集団スピリチュアル

2019–04–08 (Mon) 14:38
集団スピリチュアルと言えばカルトや新興宗教を連想する人も多いのではないか。
確かに一番わかりやすい例と言えるだろう。
教祖は強い何かに憑依されて信者を集めるが、大抵は神や高次の存在を名乗る怪しげな魔物だ。
中には魔物系ではなくそれなりに人々を助ける役目を持った存在もいるが、一つの特徴として組織や集団に属している時のみ御利益があるという点だろう。
危ないカルトは信者から金品とエネルギーを巻き上げ最後には教祖もろくな事にはならないが、辛うじて社会で共存共栄していく宗教団体もある。

宗教と名乗らなくてもスピリチュアル世界では教祖のような人が何人もいて、様々な形で組織、団体を作り上げて、弟子を育成したり信者を増やし布教活動?もしているので、私的にはスピリチュアルも宗教も集団になると変わらない部分があると思っている。
やっていることは同じだからだ。

まず「神様がついています」系の霊能者やスピリチュアルリーダーが、占い等でお客を集めそのうちお茶会、勉強会、講座を開く。
ここで終わっていればいいのだが、やがて物品販売やスクール、会社まで作ってしまう。
問題なのは普通の商売やビジネスと違って、営業の手段にスピリチュアルや霊能力を使っているところだ。

スピリチュアルに惹かれて御利益を求めてくる人に霊能者がパワーを入れたグッズを売れば、いいビジネスになるだろう。
このシステムは小さな手作り物販から大きな会社まで、スピ系は全く同じ構図になっており、庶民には庶民相手に売るグッズとセンセイ、富裕層には富裕層を相手にするそれがある。

先日知り合いに、某貴金属を扱う会社の社長のセッションに誘われた。
霊能力があり紹介者には無料でセッションをしてくれるという話だったが、要するにお客を霊視し相応しい自社の貴金属をパワーを入れて販売するというものだった。
確かに写真を見たらカリスマ的なエネルギーを持っていて能力もあるのは見てわかるし、教祖になれる人だろうとは思った。
実際そのやり方で会社も成功させているし、まさしく富裕層相手のスピリチュアル集団を目指しているようだった。

会社をやっていてもスピリチュアルでお客を集め成功させているのだから、ご本人も認めているようにそういう強い力を背後に持っていて、集まる人間はみなそのエネルギーを帯びてしまうのだろう。
知らずに信奉してしまい、お客がまたお客を連れてくるような感じだ。

後ろに有名な神様、アセンデッドマスターが4柱ついているというのを聞いてドン引きしてしまい、富裕層でもないので丁重にお断りした。
知り合いはその宝石を買っていいことがあったようだし、それはそれでいいだろう。
ある意味会社という形でも集団スピリチュアルになっていて、社長や幹部が後ろにそれ系の強力なものを憑けていれば、社員は弟子で信者になりそうなお客にスピを使って営業するという構図になる。

どんなスピリチュアル集団でも属している限りはリーダーの背後にいるものの力で現世利益もあるだろうが、そこを脱退しようとすると厄介だ。
いわばそこを支配するエネルギーが憑いてしまったのだからそれを落とすのも大変だし、下手をしたら引き留めるために集団でサイキックアタックをされることさえある。
実際そんな話を聞いたことはあるし、何より大きなS学会が脱会者に「仏罰が下るぞ」とかつて脅していたのは有名な話だ。

人は群れたがる。
スピの世界でも同じだ。
帰属意識の強い日本人はなおさらだ。
そして力のあるボスが団体を形成する。
しかしスピでも集団に入ると個人の判断はできなくなり、支配するエネルギーに従うしかなくなるということを、スピリチュアルに興味のある人は肝に銘じてほしいと思う。



1923_L.jpg





十一面観音

2019–04–05 (Fri) 16:10
先日東京の根津美術館へ仏像を見に行って来た。
東京の南青山にあり、実業家・初代根津嘉一郎の蒐集品をもとに、国宝、重要文化財を多く含む日本・東洋古美術を展示する美術館だ。
重要文化財の仏像も数点あり、広い庭園はタイムスリップしたような古い趣で苔むした仏像や石塔の類が随所にあって、天神様の小さな神社まであった。

実はある人に観音様との縁を言われて、しかも十一面観音と特定されたので、にわかに十一面観音に会いたくなって麻布の長谷寺にある大きな十一面観音像と根津美術館の重要文化財にもなっている十一面観音像を見に行って来たのだ。
最近は神社巡りが多くて神様に縁が出来ているが、若い頃尼僧の過去生を祈祷師の僧侶に指摘され睡蓮の絵もライフワークとして描き続けていたので、確かに観音様にも縁があるかもしれないと思い出した。
それが十一面観音かどうかはわからないが、若い頃は出家したいと思ったこともあったくらいだから(笑)、仏縁があるのも当然と言えば当然かもしれない。

十一面観音は頭の上に11の顔があって360度全てを俯瞰しているそうだ。
男女判らないような柔和な面立ちだった。
どちらの像も気持ちが癒されて、しばらく見入ってしまった。

観音像も素晴らしかったが、根津美術館の庭園も神社仏閣並みかそれ以上にかなり強い気が流れていて、いわゆるパワースポットになっていた。
特に小さな滝があるのだが、そこが一番気が出ている場所で、写メを撮ると何かが確かにいると思うような不思議な写真が撮れた。
スピ人間は龍神が写ったとか神様がいるとかすぐFBに上げたがる画像で、最近はそういう言い方にいささか引いている私でも、ここはちょっと違うと思ったくらい単なる逆光と言えないような写真も動画も撮れる。

美術館とお寺とかなり歩いて回ったし、庭園でも長い間ぐるぐる巡回したのだがちっとも疲れなかったので、やはり行くべくして行ったのかもしれない。
突然前日に思い立って調べてみたら、近いところに二つも十一面観音像があると判って速攻行けたのでちょっと不思議だった。
根津美術館の庭園の方もかなり強力な気が流れているので、東京の隠れパワースポットと言えるだろう。

心が疲れている人は根津美術館で仏教文化に触れ、仏像と庭園で浄化とパワーを貰ったらいいかもしれない。
美術館から歩いて20分ほどの所に麻布観音が観覧できる長谷寺もある。


655000b8.jpg DSC_0665.jpg DSC_0673.jpg DSC_0680.jpg



続 新元号 『令和』

2019–04–02 (Tue) 17:25
昨日新元号について書いたが、その後も続々と興味深い事実が掘り起こされているので、それについても書いておきたい。

まず「令和」に対する国民の印象が分かるのが、一時google trendsで「命令の令」が一位になっていたことだ。
令という字ですぐ思い浮かぶのはやはり「命令する」という言葉で、説明する時も「命令の令」と使う人が多い。
事実日本の歴史上「令」の付く元号は何度か候補に挙がるも、言葉の意味から却下されたいきさつがあるようだ。
昨日の新元号「令和」の「令」から国民は、命令するという言葉を連想した人が多いのは事実だろう。

さて、昨日「令和」の出典が万葉集でも漢詩の孫引きだという話を載せたが、そのあまりの偶然ぶりに驚いたのでそれを紹介したいと思う。
これは完全に事実で、簡単に説明すると「帰田賦」という漢詩が由来だ。
作者張衡が役人として仕えた後漢の安帝があまりにも暗愚で側近の専横や官僚の腐敗に嫌気が差し、辞めて故郷へ帰る時に詠んだものだ。
この安帝はかなり愚昧だったのと、后も勝手気ままだったらしくすこぶる評判が悪い。

「安帝」「側近」「官僚」と何やらデジャブ感が半端ないが、意気揚々と国書から選んだと胸を張った安倍総理がこの由来を知っていたかどうかは疑問だ。
しかし、岩波新書まで速攻漢詩の出典をツイートしているぐらいだから、この言葉を万葉集から選び出した選者がこの背景を知らなかったとは思えない。
以下はこの経緯を詳しく語っているサイトのリンクなので興味のある人は見ていただきたい。

https://twitter.com/magon94503826/status/1112681579082473472
https://rondan.net/19271
https://twitter.com/iwabun1927/status/1112594364411211776


万葉集の引用元の万葉集第五巻梅花歌卅二首は、漢籍に明るい大伴旅人の左遷された大宰府の邸宅で、中国原産の梅を珍しがって中国詩人の真似をして詩を詠んでいるものだ。
総理は梅にもこだわったようだが太宰府、梅と言えば菅原道真公だ。
いずれも腐敗した為政者の計略に追われた人間と流された場所に因んで詠まれた歌から新元号を決めるとは、何かの天意を感じてしまう。

「令和」が選ばれたのは、どうも皇室の意思も働いていたという見方がある。
事実安倍総理は二度も皇太子に新元号のことで会っている。
穿った見方だが、総理は「令和」の隠された深い意味は知らなくても、もしかしたら皇太子は知っていたのかもしれない。
私は最初いい感じを受けなかったが皇室の影響があったと知って、新天皇が「平和を命ずる」という強い意思があり戦争を厭わない今の政権を牽制するような力が働いたのかもしれないと思った。

英語圏では発音だけを単純に聞いて、ray war 「核戦争」と揶揄されているとか。
新元号に「命令して和を成す」的な国家主導の右傾化を、日本に警戒する論調は海外に多い。

令は字の成り立ちから神のお告げという意味もあるそうだから、『令和』を命令に和する時代と取るか、神の意で平和な時代と取るかで日本の未来も決まるような気がする。
この壮大なレトリックともいえる「令和」という新元号は、二重三重のシンクロが含まれた見えない世界の大きな示唆を感じる。
「令和」の御代は、是非平和をオーダー(令)する時代になってほしいと心から願ってやまない。



002.jpg






新元号 『令和』

2019–04–01 (Mon) 16:08
新元号が発表になった。
「令和」

朝からマスコミが狂騒状態で号外も出たし街角では人が集まっていたようだ。
テレビは見たくないので見ないようにしていたが、ネットでも大騒ぎでいささか辟易としている。

個人の感想を述べれば「令」はすぐ命令の令を想起させるし、言葉の意味も第一にそれが来る。
https://www.kanjipedia.jp/kanji/0007237600/

上からの命令で国民を和すという上意下達の印象を受けた。
正直聞いた瞬間いい感じはしなかった。
安倍政権に批判的な向きは皆同じような感想を言っているが、面白いのは安倍総理が出典は「万葉集だ」とこれまでの伝統を破って日本の独自性を強調したところ、実はその万葉集の「令和」の元ネタが古代中国の漢詩だとすぐネットでは調べられてしまったことだ。

おまけに「令和」の読み方こそ違え、早稲田大学政治経済学部長である憲法学者の名前と同じだということで、早速ニュースになっている。
秘密保護法や安保法制に反対した人だという話もあり、日本国憲法の本も出しているので安倍総理にしたらかなりのブラックジョークかもしれない。
何でもやる政権だから、いきなりこの学者に憲法改正を語らせる可能性は否定できないが…。笑

元号が変わるというのは日本の波動が変わるということだから、天皇が変わるのと同様何か変化が起こってもおかしくはない。
新元号の発表いうことだけで日本人は浮足立っている感じだが、それほど国民の心は影響を受けているということだろう。

言霊というのは大きな力を持つ。
令を命令するという意識で使えばその通りになる。
要するに集合意識というものは未来を変えて行くから、政治に主導されたとしても国民がそれを刷り込まれそういうマインドになれば大きな気の流れが変わっていくということだ。

もう少し明とか仁とかネガティブな意味が全くない言葉を使ってほしかったものだが、逆に言えばどちらともとれる言葉を選んだということなのかもしれない。
海外では「令和」を「秩序と調和」「平和を命令」などまだ統一されていないようだが、いずれにしても「令」という意味を美しいとか麗しいという意味には捉えていないようだ。
私が真っ先に連想したのは「命令」と「巧言令色」で「和」を成すだった。
何か現政権とシンクロしているようだと思ってしまったが。

新元号発表で浮かれているが、今日から様々なものが値上げされる。
この騒動で国民にとって悪いことは全てスルーだ。
前回上げた消費税の84パーセントが使途不明金になっていることも野党の国会議員が調べて明らかにしているが、全く知らされていない。
新元号の発表だけで今からこうなのだから、新天皇の即位の時はどんな悪事でもどさくさに紛れてされてしまいそうだ。
国民はもう少し冷静になった方がいいような気がする。



023.jpg







霊のいる部屋

2019–03–29 (Fri) 15:26
そろそろ三月も終わりでこの時期は引っ越しシーズンだ。
引っ越しは新しい住まい探しから始まるが、これが一番の難関だ。
条件に合う家や部屋を決めるのには候補を絞り内見するが、案外すんなり決まることもあれば中々決められないこともある。
何でも直観は働くので、ピンと来たところはまず外れはないだろう。

しかし新築ならまだしも賃貸の中古となると、中にはいわくつきの部屋もある。
いわゆる事故物件というものだ。
自殺、事故死、殺人事件など変死はもちろん、自然な孤独死でも発見が遅れ腐乱状態で見つかると事故物件に入るようだ。

事故物件とは平たく言うと成仏できない霊がまだいる部屋と言えよう。
敏感な人は事故物件だと知らされていなくても、入った瞬間いい感じがしなくて住みたいとは思わないようだ。
中には家賃が安いからと事故物件だと知っても入る勇者もいるが、自殺や変死を聞いてすでに気持ち的に負けてしまう人は絶対に止した方がいい。
その時点でもう波長が合ってしまう可能性があるからだ。

未成仏霊と言っても、必ずしも悪さをするわけでもない。
時にはその部屋にいることが分かっていても意に介さないので何も影響ないとか、あるいは仲良くなってかえって助けてもらうとか。
人間に悪さをするのはこの世に恨みを残していたり、たまたま住人のネガティブな部分と同じ波動が共鳴する場合だ。

未成仏霊は自分が死んだことを知らなかったり、成仏したくて助けを求めたりするから存在を知らせてくる。
そんなときは、夜中に音がするとか不思議な現象が起こったりするが、本当に悪霊なら必ず病気怪我や事故など悪いことが起こる。

そういう部屋に入ることになったのは同じ波動を持っていたり、何かしらの縁があったりする可能性もあって、もし強力な守護や加護があったら、まずそんな部屋に引っ越すことはないだろう。
人と同じで土地や住まいも何かしら縁があったり波長が合ったりするものだ。

いくらきれいにリフォームしていても、何となく変な感じがしたり気が進まない物件はやめた方がいい。
匂いは判りやすいセンサーで、黴臭かったりし湿った匂いはいい霊ではない。
自分の直感は大事にした方がいいが、決めたと思ってもその場で契約せず一晩は時間をおいて気持ちが揺らがなかったら大丈夫だろう。

私も若い頃一軒家を借りる際条件的に合う家を見つけて業者にその場でOKをしたが、家に帰って次第にやめた方がいいような気持になり翌日やはり断ったことがある。
後から調べたらそこは元病院が建っていた場所だった。

賃貸ならまた引っ越すことはできるが、中古のマンションや家を購入する時はよくよく前の持ち主や住人、土地柄も調べた方がいいだろう。
新築以外は必ず前の人の気や念は残っているものだし、まして霊だけでなくネガティブな念や遺恨も置いてあったら厄介だ。
もしかしたら一生の運気も変えることになるので、住まい探しは出来るだけ慎重にいい条件で考えた方がいいと思う。



7ac9648c16120812a8b32ed321f3afd2_s.jpg





« 前へ | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

03 | 2019/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR