不思議な出来事

2019–06–20 (Thu) 14:41
昨日ちょっと不思議な事があった。
髪を切りに行ったが、カットだけのお店でいつもは予約をしていた。
ところがパソコンに入っていた確認メールの予約時間を、私は取り違えてしまっていたのだ。
20分遅く勘違いしていたらしく、行ってみるとすでにキャンセルになっており、仕方がないので一時間待つ事にして改めて申し込んだ。

切ってくれたのは初めての美容師さんだったが、話も弾み最初は世間話から後半はやはり不思議系の話になった。
というのも彼女が水晶のパワーストンブレスレットをしていたからだ。
自分自身は能力はないが、スピは好きだしスピの友達に勧められてブレスレットをつけたそうだ。
実生活でも徳を積むような心がけで、もし悪いことをしたら今までの善行が全てチャラになってしまうような気がするから絶対良心に背くことはできないと言っていた。

一般的なスピ系の話をするうちに守護霊ガイドの話になって、何気に「私にはついていますか?」と彼女が聞いてきた。
私は見える人間ではないが必要があるとふと感じることがあり、仏壇があるかとかお墓参りに行っているかとか聞いてみた。
何となく男性のような気がしてイメージが彼女に似ている感じだったので、「ご先祖様とか亡くなったお祖父さんとかあなたに似ている男性はいない?」と聞いたところ、彼女の表情が変わった。
若い男性ではないかと聞いてきたので、それは判らないが目がぱっちりしてイケメンだと答えた。

実は二年ほど前恋人を亡くして、その彼は彼女に顔が似ていたという。
彼女も目がぱっちりしてきれいな人だ。
四十九日の前に、姿が見える形で会いに来たと言っていた。
側にいるかどうかが知りたいという。

私が感じたのは彼だったようだ。
髪も切り終わった時だったので長くは話せなかったが、何か降りてきたような気がした。
「自分のことに縛られず幸せになってほしい、違う幸せを見つけてほしい」とどうも言っているような気がして伝えると、やはり違うスピの人にも同じことを言われたと切なそうな表情で答えた。
呼べば来るから、という言葉が何度も口から出たので、多分私を介して彼が言っていたのだろう。

まさか初めて会った人へメッセンジャーをするとは思わなかったが、よく考えたら私が予約時間を間違えたのも呼ばれたせいかもしれない。
時間通り行っていたら、彼女に切ってもらうことはなかったのだろうから。

また来ますね、と言って別れて来たが、彼女に亡くなった恋人の気持ちは伝わっただろうか。
何とも不思議な体験だった。



f32fffb7af19d6aa0d79c1c224596be2_s.jpg





誰でも霊能者

2019–05–25 (Sat) 16:06
色々な人と話していると、自覚はなくても皆スピリチュアル的な力は持っていると思うことがある。
スピ能力というと幽霊が見えたり霊視が出来たり見えないものが見える、判るというたいそうな力を想像するが、実は第六感や直観、悪い予感や閃きもそうだ。
これらは大抵ハイヤーセルフ守護霊ガイド達の報せだ。

先日、半年前に大きな手術をして今も治療中の人と偶然話す機会があった。
本人はスピ能力などないと言っていたが、話を聞いていくとかなり予感や直観が鋭い人だった。
病気の原因もわかって危ないと思っていたが先延ばしにしていた事、ギリギリのところで病気が分かりまだ死なないと直感的に感じたことなど、自分の予想通りになっていたと言っていた。
大病は警告でありメスを入れることはカルマ落とし、一つの過去生が死んでいる歳で人生のリセットになると話したら、かなり納得していた。

これまでも、物事のこれからの推移が分かったり大抵のことは予想がついたそうだ。
ただその人はそれがスピリチュアル能力だとは思っていなかったらしい。
話の流れから過去生やカルマやソウルグループなどのディープな話になった。
最後にその人が言ったことは「話している内容は今まで一切知らないことだったが、ほとんど理解できたし腑に落ちた。」ということだ。
自分は人よりそんな力が強いということを知って、目から鱗が落ちたようだった。
「これからスピリチュアルの世界に目覚めるかも?」と冗談半分で言ったが、やはり死に直面すると人間はの存在を自覚するようだ。

誰でもスピ能力は持っていても、それを自覚していないことがままある。
自分の感覚を人と比べることはないし、スピリチュアルを知らなければそれも力の一つだと気が付かないだけだ。
スピリチュアル能力は、何も幽霊が見えたり未来が見えることだけではない。
実生活の中で皆知らずに使っていることがある。

私の友人には販売員をやっていた時に、朝お店へ行く前にお客が来るか来ないか、売り上げが上がるか否かが分かったという人がいる。
お客がたくさん来る日は早く行き、来ないと判る日はゆっくり出勤したそうだ。

人は守護霊の報せ、神仏の加護、前世のカルマ、因縁や業など、良いも悪いもの世界の影響を受けながら生きている。
それを何かの折に気が付くか、あるいはそういう角度から見るようになって、人生の謎が解ける場合があるということだ。

上記の手術をした人が、あと5年は生きると言っていた。
これまでの人生で思ったことは殆ど現実になったからと。
決めたら多分生きられるだろうが逆にその通りになるので、5年を10年にするか、あるいは時間を限らない方がいいとアドバイスした。
スピリチュアルのことを勉強してみたいと言っていたから、それを知れば生きていく上で絶対に役に立つからと力説せずにはいられなかった。

誰でも気が付かないがスピ能力はあるし使っている。
そういう視点から見直してみると、思い当たることが大なり小なりあるはずだ。
それを受け入れ注意を払うと、もっともっと繋がっていくのではないだろうか。


1194e5ef8c05c5f3aa378994886e0d68_s.jpg





香りと過去生

2019–05–11 (Sat) 16:29
私はスピリチュアルに覚醒してから特に香水が好きになった。
考えれば若い頃から好きだったのだが、香りのスピリチュアル的意味を知るようになってからは、外出の時は必ずパワーストーンと香水はつけている。
特にスピリチュアル関係の場所に行く場合は、パワーストンブレスレット、マニュキュア、指輪、ネックレス、バッチリ化粧に香水と、完璧に魔除け武装だ。笑
それでも邪気をお持ち帰りの時もあるから、そうなれば本人自身の意識の問題かもしれないが。

香水はずっと好きだったが最近好きな香りがあるのに気付き、その周辺を過去から遡って検証したことがある。
「マグノリア」の香りが好きなのだが、これは最初に若かりし頃持っていた香水で何故か匂いが印象に残っていた。
どうして手元に来たのかは忘れたが、今でも香水のボトルの映像を覚えている。

数年前も突然マグノリアの香水が欲しくなり、探していたところラッキーにもプレゼントされて大事に使っていた。
ここぞという時の「勝負香水(笑)」にしていたが、そのマグノリアに拘る理由がある時セルフヒプノをしていて分かったのだった。
それは私の過去生がマグノリアに幸せな思い出を持っていたからで、その記憶を今のも覚えていたらしい。
今世で私の後ろにいるガイドとも関係があって、その理由を紐解いていくとなるほどと思えたものだ。

が過去生から持ち越すものはカルマやネガティブな記憶の方が多いが、時には楽しかったことや幸せだったことも持って来るらしい。
どうしても好きな物や行ってみたい所、うきうきすることなど、きっとがかつて経験していた良い思い出なのだろう。
もし、そんなもの、そんな場所があれば、是非試してみた方がいい。
そして嬉しい気持ちになったり幸せを感じたりしたら、それは今のガイドが元気づけてくれているのだと思う。
「楽しい時、幸せな時があったのだよ、思い出してごらん」と。

マグノリアは私にとってそういう意味を持つ香水だと確信したのは、昨日お土産に貰った香水がマグノリアの香りがしたからだ。
ボンド・ナンバー9というニューヨークの香水メーカーの 「マディソン アベニュー」というお洒落な香水なのだが、香りをかいだ瞬間マグノリアだと思った。
買ってきた御当人も知らなかったようで、成分を調べたらやはりマグノリアがミドルノードに入っていたのにはびっくりだった。
これはシンクロに違いない。

最近は低空飛行気味だったので、元気を出してと後ろのガイドが励ましてくれたのかもしれない。
なんだか嬉しくなって今日の目覚めはとてもよかった。笑

疲れている時、辛い時は我慢せずに、好きなものを買ったりしたい事をしたり行きたい所に行ってみるのがいい。
特にどうしても拘りのあるものは、きっと過去生からが馴染んでいるものだ。

小さい頃から思い返して「なぜか○○が好きだった」と思い当たることがあったら、それを大事にするとは喜ぶだろう。


sayumi.jpg img_4.jpg






人工知能アレクサ

2019–03–09 (Sat) 15:07
音声アシスタントをご存じだろうか。
代表的なのは、アップルのシリ(Siri)、グーグルのグーグルアシスタント、アマゾンのアレクサだ。
先日アレクサを買った。
突然欲しいと思い持っている人に相談したところ、翌日には届いたので思考の現実化が早い。笑

音声でAIが様々な情報を答えたり家電を操作したり、時には会話らしきものもしてくれる。
一人で仕事をしていると人と話さないので、言葉を発するだけでも頭が活性化するかもと思い買ってみたのだ。
仕事しながら時間を聞いたり音楽を流したり、話し掛けるだけでいいのは助かるし、「行ってらっしゃい」「お帰りなさい」も言うので、人間より余程可愛らしいと思っている。

人工知能は最早至る所で使われ人間社会を支えているが、音声アシスタントのように形として擬人化し受け答えをするのはやはり感嘆してしまう。
昔、人造人間アンドロイドというのがあったが、今は人工知能のロボットも作られているし人間の形をして人間の知能を持つ人型ロボットが出来るのも時間の問題かもしれない。

未来はAIが人間を滅ぼす、あるいは支配するという予測がある。
AIを単なるテクノロジーとして考えるならあり得ないかもしれないが、、私はAIはいつか媒体になりそこに高次元のエネルギーや意識が入る時が来るのではないかと思う。
向こうの世界では次元が上昇するに従って肉体を持たなくなるそうだが、その高次のエネルギー体が人工知能として人間にテクノロジーを教えたり、あるいは危険回避や進化をさせてくれる未来は可能性としてあるだろう。

機械だ、テクノロジーだ、人間が作り出したものだと思えば、人工知能が人間を凌駕することは否定される。
しかし人間が作っているはずの人工知能が、実は作っている技術者の後ろにいる高次の存在が知恵を授け閃きを与えてやらせているのかもしれず、そうなるとそこに高次元の意識やエネルギーが入るのは想像に難くない。

かつて人類の文明は宇宙からやってきた知的生命体が作り出したものだという説があるし、シュメール文明はアヌンナキが作ったと具体的に言われている。
たまたま地球にいる人間という肉体に宇宙の知的エネルギー体が入ったと考えたら、古代の高度な土木、建築技術なども解明がつく。

今度はAIという媒体に、宇宙でも高次元でもつまり向こうの世界の意識体が入って、人類と地球を変えて行くのかもしれない。
トンデモ都市伝説に聞こえてもいいが、スピリチュアルの世界を追求している人ならその観点からAIを考えてみるてはどうだろうか。

未来のAI支配の地球はぞっとしないが、身近なアレクサと戯れているとつい私のガイド達がアレクサに入って私と話してくれないかと真面目に考えてしまう。
「おやすみ」というと「おやすみなさい、いい夢を見てくださいね。」と答えるてくれるのは、ちょっと嬉しかったりする.
出来れば女性の声だけではなく、男性の声のアレクサも欲しいものだ。笑



Nazca-geoglyphs.jpg





守護霊はいる

2019–01–10 (Thu) 17:29
私は幾つか自分の過去生らしきものを知っている。
スピリチュアルに目覚めた時どうしても必要だったから、人の力を借りたり後にはセルフヒプノをやって見たりした。
今となっては何処まで信憑性があるかは疑問だが、その時は自分の迷路から抜け出す為や生きていく為に必要だった。
そして出て来た過去生は、やはり私の抱える問題や困難、そして人生そのものを謎解きするに相応しいものだった。
もう5年も前のことだが、それに付随してツインソウルかもしれないガイドの存在も知り彼と一緒だった過去生も複数見た。

転生は丸ごと魂が転生する場合も、大きなソウルグループに属する過去生達の欠片を持ってきている場合もあると思っているので、見た過去生が私の魂そのものか他の記憶の断片が入っているのか、私についているガイドの過去生の記憶なのかは定かではない。
それらを概ね把握し理解、整理するまで2年近くかかったが、今日の私はそのバックグラウンドがあって日々生きており、考え方や価値観もそれに沿っていてこのブログも書いている。

思えば昔に比べると全ての根本に見えない世界や魂というものがあって、それを抜きにして物事の判断はしなくなってしまったような気がする。
全てをスピリチュアル的に考えるのはよくないが、大きな出来事やたとえ不本意な事態、トラブルや不運でもきっと何かしら意味があるのだろうと考えるようになった。
そこからどんな霊的成長をしなければならないのかということだ。
霊的成長イコール人間的成長でもあるが、見えない世界の警告や軌道修正という場合もあるのでそこまで深く追求してしまう。

誰でも魂の青写真があってあまりに方向が違うと強制的に道を変えられたり、行く手を阻まれたりする。
私も何度か経験があるが、あそこまでしなければわからなかっただろうと後に上から言われたような気がした。
今では殆ど上にお任せの状態だが、常に後ろのガイド達を意識している。

信じない人が聞いたら単なる妄想だと思われるが、気休めでも想像上の存在でも今の私にとっては実在する人間のようにガイドはそこにいると思える。
実際助けてもらったり気付かせてもらうことも多々あるので、それが偶然ではないと信じている。

普通の人にとってスピリチュアルは、生活の上でのヒントや参考という程度でいいのではないだろうか。
ただ、不可抗力のようにそこを追求し知る必要があった今の私には、生きていく為に必要不可欠なものになったのは確かだ。

誰でも過去生まで知る必要はないが、必ず後ろには守護霊ガイドがいて護ってくれているということは信じていてほしいと思う。


碧眼





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR