スピリチュアルとお金

2019–09–18 (Wed) 16:06
昨日友人と会ってお金に対しての面白い話を聞いた。
お金とスピリチュアルというとなぜか切っても切り離せない部分がある。
中にはスピリチュアルワークでお金ワークというのもあって、お金に対するブロックを解くというものだ。

世の中には金が欲しい、金が全てと考えている強欲人間もいるが、反対にお金は汚い、人間の欲の象徴だという意識を持っている人もいる。
どちらも、顕在意識で思っていなくても潜在意識で持っていることは多い。

殆どは過去生か先祖のカルマによって今世のお金に対する意識は決まる。
お金に執着し何よりお金が大事な人や金に汚い人は、自身の生育歴の中でお金で苦労した経験を必ず持っているし、それ自体が先祖の因だったり過去生のカルマだったりする。
一方お金は汚いものという意識を持つ人も、やはりどこかでお金について苦い経験や悲惨な目に遭ってお金にまつわる醜い部分を見て来たのかもしれない。

スピをやっていても金儲けの手段と考える人とボランティアと考える人がいて、前者はそれなりの投資をしたビジネス、後者は一銭もかかっていないから人助けという意識だ。
中には「お金はエネルギーなのでどんどん回しましょう」と言って、お布施や寄進を促すカルトまがいの霊能者やグループもあるが、お金を引き出す口実でしかないので注意が必要だ。

金は天下の回り物というが、確かに必要な人のところには回っていくのかもしれない。
生き金を使うという言葉があるが、有効に使うならお金は喜ぶし友達を連れて戻ってきてくれる。
不思議なもので魂のプログラムとして必要な事であれば、何故かその分だけお金が来るとスピ界では言われている。
かくいう私も最近それを証明されたようなことがあった。

お金はきれいも汚いもない。
ただ必要なところを回るだけで、そこに欲やエゴや愛や優しさなど様々な思念のエネルギーが乗るだけだ。

昨日友人に教えてもらったのは、財布の扱いについてだった。

折り畳み財布よりもお札が折れない長財布が良い。
男性によくある尻ポケットへ入れるのは最悪で、座って財布とお札をお尻の下に敷いてしまう。
財布に入れるお札の向きは、底に対してお札の頭が来るように下向きに入れる。
これは、頭から入りお札が居心地がいいからで、出す時もそのまま持てば頭が上になる。
角が折れているのは必ず直す。

等々、指南された。
大体知っていたことだが、私はお札の向きは違えていたので早速直してみた。笑

お金で買えないものがあるといつも思っていたが、明日食べる物にも困る状況になるとそんなきれいごとは言っていられない。
命も心もお金では買えないが、生きていく為にはお金は必要で、食べるに困らない人のみがそんな理想論を言えるのかもしれないと思う。
お金はあるに越したことはないが、いいエネルギーを乗せ、生きたお金を使いたいものだ。


067.jpg





良心と罪悪感

2019–09–09 (Mon) 14:47
大抵の人は良心を持っている。
サイコパスやメンタルに欠落のある人以外は大なり小なり良心の呵責や罪悪感を感じたことはあるだろう。
それはどこからくるかというと、かなり環境的要因があるだろうが、的に持っているのもあると思う。
そういう意味では良心とは人が生まれながらに持っているものと言えるかもしれない。

例外もあるが、大抵の人間は時々の社会の中でいい事悪い事の区別は持っており、その境界線は個人によって違うにしても大きな括りは違わないと思う。
犯罪を犯してはいけない、人を殺傷してはいけないことは誰でも知っている。
罪に問われなくても倫理的にいけないことをした場合や人を傷つけた時に良心が痛むのが普通だ。

良心の呵責はしばしば罪悪感となり自責と自己刑罰に繋がるが、その傾向が殆どない人と過剰に持っている人がいる。
前者は楽天的な人に多く後者は悲観的な人に多いような気がする。

スピ界ではよくブロックの解放とか潜在意識の書き換えというワークをして、過去のトラウマやの持っているカルマを軽減させようという取り組みがある。
今世だけではなく過去生に遡って持ってきたカルマから、今の自分を紐解き解明する事もできる。

特に罪悪感を持ちやすい人や自責傾向のある人は、必ず過去生で何かしら辛い経験を持ちそれを解消しきれないまま生まれ変わっているが多い。
よくあるのは過去生のカルマを清算するために縁のある相手とまた今生でも縁を持ち、似たようなパターンを作ってかつてクリアできなかった課題に取り組むケースだ。

もし他人が問題なくやり過ごしてしまえる事象や出来事に、過剰に囚われ良心を痛ませたり罪悪感を持つような場合は、必ずそこに潜在意識やが持っている大きなテーマがあると思った方がいい。

無駄に苦しむ必要はないが、どうしても拭い切れない不安や恐怖、苦悩や贖罪意識は、実は目の前にある現実的な問題を通して、もっと奥深くにある潜在意識やの課題を教えているのかもしれない。

そんな時には自分の子供時代から振り返り、同じパターンや似たような反応を繰り返していなかったか検証し、その大元がどこにあるのかを探ってみると思いがけない答えが見つかる場合がある。

良心の呵責や罪悪感に悩んでいる自分に埋没するのではなく、表面的な問題ともっと奥にあるものも含めて積極的に原因と解決方法を模索した方がいい。

人間は良心というものを持たなければどんなに生きやすいかわからないが、良心を持っているからこそ人間なのだと思う。



21be83f143d6bdb24714d752895689c9_s.jpg





親子の因業

2019–06–10 (Mon) 15:01
最近、元官僚が息子の反社会的行動を危惧し、殺害してしまった事件の記事を書いた。
かたやまた2歳児の虐待死があった。
親子関係というのはにとって最大の修行であり、カルマの清算の場だと思わずにはいられない。

肉親はソウルメイトで何度も転生を繰り返し助け合い愛情というものを学ぶ関係もあれば、過去生で敵対しひょっとしたら殺し合ったかもしれない因縁の相手の場合もある。
後者の場合は親子で生まれるぐらいだから、お互い過去生で何度もを積みその続きで今生も親子という逃げられない関係で生まれたのだろうか。

悲劇に終わる親子は、実はカルマの清算や因を断ち切るためにそこまでする必要があったのかもしれない。
様々なケースが考えられるが、生煮えのまま終わるより完全に負の連鎖を断ち切るためには徹底的にやるしかなかったのか。

的には、子供は親を選んで生まれてくるとスピリチュアルでは言われる。
極端な言い方だが、虐待死する子のは予めそのブループリントで来ていて、親より霊格が高い場合も多い。
虐待死することによって、親のを成長させるために来ただとも言える。
現実的には痛ましくてとてもそんな理屈が通らないのは百も承知だが、こんな極端な例は別にしても普通の親子関係でも不肖の子供、毒親は程度の差こそあれかなりの割合でいると思う。

家族は仲良く愛情で結ばれるという神話のせいで、それに縛られ苦しんでいる親も子供も見えないだけで大勢いる。
うまく行かない親子は、の本来の役割とは別に人間としての社会的常識や道徳観で、親子関係はこうあるべきという強迫観念に葛藤し苦しむ。
しかし、もし魂同士が因の相手なら、お互いカルマを清算する必要がある。
因縁を来世に持ち越さないためには、今回限りで因果関係を断ち切るという覚悟が必要だろう。
虐待や殺人は論外だが、大人になっても家族の不仲を悩む人は、違う角度から関係を見直してみてもいいと思う。

家族だから親子だから兄弟姉妹だからという既成概念で、自分を縛り付けるのはやめた方がいい。
もし母性や父性、親子愛や兄弟愛を知るのが今回の魂の目的なら、疑いなく愛を感じるだろう。
しかし「肉親だから愛して当然だ、そう感じられない自分は異常だ」と思うのは間違いだ。
それは今回は親子愛を知るためではなく、親子という関係でしかできない違う何かのためだからだ。

家族になった本来の魂の目的は様々だ。
だから今生でそれが達成できたかどうかが一番大切なのではないだろうか。



da3dab641ca5871e67ffbf064f627728_s.jpg





元次官息子殺害事件

2019–06–04 (Tue) 16:32
川崎の小学生殺傷事件に続いて東京練馬では元農水省事務次官が44歳の息子を殺害した。
いずれも共通するのは加害者も被害者も引きこもりの中年男性ということだ。

どちらも調べていくと発達障害的部分を持っていてそれゆえ学校でいじめられたり、長じても社会不適応で社会生活から落伍してしまったようだ。
後者はエリ-ト官僚だった父親が、そんな息子が社会の加害者になることを危惧しての結果だったようだが、何ともやりきれない事件だ。

息子は44歳無職でドラクエの有名なゲーマーで、ツイッターのアカウントはゲームの名前だが、自分自身のことも暴露している。
読んでいけば普通の感覚の持ち主でないのは判る。
父親の威光を嵩に特権階級を自慢しているが、母親に対しては異様な憎悪を吐露している。

単なる44歳の中年男として見るから異常に感じるが、彼はアスペルガ―症候群で統合失調症の診断も受けている。
川崎の犯人もそうだが、この二人は発達障害という共通の部分を持ちそのせいで社会に馴染めずトラブルを起こし、無職や引きこもりになったという同じ経緯のようだ。

犯罪者を調査すると発達障害や精神病質の割合が高い。
切れやすい、暴力をふるう、良心の欠如など、アスペルガーやサイコパスの特徴だ。
勿論アインシュタインやエジソンもADHDだったそうだから、突出した部分は人類の福音にもなるし厄災にもなる。

スピリチュアル的にはは人生のブループリントを持って来るから、殺人でさえ何かの予定調和と言えなくもないが、現実問題としては悲惨で本人達のカルマと片付けるには忍びない。

息子を殺した元事務次官はエリート官僚で、問題のある息子のことなどおくびにも出さず出世階段を駆け上がった。
池袋で数人を殺傷する自動車事故を起こしたエリート官僚の老人はいまだに免許取り上げだけで逮捕もされていないが、さすがに国家権力も殺人までは揉み消せなかったようだ。

二人ともエリート官僚だが、この二人には違いがある。
一人は事故を起こしてもまず自分の身元を消して権力を頼り保身に走った。
もう一人は自分の息子が川崎殺傷事件のように社会に迷惑をかける前に、覚悟を決めて自らの手で責任を取った。
後者の上級国民の方が、ある意味まだ人間としての良心を持っていたような気がする。

殺されたゲーマーの息子のツイッターが消されず、今でも閲覧可能になっている。
最後のツィートは殺される3時間前で、「誰も一人では生きられない」というような予言めいたことを残していた。
崇拝する父親の手でリセットされたことが、何ともの宿命を感じてしまう。



796aac2c099e8da9ea9f672901d7fa4e_s.jpg





親子という呪縛

2019–03–26 (Tue) 17:00
最近息子が両親を殺害するという事件が起った。
スピリチュアルでは子供が親を選んで生まれて来ると言われる。

自分の子供に「どうしてママの子供になったの?」と聞くと、ちゃんと理由を言う幼児もいるそうだ。
「ママとパパを前から知っていたから」「今度はママの子供になろうとお空の上で決めていたから」等々。
大抵は幼少時のことでその子自身も忘れてしまうことが多いようだが、スピリチュアリストのブログで、前世との関りを説明して、だからあなたの子供に生まれて来た、と言っている娘さんの話があった。

確かに親にしても子供にしても、どうしてこの人と親子なのかと疑問を持つことはある。
親子関係がうまく行き問題ない親子ならそんな疑念は湧かないだろうが、世の中には他人が思っている以上に親子や兄弟姉妹の不和は多い。
毒親が子供を虐待するのはよく知られるが、その関係がある時逆転して虐げられていた子供が親が弱った時に老人虐待をするケースもあるようだ。

悲しいかな親子でも、好んでこんな親のところに生まれてきたわけではない、選んでこの子を産んだわけではないと心の奥底で思う時もあるのではないだろうか。
誰でも反抗期には「生んでくれと頼んだ覚えはない!」と思ったり実際に親に言ったことがあると思う。
しかし実は自分がその親を選んで生まれて来たのかもしれないのだ。

は様々な目的で親子としてこの世に来る。
ソウルメイトで助け合うため、お互いの霊的修行のため、あるいは前世のカルマを清算するためなど目的は様々だ。
だからそれに応じて幸せな親子もいれば、近親憎悪に陥る親子もいる。
子供のためなら命を投げ出す親も子供の命を奪う親もいるのはそういう理由だ。

親なら同じ子供でも何人かいれば全く性格が違うのが分かるし、子供の方は親に対する評価がその子によって違ったりする。
だから世間は一括りで親子だから家族だからうまく行って当たり前、最終的には分かり合えるという幻想を抱くが、実はそもそものの役割を考えたらそれは無理な話なのだ。

虐待死させられる子供もいるが、親を殺す子供もいる。
成人になっても引き籠り、DVで親を苦しめる子供や、親を殺す殺人事件も起きているのが事実だ。
昔は尊属殺人と言われたが、そんな名称がつくほど実は昔から親を殺す事件はあったということだろう。
確かにギリシャ神話にも親殺しの話はあって、歴史的にも枚挙に暇がない。

子供を虐待死させるのも親殺しも「何故親子なのに」と思うかもしれないが、実は親子だからこそなのだ。
他人ならきっとそうはならなかったが、親子という呪縛でそこまで行ってしまうのだろう。

の深い親子でもがそういうプログラムで来ているのなら、それは今生では致し方のないことだ。
残念ながら親子関係は変えられない宿命であり、の一番厳しい修練場なのかもしれない。



f450f19c964fd57d9e181ae9d9ca7f18_s.jpg





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR