親子の不思議

2019–07–16 (Tue) 15:45
親子は現世では最も深い縁で結ばれた関係だ。
的にもソウルメイトやソウルグループの一員と言える関係だが、時にはカルマ解消の相手として生まれてくる場合もある。
虐待する親子の話は何度か記事にしたし毒親についても触れているが、うまく行っている親子の間でもしばしば依存関係がみられる。

子供は何度も心の中で親を殺して成長するという話を聞いたことがあるが、これはあながち間違いではないだろう。
殺すというのは象徴的な意味だが、十代の反抗期に親にむかつき反抗し悪態の一つもついた方が、自我の目覚め、自立という観点からは健全と言える。
従順すぎて親の言いなりになっていた子は逆に大人になってから問題行動を起こしたりする率が高い。

特に母親は子離れできずに子供を自分の持ち物と考えたり死ぬまで親という権威にしがみつき支配しようとする毒親もいるが、の視点から見ると過去生や縁の深さの違いも現世での関係の在り方に影響している。
違うソウルグループから勉強のため親子になったもいれば、何度も助け合い深い縁を結んでいたソウルメイトの場合もある。

虐待や毒親は、違うソウルグループで過去の因果関係とカルマから今世での解消、学びのために親子になったと思われる。
だから親子であっても性格が全く違ったり、共通点がなく故に反目したり疎遠になったり、近親憎悪や虐待に及んだりする。
特に悲惨な親子関係になると、過去生のカルマを積んだネガティブな縁の相手だと言える。

親と子は別の人間で別の人格だというが、的に考えれば密度の違いや関係性の違いはあって、それが現世での親子のありようを決定していると思う。
中には親子であっても関係が逆転しているようなケースもあるし、親が子を守っているはずなのに実は子供が親を守っていたりする。

命に代えても子供を守りたいと思うのが母親だ。
無償の愛だ。
しかしそれは、子供が親にもたらしたものだ。
子供を産むことによって親になれたわけで、その子の存在失くしては親として存在しえなかった。
その子のおかげで母親という人生を経験することが出来たし、親でしか味わえない子への愛情や成長の喜びも感じることが出来ただろう。
育児は育自、教育は共育というが、子供を持つことによって親としては成長できたのだ。

最近はシングルマザーが増え、生活の困窮が問題になっている。
母親が一人で頑張っている姿を見て育った子供は、普通の家庭の子供よりの成長度は高い。
人の痛みが分かり人間としての器量も大きいような気がする。

シングルマザーはわが子を育てるために必死で生きているが、実はその魂は子供に守られ助けられ成長させてもらっているという側面がある。
子供への愛情のために死に物狂いで頑張れたのは、その子のおかげで生きるエネルギーや勇気を貰えたからだ。

子供の背中には天使の羽がついている。
母子家庭で頑張っているお母さん達は、いつか子供が大きくなって立派な社会人になった時、その背中に付いた羽から沢山のエネルギーが送られていたことに気が付くだろう。


cb859367d24119889f4797c1042e44df_s.jpg





夢占い・1

2019–02–23 (Sat) 15:59
夢占いはスピリチュアルを信じない人でも興味があるのではないだろうか。
どんな夢がどんな意味かは個々に調べてもらうとして、夢占い自体について少し書いてみたい。

夢を殆ど見ない人も毎晩見る人もいて、見ないという人は覚えていないからのようだ。
しかしたまにはっきりと覚えている夢もあって、そうなると気になり夢占いをググるパターンかもしれない。

古来から夢占いというのはあって、古くはメソポタミアで夢についての文書があったり古代エジプトでもそうだし、歴史上延々と夢については見えない世界と繋がるものとして研究されてきていたようだ。
古代では神官が神の啓示や未来予知として夢を使っていたらしく、それ専門の神官もいたらしい。
時代を下るとユングを代表として心理学的に夢は研究され、人間の潜在意識や内面との関係が解明されるようになった。

しかしどちらが正解とも言えず、夢はその両方を含む様々な要素が絡まっているのではないだろうか。
スピリチュアル的には眠っている間は霊界へ行って守護霊やガイドとコンタクトし情報を貰うという説もあるし、夢はその一端を担うもので正夢や逆夢というのはそこからの報せだとも考えられる。

スピリチュアリストや占い師でも夢で様々なビジョンを見たり予知をする人がいる。
それ専用のブログを書いている人もいるほどだ。
そこまでいかなくても、誰でもひどく印象に残る夢や特別だと思う夢は何度か見たことがあると思う。

よく小さい頃から同じ夢を何度も見る人がいるが、大半は前世の記憶を夢の中で見ているそうだ。
つまり潜在意識に残っている過去生のデジャブを夢の世界で見ていることになる。
そういう意味では潜在意識が夢に現れるという心理学の研究は当たっている。

明晰夢というのがあるが、これは夢の中で夢を見ていると自覚出来る夢だ。
殆ど現実的な場面であり自分でコントロールできると言われているが、中には訓練によって見られるようになるという説もあって、自発的に潜在意識に繋がれるのかもしれない。

説明を読むと

「明晰夢を見ている状態では意識を司る前頭葉が覚醒しているため、夢の主が考えたとおりに海馬から記憶を引き出し思ったとおりのとてもリアルな夢を見ることができます。しかし、明晰夢は前頭葉が覚醒している状態での夢であるため、現実に体験しているのと同じ影響が身体に現れる可能性があるということにもなるのです」

つまりリアルな悪夢で首を絞められて苦しくなり、目が覚めても本当に首を絞められた感触が残るという感じだろうか。
あまり好んで見たくはないような気がする。笑

ただ明晰夢とは違うが、金縛りはあう人も多いだろう。
これは様々説明がなされている。
疲れた時や半覚半眠状態の時になりやすいが、本当に霊が来ていることもあるようだ。
上に乗られたり掴まれたり引っ張られたり中には首を絞められたり、はっきりとその感触はある。
中には痣が残ることもあるとかないとか。

私は若い頃毎日のように金縛りにあい、天井まで引き上げられて自分のベットを見下ろしていたこともあった。
未だに理由は判らないがそのうち収まってしまったので、何かが憑いていたのかもしれない。

あまり続くと寝るのが怖くなるから、金縛りに悩んでいる人はちゃんと原因を探った方がいいような気がする。
夢にはいい夢も悪い夢もあるが、金縛りだけはいい場合は全くない。



43ad4005dce8520af81c57ab88b06017_s.jpg





前世のパターン

2018–07–05 (Thu) 15:07
前世は今の人生に大きな影響を及ぼしていると考えられる。
いわゆるカルマ解消のため、前世でやり残したことを再挑戦するため、経験していなかったことを経験するためと、何かしら過去生との関連を持ったライフパーパスで生まれてくることが多いようだ。

極端な話過去生で積んだカルマを解消するために今生では辛い目に遭ったり苦難の人生だというのはよく言われることだが、そればかりでもない。
色々な人生を経験するために過去生ではお金持ちに生まれても今回は貧民だとか、武将で沢山の兵士を死地に送ったら今回は一兵卒で前線で死ぬとか案外逆転現象も多いと聞く。、
権力がほしい、金持ちになりたいと渇望する人間は、過去生でそれを持てず悔しい思いやひどい思いをしたので、今生こそはと異常に執着するらしい。

大抵は過去生で成し得なかったこと、反対の立場などが多いようだが、中には繰り返し同じ事や同じスキルを持ってくる人もいるらしく、これはスピリチュアル系の人に多く見られるがシャーマンや陰陽師、霊能者や僧侶など高次のマスタークラスになると特別な使命をもってその能力を使うために幾度も同じようなポジションで転生する場合もあるようだ。

この世に生まれて家族肉親を始め関わる人は、必ず前世の縁があったと思っていいだろう。
親子兄弟夫婦は何度も微妙に形が変わっても、濃密な間柄で一緒になっている。

いい縁もあるし悪縁もあるし宿縁もある。
大きなソウルグループの仲間だと気が合ったり見た瞬間好感を持ったりする。
ソウルメイトと呼ばれる人はその中でも特別深い縁があった魂で、何度も転生の中で一緒になり助け合ったりしている。
これは異性も同性もあり数人いると言われている。
好きになった人はソウルメイトではないかと思いがちだが、そうとも限らず逆に宿縁を持ち修行やカルマ解消のために結び付く場合がある。
そう簡単にソウルメイトと恋愛など出来ないようだ。

仮にソウルメイトで運命の人としか思えなくて好きになっても別れてしまうことがあり、それはお互いが違うライフパーパスを今世では決めて来たからだ。
私もそういうカップルを知っていたが、運命のいたずらのように別れてしまい可哀想だった。

色情因縁や因果で結びつく恋愛や結婚は今世での因業の清算の必要があって、それを成し得なければまた来世でも同じことを繰り返すかもしれない。
色情因縁の男女なら来世では近親相関や性的虐待になる親子など、おどろおどろしい因果が続くケースもある。
殺人事件でも殺された方は前世で殺していた方だというのはよくある話だ。

ただ、今生が不運や艱難辛苦ばかりだと余程自分は過去生で業を積んだのかと思いがちだが、そうではなく敢えて辛く厳しい人生を志願して来る魂もあって、こんな魂は霊的進化を三段跳びで駆け上れるようだ。


004.jpg




前世は語る

2018–07–03 (Tue) 17:09
誰でも何となく好きな事、好きな場所、あるいは興味を持つものや、逆に嫌悪感、恐怖を感じるものなどがある。
自分の中の説明の出来ない思考回路や行動様式、感情的反応などは過去生に由来する場合が多い。
よく言われるが、水の怖い人は水死、高所恐怖症は墜落死、閉所恐怖症は生き埋めの過去生を持っているらしい。
その他にも何かについて恐怖心を持っていたり、反対に得意だったり才能があったりする場合も前世でも同じ事をやっていた可能性がある。

日本人なのにある国が好きだとかある時代が好きだというのも過去生でそこにいたりして、実際その地を訪れてみたり、博物館でその時代のものを見てデジャブを感じることはよくある。
私はスピ系の知人が何人かいるが中で4人魔女だったことがあるという人がいて、いずれも占い師やセラピストをしているが、一人は火焙り、一人は絞首刑、一人は縛られて水に沈められ、一人は少年に扮して逃げ延びたという。
首を絞められ殺された人は今でも首を触られるのが嫌だと言っていたし、火焙りの処刑で死ぬ間際に自分が叫んでいたのを思い出したという人もいた。

これは妄想だと思ってもらってもいいが、私にも中世ヨーロッパで告発され捕まり拷問の末死んでいった過去生がある。
冷たい地下牢の床で体が腐り「まだ死ねないのか」と思っていたビジョンが見えた。
凄絶な死に方を知った時はさすがにショックだった。
でも自分の今生を顧みた時、生き方としてあの時の死に様が魂に深い傷となり、影響しているのが納得出来たような気がした。
このシーンはガイドになかなか見せてもらえずやっと覚悟が出来た時にセルフヒプノで見ることが出来たものだ。

もう一つもっと古い過去生があるのだが、その時の仕事でパワーアップの為奴隷の目をくりぬいて飲むか食べるかしていたらしく、皿や瓶に目玉が入っているのをはっきりと見た。
これもあまりにショッキングなので最初は見せてもらえなかった。
やっと見た時に、私はずっと左目に病を持っていて、奴隷の左目をくりぬいていたから今もそれを持ち越しているのだろうと腑に落ちた。
その時に誓ったのが魂の契約で、「力を手に入れるために人を犠牲にしたのだから、力は人のためにしか使わない」と誓いを立てたようだ。

まあ、トンデモ話なので一笑に付されてもいい内容だ。
他にも騎士で戦った前世が多く裏切られて後ろから刺されることが数回あったり、その場所を今世でもメスを入れたりと、今の人生に符合することが過去生を見て多々あったので、私自身はそれらの前世は信じているし謎を解明できたと考えている。

因みに悲惨な過去生が多いのは人生で遭遇した問題やトラブルに関係する過去生だからで、もし今抱えている問題を解決したくて過去生を知りたいのならまずネガティブな前世しか出てこないことは覚悟しておいた方がいい。
単にどんな過去生があるのか見てみたいなら、セラピーの前に「一番幸せだった前世」と設定してから見に行った方がいいだろう。

私は自己犠牲、罪悪感、贖罪意識、不安、恐怖とネガティブ思考を抱えていて、それに関する過去生はむべなるかなの悲愴なものばかりだったが、一度「一番幸せな前世」というのを設定して見に行ったところ、ベネチアで今のガイドと夫婦をやっていた過去生が出て来た。
その時にベネチアンマスクを被り踊っていたようだ。

人によっては自分の前世の証拠を探して来る人もいる。
前世の記憶を持って生まれてくる子もいて、その追跡調査をするとほぼ真実として証明できるそうだ。
そんな事実を突きつけられれば、転生はあると認めたくもなる。






前世を知る

2018–07–02 (Mon) 16:21
前世は無数にあるが、今の人生に影響を及ぼしている前世がいくつかあるそうだ。
ヒプノセラピーや前世療法で見る過去生は大抵これらだ。
無数にある転生の中には人間でなかったこともあり、動物だったり体を持たない精霊だったりすることもあるようだ。
現世でもその特徴が出ていると思える人には何度か会ったことがある。

自然が好き、草木が好き、風に吹かれると癒されるという人は体を持たず精霊として過ごした時期があったのかもしれない。
こういう人達は時として人間界に馴染めず、社会生活を営むには繊細過ぎたり空気が読めなかったりする。
また、人間なのだが動物に似た感じの人は、一度はその動物だったことがあると思っていい。
狸に似た人、狐に似た人、馬面の人、鼠男、爬虫類や蛇のような感じの人など、人間以外の生き物を連想させる人がいる。
お稲荷さんを祀っている家系は狐に似た人が生まれたりするが、もしかしたらお稲荷さんのご利益を受けているのかもしれない。
その他にも宇宙人のようだと思う理解不能の人がいるが、これは文字通り宇宙から来て転生の少ないワンダラーの場合がある。

果てしない転生の中では、誰でも罪を犯し人を殺し殺されている。
過去の歴史を見ても人間の生き方は残酷だったり悲惨だったりした。
今の日本のように天寿を全う出来る時代など無かったろうし、まともな生活が出来ていたのは一部の支配者階級だけだ。
奴隷、農民は虫けらのように扱われ、拷問、殺傷は日常茶飯事だった。
だから悲惨な死に方をしている過去生は、誰でも枚挙に暇がない。

今の生活が不幸だからと立派だった前世を期待してヒプノをやっても、貴族やお姫様をやっていた前世などなかなか出てこない。
昨日の記事のソウルグループを含めた前世となると、ひょっとしたらクレオパトラが出てくる可能性もあるが、あまり期待は出来ない。
ヒプノセラピーをやっている人が言っていたが、一番多く出てくるのは農民だそうだ。
ただ、もし今があまりにも辛すぎて、せめて華やかな中世の貴族の過去生があったと考えそれをよすがに今を乗り切れるのなら、信じて生きる活力にしてもいいと思う。

今の人生に関係のある過去生はほぼ丸ごと魂が転生している場合が多いようだが、中には自分自身の過去生以外にもついているガイドの過去生を見ることや影響を受けることもなくはないようだ。
また、ご先祖が子々孫々に転生するという説もあって、細かく追及すればボーダーがない何でもありなのも前世だ。

人は生まれてくる時に前世の記憶を全て消して来ると言われる。
しかし魂に刻み込まれた癖や過去生の強烈な印象は潜在意識に残っているようで、しばしば自分でもわからない思考や行動様式になるようだ。
具体的に前世を探っていく方法は次回書いてみたい。



005.jpg





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR