闘争本能

2020–01–11 (Sat) 20:37
アメリカイラン危機はどうやら回避できたようだ。
全世界がほっとしているだろうが、中にはちょっとがっかりした人もいるような気がする。
人間には動物のように闘争本能の強い人がいる。
金儲けを企む支配層でなくとも、普通の人々の中にも「やってしまえ」と思った人はいただろう。

火事や台風でワクワクする人がいる。
特に火事などで集まるやじ馬は、かなりこの傾向が強い。
不謹慎だが、自分が巻き込まれない限りは高見の見物が好きなのが人間だ。

古代ローマやギリシャ時代に奴隷同士を格闘させたり猛獣と戦わせたりして、それを貴族たちは娯楽として見ていた。
格闘技がスポーツとして残っているのは、人間の闘争本能の証明だろうし、今でもボクシングやプロレスのファンは多い。
格闘技ではなくてもスポーツで競うということは、相手を打ち負かすということであり、これはスポーツという名を借りた戦いで、闘争本能がなければできない。

悲しいかな戦争は人間のこの闘争本能があるから起こる所業だと思う。
普通の人でもすぐ手の出る人や喧嘩っ早い人と、理性的に頭を使って解決しようとする人がいるが、これはその人間ののルーツがどこにあるかでも分けられるように思う。

元が狩猟民族か農耕民族かでも違うし、もっと言えば宇宙から来たとして出身星の特性によるものかもしれない。
好戦的な民族や国はやはりそういうが多い。
日本人は農耕民族で大人しいが、この傾向は戦争になると戦いが好きというよりも精神性でのめり込んで行くような気がする。

本能ではなく国を守るとか家族を守るとか天皇の為とか、自分の外に何か理由をつけて戦うという特性があるのではないだろうか。
だから特攻隊など死ぬのが分かっているのに、敢えて「~のために」という大義名分を付け美化して送り出した。
他の国では戦争でもそんな理由は通用しない。
闘争本能がモチベーションになって戦う民族と、本能ではなくマインドで戦う民族の違いがあると思う。
イスラム教の自爆テロなどは、特攻隊と同じシステムでなされていると考えられる。

人間に闘争本能がある限り、世界から戦争が無くならないのは残念ながら事実だろう。
そこにもっともらしい理由をすり込み洗脳すると、もはや普通の人間さえ戦うロボットになってしまうのが戦争だ。


DSC_0243.jpg





深淵をのぞく時

2019–10–08 (Tue) 14:47
「深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ」
これは19世紀のドイツの哲学者、ニーチェの言葉だ。
『善悪の彼岸』という著書の中で書かれている言葉だが、正確な文章は

「怪物と戦う者は、その過程で自分自身も怪物になることのないように気をつけなくてはならない。
深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ。」

というもので、平たく言うとミイラ取りがミイラになる、というような意味だ。

今朝この言葉を不意に思い出したのだが、これはスピリチュアル業界にぴったり当てはまると思う。
本業ではないにしてもスピリチュアルリ-ディングをやっていると、人間の闇を見る時が多い。
まさしく深淵を覗くという感覚だ。

占い師も霊能者もスピリチュアルリーダーも、逆に深淵からこちらを覗かれメンタルを病んだり闇落ちしたりする人は多い。
ビジネスと割り切って都合の悪い深淵を覗かない人は生き残れるが、ニーチェのように何処までも覗き込んでいく人は自らも怪物になってしまう。

ニーチェは明らかに霊能体質で常にあちらの世界と繋がっていたようだ。
彼の類まれな哲学的思考も著作も、彼自身というより上の誰かが書かせていたように思う。
その証拠に彼は原因不明の病をいくつも抱え、時に目が見えなくなったり人生の後半は明らかに精神疾患のような症状を呈していた。
今なら統合失調症と診断されるような状況だ。
興味深い文章を見つけたのだが、時々おかしくなっていた時の彼の手紙にはこう記されている。

「私が人間であるというのは偏見です。…私はインドに居たころは仏陀でしたし、ギリシアではディオニュソスでした。…アレクサンドロス大王とカエサルは私の化身ですし、ヴォルテールとナポレオンだったこともあります。…リヒャルト・ヴァーグナーだったことがあるような気もしないではありません。…十字架にかけられたこともあります。…愛しのアリアドネへ、ディオニュソスより」

今ならスピ業界ではまかり通る主張だ。
私もこの手の主張をするカリスマスピリチュアリストを知っている。
宇宙人もいればローマ帝国の皇帝やブルボン朝の王様だった人もいる。
最初は驚いたが、グループソウルとして考えれば、妄想とも断言できない。

多分ニーチェの中では錯乱するとが過去生やグループソウルに戻っては、その記憶を持ってきていたのだろう。
中年以降狂気の歯止めが利かなくなってからは、深淵に囚われて日常に戻れなくなったのではないか。

芸術家もそうだが世に名を残す偉人たちは大抵そのためにやってきただ。
時には霊媒状態で膨大な意識や知識をダウンロードするので、体も精神も消耗が激しい。
自らボーダーを外すと、ニーチェのような末路になってしまうのだろう。

彼はミッションを完遂したので、的にはかなり高いのだと思うが、この手の人たちは人間の幸せは望めない悲しい宿命を持っている。

「深淵を~」の言葉はずっと頭の片隅にあった。
多分スピリチュアルワークをする時は、これを忘れるなということなのだろう。


DSC_1462.jpg





仏になる

2019–09–28 (Sat) 14:46
ブログの更新が滞ってしまったが、実は身内に不幸がありしばらく家を離れていた。
昨日帰って来たが、人が一人亡くなるのは大変な事だと改めて思う。

これはスピリチュアルブログなので、不思議なエピソードを書いてみたい。
身内なので葬儀場に滞在する時間も長かったせいもあり、なぜか葬儀場の係りの人の手相を見ることになってしまった。笑
手相を見ると、なるべくしてこの仕事をすることになった人のようで、それを言ったらやはり違う仕事をして収入もよかったのにこの仕事をすることになったと言っていた。

御本人は全く霊的なものは見えないし信じないと言っていたが、神秘十字があるので仕事のために見えなくされているのだろうというと、実は怖い話はあると教えてくれた。

一つは納棺師の話で、ある納棺師が遺族も誰もいない御遺体を納棺していて、終わった時に「はい、一丁上がり!」とポンと遺体を叩いたそうだ。
それを見ていた彼は「あれはまずいよなあ」と思ったらしいが、なんとその2,3か月後に納棺師は突然亡くなってしまったそうだ。

もう一つは火葬場の職員の話だ。
火葬の終わったお骨は、骨箱に収める時に入りやすいように火葬場の職員が砕いてくれる。
勿論遺族に断り丁重にするのだが、ある職員が遺族がいなかったらしく頭蓋骨を思い切りカーンと割ったらしい。
その職員は数週間後に交通事故に遭って、一年近くも入院したそうだ。
何人か乗っていた車にトラックが突っ込んできたのだが、他の人は軽傷で彼だけが全身大怪我の重傷だったという。

それも知っている職員で、その一連の出来事を身近で見て恐ろしくなったと言っていた。
や神仏を信じない人は多い。
死んでしまえばただの物体になると思っている人もいる。
しかし、死者に不逞を働いたから罰が当たったと考えてしまう人もいるだろう。
実際そんな扱いを受けた死人の霊が意趣返しをしたのか、もっと上の神仏が戒めたのか、あるいは本人の中の良心が自らを罰したのかはわからないが、一つだけ言えることは人間は敬虔な気持ちをなくしたら絶対いけないということだ。

死者に対するだけではなく神仏や森羅万象、人間の力の及ばないものに畏れを持たない者は、今生ではなくてもそれを反省させられる時が必ず来るのではないか。

誰でも死んでしまえば仏になる。
生き方はそれぞれでカルマを積むような今世であっても、断罪するのは人間ではないと思う。
畳の上で死ねる悪行三昧の悪人でも、あの世へ行けば扱いは変わるだろう。

葬儀関係の仕事は本当に選ばれる人がなるのではないかと思った。
私が手相を見た葬儀会社の人も、小さい頃に何度か死にかけて助かったと言っていたから、その恩を今死者のお世話をすることでお返ししているのかもしれないですよと言ったら、妙に納得したようだった。



598c7a1e2b123ed29c6a3ba638772f6b_s.jpg





来世の決め方

2019–09–15 (Sun) 15:33
ある程度の年齢になると過去を振り返りあの時に戻りたいとか、もう一度やり直したい、時間を巻き戻したいと思うことがある。
中にはまたやり直すのは真っ平で、生まれ変わり全く違う人生を送りたいと思うかもしれない。
多分生まれ変わっても、もう一度同じ人生をやりたいと思う人は少ないだろう。

私はスピリチュアルに覚醒してまずやったのは、自分が何のために生まれて来たのか知る事だった。
今の人生を説明するのは過去生を探るのが一番早かったので、いくつか関係のある過去生をヒプノセラピーで見つけ、それなりに今生の自分のあり方の謎が解けた部分はある。

今世の課題やテーマ、解消しなければならないカルマやの契約らしきものも、漠然とだが分かったように思う。
しかしだからと言って、それをすんなり解消出来るわけでも清算出来るわけでもなく、スピで言うブロックの解放や書き換えなどそうそう簡単には行かない。

いっそ何も知らず単純に生きて、喜怒哀楽を味わい普通に暮らしていた方が良かったかもしれない。
しかし必要があったからこそ違う世界を知るようになったのだから、もうかつての何も知らない頃には戻れない。

普通の人が知らない世界を知ることによって、価値観の変化や心象風景が変わってしまったことは多い。
しかし頭ではわかっていても、のテーマである今生の課題や宿業はまだまだクリアできておらず、事あるごとに挫折や無力感を感じる。
気負えば気負うほど一回りして同じ場所に戻ってきたり、迷宮の中をぐるぐる回ってまた振り出し、のような感覚を持つこともある。

ただ、最近気が付いたのは本人の自助努力とは別に、絶対に必要な事は上の守護者が否応なく道をつけやらせてくれるということだった。
思い返すに何度か過去にもそういうことはあった。
厳しい警告もされたし、それでもわからないと辛い修行もさせられた。
多分私が今世プログラムの本筋に戻るためなのだろうと思うし、かつて親しくしていた霊能者に「違う方向に行ってしまっていたと後ろの人達が言っている。」と言われたこともある。

時々考える。
今の私は自分の計画したの青写真に沿っているのだろうかと。
かなりの部分が解明できたとは思っているが、未来はいくつかの道があるような気がする。

神と交信し災害回避の神事で、世界中を回っている人が言っていた言葉がある。
「神は回避できるビジョンしか見せてくれない。」
だから予言や未来予報は当たらないのだろう。

これは個人にも言えるかもしれない。
ネガティブな未来は知った時点で努力や選択ができるということだ。
私もいくつかの未来を言われているが、ネガティブなものはその時点で変えるべく努力したい。

過去は変えることもできないし人生を最初からリセットすることもできない。
しかし未来は選択次第で変えられるので、もしかしたらブループリントに近づくために時には未来も見せられるのだろう。

悔いの残る生き方だとしても、それで終わりではない。
失った物の代わりに得た物もあるはずだ。
誰でもこれからどう生きるかが重要で、それが転生する来世の自分を決めることにもなる。


DSC_2163.jpg





虐待の連鎖

2019–09–13 (Fri) 14:50
ツイッターを見ていたらあるツィートが目に留まった。
有名な霊能者の言葉を引用したものだが、「虐待される子供には【愛】の入った名前が多い。名前にはその子供が人生で一番欲しかったものが入っている場合がある。」という文章だ。

虐待死した子供の事件に関連したツィートだったが、胸にグッとくるものがあった。
確かにニュースになる虐待児童の名前には、女児は可愛いものや愛らしいものが多い。
男児は名前負けしそうな立派なものや、この親がどうしてと思うような含蓄の深い名前もある。

なんとも悲しい因果律だが、私もカウンセリングをしたりそれ以外でも、虐待やDVの当事者に会うことがある。
虐待まで行かずとも、親子の宿業は世に尽きることはない。

虐待された人の特徴として、ある傾向がみられるのは事実だ。
「虐待の連鎖」という言葉があるが、虐待された子供は親になると自分の子供を同じように虐待してしまうというものだ。
全てではないが、実際に被害者が加害者になることもあり、幼少期のトラウマはその子の人生に大きな影響を及ぼすのは想像に難くない。
その呪縛から同じ過ちを繰り返すか、同じ轍を踏まないよう生きるか、またはその葛藤に悩み結局普通の人生を送れなくなるかなど困難を抱える。

シリアルキラーは多くの場合、虐待された過去や幼少時に悲惨な経験をしている。
他人に向かなければ、ベクトルが自分に向かい自己崩壊を起こしたりする。

虐待まで行かなくても親が離婚すると子供も離婚の確率が高いとか、とにかく親や家庭のあり方が子供の人生に与える影響は計り知れない。
虐待された経験を持つ人は自分が親になるのが怖いと考える人も多いし、虐待まで行かなくても家庭不和の家に育つと結婚に希望が持てなかったり子供を不幸にしてしまうのではないかと考えるようだ。

スピ的解釈なら、そんな親や家庭を選んで生まれて来たのだから、それの課題を乗り越えるのが今世のの目的と言ってしまえるが、当事者はそんなことは忘れて苦悩にのたうち回る。

特に親子不和は必ずのカルマと学びがある。
生きているうちにそれに気付けばいいが、課題をクリアできない限り延々とその因果は続くから虐待の連鎖という言葉にもなるのだろう。

自分の親を見て結婚はしない、子供はいらないと思っている人が突然結婚したりいらないはずの子供が出来た場合は、それは間違いなくの導きだったと思った方がいい。
虐待される子供は望まれないで生まれた子が多いが、一方で望まなくても生まれてくれて、おかげで人生を変えてくれた子供もいる。
出来ちゃた婚はよくあるが、いわば向こうから強制的に来てくれる場合は、必ず親にとっての深い学びを与えてくれる天からの賜物なのだと思う。


DSC_0516.jpg






 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR