縁結び・縁切り

2018–07–23 (Mon) 16:02
私は神社仏閣巡りが趣味だが最近は若い参拝客も多い。
特に若い女性は縁結びのご利益を求めてくるようだが、中には縁切りのために参る人もいる。
縁結びで有名な神社と縁切りで有名な神社では、雰囲気も違い奉納された絵馬の内容も当たり前だが正反対だ。

若いカップルが二人で縁結びを願い参拝するのは微笑ましいが、実はこの縁結びの願掛けは少々怖いものがある。
二人で一緒に縁を結ぶ願を掛けると、万が一うまく行かなくなり別れたいと思っても神仏に願を掛けて結んでしまった縁はまた切らない限り残る可能性があるからだ。
結婚した夫婦や結婚を約束している場合ならいざ知らず、たまたま付き合うことになって安易に縁結びを願うと事情が変わった時に厄介なことになる。

ある観光スポットでカップルが互いの名前を書いて南京錠を掛ける縁結びの願掛けの場所があり、おびただしい南京錠がかかっていたが、それを見た時に私はなぜかある種の怖さを感じた。
この錠をかけた人達はその後どうなったのだろうかと。
勿論結婚して幸せになっている人が多いだろうが、そうでない場合お互いを呪縛する依り代になってしまうのではないかと。
別れる時は錠を外しに行った方がいいと何かの記事で読んだことがあったが、その通りだと思う。
神社仏閣で特定の相手とお互いに縁を結ぶ願をかけたのなら、別れる時はその縁を切ってもらった方がよい。
神仏に何か願い事をして成就したらお礼参りに行くのは筋だし、縁を結んでもらって駄目になったら切ってもらうのも筋だ。

縁結びはいいことなので誰でも軽い気持ちで願う。
恋愛や結婚でいい相手との縁が出来るとか、仕事、人間関係といった決まった相手ではないものに対しての縁結び祈願なら構わないが、カップル二人で縁結びの願を掛けるならくれぐれもその後のことも考えて慎重にした方がいいような気がする。

一方縁切り寺や神社は、悪縁を切りたい人達だから深刻度が違う。
ストーカーやDV相手、色情因縁を切りたいというのが大半でそれは同時に相手の執着や生霊を断ち切る事でもあるので、魂の救済という意味では神仏は動いてくれると思う。
中には不倫相手の妻が離婚してくれますようになどという見当違いの縁切りもあるが、そういう場合は自分に返って来るのであくまで自分にとって良くない縁を切るようにお願いするのが縁切り願掛けだ。
縁切り寺社は悪縁を断ってから良縁をもたらしてくれるそうだから、一度身の回りをすっきりさせたい人はいらない縁を切ってもらい良縁を呼ぶために縁切り寺や神社へ参るのがいいだろう。

単にいい縁がほしい、恋愛や結婚がしたいという願望だけで縁結び神社へ行くより、知らずに結んでいる悪縁を切ってもらった方が新しい縁も来やすくなる。
よくスマホの住所録を整理すると新しい人が入って来るというが、縁も同じかもしれない。

いずれにしても円満な別れでない場合は、次の恋愛のためにも縁切り寺や神社へ行ってこれまでの相手との縁をきれいに切ってもらった方がよいと思う。


DSC_2470.jpg DSC_2499.jpg






恋愛と色情因縁

2018–06–20 (Wed) 16:29
前記事で恋愛における生霊のことを書いたが、もう一つ注意しなければならないのは恋愛色情因縁はシンクロする場合が多々あることだ。
色情因縁は文字通り色情にまつわる因業の事だが、男女関係でトラブルを抱える人はまずこれを持っていると言っていい。
先祖の因縁や過去生のカルマもあるが、その業に蛇霊がつく場合が多く中には家系的にずっと祟られている場合もある。

そしてこの因縁は周りの人間をも引き込む怖さを持っている。
霊障を受けたり憑依体質の人は優しい人や思いやりのある人が多いが、それを見込んで悪霊や色情霊が憑いてくる。
逆に霊の世界など信じない人や冷たい人、エゴイストは、何が来ても弾いてしまうので取り付くしまが無い。
気持ちの優しい人は同情したり突き放せないので、恋愛でも押し切られたりずるずる引き摺るられてしまうことが多い。
常にエネルギー交換をしていれば、相手の色情因縁まで貰って生霊に乗った蛇霊が体内に侵入してくる可能性もある。

色情因縁を持つ者同士が引き合うだけでなく、ピュアな魂を持っている人も色情霊は憑いてくることがあるから注意だ。
世の中には別れる切れると騒ぎながら絶対に別れられない腐れ縁のような男女がいる。
DVの関係などはする方は色情因縁を必ず持っているがされる方は「私が助けてやりたい」「私が付いていなければ」「根はいい人だ」などと同情して離れられなくなる場合も多いが、この発想はすでに半分色情因縁に取り込まれてしまった状態だ。

肉欲がベースにあるのが色情因縁だから、男女の交わりは一番効果的な方法でエネルギーを注入できる。
つまり執着という生霊とそれを動かす色情因縁が一緒にエネルギー交換として送り込まれるわけだ。
書いているだけでも恐ろしいが、私も何度か色情因縁で結びついている夫婦や恋人同士を見たことがある。
恐ろしかったのは持っている因縁同士が融合して、相互にエネルギーを注ぎ合っている感じがしたことだ。
DVは殆ど共依存になってしまうが、片方が逃げ出そうとすると片方は半狂乱になり修羅場が繰り広げられる。
色情因縁に取り込まれてしまうと最後には一緒に落ちて因業の泥沼をのたうち回ることになるので、スピリチュアル的には安易な恋愛や肉体関係を持つことは避けるべきだ。

いわゆる赤い糸で結ばれた運命の人はいるだろう。
しかし、色情因縁で結び付く相手は必ずトラブルが起こり離れたくても離れられなくなる。
それでも続くのは運命の人だからだなどとは、くれぐれも錯覚しない方がよい。
恋愛の最中に違和感があったり段々違うと感じたり、また相手が変わってきたり執着が凄くなったら、それは色情因縁のせいかもしれない。
男性でも女性でもDVとストーカーと変質者は必ず色情因縁を抱えている。






恋愛と生霊

2018–06–19 (Tue) 16:53
恋愛エネルギー交換だ。
お互い同じ波動と霊格の高さを持ちいいエネルギー交換が出来れば高め合っていける。
仲のいい夫婦が長年一緒にいると雰囲気や顔まで似てくるのはそのせいだ。
これが釣り合いが取れなかったりあまりにも高さや種類が違ってくると、一方がエネルギ-を吸われるだけになったり逆に悪しきエネルギーを注入されたりする。
恋愛ではすでにコードが繋がっているから、そのパイプを通って波動や念も繋がる。

物理的な接触が一番ダイレクトなエネルギー交換だが、離れていても電話やメール、あるいは思っただけで気脈は通じる。
好きという感情は念としてはかなり強く嫉妬や憎悪と同様生霊になって相手に飛ぶ場合がある。
相手の幸せや相手の立場を思いやる「愛」では高次のエネルギーとなるが、相手にお構いなく好きだ、独占したいというエゴが主となる感情は執着になりしばしば生霊になって飛ぶ。

一番厄介なのはストーカーで相手の方は知らなくても四六時中監視して考えているのでその執着たるや強烈だ。
物の怪のような生霊になって相手の体をぐるぐる巻きにしてしまう。
ストーカーになる人間は最早相手と接触しなくても自分の執念という強力なエネルギーを飛ばし続けるから、相手の方も普通の精神状態ではなくなってしまう。
大抵ストーカーされた方もした方も無傷ではいられない。

ストーカーまでならなくても恋愛が終わる時には大なり小なり交換したエネルギーの清算が必要になる。
相手の執着が強いと生霊となって取り憑き、DVの恋愛などは逃げ出そうと思っても加害者の執着が強く接触を持ったりメールを見ただけでもパイプが繋がるし、相手に恐怖を感じただけで生霊が飛んでくる。
相手の事を気にするというのは閉じていたパイプを開けるという事なので、ストーカーがメールを送り付けるとそれを見て相手の事を考えてしまいいつまでも繋がって生霊を送られる訳だ。

私も実は長い間生霊に乗られていて大変な目にあった。
生霊が乗ると首や肩が痛くなったり常に凝って重たくなる。
夜も眠れなくなって何度も目が覚め気分が塞ぎ鬱状態になる。
仕事や人間関係もうまく行かなくなって運気が下がり、メンタルも体も不調になった。
最後には私もおかしいと分かって霊能者に見てもらったら強力な生霊に乗られていた。
私は相手が分かっていて、自分からパイプを繋げてしまったところがあったので後から考えたら呼び込んでしまった部分があったと思う。

私の場合は複雑な事情があったが、愛憎という言葉通り愛と憎しみは最強の執着で生霊になりやすい。
一方的に生霊を飛ばされるのはかなわないが、大抵は飛ばされる方にも知らずにパイプを繋げてしまったことがあったりして、結局はそれも人生でクリアしなければならない課題だったのかもしれない。

もし生霊に憑かれていると思った場合は相手に貰った物は念が入っているので一切処分し、特に髪は念が付きやすいので注意をした方がよい。
しばしば別れた相手の髪の毛が部屋に落ちていたりすることがあるが、それは生霊を飛ばされている可能性がある。
失恋したり別れたら髪を切ってさっぱりするというのはとても理にかなっているのだ。

死霊より生霊が怖いと言うがその通りで、取り憑かれると洗脳状態にまでなってしまう。
特に恋愛絡みは好きや嫉妬という気持ちが執着になるので生霊が飛びやすい。
恋愛エネルギー交換でお互いの思念をエネルギーと一緒に送るので、付き合う前に相手をよく見極め執着が強かったり精神状態が不安定な人は避けた方がよいだろう。




« 前へ | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR