夫婦のエネルギー交換

2019–06–27 (Thu) 14:31
先日たまたま介護士をしている人と話す機会があった。
30代の男性で訪問介護の事業所の中間管理職をしているそうだが、もちろんご自身も現場に出ているそうだ。

福祉のシステムも聞いたが、介護士が薄給というのは事業者が国の補助金の使い道を曖昧にするために作ったイメージだと言っていた。
かなり潤沢な援助金が国から出ているが、それを介護士の給料に還元することもできるそうで、彼の事業所はその方針なのでそこそこの給料をもらっているとのこと。
何処でも中間でお金を抜いて儲けているような悪徳会社や事業者はいるのだと思ってしまった。

彼はどんな現場の仕事も大丈夫で天職だと思うと言っていたが、確かに強いエネルギーを持っていて、多少のネガティブエネルギーを受けても撥ね返すか自然に落としてしまうような感じだった。
ひょんなことから彼の家庭の話になって、奥さんも介護士だが最近体がきつく喘息と腰のヘルニアになって寝てばかりいるということだった。
よく聞くと結構スピリチュアル的な人で、以前から寝ないと体がもたなかったが最近は特にひどくなって眠ってばかりいるそうだ。

夫婦で調子が悪くなる時期も同じだが奥さんの方がひどくなっていると聞いて、ああ、なるほどと思ってしまった。
彼女はスピリチュアル体質で邪気を受けやすいので、眠ることによって邪気を落としているのだが最近はそれが追いつかない状態のようだ。
仕事で必ずネガティブエネルギーを受けるのだが、夫である彼の分まで引き受けているように思ったので詳しく話を聞いたところ、彼も思い当たることがいくつかあると言う。

「ソウルメイトで何度も一緒であなたを守って肩代わりしてくれていることがあるみたいよ」、と伝えると、スピ系ではない彼も結婚の不思議ないきさつやこれまでのことを考えて完全に腑に落ちたらしい。
彼が介護の現場で憑けてくる邪気やマイナスエネルギーまで彼女は貰い、ひたすら寝ることによって浄化していたようだ。
しかしもうこれ以上やったら体を壊すので、現場はやめた方がいいという上の警告だろう。
腰のヘルニアがひどくなったのもそのせいかもと伝えたら、彼も周りももうこの仕事は無理だと思っていたと言った。

奥さんの写真を見せてくれたが、華奢で精霊系の人だった。
ガタイが良くてエネルギーの大きい彼をふんわりと守っているガイドのような感じだったが、あまりにもエネルギーの大きさが違うので彼女は大変だったろうと思った。

仲の良い夫婦でもエネルギーの大きさが違うと一方はそれを受けきれない場合がある。
対等のエネルギー交換が出来ればいいが、片方が受ける一方になってしまうと弱ってしまう。
いいエネルギーだけでなくマイナスエネルギーも貰ってしまうからだ。

途中からスピリチュアルカウンセリング状態になってしまったが、彼が最後に「言われたことは全てその通りだった」と得心してくれたので、私も思わぬ展開だったが何となくホッと出来た。
「奥さんはあなたの憑けてきたものまで引き受けてくれていたのだから、とにかく寝かせて休ませてあげて。赤い糸の相手なのだから大事にしてね。」
と言うと「今日の気持ちをまず伝えます」、と答えて帰っていった。

恋人や夫婦というのは単なる愛情や相性だけではなく、エネルギーのあり方や大きさによっても関係性が決まる。
もし好きなのにうまく回らなかったりずれが起こったら、お互いのエネルギーを知ってみると違う側面が見えたりするのではないか。


200731_400503600044393_1385435071_n - コピー




いい恋愛をするために

2019–03–25 (Mon) 16:31
誰でも一生に何度かは人を好きになる。
人を好きになる時は、パターン的にいくつかに分れるようだ。

1、 性格もわからず見た瞬間「ビビッ」と来る、いわゆる一目惚れ。

これは過去生の影響が強い。
その中でも男女の縁があって魂が覚えているから反応する。
お互いを知るにつけうまく行かなくなることも多いが、中にはツインソウルのように最強の結びつきをする場合もある。

2、 最初は何も思わなくても、友達や仲間で段々好きになっていく。

その場合は、今世での霊的成長のための相手だったりする。
ソウルメイトの可能性が高く、たとえ別れてしまっても何かそれで人間的成長が出来る相手だったはずだ。
お互いにこの人生でのブループリントに必要な役割を果たす約束の相手かもしれない。

3、 体の関係から始まったり、あるいはそれが恋愛の大きなウエイトを占める。

カルマメイトと呼ばれる相手が多く、魂が過去生から持ち越した色情因縁や先祖、生き方など様々な要因で引き寄せてしまった色情の因果によって肉欲に支配される事が多い。
修羅場に近い凄絶な恋愛を繰り広げるが、絶対に離れられない。

占いやスピリチュアルカウンセリングをしていると人間のダークな部分を見る事が多く、3の恋愛パターンの相談を受けることがある。
本人同士は好きなのだが客観的に見てみると痴情のもつれとしか言いようのない状態に陥っており、別れる戻るを繰り返したり刃傷沙汰になってもおかしくないような異常なメンタリティーを持っている。
総じてお互い過去生でも双方に大きなカルマを負わせてきた同士だ。

健全な恋愛は心と体の結びつきも健全で、最高のエネルギー交換が出来る。
お互い波動を高め好影響を与えられるが逆の場合もあって、3のパターンは二人で落ちて行きカルマを重ねるような関係が多い。

体の交わりは究極のエネルギー交換だから、最初に訳の分からない相手のエネルギーを入れるとそれに左右されてしまうのは自明の理だ。
単に肉体の接触だけでなく相手のエネルギーを体内に通すのだから、スピリチュアル的には大きな意味がある。

もし、いい恋愛、いい結婚をしたいと思うなら、時間をかけ相手を見極めて自分のハートがゴーサインを出しているか確かめてから進んでいくべきだろう。
これから恋愛、結婚をしたいと思っている人には、くれぐれもその点を注意してもらいたいと思う。



d8f4b95fba7bd22bef526b659468e51c_s.jpg






エネルギーは回る

2019–02–12 (Tue) 15:13
先日嬉しいことがあった。
このブログを何年も読んでいただいていて一度お会いしたこともある方が、京都大覚寺の節分祈祷で私の分もお願いしてくださり、個人名の入ったお札を送ってくれたのだ。
去年秋に霊障に悩まされ体調を崩したのをブログから読み取ってくれたらしく、心配して無病息災の御祈祷をご家族と一緒に私の分も申し込んでくれたという。
私の好きなお大師様の総本山で祈祷していただけるなんて感慨一入だった。

このブログは何度も負担になって止めようかと思ったこともあったが、読んでいる人がメールをくれたり実際に会ったり、あるいはブレスレットを頼まれたり、少ないながらも人との繋がりを実感することが出来るので、その都度ブログをやっていてよかったと思わされる。

大抵のスピリチュアルブログは何かしらスピ系の仕事をしている人が営業の一端としてやっていることが多い。
勿論スピリチュアルを知る上で参考になったりするので私も複数のブログは定期的に読んでいるが、ビジネス絡みだと必ず定期的に仕事の告知が入っている。
しかし最初からこれは備忘録のつもりで書き始めたし、いまだに題名通り「独白」状態だ。
このブログもこっそりリンクにスピリチュアルカウンセリングのHPを入れているが、一時ヘビーな人ばかり来て体がもたないと思ったらぱったり来なくなってそのまま放置してあるHPなので、多分ブログを読んでいる人も存在を知らないだろう。笑
最近はまめに記事を更新するようにしているが、日記ブログではないので何年もやっているとネタが尽きたり重複する場合も出てきてしまう。
何とか新しいテーマを考えようとするが、それだけで時間を使ってしまうこともある。

物凄いアクセスの開運人気ブログがあるが、そこはもう重なることを前提に似たような内容の記事はリンクできるようにしているので、そういうやり方の方がいいかもと思いもする。
しかし、このブログは比較ならないほどのマイナーでコアなブログなので、やはり現状は「気が付いた時にはスルーで」とお願いするしかない。

ただ、本業は人と話すことがない仕事なので、ブログを書くことは私自身のためになっているのも事実だ。
そしてブログの縁で、自分の知らないところでわざわざ祈って貰えたなど、とても有難いことだと思う。
昨日偶然ある人と話していて、気やエネルギーは回るということを言ったばかりだった。
外に放ったエネルギーは、いいものも悪いものもいずれ形を変えて自分に返ってくる。
善を成せば直接その時返って来なくても天への貯金になり必要な時に戻ってきてくれるし、悪を成せば必ずいつかその報いを受ける。

「おかげ様」という言葉があるが、一対一の個人の関係ではなく多くの人が繋がりの中で気やエネルギーを流し回り回ってまた戻って来るのだと思う。
それぞれが気付かないところで「おかげ様」の遣り取りをしているのだろう。
生きとし生けるもの、森羅万象全ては繋がっている。

私ももっともっと「いい気」を放ちたいと改めて思った。



睡蓮―雲ー





恋愛と色情因縁

2018–06–20 (Wed) 16:29
前記事で恋愛における生霊のことを書いたが、もう一つ注意しなければならないのは恋愛色情因縁はシンクロする場合が多々あることだ。
色情因縁は文字通り色情にまつわる因業の事だが、男女関係でトラブルを抱える人はまずこれを持っていると言っていい。
先祖の因縁や過去生のカルマもあるが、その業に蛇霊がつく場合が多く中には家系的にずっと祟られている場合もある。

そしてこの因縁は周りの人間をも引き込む怖さを持っている。
霊障を受けたり憑依体質の人は優しい人や思いやりのある人が多いが、それを見込んで悪霊や色情霊が憑いてくる。
逆に霊の世界など信じない人や冷たい人、エゴイストは、何が来ても弾いてしまうので取り付くしまが無い。
気持ちの優しい人は同情したり突き放せないので、恋愛でも押し切られたりずるずる引き摺るられてしまうことが多い。
常にエネルギー交換をしていれば、相手の色情因縁まで貰って生霊に乗った蛇霊が体内に侵入してくる可能性もある。

色情因縁を持つ者同士が引き合うだけでなく、ピュアな魂を持っている人も色情霊は憑いてくることがあるから注意だ。
世の中には別れる切れると騒ぎながら絶対に別れられない腐れ縁のような男女がいる。
DVの関係などはする方は色情因縁を必ず持っているがされる方は「私が助けてやりたい」「私が付いていなければ」「根はいい人だ」などと同情して離れられなくなる場合も多いが、この発想はすでに半分色情因縁に取り込まれてしまった状態だ。

肉欲がベースにあるのが色情因縁だから、男女の交わりは一番効果的な方法でエネルギーを注入できる。
つまり執着という生霊とそれを動かす色情因縁が一緒にエネルギー交換として送り込まれるわけだ。
書いているだけでも恐ろしいが、私も何度か色情因縁で結びついている夫婦や恋人同士を見たことがある。
恐ろしかったのは持っている因縁同士が融合して、相互にエネルギーを注ぎ合っている感じがしたことだ。
DVは殆ど共依存になってしまうが、片方が逃げ出そうとすると片方は半狂乱になり修羅場が繰り広げられる。
色情因縁に取り込まれてしまうと最後には一緒に落ちて因業の泥沼をのたうち回ることになるので、スピリチュアル的には安易な恋愛や肉体関係を持つことは避けるべきだ。

いわゆる赤い糸で結ばれた運命の人はいるだろう。
しかし、色情因縁で結び付く相手は必ずトラブルが起こり離れたくても離れられなくなる。
それでも続くのは運命の人だからだなどとは、くれぐれも錯覚しない方がよい。
恋愛の最中に違和感があったり段々違うと感じたり、また相手が変わってきたり執着が凄くなったら、それは色情因縁のせいかもしれない。
男性でも女性でもDVとストーカーと変質者は必ず色情因縁を抱えている。






恋愛と生霊

2018–06–19 (Tue) 16:53
恋愛エネルギー交換だ。
お互い同じ波動と霊格の高さを持ちいいエネルギー交換が出来れば高め合っていける。
仲のいい夫婦が長年一緒にいると雰囲気や顔まで似てくるのはそのせいだ。
これが釣り合いが取れなかったりあまりにも高さや種類が違ってくると、一方がエネルギ-を吸われるだけになったり逆に悪しきエネルギーを注入されたりする。
恋愛ではすでにコードが繋がっているから、そのパイプを通って波動や念も繋がる。

物理的な接触が一番ダイレクトなエネルギー交換だが、離れていても電話やメール、あるいは思っただけで気脈は通じる。
好きという感情は念としてはかなり強く嫉妬や憎悪と同様生霊になって相手に飛ぶ場合がある。
相手の幸せや相手の立場を思いやる「愛」では高次のエネルギーとなるが、相手にお構いなく好きだ、独占したいというエゴが主となる感情は執着になりしばしば生霊になって飛ぶ。

一番厄介なのはストーカーで相手の方は知らなくても四六時中監視して考えているのでその執着たるや強烈だ。
物の怪のような生霊になって相手の体をぐるぐる巻きにしてしまう。
ストーカーになる人間は最早相手と接触しなくても自分の執念という強力なエネルギーを飛ばし続けるから、相手の方も普通の精神状態ではなくなってしまう。
大抵ストーカーされた方もした方も無傷ではいられない。

ストーカーまでならなくても恋愛が終わる時には大なり小なり交換したエネルギーの清算が必要になる。
相手の執着が強いと生霊となって取り憑き、DVの恋愛などは逃げ出そうと思っても加害者の執着が強く接触を持ったりメールを見ただけでもパイプが繋がるし、相手に恐怖を感じただけで生霊が飛んでくる。
相手の事を気にするというのは閉じていたパイプを開けるという事なので、ストーカーがメールを送り付けるとそれを見て相手の事を考えてしまいいつまでも繋がって生霊を送られる訳だ。

私も実は長い間生霊に乗られていて大変な目にあった。
生霊が乗ると首や肩が痛くなったり常に凝って重たくなる。
夜も眠れなくなって何度も目が覚め気分が塞ぎ鬱状態になる。
仕事や人間関係もうまく行かなくなって運気が下がり、メンタルも体も不調になった。
最後には私もおかしいと分かって霊能者に見てもらったら強力な生霊に乗られていた。
私は相手が分かっていて、自分からパイプを繋げてしまったところがあったので後から考えたら呼び込んでしまった部分があったと思う。

私の場合は複雑な事情があったが、愛憎という言葉通り愛と憎しみは最強の執着で生霊になりやすい。
一方的に生霊を飛ばされるのはかなわないが、大抵は飛ばされる方にも知らずにパイプを繋げてしまったことがあったりして、結局はそれも人生でクリアしなければならない課題だったのかもしれない。

もし生霊に憑かれていると思った場合は相手に貰った物は念が入っているので一切処分し、特に髪は念が付きやすいので注意をした方がよい。
しばしば別れた相手の髪の毛が部屋に落ちていたりすることがあるが、それは生霊を飛ばされている可能性がある。
失恋したり別れたら髪を切ってさっぱりするというのはとても理にかなっているのだ。

死霊より生霊が怖いと言うがその通りで、取り憑かれると洗脳状態にまでなってしまう。
特に恋愛絡みは好きや嫉妬という気持ちが執着になるので生霊が飛びやすい。
恋愛エネルギー交換でお互いの思念をエネルギーと一緒に送るので、付き合う前に相手をよく見極め執着が強かったり精神状態が不安定な人は避けた方がよいだろう。




 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR