時は、の視点で探ってみると案外驚くような答えが見つかるのではないだろうか。


20151010_154608.jpg





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR