親子の因業

2019–06–10 (Mon) 15:01
最近、元官僚が息子の反社会的行動を危惧し、殺害してしまった事件の記事を書いた。
かたやまた2歳児の虐待死があった。
親子関係というのはにとって最大の修行であり、カルマの清算の場だと思わずにはいられない。

肉親はソウルメイトで何度も転生を繰り返し助け合い愛情というものを学ぶ関係もあれば、過去生で敵対しひょっとしたら殺し合ったかもしれない因縁の相手の場合もある。
後者の場合は親子で生まれるぐらいだから、お互い過去生で何度もを積みその続きで今生も親子という逃げられない関係で生まれたのだろうか。

悲劇に終わる親子は、実はカルマの清算や因を断ち切るためにそこまでする必要があったのかもしれない。
様々なケースが考えられるが、生煮えのまま終わるより完全に負の連鎖を断ち切るためには徹底的にやるしかなかったのか。

的には、子供は親を選んで生まれてくるとスピリチュアルでは言われる。
極端な言い方だが、虐待死する子のは予めそのブループリントで来ていて、親より霊格が高い場合も多い。
虐待死することによって、親のを成長させるために来ただとも言える。
現実的には痛ましくてとてもそんな理屈が通らないのは百も承知だが、こんな極端な例は別にしても普通の親子関係でも不肖の子供、毒親は程度の差こそあれかなりの割合でいると思う。

家族は仲良く愛情で結ばれるという神話のせいで、それに縛られ苦しんでいる親も子供も見えないだけで大勢いる。
うまく行かない親子は、の本来の役割とは別に人間としての社会的常識や道徳観で、親子関係はこうあるべきという強迫観念に葛藤し苦しむ。
しかし、もし魂同士が因の相手なら、お互いカルマを清算する必要がある。
因縁を来世に持ち越さないためには、今回限りで因果関係を断ち切るという覚悟が必要だろう。
虐待や殺人は論外だが、大人になっても家族の不仲を悩む人は、違う角度から関係を見直してみてもいいと思う。

家族だから親子だから兄弟姉妹だからという既成概念で、自分を縛り付けるのはやめた方がいい。
もし母性や父性、親子愛や兄弟愛を知るのが今回の魂の目的なら、疑いなく愛を感じるだろう。
しかし「肉親だから愛して当然だ、そう感じられない自分は異常だ」と思うのは間違いだ。
それは今回は親子愛を知るためではなく、親子という関係でしかできない違う何かのためだからだ。

家族になった本来の魂の目的は様々だ。
だから今生でそれが達成できたかどうかが一番大切なのではないだろうか。



da3dab641ca5871e67ffbf064f627728_s.jpg





元次官息子殺害事件

2019–06–04 (Tue) 16:32
川崎の小学生殺傷事件に続いて東京練馬では元農水省事務次官が44歳の息子を殺害した。
いずれも共通するのは加害者も被害者も引きこもりの中年男性ということだ。

どちらも調べていくと発達障害的部分を持っていてそれゆえ学校でいじめられたり、長じても社会不適応で社会生活から落伍してしまったようだ。
後者はエリ-ト官僚だった父親が、そんな息子が社会の加害者になることを危惧しての結果だったようだが、何ともやりきれない事件だ。

息子は44歳無職でドラクエの有名なゲーマーで、ツイッターのアカウントはゲームの名前だが、自分自身のことも暴露している。
読んでいけば普通の感覚の持ち主でないのは判る。
父親の威光を嵩に特権階級を自慢しているが、母親に対しては異様な憎悪を吐露している。

単なる44歳の中年男として見るから異常に感じるが、彼はアスペルガ―症候群で統合失調症の診断も受けている。
川崎の犯人もそうだが、この二人は発達障害という共通の部分を持ちそのせいで社会に馴染めずトラブルを起こし、無職や引きこもりになったという同じ経緯のようだ。

犯罪者を調査すると発達障害や精神病質の割合が高い。
切れやすい、暴力をふるう、良心の欠如など、アスペルガーやサイコパスの特徴だ。
勿論アインシュタインやエジソンもADHDだったそうだから、突出した部分は人類の福音にもなるし厄災にもなる。

スピリチュアル的にはは人生のブループリントを持って来るから、殺人でさえ何かの予定調和と言えなくもないが、現実問題としては悲惨で本人達のカルマと片付けるには忍びない。

息子を殺した元事務次官はエリート官僚で、問題のある息子のことなどおくびにも出さず出世階段を駆け上がった。
池袋で数人を殺傷する自動車事故を起こしたエリート官僚の老人はいまだに免許取り上げだけで逮捕もされていないが、さすがに国家権力も殺人までは揉み消せなかったようだ。

二人ともエリート官僚だが、この二人には違いがある。
一人は事故を起こしてもまず自分の身元を消して権力を頼り保身に走った。
もう一人は自分の息子が川崎殺傷事件のように社会に迷惑をかける前に、覚悟を決めて自らの手で責任を取った。
後者の上級国民の方が、ある意味まだ人間としての良心を持っていたような気がする。

殺されたゲーマーの息子のツイッターが消されず、今でも閲覧可能になっている。
最後のツィートは殺される3時間前で、「誰も一人では生きられない」というような予言めいたことを残していた。
崇拝する父親の手でリセットされたことが、何ともの宿命を感じてしまう。



796aac2c099e8da9ea9f672901d7fa4e_s.jpg





苦手な人の対処法

2019–06–02 (Sun) 15:10
誰でも苦手な人や嫌いな人はいる。
一目見ただけでも何となく嫌な感じの人もいるし、話してみると反りが合わないと思う人もいる。

生理的に嫌だと思う人はまずの問題と思ってもいい。
波動が違う、ステージが違う、過去生で敵対関係や先祖の仇、はたまた出身星が宇宙戦争をした相手の星の人だった場合だってある。
人間として生きる過程で培われた思想信条、考え方、人生観などは違っても仕方がないが、それは物理的な問題ともいえるので努力次第で折り合いはつけられる。
しかし、本能的に相容れないと思う人はやはりこの世以外のところに問題があると思うしかない。

では、そういう人とどう接したり身を守ったらよいか。
これはメンタル面とスピリチュアル的側面から考えなければならない。
の問題となると如何ともしがたいが、仕事で逃げるわけにもいかない場合もあるだろう。
その場限りや接する回数が少ない場合は必要最低限しか近づかない、喋らない、特に相手と目を合わせない方がよい。
相手のオーラやエネルギーを極力避けるためだ。
目を合わせると相手と一瞬でも気脈が繋がってしまうことになる。
嫌いな人とは目を合わせたくないというのは、そういう本能が働いているから理にかなったことだ。

スピリチュアル的には波動を受けて何かネガティブな邪気を貰ってしまう可能性があるので、身を守るものを身に着けるのも効果がある。
一番いいのは魔除けの効能が強いパワーストーンブレスレットを左手に付ける。
あとは好きな神社のお守り、護符、粗塩、小さい鋏などもあるが、霊能者や占い師、ヒーラーなど人の邪気を受ける人は皆何かしら付けている。
鋏やカミソリを常に持ち歩いている人もいる。

しかし、どうしても仕事仲間のように常に接触を持たなければならない人は、思い切って発想を転換するのも一つの方法だ。
人を変えようと思ったら自分が変わるしかない。
嫌だと思っていたら必ず波動は伝わり相手も同じように思う。
苦手でも笑って挨拶するとか違う態度で接してみれば、案外相手も変わってくれたりする。
不思議に自分が苦手意識をクリアできれば、相手の方がいなくなることがよくある。

もう一つ、鏡の法則というのがあって、嫌な相手は自分も持っている嫌な部分をそこに見ているから、尚更嫌になるというものだ。
つまり同じ波動を持っているから引き寄せ合うのだ。
自身の同じ部分を認めて直すようにすれば、ステージが上がり波動が変わるので周りの人間関係も変わっていく。

不倶戴天の敵と思っても、実は過去生のカルマ解消で今世で巡り逢ったのかもしれない。
判っていてもなかなか実践するのは難しいことだが、苦手だと思う人も頭から拒絶せず、もしかしたら何か課題があるのかもしれないと考えてみてもいいのではないか。

他人と過去は変えられないが、自分と未来は変えられる。


DSC_0532.jpg





登戸殺傷事件

2019–05–28 (Tue) 16:58
今朝、川崎市登戸で19人の殺傷事件が起きた、
50代の男性がスクールバスを待つ小学生に刃物で切り付け、保護者の男性と小6の女児が亡くなった。
最後に犯人も自殺をしたが、なんとも痛ましい事件で言葉もない。

このような無差別殺人は過去何度か起きている。
池田小学校事件、秋葉原事件、養護施設やまゆり園事件。
いずれも犯人は捕まっているが、今回は自害したのでそこまで計画的だったと思われる。

被害に遭われた人達には何の罪もないのに、現実世界ではしばしば不条理な出来事が起こる。
本人には全く責任がないのに、災害や事件事故に巻き込まれ落命したり人生が変わる。
犯人が悪いのは言うまでもないが、何故私が?なぜ家族が?と思うだろう。
スピリチュアル的にはいくつか説明できるかもしれないが、そんなことは何の慰めにもならない。

ただ、場所が「登戸」というのを聞いて、私は「ああ、あの登戸か。」と思った。
ここからは私の勝手な妄想ワールドなのでスルーしてもらっていいが、日本各地にはいわくつきの場所が多くある。
古戦場や刑場、激しい殺戮のあった特定の場所があるし、また一定の地域などある程度広い範囲でも負の歴史があると怨念や怨霊が溜まりやすくなる。

登戸は旧日本帝国陸軍の兵器研究所があった。
広大な敷地に一時は1000人も働いていたという戦争のための研究所で、のちに中国で凄惨な人体実験をした731部隊もここの分隊だ。
生物兵器を作るためペストなどの細菌や毒薬を研究、それを詰めて風船爆弾を作りアメリカまで飛ばしたりした。
敗戦で戦争犯罪を逃れるため全ての資料を破棄してしまったが、どんな極悪非道な事が行われていたかは想像に難くない。

戦後明治大学の資料館となっているが、登戸はそういう闇の部分を過去に秘めた土地だ。
以前引っ越そうと思って実は登戸も調べたことがあったが、やはり名前を聞いただけで腰が引けた記憶がある。

一見不条理に見える災害や事件事故は、宿命や運命というの領域から見るしかないのかもしれない。
折しもトランプ大統領が訪日し安倍総理が彼を嬉々として軍艦に案内する時間に、日本が戦争の狂気を具現化した場所で事件が起きた。
何とも皮肉な感じがする。

被害者の方々に心からお見舞いを申し上げたい。



12a45938bcb427bb426157f8e4315f97_s.jpg





誰でも霊能者

2019–05–25 (Sat) 16:06
色々な人と話していると、自覚はなくても皆スピリチュアル的な力は持っていると思うことがある。
スピ能力というと幽霊が見えたり霊視が出来たり見えないものが見える、判るというたいそうな力を想像するが、実は第六感や直観、悪い予感や閃きもそうだ。
これらは大抵ハイヤーセルフ守護霊ガイド達の報せだ。

先日、半年前に大きな手術をして今も治療中の人と偶然話す機会があった。
本人はスピ能力などないと言っていたが、話を聞いていくとかなり予感や直観が鋭い人だった。
病気の原因もわかって危ないと思っていたが先延ばしにしていた事、ギリギリのところで病気が分かりまだ死なないと直感的に感じたことなど、自分の予想通りになっていたと言っていた。
大病は警告でありメスを入れることはカルマ落とし、一つの過去生が死んでいる歳で人生のリセットになると話したら、かなり納得していた。

これまでも、物事のこれからの推移が分かったり大抵のことは予想がついたそうだ。
ただその人はそれがスピリチュアル能力だとは思っていなかったらしい。
話の流れから過去生やカルマやソウルグループなどのディープな話になった。
最後にその人が言ったことは「話している内容は今まで一切知らないことだったが、ほとんど理解できたし腑に落ちた。」ということだ。
自分は人よりそんな力が強いということを知って、目から鱗が落ちたようだった。
「これからスピリチュアルの世界に目覚めるかも?」と冗談半分で言ったが、やはり死に直面すると人間はの存在を自覚するようだ。

誰でもスピ能力は持っていても、それを自覚していないことがままある。
自分の感覚を人と比べることはないし、スピリチュアルを知らなければそれも力の一つだと気が付かないだけだ。
スピリチュアル能力は、何も幽霊が見えたり未来が見えることだけではない。
実生活の中で皆知らずに使っていることがある。

私の友人には販売員をやっていた時に、朝お店へ行く前にお客が来るか来ないか、売り上げが上がるか否かが分かったという人がいる。
お客がたくさん来る日は早く行き、来ないと判る日はゆっくり出勤したそうだ。

人は守護霊の報せ、神仏の加護、前世のカルマ、因縁や業など、良いも悪いもの世界の影響を受けながら生きている。
それを何かの折に気が付くか、あるいはそういう角度から見るようになって、人生の謎が解ける場合があるということだ。

上記の手術をした人が、あと5年は生きると言っていた。
これまでの人生で思ったことは殆ど現実になったからと。
決めたら多分生きられるだろうが逆にその通りになるので、5年を10年にするか、あるいは時間を限らない方がいいとアドバイスした。
スピリチュアルのことを勉強してみたいと言っていたから、それを知れば生きていく上で絶対に役に立つからと力説せずにはいられなかった。

誰でも気が付かないがスピ能力はあるし使っている。
そういう視点から見直してみると、思い当たることが大なり小なりあるはずだ。
それを受け入れ注意を払うと、もっともっと繋がっていくのではないだろうか。


1194e5ef8c05c5f3aa378994886e0d68_s.jpg





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR