愚民の群れ

2020–07–10 (Fri) 15:43
九州が豪雨で大変なことになっている。
東京では新型コロナウィルスが増えて緊急事態宣言前の数値を超えている。
2020年は受難の年だが、こう次々とやってくるとみんな感覚が麻痺してしまうのだろうか。
豪雨被害も目を覆いたくなる惨状だが、死者が100人に迫ろうとしても東京のニュースではもうあまり取り上げていないし、もちろん政府もそれなりには対策しているのかもしれないがどうも動きが鈍い。

今の政権は災難や大事件を、殊更取り上げないようにしているような気がする。
特に安倍総理は有事の際には極端にメディアへの露出を避ける。
悪いイメージが付かないようにという戦略らしいが、誰のための政治で総理大臣なのか。

新型コロナウィルスが東京で指数関数的に増えているが、再選された小池都知事は検査数を増やしたからだとシレッと言っている。
これまで検査しなかったという証明だろうが、誰も咎めもしないどころか緊急事態宣言前は戦々恐々としていたのに、その数値を越しても今は新型コロナは収束したと思っている国民が多い。
政府も来月からGo toキャンペーンをやると言っている。

こんな流れを見ていると、日本はおかしいと思ってしまうのは私だけだろうか。
今の日本人には自分で考え判断する力、人の痛みを感じる感覚がなくなってしまったとしか思えない。
それはとりもなおさず、世論操作をしている今の政治の姿勢を反映している。

新型コロナの人数が増えても、ただ数値を発表するだけでスルーすれば何事もないような気に国民はなってしまうのだ。
正しいこと、公正なことを言う人間の方が煙たがられる最近の風潮だ。
上位下達で右倣えが今の社会だから、何があっても国の言うことに従う愚民の群れになってしまっている。

しばしば日本人はロボットになってしまったのではないかと思うことがある。
国が自粛だといえば補償がなくても生活に困っても大人しく家にいるし、解除といえば感染者が増えようが満員電車で会社へ行き行楽に出かける。

安倍政権は「今だけ、金だけ、自分だけ」と揶揄されるが、国民全体も「今だけ、自分だけ」になってしまっているように思う。




黄色い花



コロナ第二波

2020–07–02 (Thu) 16:16
東京で新型コロナウィルスの感染者が100人を超えた。
ここ数日間50人前後だが、指数関数的に増えている。
折しも東京都知事選のさ中だ。
小池知事は一切外街宣しないが、圧倒的優位を伝えられている。
しかし宇都宮候補や山本太郎候補は沢山の聴衆を集め、彼女にしても気になるところだろう。

この新型コロナウィルスの感染者も、穿った見方をすればどうも数字をいじっていないだろうか。
都知事選投票日に向けて感染者を増やし、都民の関心を選挙より新型コロナウィルスの脅威に向けさせる。
都民は恐れて他候補の演説を聞きに行きにくくなり、投票所へも足が遠のく。
投票率が下がれば基礎票、組織票のある小池氏が優位なのは明白だから、投票率は何としても下げたいだろう。

彼女は昨日、感染者を60人台に乗せるという失言をした。
数字を操作していると白状したようなものだが、東京アラートはどこへやら、今度は基準を変えて指標を設けないそうだ。
HPの公表の仕方もコロコロ変えている。
都合が悪くなると基準を変えるという、政権の悪しきシステムをそのまま採用している。

日本人は本当に頭がお花畑だと思う。
世界ではいまだに感染者も死者も増え続け、再びロックダウンをした場所もある。
中国北京では300人ぐらいの感染第二波で素早くロックダウンしている。
東京はこのまま増え続けても、ウィズコロナで自衛を呼びかけるだけだろう。

もちろん国も同じだ。
政府はもう一銭も国民に金を払いたくない。
だから緊急事態宣言はないだろう。
数字を操作し、隠しようがなくなったらまた自粛のお願いで済ます。

国民の間では緊急事態宣言が解除されたので、もう新型コロナウィルスは収束ムードだ。
どれだけ同調圧力が強く雰囲気に流される民族なのだろうか。

都知事選が終わったら見ものだと思う。
どんな感染者の数字を出してくるのか。
しかしいずれにしてもそれが国民のためでないことだけは確かだ。


20200224_132806.jpg





7月は要注意

2020–06–27 (Sat) 12:08
最近地震が多い。
先日も千葉で震度5弱の地震があったが、世界的にもマグニチュードの大きな地震が続いている。
地震予知をしている人たちは口を揃えて「来そうだ」と言っていたが、確かにニュージーランド沖で大きな地震が起こった後千葉でも起こった。
やはりある程度地震の法則性はあるような気がする。

7月になるがこの7月は西洋占星術では、グレートコンジャクションという数百年に一度の星の配置だ。
2020年自体がそうなのだが、7月には逆行していた土星がまた山羊座に戻って、冥王星、木星、土星の合になる。
7月は要注意だと思う。

地震が来るのか台風、水害か政治か国際紛争か大事件かは判らないが、何かかにかはありそうな気がする。
私的には地震よりも台風や水害、国際的な紛争が懸念される。

冥王星は破壊と再生、土星は試練苦難、そして木星は拡大だから、冥王星、土星の象意が木星によって拡大されると解釈できる。
ただ、山羊座に合するので、山羊座は地のエレメントだ。
地殻変動も考えられるので、やはり地震や噴火も可能性はあるだろう。
富士山の噴火はかねてより言われているが、最近西之島の噴火が活発でここでエネルギーを逃しているように思う。
他の火山も微動が増えており。不穏な動きをしている山もあるので、火山の噴火も気を付けた方がいいかもしれない。

とにかく7月からこのグレートコンジャクションは年末まで続く。
新型コロナウィルスは今は小康状態だが、秋には大きな第二波が予想される。
疫病、天災、そして何が来るのか。

新型コロナウィルスで世界が止まり、人生観や価値観が変わった人もいたかもしれないが、まだまだ少数だと思う。
喉元過ぎれば熱さ忘れるで、警戒感も薄れ社会は元に戻ろうとしている。
私自身もそんな気持ちになることもある。

しかし未だに夢の中にいるような気持ちは拭えないのだ。
何かぼんやりベールの向こうの未来を見ているような…。
多分ベールの向こうの世界は幾通りかあるのだろう。
それだけは何となく確信がある。
さて、ベールをめくったらどの世界へ行くのだろうか。


DSC_1462.jpg





サードアイが開く

2020–06–23 (Tue) 13:19
パソコンを買い替えた。
設定に手間取り、ブログの更新も遅くなったが、やっと何とか使えるようになった。
毎日YouTubeもアップしているのでかなり忙しい。
肝心の絵画制作の方はというと、個展も延期になりあまり緊張感がなくなって忙しくて描かない日もでてきた。

最近物忘れがひどくなり、言葉も出てこないので真面目に頭の中を心配していた。
そんな時ふと、以前何度かリーディングしてもらったスピリチュアルリーダーが、リーディングの後は頭が働かないと言っていた話を思い出し、電話でセッションをお願いした。

この人は結構見えていると思う人で、電話でも写真と生年月日を送るとかなり深いリーディングをしてくれる。
一番最初に私の魂を見た時にあまりにも当たっていたのでびっくりして、それから時たま鑑定してもらっている。
懇意にしていつも助けてもらっていた陰陽師の人が、鑑定をやめてしまったので最近はこのリーダーと前から知っているアカシックリーダーに困ったときは見てもらっている。
ほぼ二人とも同じことを言う。

それで今回も頭が働かない理由を尋ねたところ、何も説明しなかったのだが「何か一点に頭を使っているので他は頭が回らないようだ」と答えが返ってきた。
毎日YouTubeでカードリーディングをしている。
編集、アップと時間がかかるので、都合3~4時間ぐらいはそれに精神を傾注している。
それも今まで全く使っていなかった思考回路だ。

事情を説明すると、かなり今の私は開いている状態だと言っていた。
彼女もセッションした後はくたくたになり、全く頭が回らず家事もできなくなる時もあるとか。
平たく言うと今まで使わなかった思考回路をフル稼働するようになったので、頭が付いていかないらしい。
普通の人でも新しい仕事を覚えるため、毎日頭をフル回転すると頭が疲れるのと同じだ。
まして私は、上と繋がる回路が開いてきたらしい。

なるほどと腑に落ちたのだが、いわゆるサードアイを使うということはこういうものなのだと思った。
もはやYouTubeも趣味の域を超えているような気がするが、とりあえず物忘れは齢と(笑)、開いたせいだということで納得できた。
対面鑑定ではないので気が楽だし、カードも奥が深いので負担にならない程度に続けていこうと思っている。


071026_nwrk.jpg


続きを読む ⇒


新型コロナウィルスの行方

2020–06–15 (Mon) 11:58
新型コロナウィルスは収束に向かっていると思われているが、アメリカではテキサス州やいくつかの州でまた新規感染者が増加しているし、中国の北京でも感染者が出ているようだ。
南半球の流行はこれからだとも言われているし、この新型コロナウィルスが完全収束とはならないのは予想できる。
秋にはもっと大きな強毒化した第二波が来るのではないかと言われている。

日本でもすっかり収束ムードだが、東京では感染者が微増しており、統計上の4月の超過死が1000人を超えていることから水面下の感染、死亡は調べないだけでかなりの数に上るだろう。
それでもアメリカやヨーロッパ諸国より少ないのは、多分韓国などを見てもアジア人の特殊な体質を感じる。

新型コロナウィルスは、変異を重ね何種類にも及ぶ。
日本やアジアは欧米で流行っている強毒性の株が少ないらしいので、死者が少ないのはそのせいも考えられる。

日本の検査数はもはや後進国並みで、世界から信用されていない。
知らぬが仏という言葉はこのためにあるようだ。
東京は夜の街をターゲットにして検査をしたようだが、間違っても満員電車は危険とは言わない。
多い発症年代を見ても男性は30代~50代、女性は20代~30代だから、確実に満員電車は関係あると思うが都合の悪い可能性は無視するのが日本だ。

新型コロナウィルスは当分地上から消えないだろう。
警戒を緩めると何処からともなく現れてくる。
アマゾンの奥地でさえ流行ったのだから、一体その経路や生息状況はどうなっているのか不思議でならない。

人工ウィルスだから強毒化するという説や、人工ならやがて消えていくかもしれないとの説もある。
昨年の8月あたりから発生していたのではないかとアメリカの学者が発表したが、だとすると結構な期間を経て強毒化し感染力を強めて世界を震撼させるようになったわけだ。

日本の抗体検査はいくつか実験的に行われており、抗体を持っている人の割合が1パーセント未満だっそうだ。
ソフトバンクで社員に実施したところ0,3%くらいだったようだし他の所では0.6%という数字も見た。
新型コロナウィルスに罹っても抗体がしっかりつかなかったり、やがて消えてしまうケースもあるようだ。

とにかくこれからも予想がつかないのだけは確かだろう。
そんなウィルスにワクチンなど簡単に出来るわけはないし、人類はこのウィルスとこれからも付き合っていくしかないのだろうか。

元の生活に戻った人、まだ警戒している人、社会は元通りに戻ると思っている人、この新型コロナで世界は変わると思う人、各人各様だ。
一つ言えることは、この状態は当分続くということだ。
最低今年一年はウィルスは地上からは消えないと思う。


948d83ae77174751ea8972046e620e96_s.jpg





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR