スピ人間の孤独

2019–05–16 (Thu) 18:43
「小さな親切大きなお世話」「あなたの常識私の非常識」
誰でもこれを痛感させられることが、一度や二度はあるのではないだろうか。

人は自分の基準で物事を判断する。
それは人間関係でも同じだ。
社会人として常識的な基準は皆ある程度は共有しているが、考え方や価値観、思想信条が違うと微妙なずれや相反が起こる。
それでもそれを含めての人間関係なので仕事や職場ではうまく対応するし、利害関係が絡まない組織や友人なら離れてしまうのは自由だ。

しかしスピリチュアルの仕事に携わりそれなりのスピ能力があると、普通の人間関係でも様々な事が分かってしまったりあるいは相談されたりする。
だから、多分人との付き合い方もどこまで踏み込めばいいのか分からなくなって、普通の友人が出来なくなってしまうことも多い。

過去知り合ったスピを仕事にしている人は、敢えて友人は作らない人もいたし、出来てもすぐうまく行かなくなって殆ど友達のいない人もいた。
理由は様々あるだろうが、友達を作らない人は何かあると自分の能力を「友達だから無料で見て」と頼られるからという理由だったし、友達とうまく行かない人は力が強すぎて友人が離れてしまう人だった。

同業者同士ならある程度理解できるが、これがそうでない人ならどこまで深く付き合っていいのかボーダーが見えなくなるのかもしれない。
親切心で分かったことを伝えてもその人にとっては大きなお世話だったり知られたくないことだった場合もあるから、不可侵領域というのが分からず時に「小さな親切大きなお世話」になってしまうのだ。

かくいう私も人に言えない秘密を鑑定以外でもカミングアウトされることに慣れているので、自分にとっては当たり前のことが仕事とそうでない友人関係で厳密に線引き出来ていないのだと気付くことがある。

誰でも人に知られたくないことを持っているし、隠したり偽っていることもあるだろう。
それを話しているうちに、意識しなくても気づいたり読み取っている相手とは付き合うことは苦痛かもしれない。

エンパスや霊能者はしばしば「そんなことが分からないの?」と思うことがある。
人と同じ土俵には立てない疎外感を感じて生きてきたインディゴやスターシードは多い。
悩みを抱えている人は料金を払って占いやカウンセリングに行くが、その場限りで秘密は遵守されるからカミングアウトできるのであって、その内容を職場や友人関係の誰かが、話しているだけで気が付いてしまうのなら怖くて近づけないだろう。

勢いスピ人間は人付きあいの仕方が分からなくなり孤独を抱える。
小さい頃はもろにそうだが、案外大人になっても人間関係や家族関係がうまく行かず、孤独を抱えるスピ人間は多い。

「あなたの常識私の非常識」はスピリチュアル世界と普通の世界を説明する言葉でもあるようだ。


c1b8acbed7a4ed7539eed5afa143a175_s.jpg





エンパスと霊視

2019–05–04 (Sat) 17:08
最近続けて不思議系の人二人と話す機会があった。
一人はタロットや占星術を趣味でやっている人なのだが、別の職業や才能もあって多芸多才のマルチ人間だ。
占いも興味があり、一応講座のようなものを受け簡単なスキルは身に着けたと言っていたが、確かに開業するほどではなくても大雑把な要所は押さえているようだ。

何も霊能力はないと言っていたが、やはり勘は働くようで話してみたらかなりのエンパスだった。
家族や大事な人が調子が悪くなったりどこか傷むと、自分の体も同じようになるそうだ。
多分いくらか肩代わりしてあげているのだと思うが、このタイプのエンパスは大変だ。

数日後その人からメールを貰った時刻、私はなぜか頭が痛くなった。
驚いたことに内容は、最近頭痛が立て続けに起こっているという話だった。
どうやら私もコードが繋がると体にも来るエンパスらしい。

もう一人は一切スピリチュアルには関係ないのだが霊の見える人で、たまたま話した時に私の左側に座っている女性にネガティブな黒い邪気が見えたと後から言われた。
その時に話すとその霊体が気付くので、その場では絶対に言わないことにしているそうだ。
その人は意図しなくても色々な霊が見えるそうで、まるで生きている人間のように見える事もあり、その時に目を合わすと相手が見えていると察知し憑いてくると言っていた。

だから、後から私も左側の人がやばかったと教えてもらったのだが、そのせいか翌日二度も続けて閃輝暗点になったり左の片頭痛になり具合が悪かった。
そんな人といると、私自身も同期してしまうのかもしれないと怖くなってしまった。

私はその手のものは見えないが、そういう人は結構いるようだ。
お世話になっている陰陽師も生きている人間のように霊が見えるので、危なくて車の運手が出来なかったと言っていた。
彼は逆に見えないようにするために、防御の眼鏡を普段は掛けている。

世の中にはスピ能力を持った人は沢山いるが、いる数だけ微妙に力や特性の違いがあるのだと思う。
それを占いやリーディングに使うプロから、全く普通の生活故にその能力を隠したい邪魔なものとして持っている人もいる。
それを仕事にするか人助けにする以外は、スピ能力はしばしば日常を生きにくくする。
小さい頃から人に言うと気味悪がられたり親には止められたりと、可哀そうな人も何人か知っている。

その上残念ながらその能力はほとんど自分には使えない。
途中から私利私欲で使う人も出てくるが、そうなると大抵能力を剥奪されるか闇落ちでひどい目に遭ったりする。

私も含めて自分は何が出来るのか、何が出来ないのかを見極めることがスピ人間には一番必要な事だと思う。
私自身今回学んだことは相変わらず脇が甘いということだった。
もう少しプロテクトを学ばないといけないと反省している。



DSC_0716.jpg





集団スピリチュアル

2019–04–08 (Mon) 14:38
集団スピリチュアルと言えばカルトや新興宗教を連想する人も多いのではないか。
確かに一番わかりやすい例と言えるだろう。
教祖は強い何かに憑依されて信者を集めるが、大抵は神や高次の存在を名乗る怪しげな魔物だ。
中には魔物系ではなくそれなりに人々を助ける役目を持った存在もいるが、一つの特徴として組織や集団に属している時のみ御利益があるという点だろう。
危ないカルトは信者から金品とエネルギーを巻き上げ最後には教祖もろくな事にはならないが、辛うじて社会で共存共栄していく宗教団体もある。

宗教と名乗らなくてもスピリチュアル世界では教祖のような人が何人もいて、様々な形で組織、団体を作り上げて、弟子を育成したり信者を増やし布教活動?もしているので、私的にはスピリチュアルも宗教も集団になると変わらない部分があると思っている。
やっていることは同じだからだ。

まず「神様がついています」系の霊能者やスピリチュアルリーダーが、占い等でお客を集めそのうちお茶会、勉強会、講座を開く。
ここで終わっていればいいのだが、やがて物品販売やスクール、会社まで作ってしまう。
問題なのは普通の商売やビジネスと違って、営業の手段にスピリチュアルや霊能力を使っているところだ。

スピリチュアルに惹かれて御利益を求めてくる人に霊能者がパワーを入れたグッズを売れば、いいビジネスになるだろう。
このシステムは小さな手作り物販から大きな会社まで、スピ系は全く同じ構図になっており、庶民には庶民相手に売るグッズとセンセイ、富裕層には富裕層を相手にするそれがある。

先日知り合いに、某貴金属を扱う会社の社長のセッションに誘われた。
霊能力があり紹介者には無料でセッションをしてくれるという話だったが、要するにお客を霊視し相応しい自社の貴金属をパワーを入れて販売するというものだった。
確かに写真を見たらカリスマ的なエネルギーを持っていて能力もあるのは見てわかるし、教祖になれる人だろうとは思った。
実際そのやり方で会社も成功させているし、まさしく富裕層相手のスピリチュアル集団を目指しているようだった。

会社をやっていてもスピリチュアルでお客を集め成功させているのだから、ご本人も認めているようにそういう強い力を背後に持っていて、集まる人間はみなそのエネルギーを帯びてしまうのだろう。
知らずに信奉してしまい、お客がまたお客を連れてくるような感じだ。

後ろに有名な神様、アセンデッドマスターが4柱ついているというのを聞いてドン引きしてしまい、富裕層でもないので丁重にお断りした。
知り合いはその宝石を買っていいことがあったようだし、それはそれでいいだろう。
ある意味会社という形でも集団スピリチュアルになっていて、社長や幹部が後ろにそれ系の強力なものを憑けていれば、社員は弟子で信者になりそうなお客にスピを使って営業するという構図になる。

どんなスピリチュアル集団でも属している限りはリーダーの背後にいるものの力で現世利益もあるだろうが、そこを脱退しようとすると厄介だ。
いわばそこを支配するエネルギーが憑いてしまったのだからそれを落とすのも大変だし、下手をしたら引き留めるために集団でサイキックアタックをされることさえある。
実際そんな話を聞いたことはあるし、何より大きなS学会が脱会者に「仏罰が下るぞ」とかつて脅していたのは有名な話だ。

人は群れたがる。
スピの世界でも同じだ。
帰属意識の強い日本人はなおさらだ。
そして力のあるボスが団体を形成する。
しかしスピでも集団に入ると個人の判断はできなくなり、支配するエネルギーに従うしかなくなるということを、スピリチュアルに興味のある人は肝に銘じてほしいと思う。



1923_L.jpg





スピリチュル系ビジネス

2019–01–15 (Tue) 16:51
最近FBでスピリチュアル系の人の友達申請を何気なく受けたら、雨後の筍のようにぞろぞろとその共通の友人達から友達申請が来た。
いわゆる相談業の人達だが、スピリチュアルリーダー、占い師、自己啓発系、起業系と名前は違っても通底するところは同じようだ。
FBの友達を増やすのも営業の一戦略なのだろうか。
私の本業の方でも同じくFBで友達を千人単位で増やして、同業者の個展に駆け回り営業活動をしている画家もいるから、SNSは立派な市場なのかもしれない。

絵描きは一応個展を開いたりそれなりの実績がないと絵描きとは名乗れない。
しかしスピ関係やセラピストとなると、言ったもの勝ちのところがあって、昨日までOLだった人が今日からは○○セラピストの肩書になっていたりする。
資格も何もいらない世界だから、運さえあればお客はついて1時間1万円也で単なるおしゃべり的な話相手でもお悩み相談のセラピストで収入になる。

FBで泥縄式に友達申請をして来た人達は、霊能者もいればどこかのセミナーに行って自ら開業した人もいるようだ。
私もスピリチュアルに関しては同類になるが、たまたまFBの狭い世界でもこれほど無数のスピ関係を仕事にしている人達がいるのだから、一体世の中にどれくらい見えない世界や人の心についての商売があるのかと驚いてしまった。

しかも料金設定を見れば一時間一万円以上が当たり前だ。
スピリチュアルはやはりビックビジネスなのかもしれない。
資格も何もいらないし、明日から占い師、セラピストと名乗ってHPを作っても誰も咎めない。
あとは営業をかけて人を集めれば仕事になる。

この現象はスピリチュアルの認知度が高まったと思うべきか、メンタルを病んでいる人が多すぎると思うべきか。
とにかく今の時代見えない水面下では歪んだ精神世界が広がっていて、それを商売にするビジネスも次々形を変えて増殖しているのかと、空恐ろしさを感じてしまった。

需要と供給があるからビジネスは成り立つ。
どんなセラピーを名乗ってもお客が来れば仕事になるわけだからそれはいいだろう。
しかし実体験も含めて中には?マークがつく場合も多々あるので、もしこれからスピ系のセラピーや鑑定を受けたいと思う人は慎重に相手を選んだ方がいい。
一時間一万円は大きいが、それに見合う内容かどうかは保証の限りではないからだ。

スピリチュアルに身を置く者としても、底知れないスピリチュアルビジネスの世界に飲み込まれないようにしたいと改めて思った。


紫陽花1





霊能力

2018–12–24 (Mon) 15:48
霊能者に霊視をしてもらうというのはスピ人間でなくても何となく意味は判ると思う。
しかし霊視というのも様々な方法見え方があって、ビジョンとして見える人、画像は見えなくても何となく感じる人、相手や自分の守護霊ガイドと繋がり教えてもらう人、これらが複合的になっている人などいて、他にも独自のやり方を持っている人も多い。
また降ろしてくる場所も宇宙から神仏から自分の守護霊やガイドから、そしてもっと低次な憑依霊や動物霊とその繋がり先も多岐にわたる。

霊能者でも代々その筋の家系で生まれながらに霊力を持っている人は、何代も人のためにそれを役立てて来たのだろうからそれなりの高次な何かと繋がっていると思われる。
しかし、人生の途中でいきなり目覚めたり能力を会得した人は色々なパターンがある。
覚醒する人は大病や事故で死ぬ目に遭い見えない世界に入る人もいるが、中には突然神が下りて来たとか、アチューメントや秘儀伝授をしてもらったりで開く人がいる。
後者二つは、中にはよろしくない霊や動物霊の場合もあって、降りてきた神は実は野狐だったりすることもある。
それでも、いわゆる霊視が出来るようになったり占いでもズバズバ当てたり未来を予測できるので、すぐに売れっ子先生になれる。

しかしその力は危険と隣り合わせで、極端な話見えない世界と対峙するのは命がけなのだ。
神仏や高次の存在と繋がっていれば守られて力に応じた仕事になるだろうが、あまり高くないものと繋がると人間的欲がそこに絡まり破滅へ向かってしまうことがある。

私は美術業界にいるが、たまにやはり完全なスピ人間もいて、お互い隠しているのだが類は友を呼ぶ通り顔を合わせると皆に隠れてその話になる。
同じ団体で宗教画のような絵を描いている男性と数年前話すようになり、家が新興宗教で自身も信者でありいずれ父親を継ぐことになると聞いた。
そのうち彼女が出来て結婚することになったのだが、その彼女は一目で危ないそちら系の人だった。
綺麗なのだが狐そっくりで私はそばに行けなかったが、彼に聞くとやはり親が変な信心をしている家で彼女は時々憑依状態になるので一緒にお祓いをしてもらっていると言っていた。

運命の相手なので彼女を守りたいという話をしていて、頑張ってと励ましたのだが、その数年後彼は霊能力を磨き自分の信者の除霊をするようになっていた。
年に一、二度絵の集まりで会うと話していたが、二年ほど前黒い顔をしていて「大丈夫かな?」と思った時があった。
聞けば力はアップしているし難しい除霊もこなしているという。
孔雀王がついて力をくれると言っていた。

そしてつい最近体調不良で展覧会に作品を出せないと耳に入ってきた。
まずいなと思っていた矢先、その後彼が脳出血で倒れたのを聞いた。
瞬間私が思ったのは「とうとうやられてしまった」だった。

彼が人助けのために自分の使命だと思いやっていたのは間違いないし、妻も助けたいと思っていたのも知っている。
冗談交じりに何年か前「彼女を救いたいなら2,3年どこかで修業したら?」と言ったことがある。
霊能者は自分の力を過信すると大変なことになると最後に会った時に言いたかったのだが、それは言うことは出来なかった。

一命は取り留めたそうだが、もう社会復帰できる状態ではないようだ。
人のために悪霊と戦っていたのだが、危険すぎる世界だ。
まだ40前半の若さで、心が痛む。

霊能力は諸刃の剣だとつくづく思わされた。



4ab516eeb7bee9ad227630af2c68ca0f_s.jpg





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR