死と向き合う時

2020–03–19 (Thu) 15:05
愛知県で新型コロナウィルスの感染が分かり「みんなに移してやる」と言って飲食店に出かけた男性が亡くなった。
実際店の女性一人が感染し、警察には店から被害届が出された。

元気にカラオケを歌っていたのに、それからわずか二週間で亡くなった。
元々肝臓癌の基礎疾患があったそうだから予想されたこととは言え、新型コロナウィルスはインフルエンザと似たようなものだと侮ってはいけないと思う。

ある著名人のツイートで「一人で死ぬのが怖かったのだろう」というのがあったが、この人も全身癌患者だ。
亡くなった男性は感染が分かった時に、死が見えたのだろう。
移された人は迷惑千万だが、居ても立ってもいられずにこんな暴挙に出たのは推測できる。

みんながコロナウィルスを怖がるのは「もしかしたら死ぬかもしれない」という恐怖からだ。
薬もあり殆ど死なない病気だとわかれば、こんなにはパニックにならない。
人間の恐れの最たるものは『死』だ。
これは本能的に遺伝子に組み込まれたものだから、恐れるなと言っても無理な話だ。

スピリチュアルでは「死はの帰還であり怖いものではなく喜ぶべきものだ、いつ死んでもいい」と言っている人もいるが、いざ死を宣告されたら本当に喜べるだろうか。
末期癌でやっと死を受け入れて安らかに往く人もいるが、そこに至るまでは凄まじい葛藤があったはずだ。
人間が死を受容するまでは幾多の困難な道のりが必要だ。

まだその準備も整わない健康な人間なら、死ぬかもしれない疫病が流行り出して恐怖を感じない方がおかしい。
それに加えて未知のウィルスだとしたら尚更だ。

人間は死自体も怖いが、死に至る過程も怖いのだと思う。
どんな風になっていくのか、痛いのか苦しいのか、死ぬ時はどんな感じだろうかとか、存在の消滅という想像できない事象が怖いのだ。
そして次に死を実感する時に第二の恐怖が来る。

本当に死ぬかもしれないと思ったので、冒頭に書いた男性は暴挙に出てしまったのだろう。
原発事故の後、放射能を恐れて福島を逃げ出す人に「お前だけ助かりたいのか」という言葉が浴びせられた。
いわゆる道連れ思想だ。
日本には「死なばもろとも」という言葉があるが、日本人の特性をよく表している。
戦時中に使われたが、有事の際には日本ではそういう傾向が出てくるようだ。

時間と死だけは万人に平等だ。
怖がっても不安でもいいと思う。
でもそれは一人で向きあい克服していくしかない。


d3a1efc9816b4bbcf027fa0d5434836d_s.jpg




宿命には逆らえない

2020–02–03 (Mon) 19:30
実はここ数日喉が痛く咳もひどくなってひりひりするので病院へ行って来た。
熱はないがインフルエンザの検査をしてもらった。
やはり陰性で風邪薬を貰って来たのだが、普通ならまあ単なる風邪だからと安心するところだ。

しかし喉が痛くなる一週間前に福岡の太宰府天満宮へ行っており、中国人観光客が沢山いて、まださほど警戒もされていなかった時期だ。
ここで私のようなネガティブ思考の人間は「さては新型肺炎に感染?」と不安になってしまうのだが、日本にはこんな思考回路の人も少なくないだろう。

多分そんなことはないのは頭ではわかっているのだが、どんな災害や事故があっても不運の人はいるし助かる人はいる。
まして宝くじを当てるくらいの確率でも、当たってしまう人もいるのだからその違いは何なのだろうと思う。
ある意味選ばれた人間だと言えよう。

今回の新型肺炎も仮に人為的だとしたら、作製した人間、持ち出した人間、最初に感染した人間と全世界の中から選ばれてその役割を担ったわけだ。
その個人はやはりそういうことをこの世でするとして来たのだろう。

世界的な規模で何かを起こす人間は特別なであることは間違いないが、それが闇なのか光なのか、あるいはあえて闇的役目を引き受けたのかというのも後にならなければわからない。
原子爆弾を日本に落としたトルーマン大統領のが善か悪かは未だ判断できないが、彼は確実に世界を変えるミッションを持っていたわけだし、実際にそれを投下したエラノゲイの乗員も同じだ。

バタフライエフェクトというが、世界の大きな変動は小さな蝶々の羽ばたきから始まる。
今回の新型肺炎のパンデミックも、結果的にどんな結末になるにしても、一人の人間の羽ばたきから始まっている。

歴史上良くも悪くも選ばれたはあって、この人たちは逆にそういうブループリントを持って来たのだから本人も逆らえなかったのだろう。
だからたまたまこの時期に旅行をし、ありえない確率なのにもし新型肺炎に感染してしまったら、もうそれは運命で避けることは出来ないと思う。

自分の知恵や力ではどうしようもないことはあるし、意図的にやろうと思ってやったことでも実はそれは見えない世界からやらされていることがままある。

新型肺炎のコロナウィルスにはエイズのタンパク質が4か所組み込まれているそうだから、私的にはこれはほぼ人間が作り出した人工ウィルスだと思っている。
作り出した人間も、またそういう宿命を持って来たのだと思うしかない。


DSC_0089.jpg




虐待の連鎖

2019–09–13 (Fri) 14:50
ツイッターを見ていたらあるツィートが目に留まった。
有名な霊能者の言葉を引用したものだが、「虐待される子供には【愛】の入った名前が多い。名前にはその子供が人生で一番欲しかったものが入っている場合がある。」という文章だ。

虐待死した子供の事件に関連したツィートだったが、胸にグッとくるものがあった。
確かにニュースになる虐待児童の名前には、女児は可愛いものや愛らしいものが多い。
男児は名前負けしそうな立派なものや、この親がどうしてと思うような含蓄の深い名前もある。

なんとも悲しい因果律だが、私もカウンセリングをしたりそれ以外でも、虐待やDVの当事者に会うことがある。
虐待まで行かずとも、親子の宿業は世に尽きることはない。

虐待された人の特徴として、ある傾向がみられるのは事実だ。
「虐待の連鎖」という言葉があるが、虐待された子供は親になると自分の子供を同じように虐待してしまうというものだ。
全てではないが、実際に被害者が加害者になることもあり、幼少期のトラウマはその子の人生に大きな影響を及ぼすのは想像に難くない。
その呪縛から同じ過ちを繰り返すか、同じ轍を踏まないよう生きるか、またはその葛藤に悩み結局普通の人生を送れなくなるかなど困難を抱える。

シリアルキラーは多くの場合、虐待された過去や幼少時に悲惨な経験をしている。
他人に向かなければ、ベクトルが自分に向かい自己崩壊を起こしたりする。

虐待まで行かなくても親が離婚すると子供も離婚の確率が高いとか、とにかく親や家庭のあり方が子供の人生に与える影響は計り知れない。
虐待された経験を持つ人は自分が親になるのが怖いと考える人も多いし、虐待まで行かなくても家庭不和の家に育つと結婚に希望が持てなかったり子供を不幸にしてしまうのではないかと考えるようだ。

スピ的解釈なら、そんな親や家庭を選んで生まれて来たのだから、それの課題を乗り越えるのが今世のの目的と言ってしまえるが、当事者はそんなことは忘れて苦悩にのたうち回る。

特に親子不和は必ずのカルマと学びがある。
生きているうちにそれに気付けばいいが、課題をクリアできない限り延々とその因果は続くから虐待の連鎖という言葉にもなるのだろう。

自分の親を見て結婚はしない、子供はいらないと思っている人が突然結婚したりいらないはずの子供が出来た場合は、それは間違いなくの導きだったと思った方がいい。
虐待される子供は望まれないで生まれた子が多いが、一方で望まなくても生まれてくれて、おかげで人生を変えてくれた子供もいる。
出来ちゃた婚はよくあるが、いわば向こうから強制的に来てくれる場合は、必ず親にとっての深い学びを与えてくれる天からの賜物なのだと思う。


DSC_0516.jpg






お盆と幽霊

2019–08–15 (Thu) 14:45
お盆の真っ最中だが、この期間は普通の人でもあちらの世界に繋がりやすくなっている。
皆が皆死者に会うわけではないが、何かの拍子に波長が合ってしまうと厄介だ。
特に心霊スポットと呼ばれる場所は興味本位では行かない方がいい。

私がこれまで会ったスピ人間で、新宿、渋谷、池袋は行けないという人は複数いる。
エンパスや霊能力がある人は普段でも人混みは辛いが、特にいわくのある場所は地縛霊や浮遊霊が沢山いるので影響を受けてしまい、時にお持ち帰りもあって体はしんどい。

私は幽霊は見えない人間だが、昨日新宿のJR駅の構内で左腕を掴まれた。
誰かと思って後ろを振り向いても誰もいなかったので、この世の人ではなかったのかもしれない。
ひんやりと湿った感触だった。

お盆は日本中の死者が此岸と彼岸の間を行き来する.
家のある故人は家族の元へ戻るが、帰る場所のない霊達はあたりをさ迷い歩くのかもしれない。
無念を残して死んだ人達はそこにずっと留まって自分が死んだことも知らない場合もあるし、恨みつらみを残すと波長の合った人間を引っ張ることもある。

人身事故の起きる踏切や駅は、死ぬ気がないのに魔が差したようにふと電車に飛び込んでしまう人がいるという。
これなどは見る人が見たら、そこで死んだ人達が手招きをしているそうだ。
心が弱っていたりが抜けかかっているような人、あるいは自殺をした人と同じ悩みや問題を抱えていると波長が合ってしまい、呼ばれるようにふらりと行ってしまう。
自殺の名所の東尋坊や華厳の滝、青木ヶ原の樹海などは、死ぬ気が無くてもしっかりしていないとすっと心の空隙に入り込まれあの世へのコードが繋がってしまうのだろう。

渋谷のスクランブル交差点や池袋のサンシャインビルは有名な霊スポットだ。
東京は江戸時代から刑場があった場所などは縁起が良くないが、関東大震災や東京大空襲でもおびただしい人達が無念の死を遂げていて、東京自体が巨大な心霊スポットだと言っても過言ではない。

折しも今日は終戦記念日だ。
戦争で亡くなったが、至る所で悲しそうにこちらを見ているかもしれない。
そんな人達の犠牲の上に今日の日本があるということを、決して忘れてはいけないと思う。



1168201aa8d037ec1c839e76efe7e796_s.jpg





修行系前世

2019–08–05 (Mon) 17:11
世の中には様々なタイプのスピリチュアリストがいる。
ライトワーカー、ヒーラー、霊能者、サイキック、スピリチュアルリーダー、占い師など、呼び方も種々あり、分野も違うが微妙に重なる部分もあって、いわゆるスピリチュアル世界と太く繋がっている人達だ。

最近あるスピブログを読んでいて面白い一文を見つけた。
スピ人間でも、修行者タイプの前世を送った人は、潜在意識下に「救世主コンプレックス」を持っていることが多いということだ。
これは言い得て妙だと思う。
覚えがあったりして、思わず膝を打ってしまった。

「救世主コンプレックス」というのは大袈裟だが、過去生で少なくとも世のため人のためスピ能力を使うとかスピの力で人々を救済しようとして修行を重ねたり人生を賭したで、ストイックな自己犠牲を伴っている。
裏返せば人間のエゴや欲望、享楽や快楽には否定的で、常に求道者であり辛い修行を自らに課す。
誘惑の道に落ちると激しい罪悪感を覚え、破戒僧のように自分で自分を貶める。

今生でも特別な使命感を感じていて、スピの世界に入っても自分のやることは何だろうと自分探しをしていたりする。
社会や政治にも関心を持ち常に大きなものと戦い世直しが人類のためだと思ったりもするし、実際スピ関係ではなくても特殊な分野で修行僧のように道を究め人類に福音をもたらすもいる。
「スピ人間あるある」だ。

反対にスピリチュアリストでも、自分の幸せが第一と考え、人生を楽しみ人間としての快楽を追求するゆるふわもいて、そもそもの出自や組成が違うのだと思う。
多分出身星を探っていくと違いがはっきりするだろうが、の年齢的にもオールドソウルとヤングソウルの違いもあるかもしれない。

スピリチュアルを学びサードアイを開きたい人達が増えているが、ここでも修行系の「救世主コンプレックス」の持ち主は生真面目に「私の使命は何か?」を知りたがり、ゆるふわスピ人間は「スピもビジネス、収入になるしそれで美味しいものでも食べよう」みたいなノリだったりする
多分後者の人たちは過去生でも人間の欲望を追求する人生が多々あって、スピ能力は天からの賦与ではなく余禄程度だったのかもしれない。

どちらがどうというわけではないが、スピリチュアリストも多士済々で、その違いはの出自や組成と過去生によって幾つかにグループ分けされるのだと思ってしまった。

因みに私はどうも修行系の魂のようだ。笑


8769d1a65a409e77e0baf60ebbded456_s.jpg





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

04 | 2020/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR