太宰府天満宮

2020–01–24 (Fri) 15:50
太宰府天満宮へ参拝するために福岡へ行って来た。
一泊二日の短い旅程だったが、無事に予定を消化することが出来た。
雨が予想されていたが二日目は上がって、断念しようと思っていた香椎宮にも行けたしメインの天満宮で節分前の祈祷もかなった。

福岡の天神で数年前ふらりと見てもらった占い師と仲良くなり、福岡へ行った時は必ず会って食事をしているのだが、一日目はその彼女と会った。
当時は手相を見ていたが、算命学を習得しかなり精度の高い占いをする。
占い師の例に漏れず体を壊し占いの専業はやめて違う会社に勤めたが、それでも口コミで副業的にしていると言っていた。

霊能ももちろんあって、お客に限らず家族でも未来のビジョンが見える時があるそうだ。
私も、らしきことを一度当てられいる。
だから家族などは、見えたビジョンに沿って事を進めるようにしていくと現実化すると言っていた。

統計学は当たる確率は高いが、負の予想もつくのでそれとどう向き合うかが難しい。
面白いことを言っていて、人の寿命を見ると自分の寿命が縮むから見ないようにしているそうだ。
以前から占いで寿命を読むのはタブーのようなルールがあるが、それは相手の為だけではなくもしかしたら自分の為もあるのかと思ってしまった。
それによって相手の命を左右することになれば、自分の命にも影響が及ぶということなのかもしれない。
何とも奥深い話だった。

さて、太宰府天満宮はやはり私にとっては深い縁を感じる場所だ。
そもそも学生時代道真公は和歌にロックオンされて以来のファンだから、天満宮に行くと知性故全てを達観した道真公の果てしない包容力を感じる。
祟りを鎮めるために神に祭り上げたというのは大間違いだと私は感じている。
彼を策略の末大宰府へ追いやった時の為政者の罪悪感と、それに連動した民衆の恐怖が集合意識となって京に疫病や飢饉を呼び込んだと思う。
道真公は高次の人なので祟りを起こすわけはなく、結果的に神になって後世の人々を救うために敢えて起った一連の流れだったのではないか。

今回はツイていると思うシンクロがあった。
行程も順調にいったし、最近凹みがちだったところ、御祈祷の最中に「全て置いて行きなさい」というフレーズが頭の中で繰り返されていた。
都合よく、道真公の御思し召しだと思うことにした。笑
おかげで身軽になったような気がしている。

いにしえの 飛梅咲きて 大宰府に 道真公の 慈悲をもらわん


line_1579756617965.jpg DSC_0945.jpg






私は誰?

2020–01–20 (Mon) 14:56
今日は私の妄想戯言になるので信じないで読んでいただきたい。笑

私は小さい頃から習わなくでも絵が描けたし他の創作的なことが出来た。
親の考えていることも分かったし、物事はこうするべきだというのも分かったが、全部したわけではなく逆に反発してやらないこともあった。
大人の顔色を窺うというのではなく、どちらかというと理解していてもわざと反発していたように思う。
10代の頃は毎晩星を見て帰りたいと思ったり迎えに来てくれると思ったりしていた。

漫画もずっと描いていて、昔の「ベルサイユのばら」のような中世ヨーロッパ物だったが、今思えば衣装や城館の描写など見ないでも描けていたので、あれは過去生の記憶だったと思う。
そして男性主人公は、今の私が認知しているガイドスピリットそのものの容姿をしていた
東京の大手出版社からデビューの話もあったが、受けていたら漫画家になっていただろう。

その頃は魔女に興味があり色々調べたり、19世紀のワイルドやビアズリーが好きで退廃的文化に妙に惹かれたりした。
今思えば小さい頃から霊的なものの干渉がありいつも熱を出したり、反面習わなくてもいろいろ出来たりダウンロードしている状態だったように思う。

常にあったのは現実の生活に対する違和感で、これは本当の私だろうかとか何かが違うという疎外感があった。
だから星空を見て帰りたいと思ったり迎えに来てと思ったりしたのだろう。
あれは故郷への郷愁だったのか。笑

自分の人生はこんなものではないという意識はつい最近まであったし、もしかしたら今もあるかもしれない。
人として生まれて人のやることは一通り、またはそれ以上に経験してそれが終了し、やっと少しばかり本来の自分に目覚めたのか戻ったのかという今の状態だ。

今世に関係のある過去生がいくつかあると言われるが、多分それを知らずに小さい頃から順番に意識していたように思う。
中学の時は修道院に入りたかったし、若い頃は仏門をくぐろうかと思ったこともある。
退廃的美に憧れたのと修道院は全く矛盾しているが、過去生の一つだと考えれば説明はつく。
漫画でロシア革命の黎明期を舞台にしたことがあるが、そのあたりの過去生があったのも最近分かり符合に驚いたものだ。

ここ数日凹むことがあった時、あるスピリチュアリストから、過去生で魔法が使えたんだから自分に悪い魔法ではなくいい魔法をかけなさいと言われた。
私は魔術について嫌悪感があり、スピリチュアルでも魔術と名の付くものは胡散臭いと思っている。
魔がつく限り闇と通じるので拒絶感がある。
そこまで拒否反応があるのは、逆に昔何か関りがあった証明かもしれない。

スピリチュアル的に人生を見直すと、幼少期からの不思議な事がある程度説明がついたのでその世界を信じるようになった。
最近思うのは「長く人間をやりすぎた」ということだ。
今の人生が終わったら故郷の宇宙へ帰りたいものだが、まだ2~3回は人間の転生があるという人と違う星に呼ばれているという人がいて(笑)、さてどっちなのだろうと思っている。
まだまだ今生は続ける予定だが。


1.jpg





新型肺炎

2020–01–17 (Fri) 15:15
昨日新型肺炎が日本で初めて確認された。
渦中にある武漢へ渡航し肺炎の患者と接触した神奈川在住の中国人だそうだが、もう回復して退院しているようだ。

中国当局は患者数を46人と発表しているが何処の国も正確なことなど言わないしこの日本でさえあらゆる数字を改竄しているのだから、この46人も死者2名も疑わしい。
把握しているいないに関わらず実数はこの数倍に上るのではないだろうか。

幸い致死率は高くはないようだが、対処方法もわからないのでもしパンデミックにでもなったらパニックが起こるだろう。
目に見えて人が倒れない限り正直に実態を発表する国は少ないと思う。

中国では春節が来るので中国人も日本にたくさん来るだろうが、そうなったら新型肺炎も一緒に来る可能性は否定できない。
豚インフルエンザの時もアメリカから旅行者が持ってきたが、鎖国でもしない限り水際で防ぐのは無理だろう。

疫病は歴史上大規模に人々の命を奪った。
中世のペストはヨーロッパに蔓延したし、19世紀のスペイン風邪は日本でも被害者を出した。
大きな周期で繰り返される疫病はやはりある意味淘汰なのだろうか。

今世紀に入るとウィルスは生物兵器として次々作り出されているし、兵器としてではなくとも製薬会社が儲けるために治療薬とセットで作りばら撒くという陰謀論もある。
エイズなどは人工的に作られたもので、アフリカの人口削減のためにワクチンに仕込まれたという説もある。。
エイズは最初に実験のためにゲイやジャンキーで試したから同性愛者の病気と言われたが、いつのまにか男女関係なくなり、特にアフリカに広まったという、自然の発生機序には馴染まない拡散の仕方をしている。

エボラ出血熱も、サーズもマーズも人工ウィルスだと指摘する声は多い。
今回の新型肺炎も、どうなのかとが疑ってしまう。

かくいう日本も第二次大戦時731部隊という生物兵器専門の部隊があって、中国人を人体実験して生物兵器を作ろうとしていた。
これに関わった研究者の一部は生き残り日本の医学界に戻った人もいる。
片方では命を救う研究をしながら命を奪う方に転じる研究者もいるのが研究の世界だ。
オウム真理教さえ炭疽菌で生物兵器を作ろうとしていたが、携わったのは若い医師や研究者達だった。

人工的なウィルスが人間の手で作り出されている今、どこまでが自然でどこまでが人工的か普通の人々に判るはずはない。
昨日の新型肺炎のニュースを聞いて、どんなウィルスでも、つまりはそれに感染するかあるいはそれで死ぬかは天災と同じで、結局その人間の持っている運命というしかないと思った。

スピリチュアル的に物事を見るようになると、ある種の諦観を感じるようになってしまう。


ls-003.jpg





超能力と霊能力

2020–01–14 (Tue) 14:44
霊能力と超能力は混同しがちだが、明確に違うという解説があった。
確かにそうだと思う。
スピリチュアルの世界はとにかく裾野が広い。
分野ごとに一応分かれているように見えても重なる部分も多く、明確に線引きできないのが現状だ。
特に能力として見た場合、超能力は未来が見えたり人の心が読めたり物を動かせたり透視が出来たりと様々だし、霊能力は除霊したり霊媒だったり、ただ見えるだけという人もいる。

その解説によれば霊能と霊能力も違い、霊能は霊が分かるが何もできなくて、除霊や霊と戦えるのは霊能力だと言っていた。
霊能力は厳しい修行の末に会得するものだそうで、それは確かにそうかもしれない。

ただこれらは厳密な境界はなく、占い師でも霊能を使う占い師もいればサイキック的な占い師もいる。
占い師は特殊能力が無くても勉強してスキルを身に付ければなれるが、やはり勘が鋭かったりそれを駆使して占いをやる人も多く、またやっていると段々霊能やサイキック能力が開かれてくる場合もある。

これまで会った占い師で、明らかに心を読んでいるなと思う人もいたし、ガイドスピリットから情報を貰っている人もいた。
また、両方が混ざっている人もおり、本人自身もわからないと思う。
まあ、霊能系、サイキック系とでも分けるしかないが、私とて鑑定していて色々判ってくることがどちらの能力に依拠しているのかは知らない。

ただ、霊が見えるから霊能力があると思うのは間違いらしく、むしろ霊能的には低い次元だそうだ。
見えるのは大体浮遊霊などの低級霊で、それと波長が合うから見えるだけで、「私は霊能力がある」などと喜んでいる場合ではない。
見えるだけで何もできい状態は自分が疲れるだけなので、なるべくなら見えない方がいいらしい。

霊媒体質で霊を下ろせるイタコなどは自分の体に霊を入れてしまうので、消耗が激しく寿命を縮めるという。
確かに除霊をする祈祷師や陰陽師などは修行の上技を身に付けてやっているし、それでも命懸けなので中には心や体が壊れてしまったり命を落とす人もいる。
霊を扱う仕事は、スピリチュアルでも一番過酷で体力がなければできないというのも頷ける。

スピリチュアルに携わる者はまず自分の能力がどの範囲でどの程度の物かを正確に理解して、出来ることと出来ないことをきちんと把握しておくべきだろう。
能力の一つを提供するわけだから、見合う対価は当然必要だが、最近は見えない世界をいいことに製造物責任も適用にならないから、スピビジネスでは詐欺まがいの悪徳業者が横行している。

そもそもが曖昧な世界で、やっている当人さえもよくわからないのだから、どこからどこまでが詐欺とさえ決められない危うさがある。
なのでスピリチュアルに興味を持ったり関わり合ったりそこで仕事をしようという人は、その混沌に飲み込まれないようにくれぐれも注意した方がいいと思う。


睡蓮





闘争本能

2020–01–11 (Sat) 20:37
アメリカイラン危機はどうやら回避できたようだ。
全世界がほっとしているだろうが、中にはちょっとがっかりした人もいるような気がする。
人間には動物のように闘争本能の強い人がいる。
金儲けを企む支配層でなくとも、普通の人々の中にも「やってしまえ」と思った人はいただろう。

火事や台風でワクワクする人がいる。
特に火事などで集まるやじ馬は、かなりこの傾向が強い。
不謹慎だが、自分が巻き込まれない限りは高見の見物が好きなのが人間だ。

古代ローマやギリシャ時代に奴隷同士を格闘させたり猛獣と戦わせたりして、それを貴族たちは娯楽として見ていた。
格闘技がスポーツとして残っているのは、人間の闘争本能の証明だろうし、今でもボクシングやプロレスのファンは多い。
格闘技ではなくてもスポーツで競うということは、相手を打ち負かすということであり、これはスポーツという名を借りた戦いで、闘争本能がなければできない。

悲しいかな戦争は人間のこの闘争本能があるから起こる所業だと思う。
普通の人でもすぐ手の出る人や喧嘩っ早い人と、理性的に頭を使って解決しようとする人がいるが、これはその人間ののルーツがどこにあるかでも分けられるように思う。

元が狩猟民族か農耕民族かでも違うし、もっと言えば宇宙から来たとして出身星の特性によるものかもしれない。
好戦的な民族や国はやはりそういうが多い。
日本人は農耕民族で大人しいが、この傾向は戦争になると戦いが好きというよりも精神性でのめり込んで行くような気がする。

本能ではなく国を守るとか家族を守るとか天皇の為とか、自分の外に何か理由をつけて戦うという特性があるのではないだろうか。
だから特攻隊など死ぬのが分かっているのに、敢えて「~のために」という大義名分を付け美化して送り出した。
他の国では戦争でもそんな理由は通用しない。
闘争本能がモチベーションになって戦う民族と、本能ではなくマインドで戦う民族の違いがあると思う。
イスラム教の自爆テロなどは、特攻隊と同じシステムでなされていると考えられる。

人間に闘争本能がある限り、世界から戦争が無くならないのは残念ながら事実だろう。
そこにもっともらしい理由をすり込み洗脳すると、もはや普通の人間さえ戦うロボットになってしまうのが戦争だ。


DSC_0243.jpg





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR