親子の因業

2019–06–10 (Mon) 15:01
最近、元官僚が息子の反社会的行動を危惧し、殺害してしまった事件の記事を書いた。
かたやまた2歳児の虐待死があった。
親子関係というのはにとって最大の修行であり、カルマの清算の場だと思わずにはいられない。

肉親はソウルメイトで何度も転生を繰り返し助け合い愛情というものを学ぶ関係もあれば、過去生で敵対しひょっとしたら殺し合ったかもしれない因縁の相手の場合もある。
後者の場合は親子で生まれるぐらいだから、お互い過去生で何度もを積みその続きで今生も親子という逃げられない関係で生まれたのだろうか。

悲劇に終わる親子は、実はカルマの清算や因を断ち切るためにそこまでする必要があったのかもしれない。
様々なケースが考えられるが、生煮えのまま終わるより完全に負の連鎖を断ち切るためには徹底的にやるしかなかったのか。

的には、子供は親を選んで生まれてくるとスピリチュアルでは言われる。
極端な言い方だが、虐待死する子のは予めそのブループリントで来ていて、親より霊格が高い場合も多い。
虐待死することによって、親のを成長させるために来ただとも言える。
現実的には痛ましくてとてもそんな理屈が通らないのは百も承知だが、こんな極端な例は別にしても普通の親子関係でも不肖の子供、毒親は程度の差こそあれかなりの割合でいると思う。

家族は仲良く愛情で結ばれるという神話のせいで、それに縛られ苦しんでいる親も子供も見えないだけで大勢いる。
うまく行かない親子は、の本来の役割とは別に人間としての社会的常識や道徳観で、親子関係はこうあるべきという強迫観念に葛藤し苦しむ。
しかし、もし魂同士が因の相手なら、お互いカルマを清算する必要がある。
因縁を来世に持ち越さないためには、今回限りで因果関係を断ち切るという覚悟が必要だろう。
虐待や殺人は論外だが、大人になっても家族の不仲を悩む人は、違う角度から関係を見直してみてもいいと思う。

家族だから親子だから兄弟姉妹だからという既成概念で、自分を縛り付けるのはやめた方がいい。
もし母性や父性、親子愛や兄弟愛を知るのが今回の魂の目的なら、疑いなく愛を感じるだろう。
しかし「肉親だから愛して当然だ、そう感じられない自分は異常だ」と思うのは間違いだ。
それは今回は親子愛を知るためではなく、親子という関係でしかできない違う何かのためだからだ。

家族になった本来の魂の目的は様々だ。
だから今生でそれが達成できたかどうかが一番大切なのではないだろうか。



da3dab641ca5871e67ffbf064f627728_s.jpg





輪廻転生の繋がり

2019–05–12 (Sun) 17:27
このブログを読んでくれている人は、スピリチュアルに興味があるか多少なりともスピ人間の人が多いと思う。
私も含めて幾つかのスピブログを見たり様々なスピ情報に興味を持っているはずだ。
パワースポット情報とか神社仏閣情報とかはたまた当たる占い師からスピグッズ、怪しげな場所まで調べたり共有する。
知れば行ってみたり試してみたいものもあるだろうし、私自身も何度かそういうことがあった。

総じて言えるのは万人向けと個人向けがあるということで、神社仏閣はあまり個人を選ばないが、パワースポットや遺跡などは結構合う合わないがあるようだ。
勿論占い師などはもっとその落差が大きいかもしれない。

これは個人が持つの由来や傾向、過去生などと関係あって、神社でも伊勢系や出雲系、源氏筋平家筋があるくらいだから、古代からの場所、物はそこに関わる幾多のが今生になっても影響を受ける場合があるようだ。
例えばあるパワースポットと言われる場所に行って、パワーを貰って元気になる人もいれば逆に何か調子が悪くなる人もいる。
その場所にあるエネルギーと波動が合うか合わないかにもよったり、またかつてそこを敬った人と冒涜した人達ではその子孫やの系列で、訪れた人に全く反対の作用をすることもある。

よくお化け屋敷に肝試しに何人かで行って、全然平気な人もいれば熱を出したり怪我をする人もいるのはそのせいだ。
調子が悪くなる人は、一つは霊に敏感な場合、もう一つはそこの場所や浮遊霊、地縛霊と何かしらの縁を過去生で持つ場合だ。
平気な人は全く鈍感か強力な守護がついているか、そこに縁もゆかりもない人と考えられるだろう。

スピ人間は興味があるからすぐスピ的なものを試したくなるが、スピの世界は奥行きも幅も広い。
誰も彼も御利益があるわけではないし、Aさんがいいと言ってもBさんにもいいとは限らないのだ。

では何を基準に決めるべきか。
行きたいと思い邪魔が入らず行って気持ちのいい場所や、欲しいと思ってすんなり手に入り嬉しいと思えるものは自分と波動が合っている。
意気込んで行ったり買ったのに却って調子が悪くなっても、その場所や物が悪いわけではなくたまたま自分とは波動が合わなかったと考えた方がよい。
特にスピマニアはピンとくるものや何度もシンクロで目についたものは、偶然ではないと考えてもいいと思う。

は果てしない輪廻転生を繰り返す。
今の人生で触れ合うものは全て、過去生の影響を受けていると言っても過言ではないだろう。



291.jpg





『嵐』ショック

2019–01–29 (Tue) 16:35
今日の記事は嵐のファンの方はスルーしてほしい。

嵐の活動休止で日本中が大騒ぎになった。
折しも国会が始まる前日で、安倍政権は不正統計、、北方領土の交渉失敗など国民に注目されたくない内容が目白押しでその目くらましにまた繋がりのあるジャニーズ事務所を使ってスピン報道を仕掛けたのかと思う向きも多いようだ。
おまけにメンバーの一人の父が不正統計を行っていた総務省の当時の次官ともなれば、痛くない腹も探られよう。
そもそも二年後の活動休止について何故今なのか疑問を持たれても仕方がない発表だが、関係者にすればスピンにはなるしこれから二年間最大限の営業で収入が見込めるベストタイミングかもしれない。

私は嵐など興味がないのだが、TOKIOの解散の時も日本中の反応に違和感を覚えて記事にしたことがある。
今回もショックで泣きじゃくったり食事も喉を通らなかったり会社を休んだり、信じられないリアクションがツイッターに流れていてドン引きしてしまった。

スピリチュア的に考えると殆どカルトと変わらないと思う。
ただ教祖が歌手やタレントである違いと、教義も布教もないので社会にとっては健全だと言える。
しかし筋金入りのファンは洗脳状態と同じで、生活の大きな部分がその芸能人の存在で占められている。
同じ普通の人間でもファンにとっては偶像化され神格化されているから、独身のはずが恋人がいたり結婚するだけでも裏切られたりショックを受けたりするようだ。

その心理状態や行動様式は私にとっては理解不能だが、人間は昔から偶像崇拝の行動原理を持っていてその対象は神だったり王だったり支配者だったりした。
それらが廃れてきて、代わりにアイドルや人気グループに対して小規模ながら似た形態になっているのではないだろうか。
カリスマ性を持つ芸能人やグループは過去生を辿ると集団のリーダーや指導者で、そこに惹かれるファンはその集団に属していたというリーディングを読んだことがある。
もっと遡れば的には大きなソウルグループだったり宇宙からの移住集団で、同じ船に乗り合わせたかもしれない。

ファンは対象に理由もなく惹かれてしまうから、そういう意味では見えない世界の引き寄せであり、ファン同士が仲良くなったり妙な共同意識を持つのも頷ける。
過去生で一緒だったからだ。

この世でリーダーのもとにグループを作るというのは、現世だけの関係ではないと思った方がいい。
幸い歌手やアイドルに傾倒してもせいぜいファンクラブに入りグッツを買ってライブやコンサートに行くくらいだが、これが営利絡みや思想絡みだと問題が起きてくるから注意だ。
私も一度ライブに行ったことがあるが皆でペンライトを振る光景を見て、独裁国家の民衆が重なりぞっとした覚えがある。

芸能人のファンになり生きていく活力にするぐらいはいいが、解散や活動休止、あるいは結婚などでショックを受け会社を休むほどめり込むのは危険だ。
そして一番悪いのは、それを利用する勢力がいたりその意を受けて煽るように喧伝するマスコミに踊らされることだ。
彼らは夢を与えてくれたが、一方現実的には歳を取り人気の落ちて来たアイドルグループが、最後に打ち上げ花火で営業をかけているという残酷な見方もできる。
いくらアイドルで今世ではその役目で来たかもしれないが、人間であることに変わりはない。
今一つのミッションが終わって、嵐という虚像から一人の人間の実像へ戻る時が来たのだろう。


9f92aa915660e94318a6d4fa91e61d62_s.jpg





リインカネーション ー転生ー

2018–08–19 (Sun) 17:20
今朝から「リインカネーション」という言葉が頭に浮かんでいる。
何故だかわからないがとにかく何度も来るので、向こうの世界のサインだろうか。

リインカネーションreincarnationは「転生」を意味し、語源はre(再び)とincarnation(受肉)に由来する。
キリスト教ではキリストの再来を指すそうだが、再びが受肉しこの世に来るという転生の意味に使われる。

輪廻転生はそもそもはインドの古来からの死生観だが、仏教でも同様の転生という考え方や他の宗教でも微妙な違いはあるにしろは繰り返し転生すると信じられてきた。
スピリチュアルの世界に入るとこの輪廻転生は前提としてあって、前世、過去生をなくしてスピリチュアルは語れないくらいだ。
霊的進化のために転生を繰り返し最後にはもう転生も終わるという考え方が多いが、定義は差異があって各自の解釈次第だ。

アカシックリーダーによっては宇宙の転生時から視える人もいるが、参考までに何星出身か知ってみると案外特徴が分れていて納得できることがある。
普通は宇宙から来ましたと言うとのけぞられるので、身近な過去生のいくつかを知るのが一番実生活に役に立つだろう。
自分の性格や人間関係の躓きを前世を知る事により解明できる場合も多い。

肉親、家族、夫婦などは何度も転生で一緒になっているのは間違いない。
その時々で親子だったリ夫婦だったリ兄弟姉妹の場合が多いし、実際血が繋がらない養子や家族のように付き合う相手でも過去生では本当の親子や家族だったことがある。
その時の関係のあり様が継続することがあって、虐待関係の親子が逆の立場で生まれたり、不倫の三角関係が本妻と愛人が逆になって再び相まみえることもある。
これらは因果を持ち越してきたわけだが、今回の転生でそれを解消出来るようにがもう一度再チャレンジしているらしい。

大概いい関係のソウルメイトのは何度もの転生でやはり違う間柄でも助け合ったり愛し合っていたりしているようだ。
夫婦で「生まれ変わってももう一度一緒になりたい」と言えるのは過去も一緒だったからだ。
輪廻転生の不思議である。

今身近にいる人や大事な人が何度も時空を超えて一緒に過ごしていたと思うと、いいしれない感慨を覚える。
特に人生を共にしたり深い愛情で結ばれた人は、かつての世でも同じ思いで暮らしていたとしたら感動しないだろうか。
周りの家族や配偶者や大事な人とは果てしない時を経た邂逅だと思うと、つまらない諍いなどどうでもよくなってしまうだろう。
喧嘩の時にはその視点で考えて見ると、怒りなど感じなくなるかもしれない。

因みに母の日に贈るカーネーションは「リインカネーション」が語源だそうだ。
母の体で受肉し転生した感謝の気持ちがカーネーションなのだ。
なんとも深い。


007.jpg






前世の謎

2018–07–01 (Sun) 16:58
幽霊や霊魂は信じても輪廻転生前世を信じる人はそれよりは少ないだろう。
スピリチュアルを語る時魂の転生は前提条件なので何度かに分けて書いてみたい。

前世、過去生とも言うが、これについての考え方はスピリチュアル界でも微妙に解釈や定義が違っている。
大方の宗教では一つの魂、つまりその人のエネルギー体が丸ごと何度も転生を繰り返すと考えられているが、最近のスピリチュアル界では諸説がある。
私がなるほどと思ったのは魂は一度源のような大きなソウルグループに帰るが、また生まれ変わってくる時にほとんどそのままの魂の場合といくつかに分割されて大元のソウルグループのエッセンスを混ぜて持ってくる場合があるという考え方だ。

コップ一杯の水が一つの魂だとするとその何パーセントかに幾つか他の転生の魂の記憶も入っていると考える。
そうすると世界中で偉人の生まれ変わりが何人も出てきてもおかしくないわけだ。
事実私が読むスピブログでは歴史上の人物の過去生を複数持っているスピリチュアリストがいるが、魂の中に1%でも大きなソウルグループにいる○○王のエッセンスが入っていれば前世は○○王だとカウントしても理屈は通る。

証明の仕様がないので言った者勝ちの部分はあるが、案外歴史的に答え合わせをして当たっていたりするのを読むと、これが一番説得力のある過去生の考え方なのかもと思ったりもする。
まあ、普通はもしかしてと思っても恥ずかしくて前世が歴史上の人物などと自己申告は出来ないが、案外それをカミングアウトすることで自己肯定感を得たり自己存在証明をしたりしているのかもしれないので、迷えるスピ難民には自分を信じるために必要なのかもしれない。

確かにスピリチュアルに足を踏み入れたら、まず自分の前世を知りたいと思うのは通過儀礼だ。
スピリチュアルや信仰の世界に入る人達は大抵現実には説明も解明も無理だと思うような出来事や苦悩を抱え、人知の及ばない世界の存在を信じるようになっている。
小さい頃からスピ能力がある人も多いから、辻褄の合わないことをスルー出来ず見えない世界に解答を求めてしまうのかもしれない。

前世を語る時必ずついて回るのがカルマや因業、宿縁だ。
宗教的にもスピリチュアル的にもこれは似たような考え方で、過去生の因果を断ち魂の成長のために人間は何度も転生を繰り返すという。
確かに過去生を知れば今の人生の不可解に説明がつく事が多々ある。
こんなカルマがあるのだから仕方がないと思うかもしれない。
ただ、間違ってほしくないのはうまく行かない人生を前世や過去生のせいにした時点で負け組だということだ。
少なくとも今世はその汚名挽回の為にやって来たのだから、少しでもカルマを解消したり宿縁を断ち切ったりの自助努力を諦めては、もっと因業を積むことにもなりかねない。

人が転生するのは霊的進化のためだ。
中には過去生で頑張ったからご褒美のような人生もあるが、皆大なり小なり宿業は持ち越している。
人生の苦悩や試練はそれを解消するためのチャンスでもある。


DSC_0472.jpg





 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR