『痛スピ』考

2019–10–22 (Tue) 17:04
『痛スピ』という言葉がある。
スピリチュアル業界で同業者同士で使うこともあるし、単にスピリチュアルに興味のある人にも嘲笑的に使われることもある。

業界人同士で使う場合は「能力もないのに能力者のふりをして金儲けのために偽霊能やスピをしている」という本物を標榜する霊能者が言っている場合が多い。
仕事にしていなくてもスピ系人間を痛スピと呼ぶ場合は、知ったかぶりをしたり格好から入るスピ系人間を揶揄する感じだ。

確かに霊能力と知名度は比例しないし、中には詐欺まがいがいたりマルチ商法があったりするし、霊能が無くてもハウツーを知ればある程度商売をしていける世界だ。
また一見霊能力が凄いと思えても闇と繋がっている場合もあり、不思議な力を見せることはできる。
「悪徳霊能者に除霊と称して莫大なお金を取られた挙句、逆に変なものを憑けられておかしくされた」というのはよくある話で、そういう人が「神仏と繋がった霊能者」に助けを求めることはよくある。

最近直接、間接に「痛スピ」に憤慨している霊能者の話を聞いた。
一人はたまたま電話で話したし、もう一人はYouTubeで大々的に「痛スピ撲滅キャンペーン」をやっている人だ。。
どちらも多分霊能力は高く、特に後者は今売り出し中で神仏の力を借り能力は凄いらしい。

スピ業界は闇が深く魑魅魍魎が跋扈している。
政治と同じで最初は志が高くても金力権力と名声を手に入れると、闇落ちしたり能力を剥奪されることもある。

確かに悪どい霊能者も魔界の使者のような霊能者もいる。
霊能力だけ言ったら何処と繋がっていても凄い人は凄い。
本物偽物というふるいにかければ能力の有無で線引きは出来るが、能力があっても正邪のボーダーは明確ではなく、中には「痛スピ」を糾弾している人も実は「痛スピ」だったりする。

上記の二人の実力は私も疑わないが、共通して言えるのは「自分は本物で正しく悪をやっつける」的な正義感というか義侠心がある所だ。
それ自体はいいことなのだが、真偽、善悪の評価は誰が決めるのか?となったら、公明正大な共通の基準がなく審判員もいないわけだ。
自分が繋がっていたりついていると思われる神仏が、唯一無二の基準でしかない。
霊能の世界の実相など誰も知らないし証明できない限り、簡単にジャッジは出来ないと思う。

常識的に「大金を取られただけでかえって問題が悪化した」というのは悪徳スピで断罪されていい。
しかしそれ以外は力のない霊能者でも金集めのスピでも、ある意味そういうところに引き寄せられる客の方にも課題があり、もしかしたら痛い目に遭って学ばなければならないのかもしれない。

私はどちらがどうと言えないし、スピ業界あるあるだと思って見ている。
ただ一般論として、自分の信念を持つのはいいことだがどの世界でも価値観の多様性はあり、人に害を与えたり犯罪に抵触しない限りは「痛スピ」と排除するのは傲慢なような気がする。
排斥の陰には選民思想があって、どちらが上かという比較でしか物事を見られない。

宇宙でも神仏でも、見えない世界は幅が広い。
自分の基準からは「痛スピ」に見えてもそれぞれの霊的進化の過程だ。
「痛スピ」という言葉は、聞く方も何となく痛く聞こえる。


DSC_0213.jpg





不思議な出来事

2019–06–20 (Thu) 14:41
昨日ちょっと不思議な事があった。
髪を切りに行ったが、カットだけのお店でいつもは予約をしていた。
ところがパソコンに入っていた確認メールの予約時間を、私は取り違えてしまっていたのだ。
20分遅く勘違いしていたらしく、行ってみるとすでにキャンセルになっており、仕方がないので一時間待つ事にして改めて申し込んだ。

切ってくれたのは初めての美容師さんだったが、話も弾み最初は世間話から後半はやはり不思議系の話になった。
というのも彼女が水晶のパワーストンブレスレットをしていたからだ。
自分自身は能力はないが、スピは好きだしスピの友達に勧められてブレスレットをつけたそうだ。
実生活でも徳を積むような心がけで、もし悪いことをしたら今までの善行が全てチャラになってしまうような気がするから絶対良心に背くことはできないと言っていた。

一般的なスピ系の話をするうちに守護霊ガイドの話になって、何気に「私にはついていますか?」と彼女が聞いてきた。
私は見える人間ではないが必要があるとふと感じることがあり、仏壇があるかとかお墓参りに行っているかとか聞いてみた。
何となく男性のような気がしてイメージが彼女に似ている感じだったので、「ご先祖様とか亡くなったお祖父さんとかあなたに似ている男性はいない?」と聞いたところ、彼女の表情が変わった。
若い男性ではないかと聞いてきたので、それは判らないが目がぱっちりしてイケメンだと答えた。

実は二年ほど前恋人を亡くして、その彼は彼女に顔が似ていたという。
彼女も目がぱっちりしてきれいな人だ。
四十九日の前に、姿が見える形で会いに来たと言っていた。
側にいるかどうかが知りたいという。

私が感じたのは彼だったようだ。
髪も切り終わった時だったので長くは話せなかったが、何か降りてきたような気がした。
「自分のことに縛られず幸せになってほしい、違う幸せを見つけてほしい」とどうも言っているような気がして伝えると、やはり違うスピの人にも同じことを言われたと切なそうな表情で答えた。
呼べば来るから、という言葉が何度も口から出たので、多分私を介して彼が言っていたのだろう。

まさか初めて会った人へメッセンジャーをするとは思わなかったが、よく考えたら私が予約時間を間違えたのも呼ばれたせいかもしれない。
時間通り行っていたら、彼女に切ってもらうことはなかったのだろうから。

また来ますね、と言って別れて来たが、彼女に亡くなった恋人の気持ちは伝わっただろうか。
何とも不思議な体験だった。



f32fffb7af19d6aa0d79c1c224596be2_s.jpg





誰でも霊能者

2019–05–25 (Sat) 16:06
色々な人と話していると、自覚はなくても皆スピリチュアル的な力は持っていると思うことがある。
スピ能力というと幽霊が見えたり霊視が出来たり見えないものが見える、判るというたいそうな力を想像するが、実は第六感や直観、悪い予感や閃きもそうだ。
これらは大抵ハイヤーセルフ守護霊ガイド達の報せだ。

先日、半年前に大きな手術をして今も治療中の人と偶然話す機会があった。
本人はスピ能力などないと言っていたが、話を聞いていくとかなり予感や直観が鋭い人だった。
病気の原因もわかって危ないと思っていたが先延ばしにしていた事、ギリギリのところで病気が分かりまだ死なないと直感的に感じたことなど、自分の予想通りになっていたと言っていた。
大病は警告でありメスを入れることはカルマ落とし、一つの過去生が死んでいる歳で人生のリセットになると話したら、かなり納得していた。

これまでも、物事のこれからの推移が分かったり大抵のことは予想がついたそうだ。
ただその人はそれがスピリチュアル能力だとは思っていなかったらしい。
話の流れから過去生やカルマやソウルグループなどのディープな話になった。
最後にその人が言ったことは「話している内容は今まで一切知らないことだったが、ほとんど理解できたし腑に落ちた。」ということだ。
自分は人よりそんな力が強いということを知って、目から鱗が落ちたようだった。
「これからスピリチュアルの世界に目覚めるかも?」と冗談半分で言ったが、やはり死に直面すると人間はの存在を自覚するようだ。

誰でもスピ能力は持っていても、それを自覚していないことがままある。
自分の感覚を人と比べることはないし、スピリチュアルを知らなければそれも力の一つだと気が付かないだけだ。
スピリチュアル能力は、何も幽霊が見えたり未来が見えることだけではない。
実生活の中で皆知らずに使っていることがある。

私の友人には販売員をやっていた時に、朝お店へ行く前にお客が来るか来ないか、売り上げが上がるか否かが分かったという人がいる。
お客がたくさん来る日は早く行き、来ないと判る日はゆっくり出勤したそうだ。

人は守護霊の報せ、神仏の加護、前世のカルマ、因縁や業など、良いも悪いもの世界の影響を受けながら生きている。
それを何かの折に気が付くか、あるいはそういう角度から見るようになって、人生の謎が解ける場合があるということだ。

上記の手術をした人が、あと5年は生きると言っていた。
これまでの人生で思ったことは殆ど現実になったからと。
決めたら多分生きられるだろうが逆にその通りになるので、5年を10年にするか、あるいは時間を限らない方がいいとアドバイスした。
スピリチュアルのことを勉強してみたいと言っていたから、それを知れば生きていく上で絶対に役に立つからと力説せずにはいられなかった。

誰でも気が付かないがスピ能力はあるし使っている。
そういう視点から見直してみると、思い当たることが大なり小なりあるはずだ。
それを受け入れ注意を払うと、もっともっと繋がっていくのではないだろうか。


1194e5ef8c05c5f3aa378994886e0d68_s.jpg





パワーストーンの報せ

2019–02–17 (Sun) 16:43
時々依頼でパワーストンブレスレットを作っているが、今回作ったのはレッド、イエロー、ブルーの三色のタイガーアイを使いラピスラズリと水晶を入れたかなり強力なブレスだった。
仕事、金運と守護をメインに組んだのだが、何度か組んでも気に入らずかなり時間がかかった。
組める時は石の組み合わせも配色も一回で決まりゴムの結びまで全て一度で収まる時もあれば、なかなかしっくり来なくて同じ石でも配置を変えたり大きさを変えたり、ゴムを結んで完成しても翌日やはり解いてまた組み直すことがある。

今回も時間が掛かった方だが、無事持ち主に渡すことが出来た。
元々カードで占ってから作ることになったのだが、ルノルマンカードで鎌のカードが出て断ち切る必要のある問題を抱えているのが分かり、御本人も「やはり」という感じだった。

渡す時に念のためサイズ直しの用意をして行ったところ、やはり調整した方がいいということになりその場でもう一度サイズを直すことにした。
小さな石を入れ直して組みながらゴムを伸ばしたところ、いきなりゴムが切れてバラバラと石が落ちてしまったのだ。
そんなに強く引っ張ったわけでもないので、私もどうして切れたのかわからなかった。
今まで依頼を受けて製作途中に何度か強く結んだときに切れたことはあるが、このパターンで切れたのは初めてで、まして御本人を前に切れたのだから偶然とは言えないような気がした。
もう一度組み直してサイズもよくなり右手首に収まって喜んでもらえたが、折角なのでもう一度カードで占ってみることにした。

二回違うスプレッドで占ったのだが、やはりまた二回とも鎌のカードが重要な場所に出た。
ブレスレットのゴムが目の前で切れて、鎌のカードが2回も出たのだから、これは完全な啓示だと思わざるを得ない。
御本人も改めてその課題を納得されたようだった。

思うに守護霊ハイヤーセルフなど強い知らせがある時は、ブレスレットでもカードでも色々な媒体を使ってシグナルを送ってくれるようだ。
いつもはそういう見えない世界のアドバイスに気が付かないものだが、アンテナを立てて不思議な偶然があったりシンクロがあったりした時は、もしかしたらこれは後ろの報せなのかもしれないと考えてみた方がいい。

この世には偶然はなく全ては必然だという。
いちいち出来事の意味を考える必要はないが、少なくとも同じことが重なったり気持ちに引っかかるものがあったら一歩引いて客観的に見てみた方がいいのではないか。
そして困った時は後ろの存在に助けを求めたら、必ず何らかの方法でサインを送ってくれるはずだ。

誰にでも守護霊やガイドはいる。
それにはまず自分は守護されているということを心から信じよう。



DSC_1791.jpg





守護霊はいる

2019–01–10 (Thu) 17:29
私は幾つか自分の過去生らしきものを知っている。
スピリチュアルに目覚めた時どうしても必要だったから、人の力を借りたり後にはセルフヒプノをやって見たりした。
今となっては何処まで信憑性があるかは疑問だが、その時は自分の迷路から抜け出す為や生きていく為に必要だった。
そして出て来た過去生は、やはり私の抱える問題や困難、そして人生そのものを謎解きするに相応しいものだった。
もう5年も前のことだが、それに付随してツインソウルかもしれないガイドの存在も知り彼と一緒だった過去生も複数見た。

転生は丸ごと魂が転生する場合も、大きなソウルグループに属する過去生達の欠片を持ってきている場合もあると思っているので、見た過去生が私の魂そのものか他の記憶の断片が入っているのか、私についているガイドの過去生の記憶なのかは定かではない。
それらを概ね把握し理解、整理するまで2年近くかかったが、今日の私はそのバックグラウンドがあって日々生きており、考え方や価値観もそれに沿っていてこのブログも書いている。

思えば昔に比べると全ての根本に見えない世界や魂というものがあって、それを抜きにして物事の判断はしなくなってしまったような気がする。
全てをスピリチュアル的に考えるのはよくないが、大きな出来事やたとえ不本意な事態、トラブルや不運でもきっと何かしら意味があるのだろうと考えるようになった。
そこからどんな霊的成長をしなければならないのかということだ。
霊的成長イコール人間的成長でもあるが、見えない世界の警告や軌道修正という場合もあるのでそこまで深く追求してしまう。

誰でも魂の青写真があってあまりに方向が違うと強制的に道を変えられたり、行く手を阻まれたりする。
私も何度か経験があるが、あそこまでしなければわからなかっただろうと後に上から言われたような気がした。
今では殆ど上にお任せの状態だが、常に後ろのガイド達を意識している。

信じない人が聞いたら単なる妄想だと思われるが、気休めでも想像上の存在でも今の私にとっては実在する人間のようにガイドはそこにいると思える。
実際助けてもらったり気付かせてもらうことも多々あるので、それが偶然ではないと信じている。

普通の人にとってスピリチュアルは、生活の上でのヒントや参考という程度でいいのではないだろうか。
ただ、不可抗力のようにそこを追求し知る必要があった今の私には、生きていく為に必要不可欠なものになったのは確かだ。

誰でも過去生まで知る必要はないが、必ず後ろには守護霊ガイドがいて護ってくれているということは信じていてほしいと思う。


碧眼





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR