厄年期間 サディサティ

2019–08–22 (Thu) 16:47
リアルタイムで興味のある事なので、今日もインド占星術の話題になってしまい恐縮だ。
一応それなりに見ることが出来るようになっているが、知れば知るほど様々な要素が絡んできて知識がないと全く反対の答えになってしまうということもある。

インド占星術はインドではれっきとした学問だそうだが、確かにどの統計学占術より底が深く学問として研究する内容だと思う。
死ぬ時は病死か事故死か、苦しむか眠るようにかも判るというが、一方で確実性は7~8割で、2~3割は本人の心構えや生き方で変わるそうだ。
これはどの確度の高い占いやリーディングでも同じだろう。

一番分かりやすいのは、ダシャーと呼ばれる惑星の名前の付いた数年から数十年単位の時期で、これは短くて6年長くて20年くらいあって順番に来て120年一回りになる。
いい星の時期もあるし悪い星の時期もあり、その星によってどんな傾向の時期かが分かる。
これもまたそれぞれ2~3個の期間に分割され星が組み合わさるので、その組み合わせによって結婚の時期や引っ越しの時期などを見たりする。

しかし各人の生まれつきのホロスコープによって、その星にも様々な意味が与えられる。
例えば土星は凶星なのだが、悪人として見ると、凶悪な悪人、おとなしい悪人、一見善人に見える悪人、また殺人をする悪人、盗みをする悪人、詐欺をする悪人、そしていい人になった悪人という風に、他からの影響でテイストが変わってくるわけだ。

このダシャーというので人生の大まかな流れが分かるのだが、検証してみると確実にこの切り替わり時期で生活の変化が起きている。
結婚や出産、転職や死別など生活や生き方や人生観さえ変わるような転機があり、概ねその星の切り替わりの時期にそれが起こる。
私も過去を検証してみたら驚くほどその通りだったので、やはり7~8割方は当たるのだと思っている。
誰でも人生の節目、変わり目というのは何度かあるが、多分インド占星術で見てみると前後2~3年で大きく外すことはないだろう。

サディサティという、ほぼ30年ごとに回ってくる厄年期間があってこれはかなり辛い。
土星が月の星座を通過する前後の7年半なのだが、特に月の星座にいる2年半は何かの試練やネガティブな事があるようだ。
日本の厄年と同じで、本人に来ることもあれば周りに行くこともある。
誰でも人生の中頃に一度はサディサティが回って来るので、その時は要注意だ。

この時期がダシャーの一番きつい土星期に来ると腹を括らねばならないが、どの星の時期に来るかは人それぞれだ。
中には人生の若く楽しい時代に悪い星周りの時期が来る人もいて、そういう人は過去のカルマのために今生は試練の人生を選んだと考えられる。

取り敢えずインド占星術の個人鑑定HPを作ってみたので、リンクしてみる。
只今モニターを募集しているので、興味のある人は是非そちらからメールを。笑

https://jyotish26.webnode.jp/


o0530046913321309405.png





子供騙しの政権

2019–08–02 (Fri) 16:52
参議院選が終わり、議席数を減らした自民党は山本太郎代表率いる「れいわ新選組」が時の話題になっているのに危機感を覚えたようだ。
韓国相手に徴用工問題の報復に輸出規制をして嫌韓派の機嫌を取ったが、今度はホワイト国指定を取り決すという閣議決定をした。
笑えるのが同時にホワイト国という名称を廃止しA国にするそうだ。
で韓国はホワイト国ではないからB国。

悪名高い安倍総理の幇間世耕経産相が発表していたが、どこまで日本は姑息なのだろうと思う。
都合が悪くなったら名前やルールを変えればいいと思っていて、反対派の目くらましにしただけだが子供じみている。
武器を防衛装備、武器輸出を防衛装備移転など今まで何度も国民が反応するものは名称変更する作戦を取ってきたが、今回も嫌韓派には強硬姿勢をアピール、反対派にはショック軽減と、まったく子供騙しにもほどがある。
こんなやり方が国際的には通るはずがない。

余程政権は追い詰められているのかもしれない。
北朝鮮がミサイルを打ってもゴルフをやめなかった安倍総理だから、もう北朝鮮の脅威を煽るわけにはいかず、代わりに韓国を敵国に仕立てて政権の求心力にしたいのだ。
内政から国民の目を逸らすには、仮想敵国を作り危機を煽るのが末期政権の常套手段だ。

韓国への半導体輸出禁止は関係企業に大打撃を与える。
韓国はもうサムスン始め日本に頼らなくていい方策を取っており、仮に今回の措置をやめても韓国は輸入しないと言い切っている。
10月に消費税が上がりこの輸出禁止で中小企業が打撃を受ければ、経済の冷え込みは計り知れない。
経済が命のアベノミクスが聞いてあきれる。

もう子供の意地のつっぱりでアメリカの仲介さえ蹴ったのだから、また大きな譲歩をしてアメリカの機嫌を取るということか。
武器の代わりに今度は在日米軍の維持費を5倍に増やせと言われているらしいし。

全てのツケは国民に来る。
今自分がやりたいことをやって政権を去ったら、後は知らないというのが安倍一派だ。
強きを助け弱気をくじく人品の低さ。
れいわ新撰組の二人の障碍者議員についても、税金を使うなとか自己責任だと自民党議員が発言している。
だったら自分達も税金で歳費を貰うな、国民の自己責任なら国民から税金を取るなと言いたい。

昨日新宿で山本太郎氏の街宣があった。
中継を聞いていたが、聴衆との質疑応答で精神障害の人の質問に答えていた。
「うつ病で障碍者年金をもらい親の世話になっている。国にも両親にも申し訳ない。」というのを聞いて山本氏が「人に迷惑をかけないで大きくなった人がこの世にいますか?」と答えていた。
「堂々と年金をもらってください。みんな生きる権利があるんです。」と。

因みに、昨日安倍総理の凄い形相がビデオで流れた。
彼の本性が垣間見られた一瞬だと思う。



82d40f13.jpg





山本太郎考・1

2019–07–22 (Mon) 15:11
参議院選挙が終わった。
改憲勢力は3分の2に届かなかったが、他党の議員へ金で物を言わせる買収がこれから始まるだろう。
安倍総理と自民党は勝利だと言っているが改憲勢力3分の2にも届かないのに「改憲の論議を進めて行けとの国民の声を貰った」と平然と言ってのけた。
総理は事実さえ自分の考えに合わせようとするからあきれる。

今回れいわ新選組が比例で二議席を獲得し、山本太郎代表は落選したが、彼自身は比例で史上最高の97万票を獲得した。
二位とダブルスコアに近い。
各地で日ごとに観衆が増える街宣も完全無視したテレビ局は、アリバイ作りに開票速報で一斉に取り上げたが、これまでメディアに無視され続けてもネットと草の根でここまで得票を伸ばしたのは称賛に値する。
昨日までに4億円の寄付を集めたそうだが、それは皆彼に賛同した市井の人々が、苦しい生活の中から1000円2000円を寄付した金額だ。
企業から利益誘導のために数千万単位で寄付を受ける政権与党とはお金の価値が違う。

私も2度ほど街宣を聞きに行ったが、消費税のからくりやいかに政権が利益誘導で企業や富裕層とウィンウィンの関係にあるか、そしてその犠牲になっているのが庶民だということを分かりやすく説明していた。
これを昨日某テレビ局の生中継で山本氏が言おうとしたら横で「CMCM」と慌てた声が入り、まさに悪事が露呈した瞬間だった。
マスメディアは政権の指令で都合の悪いことは放送しないし、得票率が低かったのも選挙の報道を最低限に抑えたからで、特に山本太郎氏など絶対に取り上げないようにしていた。

私は6年前から山本太郎氏を見ているが、今回の戦術は幾重にも練られた完璧な計画だったと思う。
比例の特定枠を重度障碍者二人に使い自らは3位になる。
現政権のコバンザメである公明党党首に反旗を翻した沖縄の学会員を同じ選挙区に立て、大々的に公明党の変質ぶりを創価学会員に説く。
現政権の勢力を削ぐには、公明党に打撃を与えるのが早いからだ。
党首は当選したが、ポスターから公明党の文字を消すほど危機感は凄まじく、今後は自民党ヨイショのスタンスは取りにくくなる。
二名が当選し2パーセントの得票率なられいわ新選組は政党要件を満たし、党首として山本氏は発言の機会を与えられる。
97万票を取って落選という悔しさは支援者のバネになり、今度の衆院選では物凄い反発力になるだろう。
当選しても落選しても、どちらでも目的が果たせるのは織り込み済みだったろう。

「生産性で人の価値を決めるな」「死にたくなるような社会を変えたい」という彼の叫びは閉塞感に苦しむ人々の心に突き刺さった。
街宣の場でも、ネットを見ただけでも、涙が止まらないというツイートを山ほど見かけた。
そして彼は重度障碍者二人を本当に国会に送り込んだ。

山本氏の街宣は横に必ず手話通訳者がボランティアで通訳していた。
こんな候補者は今までにない。
それを見て私は彼が本気で言っていることを実践していると思った。

二人の重度障碍者が昨日国会議員になったが、今日それを取り上げるマスコミは殆どない。
立候補した時点でロイターが世界に発信していたのに、これが実現しても迷惑がるか山本氏をネガキャンする人さえいる。
日本はどうしてこんな心が貧しい国になってしまったのか。
寝たきりの難病患者と重度障碍者が二人も国会議員になったことこそ、日本は世界に誇るべきことなのに。

https://withnews.jp/article/f0190720002qq000000000000000W0by10101qq000019493A

画像20024



スピリチュアルから政治を見る

2019–07–14 (Sun) 15:00
スピリチュアルを探求していて、いつも矛盾を感じることがある。
スピリチュアリストと言っても様々で、人間としての器量や魂の格もあれば繋がる先も上下左右全方位あるので、それによって相違が出るのは当たり前だ。
ただ、ニューエイジスピリチュアル的な愛や癒しを説くならそれに沿った人間社会を目指さなければならないわけだし、徳や因果など仏教的な思想をベースにする霊能者なども、人の道を教えるのだから社会の営みのあるべき姿は違わないと思う。

私は毎日いくつか参考になるスピブログを読んでいるが、それは共通項があったり見識が広がるからだ。
しかし時として激しい戸惑いを覚えるのは、政治的な解釈や見解を見る時だ。

勿論大半のスピ人間は仕事に差し支えるし思想信条、ましてや政治の話はご法度なのはわかる。
中には楽観的とか、ジャッジしないので社会がどうなろうが宇宙の法則という無関心派もいるが、こういう人達は自分は現状困っていないしこの先も困らないだろうという人達だ。
生活のためにスピの仕事をしている人達は、どうしたら稼げるかなのである意味正直で、自分の利となる事しか言わない。
時には「今だけ金だけ自分だけ」というスタンスにもなるだろう。

しかし現実的な問題は置いておくとして、政治的な観点がスピ的主張とどうしても一致しない人達がスピリチュアル界には少なからずいいる。
私的な感想になるが、ずっとブログを読んできてなるほどと共感したり感心したりするブログ主が、いきなり嫌韓のヘイトのような主張を載せているのに驚いたりする。
徴用工問題で嫌がらせの輸出規制をした現政権を「やっとやってくれた、韓国ふざけるな」的な趣旨のことを書いていたり、経済戦争上等的なことまで言っていたのでドン引きしてしまった。

また、以前も書いたがカリスマのようなスピブログの管理人は、安倍総理マンセーで中国が攻めてくるから戦う準備が必要と何度も言及している。
かたや全く反対に、今の日本の行く末を危惧して政権批判をするスピブログも少ないがあって、最近も参議院選ではっきり山本氏支持を表明したブログ主もいた。

ここで思うのがスピの主張や考え方はほとんど同じなのに、何故政治に関しては正反対なのかということだ。
多分考えられるのは繋がる先が反対勢力で、もっと言えば宇宙戦争をした敵味方とかそのあたりまでルーツは遡るのだろうか。
人類を救済するための宗教や信仰であっても宗教戦争で敵対してきたことを考えれば、個々のスピ人間の政治的考え方も繋がる先の違いで分かれるのかもしれない。
安倍政権を支持するスピ人間は、安倍真理教が繋がる背後の存在の流れを汲んでいると考えれば理解できる。

人の道や生き方を説くスピ人間やいわゆるライトワーカーも理想とする社会や国の姿は違うのだと、何とも割り切れない思いを抱いている。


947b1320720d5b5c6fda2fc93766caa9_s.jpg






夫婦のエネルギー交換

2019–06–27 (Thu) 14:31
先日たまたま介護士をしている人と話す機会があった。
30代の男性で訪問介護の事業所の中間管理職をしているそうだが、もちろんご自身も現場に出ているそうだ。

福祉のシステムも聞いたが、介護士が薄給というのは事業者が国の補助金の使い道を曖昧にするために作ったイメージだと言っていた。
かなり潤沢な援助金が国から出ているが、それを介護士の給料に還元することもできるそうで、彼の事業所はその方針なのでそこそこの給料をもらっているとのこと。
何処でも中間でお金を抜いて儲けているような悪徳会社や事業者はいるのだと思ってしまった。

彼はどんな現場の仕事も大丈夫で天職だと思うと言っていたが、確かに強いエネルギーを持っていて、多少のネガティブエネルギーを受けても撥ね返すか自然に落としてしまうような感じだった。
ひょんなことから彼の家庭の話になって、奥さんも介護士だが最近体がきつく喘息と腰のヘルニアになって寝てばかりいるということだった。
よく聞くと結構スピリチュアル的な人で、以前から寝ないと体がもたなかったが最近は特にひどくなって眠ってばかりいるそうだ。

夫婦で調子が悪くなる時期も同じだが奥さんの方がひどくなっていると聞いて、ああ、なるほどと思ってしまった。
彼女はスピリチュアル体質で邪気を受けやすいので、眠ることによって邪気を落としているのだが最近はそれが追いつかない状態のようだ。
仕事で必ずネガティブエネルギーを受けるのだが、夫である彼の分まで引き受けているように思ったので詳しく話を聞いたところ、彼も思い当たることがいくつかあると言う。

「ソウルメイトで何度も一緒であなたを守って肩代わりしてくれていることがあるみたいよ」、と伝えると、スピ系ではない彼も結婚の不思議ないきさつやこれまでのことを考えて完全に腑に落ちたらしい。
彼が介護の現場で憑けてくる邪気やマイナスエネルギーまで彼女は貰い、ひたすら寝ることによって浄化していたようだ。
しかしもうこれ以上やったら体を壊すので、現場はやめた方がいいという上の警告だろう。
腰のヘルニアがひどくなったのもそのせいかもと伝えたら、彼も周りももうこの仕事は無理だと思っていたと言った。

奥さんの写真を見せてくれたが、華奢で精霊系の人だった。
ガタイが良くてエネルギーの大きい彼をふんわりと守っているガイドのような感じだったが、あまりにもエネルギーの大きさが違うので彼女は大変だったろうと思った。

仲の良い夫婦でもエネルギーの大きさが違うと一方はそれを受けきれない場合がある。
対等のエネルギー交換が出来ればいいが、片方が受ける一方になってしまうと弱ってしまう。
いいエネルギーだけでなくマイナスエネルギーも貰ってしまうからだ。

途中からスピリチュアルカウンセリング状態になってしまったが、彼が最後に「言われたことは全てその通りだった」と得心してくれたので、私も思わぬ展開だったが何となくホッと出来た。
「奥さんはあなたの憑けてきたものまで引き受けてくれていたのだから、とにかく寝かせて休ませてあげて。赤い糸の相手なのだから大事にしてね。」
と言うと「今日の気持ちをまず伝えます」、と答えて帰っていった。

恋人や夫婦というのは単なる愛情や相性だけではなく、エネルギーのあり方や大きさによっても関係性が決まる。
もし好きなのにうまく回らなかったりずれが起こったら、お互いのエネルギーを知ってみると違う側面が見えたりするのではないか。


200731_400503600044393_1385435071_n - コピー




 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR