邪気がつく

2019–06–11 (Tue) 16:55
スピリチュアル世界で、見えないものの実態はエネルギーだと考えるとわかりやすい。
霊魂も幽霊も思念も邪気もオーラも、皆ざっくり言えばエネルギーだ。
それぞれの違いがあって、それは波動と言われたり周波数と言われたりもする。

神仏のような大きくパワーの強いエネルギーもあれば、個人が感じる好き嫌いの念や思いもエネルギーとなって放たれる。
神社へ行って清々しい気持ちになったり何故か涙が出てくるのは、神気という場のエネルギーに触れたからだし、裏路地のごみごみした所で不快になるのはそこに溜まった邪鬼や負のエネルギーを感じるからだ。
地縛霊や悪霊などの固有のエネルギー体もいるが、人の落としていったネガティブエネルギーが溜まり淀んでいる場合もある。

そしてエネルギーは付いたり留まったりする。
普通は邪気の存在など信じないだろうが、例えば嫌な思いや辛い思いをした時に着ていた服をまた着たいと思うだろうか。
嫌いな人の服を貰っても、なかなか着る気にはならないはずだ。
それは本能的にそこに残っているその時の残留エネルギーを拒否しているからなのだ。

服に限らず物にも体にもエネルギーは付くので、もしあまりよくない場所や人に会った時は帰ってきたら手を洗いうがいをするか、早くシャワーや入浴で髪や体を洗い流した方がいい。
そして着ていた服は必ず洗濯をすることだ。

エネルギーに敏感な人は座る場所さえ気にする。
電車の優先席やカフェでも何となく嫌な席などは避ける。
何故ならそこに座った人たちの負のエネルギーが残っているからだ。

私はスピリチュアルを深く知るまでは頓着しない方だったが、ある時全身のアロママッサージをしてもらったことがあった。
ところが、翌日半端ではない腰痛に見舞われた。
しばらく治らなくて整形外科で検査をしたほどだったが今なら理由が分かる。
そこにはいわくのあるマッサージ室でそこで施術を受けたので、マッサージ台もそうだしセラピスト自身も何かしら深刻な邪気を貰ってそれを次に回していたのかもしれない。

最近はスピ的視点から見るようになったので、今なら理由の判らなかったことが解明できる。
自分が知らずに感じて実行していたことは、皆スピ的に意味のあったのだと。
昔から人と手を繋ぐのや体に触れられるのは嫌だったが、それも相手のエネルギーを貰うのを防御していたせいなのだろう。

エネルギーは気とも言えるが、気は指の先から一番出ていく。
だから昔から人を指差すなと言われる。
気が相手に飛ぶからだ。
マッサージなどは敏感な人は気を付けた方がいいと思う。
相手によってはいい気を貰い良くなることもあるが、逆にネガティブな気を貰ってかえって悪くなることもあるからだ。

そんなことをいちいち気にしていたら生活できないし生きていけないが、これだけは言える。
何となく着たくない服や身に付けたくないものはよした方がいいし、直観的に嫌だと思う場所や人はなるべく避けた方がいい。
それは自分のセンサーが良くないエネルギーに反応しているからだ。



DSC_0219.jpg






苦手な人の対処法

2019–06–02 (Sun) 15:10
誰でも苦手な人や嫌いな人はいる。
一目見ただけでも何となく嫌な感じの人もいるし、話してみると反りが合わないと思う人もいる。

生理的に嫌だと思う人はまずの問題と思ってもいい。
波動が違う、ステージが違う、過去生で敵対関係や先祖の仇、はたまた出身星が宇宙戦争をした相手の星の人だった場合だってある。
人間として生きる過程で培われた思想信条、考え方、人生観などは違っても仕方がないが、それは物理的な問題ともいえるので努力次第で折り合いはつけられる。
しかし、本能的に相容れないと思う人はやはりこの世以外のところに問題があると思うしかない。

では、そういう人とどう接したり身を守ったらよいか。
これはメンタル面とスピリチュアル的側面から考えなければならない。
の問題となると如何ともしがたいが、仕事で逃げるわけにもいかない場合もあるだろう。
その場限りや接する回数が少ない場合は必要最低限しか近づかない、喋らない、特に相手と目を合わせない方がよい。
相手のオーラやエネルギーを極力避けるためだ。
目を合わせると相手と一瞬でも気脈が繋がってしまうことになる。
嫌いな人とは目を合わせたくないというのは、そういう本能が働いているから理にかなったことだ。

スピリチュアル的には波動を受けて何かネガティブな邪気を貰ってしまう可能性があるので、身を守るものを身に着けるのも効果がある。
一番いいのは魔除けの効能が強いパワーストーンブレスレットを左手に付ける。
あとは好きな神社のお守り、護符、粗塩、小さい鋏などもあるが、霊能者や占い師、ヒーラーなど人の邪気を受ける人は皆何かしら付けている。
鋏やカミソリを常に持ち歩いている人もいる。

しかし、どうしても仕事仲間のように常に接触を持たなければならない人は、思い切って発想を転換するのも一つの方法だ。
人を変えようと思ったら自分が変わるしかない。
嫌だと思っていたら必ず波動は伝わり相手も同じように思う。
苦手でも笑って挨拶するとか違う態度で接してみれば、案外相手も変わってくれたりする。
不思議に自分が苦手意識をクリアできれば、相手の方がいなくなることがよくある。

もう一つ、鏡の法則というのがあって、嫌な相手は自分も持っている嫌な部分をそこに見ているから、尚更嫌になるというものだ。
つまり同じ波動を持っているから引き寄せ合うのだ。
自身の同じ部分を認めて直すようにすれば、ステージが上がり波動が変わるので周りの人間関係も変わっていく。

不倶戴天の敵と思っても、実は過去生のカルマ解消で今世で巡り逢ったのかもしれない。
判っていてもなかなか実践するのは難しいことだが、苦手だと思う人も頭から拒絶せず、もしかしたら何か課題があるのかもしれないと考えてみてもいいのではないか。

他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる。


DSC_0532.jpg





香りと過去生

2019–05–11 (Sat) 16:29
私はスピリチュアルに覚醒してから特に香水が好きになった。
考えれば若い頃から好きだったのだが、香りのスピリチュアル的意味を知るようになってからは、外出の時は必ずパワーストーンと香水はつけている。
特にスピリチュアル関係の場所に行く場合は、パワーストンブレスレット、マニュキュア、指輪、ネックレス、バッチリ化粧に香水と、完璧に魔除け武装だ。笑
それでも邪気をお持ち帰りの時もあるから、そうなれば本人自身の意識の問題かもしれないが。

香水はずっと好きだったが最近好きな香りがあるのに気付き、その周辺を過去から遡って検証したことがある。
「マグノリア」の香りが好きなのだが、これは最初に若かりし頃持っていた香水で何故か匂いが印象に残っていた。
どうして手元に来たのかは忘れたが、今でも香水のボトルの映像を覚えている。

数年前も突然マグノリアの香水が欲しくなり、探していたところラッキーにもプレゼントされて大事に使っていた。
ここぞという時の「勝負香水(笑)」にしていたが、そのマグノリアに拘る理由がある時セルフヒプノをしていて分かったのだった。
それは私の過去生がマグノリアに幸せな思い出を持っていたからで、その記憶を今のも覚えていたらしい。
今世で私の後ろにいるガイドとも関係があって、その理由を紐解いていくとなるほどと思えたものだ。

が過去生から持ち越すものはカルマやネガティブな記憶の方が多いが、時には楽しかったことや幸せだったことも持って来るらしい。
どうしても好きな物や行ってみたい所、うきうきすることなど、きっとがかつて経験していた良い思い出なのだろう。
もし、そんなもの、そんな場所があれば、是非試してみた方がいい。
そして嬉しい気持ちになったり幸せを感じたりしたら、それは今のガイドが元気づけてくれているのだと思う。
「楽しい時、幸せな時があったのだよ、思い出してごらん」と。

マグノリアは私にとってそういう意味を持つ香水だと確信したのは、昨日お土産に貰った香水がマグノリアの香りがしたからだ。
ボンド・ナンバー9というニューヨークの香水メーカーの 「マディソン アベニュー」というお洒落な香水なのだが、香りをかいだ瞬間マグノリアだと思った。
買ってきた御当人も知らなかったようで、成分を調べたらやはりマグノリアがミドルノードに入っていたのにはびっくりだった。
これはシンクロに違いない。

最近は低空飛行気味だったので、元気を出してと後ろのガイドが励ましてくれたのかもしれない。
なんだか嬉しくなって今日の目覚めはとてもよかった。笑

疲れている時、辛い時は我慢せずに、好きなものを買ったりしたい事をしたり行きたい所に行ってみるのがいい。
特にどうしても拘りのあるものは、きっと過去生からが馴染んでいるものだ。

小さい頃から思い返して「なぜか○○が好きだった」と思い当たることがあったら、それを大事にするとは喜ぶだろう。


sayumi.jpg img_4.jpg






魔除けと邪気払い

2019–04–27 (Sat) 15:56
魔除け邪気払いといえばスピリチュアル好きはすぐ幾つか思い付くのではないだろうか。
邪気は単に人のネガティブな念のことですぐに落ちるが、憑依霊や悪霊のように強いエネルギーになると「気」が「鬼」に変わり邪鬼になる。

魔除けは邪鬼を寄せ付けないためのもので、邪気払いは憑いた邪気を落とすことだ。
どうしても自分で取れない邪鬼や魔は然るべきところでお祓いや除霊をしてもらうしかないが、普通はそこまでいかないし、日常的に意識しなくても受けたり落ちたりしている。

ことさら意識しない方がいいのだが、それに敏感な人はスピリチュアルの門を叩いてマニュアルを学ぶしかない。
霊感があったりエンパスは常にコードが繋がっているから、人より受けやすいので自衛は必要だ。

このブログでも何回か書いているが、魔除けは自分に合ったものがいいだろう。
お洒落のための香水やマニュキュア、光るアクセサリーなども魔除けの意味合いがあるし、パワーストーン、神社やお寺のお守りなどは効果がある。

人によっては常に粗塩や小さい鋏、刃物を持ち歩いている人もいる。
個人でこれは魔除けグッズと念を込めれば一層魔除けのパワーが入るかもしれない。
陰陽師の書いた式神や護符なども魔除け効果はある。
よくパワーストーンブレスレットが切れたり式神が破れていたというのは、魔を除けてくれたくれた証拠だ。

貰ってしまった邪鬼を落とす邪気払については、一番簡単なのは眠ることだ。
どこかの場所や人と会ってひどく疲れたり眠くなった時は、ネガティブエネルギーを貰っているからさっさと寝てしまうのがいい。
部屋が嫌な感じがしたら柏手を打つだけでも効果はあるし、植物を置いたりお香やアロマの香りも邪気払いに効果がある。
乗られてしまったと思った時は塩風呂や酒風呂が効果的だ。
塩は何にでも効く万能の邪気払いで、お通夜や葬儀へ行った時は戻って家に入る前に塩を振りかけるのもそういう意味だ。

一番いいのは気にしないことで、意識してしまうとかえって波長が合って引き寄せる場合がある。
見えない世界など信じない人や冷たかったり強すぎたりする人は、弾いてしまうので寄せ付けない。
我欲の強い人などは自分の飛ばすエネルギーが貰うエネルギーより強いので、嫌われたり恨まれても撥ね退けてしまうようだ。

魔除けや邪気払いの方法は様々あるが、自分に合った方法というのを見つけるのがいいだろう。
危ない人に会ったり場所に行ったりする場合は、ここぞという時に使う強力な魔除けグッズを用意しておいた方がいいかもしれない。
私もそういう時のために、数あるパワーストーンブレスレットでも最強の魔除けの石だけで組んだブレスを持っている。

あとは後ろの守護へのお願いと、自分自身をプロテクトする気合が最強の魔除けとなるだろう。



79c17793d9f4747cb819e29cbe33e697_s.jpg





魔除けの香り

2019–04–15 (Mon) 16:47
最近アロマを始めてみた。
部屋にアロマオイルのディフューザーを置いただけなのだが、いい芳香で気持ちが落ち着く。

香りはスピリチュアルとは切っても切り離せない。
霊臭というのがあって、神仏や霊は香りで知らせることがある。
高い神仏や高級霊ほどいい香りで知らせてくれるし、低次の霊や悪霊になるほど嫌な臭いがする。

よく言われるのは、どぶ臭かったり生ごみの臭いは良くない霊ということだ。
実際浮遊霊や地縛霊のいそうなゴミゴミした湿った場所はそんな臭いがする。
だから悪霊が来るのか悪霊が集まるからそんな匂いが強くなるのか、とにかく相乗効果だろう。
因みにシャワーも浴びず体が臭くなるような状況になると、悪い霊も臭いで引き寄せられるので、体も服も常に清潔にしていた方がいい。
同じ波動の物は必ず引き寄せ合うからだ。

反対にいい香りは魔除けにもなる。
お香や香油は古来から神事にも使われたし、実際魔除けとして使われているハーブもある。
西洋ではセージやローズマリーは魔除けとして家に置かれていたし、インドや日本でお香として焚かれている白檀も魔除けの力がある。

昔から西洋では精油は医療用としても使われていたので、アロマテラピーは統合医療の一つとしても考えられる。
事実今でもヨーロッパでは医療の場でメディカルアロマテラピーを取り入れているし、日本もそういう流れが出来つつあるようだ。
こう考えると香りとはかなり奥が深く多岐にわたる効用がある。

以前魂のリーディングをしてもらった時、私は香りを常に身の回りに置いた方がいいと言われた。
今回アロマオイルとディフューザーを買って香りを吸った時に、はっとそれを思い出した。
そしてバラの香りがいいと言われたのだが、最初に使ったオイルはローズゼラニウムだった。
本物のバラではないが、バラの香りがすることからローズゼラニウムと名付けられたものだ。

思わずこれはシンクロかも?と思ってしまった。
本物のバラのオイルは高価なので、ローズゼラニウムや最強の魔除けであるローズマリーを使うことにしよう。
因みにローズマリーは脳の活性化にもいいそうだから、私にはぴったりかもしれない。笑



3f4a76763e111c6c2c17d3cf13be87c3_s.jpg





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR