除霊・浄霊

2019–12–01 (Sun) 14:43
スピリチュアルに興味があれば知っている人も多いと思うが、斎藤一人さんという成功法則の伝道師がいる。
有名なスピリチュアリストでも一人さんに私淑している人もいて、実際語り口を聞いているとどこかの高僧が話しているような何とも言えないゆったりしたエネルギーを感じる。
多分彼は伝道師としての役目を持っている人なのだと思うが、偶然除霊について話している内容を知った。

除霊というのは悪霊が取り憑き専門の祈祷師や陰陽師などに多額の対価を支払ってやってもらうイメージがあるが、そんなケースは単なる浮遊霊の憑依ではなく筋金入りの悪霊だ。
誰でも何かしら霊は憑けていて、憑いては離れたりある期間留まって離れたりするもので全く害のない霊も多い。

憑いているとわかると恐怖が先に立つが、中にはちょっと助けてくれたりする霊もいて、憑依現象を起こしたり人生を狂わせてしまうほどの悪霊は滅多に憑かない。
せいぜい体が重くなったり体調がすぐれなかったりする程度だが、これくらいの邪鬼は塩風呂に入ったり自分のマインドを変えることで落ちたりする。

齊藤一人語録では、そもそも祓う落とすという考え自体を否定していたので新鮮だった。
つまり「来てくれて有難う、一緒にご飯でも食べに行こうか」くらい言って、楽しいことに誘ってみるのがいいそうだ。
ネガティブなのが浮遊霊なのでそうすると自然に離れたり、あるいは成仏できたりして逆に補助霊として助けてくれることもあるという。

これはなるほど一理あると思った。
確かに明るくてエネルギーに満ち幸せな人は、浮遊霊や邪気など弾いてしまう。
霊がすがって来るのは、優しい人やネガティブな状態がシンクロする人だ。

怖がって恐怖を抱くと尚更取り込まれて体にまで入られてしまう。
人助けだと思って、人間扱いし(もとは人間なので)どんどん楽しい所、明るい所に連れて行ってあげればいいと。

その中で一番心に残った言葉があった。
「人助けをしたら悪いことが起こるはずはない。」

理屈通りにいかないのがこの世だが、基本のシンプルな法則は忘れてはいけないのだと思う。
ややもすると悪霊憑依→除霊浄霊→術者、となるが、まず取り憑くほどの悪霊は稀で、日常の中の邪鬼は自分が何とか出来るものだし、邪鬼まで行かなくても普通何体かは憑いているという認識を持った方がいい。

良き心の人間は憑いてきた霊も上にあげられるし、善を成せば善が来るという当たり前のことなのだろう。

蛇足だが、有名人なので実名を上げさせてもらったが、私は全然彼のことは知らずたまたま知った考え方をテーマにさせてもらっただけだ。



9827e59f1eb9921d71c90ac4d7a2b995_s.jpg





邪気がつく

2019–06–11 (Tue) 16:55
スピリチュアル世界で、見えないものの実態はエネルギーだと考えるとわかりやすい。
霊魂も幽霊も思念も邪気もオーラも、皆ざっくり言えばエネルギーだ。
それぞれの違いがあって、それは波動と言われたり周波数と言われたりもする。

神仏のような大きくパワーの強いエネルギーもあれば、個人が感じる好き嫌いの念や思いもエネルギーとなって放たれる。
神社へ行って清々しい気持ちになったり何故か涙が出てくるのは、神気という場のエネルギーに触れたからだし、裏路地のごみごみした所で不快になるのはそこに溜まった邪鬼や負のエネルギーを感じるからだ。
地縛霊や悪霊などの固有のエネルギー体もいるが、人の落としていったネガティブエネルギーが溜まり淀んでいる場合もある。

そしてエネルギーは付いたり留まったりする。
普通は邪気の存在など信じないだろうが、例えば嫌な思いや辛い思いをした時に着ていた服をまた着たいと思うだろうか。
嫌いな人の服を貰っても、なかなか着る気にはならないはずだ。
それは本能的にそこに残っているその時の残留エネルギーを拒否しているからなのだ。

服に限らず物にも体にもエネルギーは付くので、もしあまりよくない場所や人に会った時は帰ってきたら手を洗いうがいをするか、早くシャワーや入浴で髪や体を洗い流した方がいい。
そして着ていた服は必ず洗濯をすることだ。

エネルギーに敏感な人は座る場所さえ気にする。
電車の優先席やカフェでも何となく嫌な席などは避ける。
何故ならそこに座った人たちの負のエネルギーが残っているからだ。

私はスピリチュアルを深く知るまでは頓着しない方だったが、ある時全身のアロママッサージをしてもらったことがあった。
ところが、翌日半端ではない腰痛に見舞われた。
しばらく治らなくて整形外科で検査をしたほどだったが今なら理由が分かる。
そこにはいわくのあるマッサージ室でそこで施術を受けたので、マッサージ台もそうだしセラピスト自身も何かしら深刻な邪気を貰ってそれを次に回していたのかもしれない。

最近はスピ的視点から見るようになったので、今なら理由の判らなかったことが解明できる。
自分が知らずに感じて実行していたことは、皆スピ的に意味のあったのだと。
昔から人と手を繋ぐのや体に触れられるのは嫌だったが、それも相手のエネルギーを貰うのを防御していたせいなのだろう。

エネルギーは気とも言えるが、気は指の先から一番出ていく。
だから昔から人を指差すなと言われる。
気が相手に飛ぶからだ。
マッサージなどは敏感な人は気を付けた方がいいと思う。
相手によってはいい気を貰い良くなることもあるが、逆にネガティブな気を貰ってかえって悪くなることもあるからだ。

そんなことをいちいち気にしていたら生活できないし生きていけないが、これだけは言える。
何となく着たくない服や身に付けたくないものはよした方がいいし、直観的に嫌だと思う場所や人はなるべく避けた方がいい。
それは自分のセンサーが良くないエネルギーに反応しているからだ。



DSC_0219.jpg






毒出し

2019–05–31 (Fri) 16:10
昨日絵描きの友人と会って、お茶を飲み食事をしてお喋りをして来た。
全然スピリチュアル的な事には興味のない人だったが、私と話すようになってブレスレット作成を頼まれたり濃い話もするようになっていた。
私も同様に困り事などを話してお互い知恵を拝借の感じだが、昨日も一緒にいた美術団体の話になった。
ネガティブな人間ドラマや残念なシステムで成り立っている組織図を一通り口説いた後、ふと同じ立ち位置で話している自分に気付いた。

人間は意識しなくてもネガティブな部分を持っていて、それを吐き出す為に周りのネガティブな部分を見つけ出し、一緒に自らも毒出しをしているのではないかと思う。
悲しいかな人を褒めるより人を貶す方が楽な場合も多い。
勿論悪口はよくない事だと誰でも知っているが、我慢出来ずに批判してしまうことはある。
その後後悔もするが妙にすっきりもするという経験はあるのではないか。

人を褒める時に「人の悪口は絶対に言わない人だ」という言い方がある。
人間が出来ていなければなかなかそうはいかないので、美徳の一つとして捉えられる特性だろう。

霊格が上がれば周りも低い波動の人はいなくなるから、自ずと人の批判や悪口は言う必要がなくなる。
しかし誰でも徳が高いわけではなく、上の褒め言葉は「人の悪口を言うのは当たり前」という前提があるのだろう。
スピリチュアルでは嫌な人間は、自分が同じところを持っているから鼻につくという解釈をする。
いわゆる鏡の法則だ。

しかし人間関係や周りの人を起因にして生まれるストレスも含め、デトックスのためには溜めたものを封殺せず全部吐き出すのが一番早い。
ネガティブを我慢して押し込めれば自分が壊れてしまうから、毒出しとして吐き出す必要がある。
良し悪しは別にしても、常に人を批判し悪口を言って毒を吐いている人間は、いつも元気で長生きだ。
我慢してやられっぱなしの人や、いわゆる「いい人」が、メンタルを病んだり寿命も短かかったりする。
残念ながら「憎まれっ子世にはばかる」は事実だ。

昨日話した友人は常識的で良心的な判断のできる人だが、さすがに「あれはひどいよね」という話はいくつかあって、私も同調しつつ結構話していた。
最後の方になって、なぜか彼女の顔が明るくなってすっきりしたのに私は気づいた。
多分話すことによって毒出しが出来たのだろう。

負の感情でも胸に溜まってきたら、できる限りどこかで思いの丈を話した方が楽になる。
聞かされる方は大変かもしれないが、元気でキャパの広そうな人を選んで聞いてもらおう。
自分が聞く方に回る場合は、弱っている時は邪気を引き受けてしまうので避けた方が良い。

お互い持ちつ持たれつのデトックスできる相手を持っておくと楽だと思う。



005.jpg





魔除けと邪気払い

2019–04–27 (Sat) 15:56
魔除け邪気払いといえばスピリチュアル好きはすぐ幾つか思い付くのではないだろうか。
邪気は単に人のネガティブな念のことですぐに落ちるが、憑依霊や悪霊のように強いエネルギーになると「気」が「鬼」に変わり邪鬼になる。

魔除けは邪鬼を寄せ付けないためのもので、邪気払いは憑いた邪気を落とすことだ。
どうしても自分で取れない邪鬼や魔は然るべきところでお祓いや除霊をしてもらうしかないが、普通はそこまでいかないし、日常的に意識しなくても受けたり落ちたりしている。

ことさら意識しない方がいいのだが、それに敏感な人はスピリチュアルの門を叩いてマニュアルを学ぶしかない。
霊感があったりエンパスは常にコードが繋がっているから、人より受けやすいので自衛は必要だ。

このブログでも何回か書いているが、魔除けは自分に合ったものがいいだろう。
お洒落のための香水やマニュキュア、光るアクセサリーなども魔除けの意味合いがあるし、パワーストーン、神社やお寺のお守りなどは効果がある。

人によっては常に粗塩や小さい鋏、刃物を持ち歩いている人もいる。
個人でこれは魔除けグッズと念を込めれば一層魔除けのパワーが入るかもしれない。
陰陽師の書いた式神や護符なども魔除け効果はある。
よくパワーストーンブレスレットが切れたり式神が破れていたというのは、魔を除けてくれたくれた証拠だ。

貰ってしまった邪鬼を落とす邪気払については、一番簡単なのは眠ることだ。
どこかの場所や人と会ってひどく疲れたり眠くなった時は、ネガティブエネルギーを貰っているからさっさと寝てしまうのがいい。
部屋が嫌な感じがしたら柏手を打つだけでも効果はあるし、植物を置いたりお香やアロマの香りも邪気払いに効果がある。
乗られてしまったと思った時は塩風呂や酒風呂が効果的だ。
塩は何にでも効く万能の邪気払いで、お通夜や葬儀へ行った時は戻って家に入る前に塩を振りかけるのもそういう意味だ。

一番いいのは気にしないことで、意識してしまうとかえって波長が合って引き寄せる場合がある。
見えない世界など信じない人や冷たかったり強すぎたりする人は、弾いてしまうので寄せ付けない。
我欲の強い人などは自分の飛ばすエネルギーが貰うエネルギーより強いので、嫌われたり恨まれても撥ね退けてしまうようだ。

魔除けや邪気払いの方法は様々あるが、自分に合った方法というのを見つけるのがいいだろう。
危ない人に会ったり場所に行ったりする場合は、ここぞという時に使う強力な魔除けグッズを用意しておいた方がいいかもしれない。
私もそういう時のために、数あるパワーストーンブレスレットでも最強の魔除けの石だけで組んだブレスを持っている。

あとは後ろの守護へのお願いと、自分自身をプロテクトする気合が最強の魔除けとなるだろう。



79c17793d9f4747cb819e29cbe33e697_s.jpg





魔除け・邪気払いの方法

2018–06–23 (Sat) 15:37
霊の存在を信じる信じないにかかわらず誰でも邪気というネガティブな念や浮遊している霊やエネルギー体の影響を受けている。
それが強力になると邪霊、生霊、死霊など厄介なものになるが、たまたまその時だけ受けてしまったり憑いてしまったものなら自分でも払ったり落としたりすることは出来る。
また、憑かれる前に魔除けと言ってそれらをブロックする方法もあるので書いてみたい。

案外全くそんなことは信じない人でも本能的に魔除け邪気払いを日常生活の中でしている。
私はスピリチュアルに覚醒する少し前からなぜかマニュキュアやアクセサリー、香水が好きになって外出の時は必ずするようになった。
後にこれらはすべて古代から魔除けとして使われていたものだと知り驚いたものだ。
もっと前には生霊に取り憑かれていた数年間は毎日のように温泉に行って浸かりサウナと水風呂を繰り返して実に二時間近くも修行僧のようなことをやっていた。
当然体にはよくなくて病を得て一切やめてしまったが、思えばあれは生霊邪気払いをしていたのかもしれない。
また何年か前は突然お香に凝り出して毎日部屋で炊いたことがあったが、思えばこの頃も強い邪気を受けていた時期だったような気がする。
そんなわけで案外後から考えたら知らずに自分で魔除け邪気払いをしていたということがあるようだ。

以下に魔除け邪気払いの方法をいくつか挙げておく。
簡単なものならこれで防げたり落せたりする。

魔除け
・お香、香水などいい香りのするものをつける。
・女性ならマニュキュア、アイシャドウ、ネックレス、ブレスレットなど、特にアクセサリーは光るものを付ける。
・魔除け効果のあるパワーストーンを付ける。
・小さいハサミや刃物を携帯する。
・手や足を組む。(文字通り身体をガードすることになる)
・お守りやその代わりをしてくれると信じるものを身に着ける。
・神社仏閣のお札を貼る。

邪気払い
・部屋の喚気をする。
・お香を焚く。
・柏手を打つ。
・運動をしたり大声を出す。(カラオケも良い)
・酒風呂や塩風呂に入る。
・眠る。(やたら眠いのは邪気が憑いている場合があり大抵は眠ると落ちる)
・神社仏閣へ参拝する。
・お勧めできないが怪我や手術。(メスを入れる事はカルマ落とし)

邪気を受けたら何となく気が付く。
身体が重くなったりイライラしたり、頭、首、肩が痛くなったり腰に来る場合もある。
とにかく原因不明の体の不調や違和感、メンタルの不安定や不眠、睡眠障害などは邪気を受けている可能性がある。
一時のものなら上の方法で取れたり数日で離れていくだろう。
しかし、それ以上続いたり絶対におかしいと思ったらそれは生霊や悪霊が付いている場合もあるので専門家に取ってもらうしかないが、一番大事なのは自分がそれを引き寄せるメンタリティーを持っていたり脇の甘さや優しさがあってそれによって引き寄せているというのを自覚することだ。
人生を変えてしまうような強力な邪気や執着する生霊に憑かれたら、いくら術者に落としてもらっても自分が変わらない限りまた来るしそれの繰り返しになる。
毅然として絶対にブロックするという本人の覚悟が不可欠だ。

大方の人は邪気が憑いても気が付かないうちに落ちているし、いつも何かしら憑けているのが普通だ。
しかしどこか変だという直観があったら、そちらに目を向けてみるのも一つの方法だと思う





 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR