悪霊・生霊の引き寄せ

2019–11–04 (Mon) 14:35
ある霊能者が言っていたが、除霊を依頼に来る人で本当に悪霊に取り憑かれて霊障を受けている人は1割ぐらいしかいないそうだ。
原因不明の不調とか運の悪さなどを感じると、見えない世界を信じている人はついそちらに原因を求めてしまう。
しかし大抵は自分がそれを作り出している場合が多い。

よく茶碗が割れたとか物が落ちて壊れたなどは、縁起が悪い、何か良くないことがあるのではないかと思ってしまう。
私もその傾向があるので、何かある度に疑心暗鬼になりそれを意識してしまっていた。
結果実際に何か起こったりする。
しかしこういったことは殆ど自分がその時に「縁起が悪い」とインプットしてしまって、その後よくないことが起こったら自分が引き寄せてしまっていると気付いた。

それと同じで、悪霊生霊が憑いて霊障を起こしているのではないかと疑念を持つ時も、仮にそうだとしても自分自身が何かしら思い当たることがあって、それが心に残り霊道やコードを繋げていわばウェルカム状態にしているからだ。
いくら悪霊生霊なりが飛んできても受信機が無ければ電波は跳ね返されるだけだが、原因を作ってしまった覚えがあればそれにこだわる心が受信機となってキャッチしてしまうわけだ。

生霊などは誰でも飛ばしたり飛ばされたりしているが、普通は大した影響もなく終わっている。
しかし例えば恨みを買うようなことをしたり、あるいは相手に悪いことをしたという良心の呵責が大きければ、お互いの想念がコードとなって繋がり相手の思念に呼応して自分が反応してしまう。
良心の呵責があれば自己刑罰的に具合が悪くなったり不調になったりするし、撥ね退けられなくなって本当に生霊に取り憑かれる状態になってしまうだろう。

占い師や霊能者の所に行って悪いことを言われると、それが引っ掛かり自分でネガティブに落ちていく場合などもそうだ。
もっと言えば懇意にしていた霊能者とうまく行かなくなり、「報いを受ける」などと物騒な言葉を吐かれた日には、もう恐ろしくて呪いでも飛ばされるのではないかと縮み上がるが、その段階ですでに自分自身に呪いをかけてしまっている。
相手に霊障を起こせるほどの占い師や霊能者はそういないし、もし出来たとしてもそんなことをしたら闇と繋がっているので本人自身がいずれ報いを受ける。

引き寄せの法則はよく言われるが、私も最近は確かに自分が潜在意識に刷り込んでしまったことは自分が現実化しているのではないかと思っている。
「これをやったらこうなる」というのは本人が作る法則で、実は外部的な力ではないことがほとんどだと思う。
何があっても必要以上に恐れる必要はないし、現実は自分が作り出しているのだという意識を刷り込めばいい。

そして考え方の転換だ。
仮にお守りのように大事にしていたブレスレットが切れたとしよう。
これを「大事なブレスレットが切れたから何か悪いことが起こる、怖い」と思うか「代わりに切れてくれた、厄を落としてくれたからもう大丈夫」と思うかの違いだ。
前者は自分で悪いことを引き寄せるパターンで、後者はすっきりして何も起こらないパターンだ。

「幽霊の正体見たり、枯れ尾花」という言葉があるが、悪霊生霊も相手にしないか、油を注ぎ燃え上がらせるかは実は自分の心持ちいかんなのだと思う。


aa89452ba72dab4ea2575350ae7cf1a9_s.jpg





魔除けの香り

2019–04–15 (Mon) 16:47
最近アロマを始めてみた。
部屋にアロマオイルのディフューザーを置いただけなのだが、いい芳香で気持ちが落ち着く。

香りはスピリチュアルとは切っても切り離せない。
霊臭というのがあって、神仏や霊は香りで知らせることがある。
高い神仏や高級霊ほどいい香りで知らせてくれるし、低次の霊や悪霊になるほど嫌な臭いがする。

よく言われるのは、どぶ臭かったり生ごみの臭いは良くない霊ということだ。
実際浮遊霊や地縛霊のいそうなゴミゴミした湿った場所はそんな臭いがする。
だから悪霊が来るのか悪霊が集まるからそんな匂いが強くなるのか、とにかく相乗効果だろう。
因みにシャワーも浴びず体が臭くなるような状況になると、悪い霊も臭いで引き寄せられるので、体も服も常に清潔にしていた方がいい。
同じ波動の物は必ず引き寄せ合うからだ。

反対にいい香りは魔除けにもなる。
お香や香油は古来から神事にも使われたし、実際魔除けとして使われているハーブもある。
西洋ではセージやローズマリーは魔除けとして家に置かれていたし、インドや日本でお香として焚かれている白檀も魔除けの力がある。

昔から西洋では精油は医療用としても使われていたので、アロマテラピーは統合医療の一つとしても考えられる。
事実今でもヨーロッパでは医療の場でメディカルアロマテラピーを取り入れているし、日本もそういう流れが出来つつあるようだ。
こう考えると香りとはかなり奥が深く多岐にわたる効用がある。

以前魂のリーディングをしてもらった時、私は香りを常に身の回りに置いた方がいいと言われた。
今回アロマオイルとディフューザーを買って香りを吸った時に、はっとそれを思い出した。
そしてバラの香りがいいと言われたのだが、最初に使ったオイルはローズゼラニウムだった。
本物のバラではないが、バラの香りがすることからローズゼラニウムと名付けられたものだ。

思わずこれはシンクロかも?と思ってしまった。
本物のバラのオイルは高価なので、ローズゼラニウムや最強の魔除けであるローズマリーを使うことにしよう。
因みにローズマリーは脳の活性化にもいいそうだから、私にはぴったりかもしれない。笑



3f4a76763e111c6c2c17d3cf13be87c3_s.jpg





メンタルを病むスピリチュアル ・ 2

2018–12–08 (Sat) 17:42
占いやカウンセリングをやっているとメンタルを病んでいる人がお客としてくることが多い。
私は副業とまで言えない程度だが、それでも一時集中的に来た人は鬱病、虐待、近親憎悪というヘビーな人達が多かった。
ヘビー過ぎてもう無理だと思ったらパタリと来なくなったが、それでも偶然知り合って相談に乗ったり、友人のカフェで助っ人で視たりしていると、ほぼほぼそういう背景を持っている人が来る。

これは自分でも判っているのだが、無条件にそういう人も受け入れる脇の甘さがあって相手は元気になるがこちらは疲れ切ってしまうというパターンなのは、私がビジネスに出来ない部分があるからだ。
最近もある場所で行きがかり上二人の男性を視たが、一見普通でもどちらも鬱病の長い病歴を持っており社会生活からドロップアウトしていた。
人に言えないことも鑑定では聞くことになる。

どちらも鬱病の原因は家系的な因縁にあって、それもかなり深刻でお祓いや除霊でどうなるものでもない重く複雑なものだった。
生まれた時から持ってきているもので、因縁という悪霊を憑けて生まれてきたような状態ともいえる。
何かのトリガーでその憑依現象が発動すると、鬱や統合失調症が始まるのだろう。

一族で代々一人はもろにその因果を引き受ける人間がいる。
おかげで他の兄弟などは少しは影響が軽減されるのだが、それでもメンタルを病んだり依存症になったりは多いようだ。
今までもそういうケースを何人か観たが、精神疾患で社会生活を営めないような状態になる人は、生まれた時から憑依されているので一体化しており、無理に入っている憑依霊を取ると本人自身が廃人になってしまう危険性もあるようだ。

経験的にメンタルを病んだ人の家系や先祖の話を聞くと、おどろおどろしい場合が多い。
精神疾患だけではなく自殺、早死、病気、色情因縁、依存症などが多く出る家系は、殆ど深い宿業を持った家系だと考えていい。
そして業が積み重なり負の連鎖になるので、もはや本人だけを除霊しても無理という状態になる。

何とも気の毒な話だが、スピリチュアル的に言えば選んでその家に生まれて来たのなら、カルマ解消をしていかなければならない本人の魂の修行でもある。
御本人達にはまず自分の責任でない部分もあるのを理解して貰うのが第一歩だと思う。

勿論誤解のないように書いておくが、メンタルを病んでいる人が全て見えない世界の影響を受けていると言っているわけではない。
誰でも心が弱ったり折れて鬱病になることもあるだろうし、適切な治療で再発せず回復する人も多いだろう。

ただ何度も繰り返したりあまりにも度合いがひどい場合は、見えない世界の影響があるかもしれないということだ。
話を聞けば布団から出られなかったり何度も自殺しかけたり、逆に過激な行動に出て警察沙汰になったりと壮絶な病歴の鬱病患者もいる。
しかし皆普通に戻りたいと願っているのは同じだから、色々な視点から病気を考え原因を探り、もし家系的なものもあるのなら受け入れそれと向き合って超えていくしかないのだと思う。


be9d5030e21aaf842172fbca2a080b23_s.jpg





轡返し

2018–11–22 (Thu) 14:59
陰陽道で『轡(くつわ)返し』というのがある。
私も最近知ったのだが、霊障にまつわる事で案外あるケースらしい。

轡返しというのは次のような状態だ。
死霊、生霊に憑かれ霊障を起こして辛い目に遭っているとする。
それを霊能者や陰陽師などに除霊してもらいすっかり霊は取れて霊障もなくなるはずなのに、まだ霊障のような状態が続いている場合がある。
もうすでに悪霊のせいではないのに、霊障が強すぎてその恐怖や不安が頭から離れず潜在意識で自分で霊障と同じ症状を起こしてしまうことだ。

人間の意識は顕在意識と潜在意識があって、力のある能力者に完全に除霊してもらい顕在意識では「もう大丈夫、辛い体の症状も消える」と思っても、実は潜在意識はまだ納得しておらず刷り込まれた恐怖や不安は消えていない。
そこで関係ない出来事でも、また取り憑いていた霊が戻ってきたのではないか、まだ何か憑いているのではないかと不安になりその恐怖が霊障と同じ症状を自ら作り出すのだ。

霊障は大抵体の不調で現れるが、「病は気から」という通り霊障を受けていた時の状態に体が戻ってしまう。
で、除霊してもらったのにまだ治っていない、おかしい、私はどうなっているのだろう、病気だろうか、などと今度は体と一緒にメンタルまで病んでしまったりする。

人間の体とは心や意識、特に潜在意識によってどれだけ左右されるか計り知れない。
特に長い期間に悪霊憑依を受けていた人などは、一気に除霊しても体が憑依状態の不調に慣れていたのですぐには戻れなかったり、一時良くなっても戻ってしまったりする。
また短期間でも生霊を飛ばされ激しい霊障が出ると、除霊してもらってもその恐怖が植え付けられてなかなか潜在意識から消去できなくなる。
憑依霊のことを考えただけで実際憑いていなくても、体が条件反射のようにその時の不調状態に戻ってしまうのだ。
あるいは頭では納得していても潜在意識に刷り込まれているので体がそちらに反応してしまうとか。

死霊や生霊憑依で霊障を受ける人は気が付いていないだけで結構いると思われるが、特にエンパス系の人や霊媒体質の人は常に何かしら受けていると思う。
中には何十年も同居していて一体化している人もいるし、何かのきっかけで強力な生霊を飛ばされ体にダメージを受けることもある。
怖いのは専門家に除霊してもらわなければならないほど強い憑依霊は、除霊した後も心身共に損なわれているので回復までのケアも必要だということだ。

弱っている時は風の音にも怯える。
「幽霊の正体見たり枯れ尾花」ということが実際よくある。
スピ系人間は霊の影響も受けやすいので、ガードをしっかりして、もし霊障だと思ったら早目に然るべき所へ確認に行った方がいいかもしれない。
長引けば長引くほどメンタルも体も霊障に悪い意味で馴染み、取れた後まで引きずる危険性があるからだ。

かくいう私も実は『轡返し』の体験者の一人だ。



61e72a64b1c3ecda4ef0fe6e7ba85ddb_s.jpg






ハロウィンと悪魔

2018–10–30 (Tue) 16:12
今、世間ではハロウィンで大騒ぎをしている。
年々大々的になって来るが、これはバレンタインのような商業ベースに乗せられたものではなく、自発的に若者の中で規模が広がっているようだ。
週末に渋谷で大騒ぎをし軽トラを引っくり返す若者の画像がニュースになっていたが、邪鬼が群れを成し馬鹿騒ぎをしているようにしか見えない。

というのも個人個人なら多分普通の若者なのだろうが、ああいう場所でああいういで立ちで集団になると違うものに乗っ取られてしまうからだ。
元々渋谷や新宿は場所的に負のエネルギーが充満しているし、渋谷のスクランブル交差点は地縛霊や浮遊霊が常に放浪している。
そこであんな悪魔やゾンビや禍々しい物の扮装をした集団が群れるのだから、いいわけはない。
怪我人や死者が出ないで済んでいるのが不思議なくらいだ。
見える人が見たら本当の魔物や幽鬼がたくさん混じっているだろう。

人間は格好によって気持ちや出すオーラさえ違ってくる。
女性が化粧っ気もなく普段着でいる時と、きちんと化粧をしお洒落をした時では雰囲気が変わり顔つきまで変わる。
男女問わず身なりを整えれば背筋も伸びるし無意識でそれに相応しい立ち居振る舞いをするはずだ。

装いは自分を変える手っ取り早い方法だから、コスプレというのは変身願望の強い人間、逆に言えば今の自分に不満がある人間の欲求を満たす行為だ。
格好を変えれば違う人間になれるからだ。
だからハロウィンで変装をしたがる人間が増えるのだろうが、扮装によってそれに同調する気やエネルギーが出て最後にはネガティブな見えないものにシンクロし呼び込む。

血だらけのゾンビの服を着ていい気持ちになるだろうか。
いい気持になったりぞくぞくするのなら、自分の中にそういうマイナスで危ない部分があると思った方がいい。
そして仮にそんな扮装をしたらその気になってしまう可能性さえある。
罪を犯さないまでもネガティブな部分が解放され、平気でトラックを倒したり狂気じみたことが出来てしまうのだ。

仮面を被って殺人を犯す設定はよく犯罪ドラマであるが、仮装して違う格好になるということは違う自分が出てしまう可能性がある。
中世の仮面舞踏会は貴族が貴族らしからぬことをしてもいい作法だった。
誰か判らないからだ。

渋谷で魔女や悪魔やゾンビや死神が大騒ぎをすれば、本物もやってきて誰かにすっと入り込むかもしれない。
浮かれた若者はくれぐれもご用心だ。


05ddee65f13f17bdc6c3deca12b43255_s.jpg






 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR