ワンコイン占い

2019–06–23 (Sun) 15:53
最近友人と横浜中華街へ行ってきた。
久しぶりの中華街だったが、占いの店が増えていたのに驚いた。
過当競争なのか以前は10分1000円だったのが、サービスで500円というところが複数あった。

ランチを食べた後、ぶらぶら歩きながら冷やかし半分で500円の店に入って観て貰うことにした。
しばらく待たされたが、案内されて私が先にブースに入った。
中年の女性だったが、手相を見る前からスピ的な事をやっているかと聞かれたので、本職を前にさすがに否定したが疑わしい目で見られた。
というのも、左手に神秘十字が二つもあるからだった。

結論から言うとかなり当たっていて、ワンコインでは申し訳ないぐらいだった。
手相を見ていたがやはりリーディングしているらしく、私には必要な言葉を次々と言ってくれた。
このところちょっと凹み気味だったので、きっと私のガイドか後ろがそこへ連れて行ってくれたのかもしれない。
最後に否定ばかりも悪いので絵を描いていることを伝え、仮面の作品の画像も見せると、「やはり目ですね」と言われた。
「見る、見通す、見抜く、見えないものを見る」というのが私の魂のテーマの一つらしい。
最後の結びは私の過去生にも関係あることに気付いて、どきりとした。

私の後に続いて観てもらった友人も「かなり当たっていた」と驚いていた。
中華街のような所の占い師は、複数いるので誰に当たるかで雲泥の差がある。
力も玉石混淆だし、相性というのもある。
しかし、問題を抱えていてたまたま見てもらった占い師がドンピシャで必要な事を言ってくれた時などは、後ろのガイドや守護者たちが伝えてくれたという可能性もある。

街角の占い師も時には安い金額で答えをくれる。
ワンセッション2万円より、ランチのついでにふらりと10分1000円の占いも、時にはすごいシンクロになる時があるようだ。


Image448.jpg




ストレス線

2019–03–06 (Wed) 18:02
福岡へ行った時に手相を見てもらったのだが、「ストレス線が沢山ある」という指摘を受けた。
つまり次々ストレスを抱え込んで、一つのストレスがなくなるとすぐ次のストレスを引き寄せるという性格らしい。
確かに当たっているので笑ってしまった。

人間にはポジティブタイプとネガティブタイプがいる。
何でも楽観的に考えるか深刻に考えるかの違いだ。
家族が帰って来なくてもどこかで遊んでいるのだろうと考える人もいれば、事故にでも遭ったのではないかと心配する人もいる。
ある人にとっては全然問題にならないことでも、それが不安でたまらなくなる人がいるものだ。
後者はしばしば自分でそれを作り出す。

これは性格や持っていた魂の傾向の違いだろうが、すぐに不安を感じたり心配する人は自分のエネルギーフィールドが敏感すぎるようだ。
新たに起こった問題を気にするならまだわかるが、中には元々あってそれまではスルーしていたことを何かのきっかけで問題に感じストレスになってしまう場合もある。

隣の部屋の音がうるさいぐらいに思っていたが、ある時眠れなくなった日がありそれから騒音が気になりだして段々ストレスになってきたというように、ちょっとしたトリガーでそこにフォーカスしてしまうのだ。
もしかしたらその前は違う問題を抱えていてそちらに気が行っており、騒音の優先順位は低かったのかもしれない。
しかし、大きな問題が解決すると違う問題が気になりだしたという感じだ。

今までは気に掛けなったことを気にすることによって、エネルギーをそこに注いで尚更その存在を大きくしてしまう。
「考えれば考えるほど○○になる」というのはぴったりの表現だ。
そこに焦点を当てることによって、問題はますます自分の中で大きくなりストレスになっていくわけだ。

悲しいかな常に不安やストレスを感じていると、それがなくなった時にはその状態が続くのだろうかと不安になることがある。
やっと幸せになると、「こんなに幸せでいいのだろうか?」と思うのと同じだ。
多分その手の人はそうでない時が当たり前なので、ストレスのない自分、幸せな自分に慣れておらず、そう思う裏側には私は辛くて当たり前という自己刑罰的な部分があるのかもしれない。

トラウマや魂の抱えている問題にもなって来るが、少なくとも性格的にネガティブ志向の人は常に自分でその方向へ行こうとしていることは自覚すべきだ。
極端になると何か悩み事を無意識で探しているような状態になる。

魂の癖はすぐには直せないかもしれないが、問題にならないことを問題にしてストレスを溜めるのはよくない。
そして悩みや問題にしストレスを感じるのは、自分がエネルギーをそこに注いでしまっているからだと気付いた方がいい。



f3a35ce2f74ffe3df97cba6d31140b9f_s.jpg





夢占い・2

2019–02–26 (Tue) 14:42
夢について人と詳しく話す機会はあまりないが、小さい頃から夢は大抵色付きなのでそうでない夢の方が多いのを知って驚いたことがある。
確かに自分の夢も検証すると結構色付きではないものもあるが、多分印象に残るのがカラーで鮮明なものなのかもしれない。
同じ夢を何度も見るとか、同じパターンの夢で似たような事が起こるというのを何人かから聞いたことがある。
夢に法則性があるのを自覚している人だろう。

私はよく以前飛行機の落ちる夢を見ると必ず家族が体調を崩したので、これは信じていて飛行機が落ちる夢を見ると覚悟したものだ。
面白いのは飛行機が遠くに落ちると家族で、自分に向かって落ちてくると自分自身が具合が悪くなった。
普通の夢占いでも落ちるというのはよくないから、見た時点でもう暗示がかかっているのかもしれない。
もう一つ、虫が体に入り込んでくる夢も体調を崩す確率が高かった。
ミミズやムカデのようなくねくねしたものが何匹も皮膚から入ってきたらそれだけでも気持ちが悪くて目が覚めるが、その後調子が悪くなるのでそんな夢を見るとその時点で凹んだものだ。

故人が夢枕に立つというのがあるが、これは結構亡くなった人が夢に来ているらしい。
大抵は心配したり何かを注意しに来るようだが、時々命日や年忌が近くなると来ることもあるらしい。
誰かが亡くなる前には夢枕に立つというが、この場合は実際に亡くなる人が会いに来ている。

亡くなる人は死ぬ数日前から魂が時々体を抜け出し、この世で行きたかった所や会いたかった人に会いに行くそうだから、夢にも亡くなる人の意識が繋がって来るのではないだろうか。
亡くなる人が死の報せに来ることはよくある。
夢枕だけでなく、ふいその人の気配を感じたり、実際に見えたりすることもある。
ふと考えていたら後から訃報が入り、丁度その時間に亡くなっていたのが判ったりとか。

そうなるとやはり夢は向こうの世界と繋がっていると考えることが出来る。
向こうの世界と言っても様々で潜在意識だったり霊界だったり過去未来だったりと幅が広いが、少なくとも夢が古代から未来予知に使われていたことを考えると、夢占いというのはある程度の信憑性はあるような気がする。

私は今朝方フルカラーの鮮明な夢を見た。
林の中にいて大きな黄色い蝶が数匹穴の中に重なっているのを見つけ、その一匹を助けたらひらひらと頭上高く飛んで行ったのと、続けて林を歩いていたらきれいな緑色の蛇が草の中を自分に向かってくる夢を見た。
例によってググってみると結構いい夢らしいが、誰か夢占いが出来る人がいたら意味を教えてほしい。笑



5cebc1e0d7ec3804b58d8bf38e5d1b56_s.jpg





災害とホロスコープ

2019–01–23 (Wed) 16:34
占星術は古代から神託代わりに使われてきて、シャーマンは実は占星術師だったりした。
日本でも陰陽道は占星術の側面があって宿曜、五行など密教系の星読みが基礎にある。

現代ではホロスコープで詳細な天体の動きを知ることができる。
星の動きや配置によって地球の出来事が影響を受けているのは、古来から否定できないことだ。

歴史上の大きな出来事の時期のホロスコープを並べてみると、かなり共通点があっていずれも特異なサインが出ている時のようだ。
日食月食の時なども地震が起こりやすかったりするし、太陽黒点の有無も関係あると言われている。
判りやすいところでいえば株価などはなぜか影響を受けるらしく、ホロスコープを取り入れている投資家も実際にいる。
因みに土星と天王星のアスペクトは不況のサインらしい。

そんなわけで地球上の出来事は古代から星が左右していたというのも当たらずとも遠からずかもしれない。
地震予知で今月22から24日が危ないと言っているブログがあるが、確かに占星術をかじっている者にとっては説得力のあるホロスコープだ。
因みにそのブログには有名な予言者の2019年日本に起きる災害についても載っており、どうもスピ予言者の間でも日本の大きな地震や災害は避けられないらしい。

富士山が噴火ともとれる内容があるが、多分どこかの火山の噴火はあるのだろう。
先日も沖永良部島で大きな噴火があったが、富士山だけは勘弁してほしいものだ。
私的には富士山は海底噴火で出来た西の島でエネルギーのガス抜きをしているように思う。
富士山が噴火したら東京まで破局的災害になるので、それは当分ないだろうとは予想している。

予言というのはいくつかある未来のパラレルの一つだ。
アカシックレコードでも未来は何本かの道として見えたり、あるいは選択によってまた違う未来が見えたりするらしいから、当たる預言者でもそういう未来の一つを見ているということだろう。
ただ予言は当たってもかなりタイムラグがあるし場所や形態も変わることがある。
火山噴火が地震に代わる場合もあるし、地震が豪雨に代わる場合もある。
しかし災害には変わりないという風に押さえた方がいいと思う。

以下は今年の予言などが載った地震予知の有名ブログだ。

https://www.tankyu3.com/entry/2019/01/21/tittel


948d83ae77174751ea8972046e620e96_s.jpg





経営者とスピリチュアル

2018–08–26 (Sun) 17:35
最近偶然続けて社長をやっている人を占うことがあった。
どちらも規模は大きくないが、共通して言えることは苦労したので人徳があり部下思いのような感じがしたことだった。

経営者や社長、あるいは芸能人、政治家などは、信仰心が篤かったり神社仏閣詣でをしていたり、占い師に仕事のコンサルを頼んだり果てはお抱え占い師を持っていたりする。
神社へ行っても会社の祈祷の場に出くわすし、社員と思しき集団がお参りしていたり、神社仏閣への寄進には会社名がずらりと並ぶ。
松下幸之助がある宗教を信奉していたのは有名で、安倍総理も母親も怪しげな新興宗教に関わっているのはよく知られた話だ。
歴史を顧みても政治とお宗教は切り離せない。
宗教戦争は過去何度もあり、現在も信仰の違いから内乱や紛争が起きてる。

宗教や信仰はいつの世も人を動かして来たから、先進国は政教分離を政治の根幹に据えている。
しかし個人での信仰や見えない世界を信じることは、自分が人の責任まで負う重い立場になると尚更強くなるのかもしれない。
経営者などは従業員とその家族の生活が懸かっているわけだから、どうしても決断を迫られる時に重圧から何かの力を借りたくもなるだろう。
実際商売をやっていると不思議な流れや力というものを感じることがあるようだ。

人はどうしようもないツキや運不運というものを身を持って体験すると、人知の及ばない神仏の世界を信じるようになる。
私が鑑定した社長は産廃の会社をやっていたが、会社のミーティングで私が居合わせた店の一角を借り、たまたまひょんなことで視ることになった。
部下たちがサラリーマンの格好なのに社長だけが作業着を着ていて、手相を観ても堅実で地味な経営者なのが分かった。
単純な事だが「部下の手柄は部下の責任、部下の失敗は上司の責任」というのを実践できる経営者は部下が会社を大きくしてくれる。

占いは個人相手と思われがちだが、スピリチュアル業界でも会社コンサルという太客を持つのが確実で収入に繋がる。
個人鑑定で売れてきたら、そちらにシフトしたい占い師も多いようだ。
いい占い師がいい会社をコンサルすれば業績も上がるだろうし、逆の場合はお互いに潰れるだろう。
占いの規模が大きくなればどちらに振れても影響が大きい。

成功した会社や堅実な業績を上げている会社の経営者は、必ず人徳があったり神仏の加護があるのは間違いない。
大企業でなく中小企業ほどそういう人が多い。
占いコンサルに頼むよりもまず、経営理念に「利他」という言葉を入れれば神仏が味方になってくれるのではないだろうか。


4edce5feb0556fa9ac296f63d8c14fb7_s.jpg





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR