有事の際に判る事

2019–10–14 (Mon) 15:04
有事の際に人間の本質が判る。
日常の中では仮面をかぶっていても、非常事態では本質が出てしまうということだ。

今回の台風19号でリアルタイムで情報を収集したが、一番感じたのはやはり日本全体の意識が変わりおかしくなっているということだった。
鯛は頭から腐るというが、トップダウンで日本人の民度が下がってきているのをはっきり感じた。

まだ災害が進行中なのに、災害に関してはツイートしていなかった総理大臣が昨日ラグビーで日本が勝った途端、5分後におめでとうのツイートをしたのは予想通り過ぎた。
スポーツの力は災害の助けになるなんて頓珍漢な事を言っているが、まだ遭難している人達がいるのに不謹慎極まりない。
利権屋の幹事長は「まずまずの被害だ」と公言するし、防災担当政務官のタレント上がりはツイッターで「窓からタオルを振ってください」とツイートしていた。

一般市民も同じで、「災害の最中にラグビーではしゃぐのはどうか」というツイートに「ラグビーを楽しんで何が悪い」「隣で葬式を出していてもいちいち悲しむか」などという反発がすごかった。
最終的には自己責任や人の不幸は関係ない的論調が多く、見ているだけで頭がおかしくなりそうだった。
何もラグビーを見るなとは言わないが、その思考回路に慄然としたのだ。

同様に台東区が避難所にホームレスを入れない方針を決めて批判を浴びていた。
批判するまともな感覚の人が多いのが救いだが、行政からしてこうなのだから、「日本人で税金を払わない人間以外助けない」という意識がこの災害で明らかになってきている。
東京都は極右知事が続いて、公園のベンチなどもホームレス排除のために、長い時間座れない、横にはなれないような構造のものを設置している。
なんて非情な行政だろうと思っていたが、有事の際にそれはより顕著になった。

政権批判でテレビを干された反骨芸人が「高い税金を払っているが、それは払えない人のためにも代わりに払っているからだ」とツイートして大きな賛同を得ていたが、この富の分配、強者が弱者を助けるという精神が、もう今の日本では失われている。

どうしてこんな冷たい日本になってしまったのか。
芥川龍之介の「蜘蛛の糸」を知っている人はもはや少ないのだろう。

今回の台風で感じたことは、日本人の意識は二極化が速いスピードで進んでいるということだ。
利己と利他、自愛と慈愛、悲しいかな前者の方が圧倒的に増えているように思う。

私は二階まで水に浸かった家屋の屋根から手を振る人の映像と並行して、ラグビーを見ながら「日本すごい、万歳!」と叫ぶメンタリティーは持ち合わせない。
少なくともまだまだリアルタイムで増える死者や被害者を思えば、ラグビーだけではなく他のスポーツ選手、観客も、それなりの振る舞いで試合に臨むべきではないだろうか。
決して歌舞音曲を慎めとは言わないが、人の痛みに思いを致すのが日本人の美徳だと思っていた。

弱い人が切り捨てられていくような今の日本は間違っている。


16a98ada63cf791d1474872fd3532bfd_s.jpg





誰が得をするか?

2019–10–13 (Sun) 11:46
台風19号が通過していった。

今回の台風で被災された人達に、お見舞いを申し上げたい。

当地は停電もなく無事だったが、一夜明けてみると洪水や水害が日本各地広範囲にわたっているようだ。
犠牲者もまだ数が増えるだろう。

昨日懸念した伊勢神宮は五十鈴川の氾濫だけで浸水は逃れたようだし、東京もギリギリのところで大きな被害にはならなかった。
まだ首都は守られているということだろうか。

原発関係の情報は一切出てこないので、何があってももう事実は表に出さないようにしているのだろう。
福島も河川の氾濫で1メートル近くも浸水している場所があるが、これ幸いと汚染水も海に流しているのかもしれない。

さて、私は今回の台風は日本をリセットする意味合いが強いのかと思っていたが、どうやら全く反対だったようだ。
この台風は大局的には天の予定調和だと思っているが、一方で実際には人工的な部分があると疑わざるを得ない。
一笑に付す人が大半の中で、様々検証して電磁波やレーダーで誘導している解析写真などを上げている人もいるし、気象兵器は実際にあるのは周知の事実だ。

一番思うのは、何かあると得する人間は誰かということだ。
まずこの台風のどさくさに紛れて政府はこっそり公務員の給料を上げるのと、社会保障を1300億円削るのを決めている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191011-00000027-kyodonews-soci
https://this.kiji.is/555721962410050657

臨時国会が開かれて関電関係の贈賄が自民党議員に渡ったのを追及されそうになっているが、大きな災害が起これば国民はそれどころではなくなる。
そして何より消費税増税で景気が落ち込んでいるところに災害が来ると、復旧に向けて土建屋やゼネコン、つまり自民党に献金している大企業は儲かり、疲弊した国民は増税に異を唱える気力もなくなる。

東京は無事だったので来週の天皇即位パレードも盛大に行われるだろう。
総理は一切災害や国民の危機には記者会見もしないが、政治利用のために即位式は必要不可欠だから嬉々として露出を増やす。

安倍総理は防災会議に6分間出てその絵をニュースに流させただけで、台風前夜は取り巻きと豪華フレンチを食べ昨日は官邸に引きこもっていた。
ノーベル賞受賞やラグビーにはいち早く反応し、自分のツイッターにも流すのに、災害のことについては一切つぶやいていない。

そして騙し討ちのような火事場泥棒的政策を二本決めている。
台風に気を取られて誰も気が付かない隙にだ。

あまりにもタイミングが良すぎてあまりにも出来すぎではないだろうか。
陰謀論のこじつけだと批判されても、やはり私は疑惑を拭い去れない。
これまでも気象的には安倍政権を利する天気が多すぎる。
彼一人がやったのではなく、政権を存続させたい大きな勢力が背景にあるなら説明がつく。

今日の記事は世迷い事と受け取ってもらっていいが、戦争が駄目なら大災害というのは国の支配の常套手段だ。
そして国民は生かさず殺さずが支配者にとっては理想だ。

台風の被害が続いている時に、この記事が不謹慎と思える人にはお詫びする。


006-7.jpg



続・台風19号

2019–10–12 (Sat) 16:39
これを書いているのはまだ台風19号が上陸していない時だが、もうすでに川の氾濫が始まり東京は水没するのではないかと危惧している。

一番驚いたのは三重県に大雨が降り、あの伊勢神宮参拝では必ず禊をする五十鈴川が氾濫しているということだ。
伊勢神宮の参道にあるおかげ横丁は洪水状態だし、伊勢神宮も浸水するだろう。
戦時中でさえ伊勢神宮には米軍の爆弾も避けて落ちたという話さえあるから、もし伊勢神宮が洪水被害を受けるなら日本の身代わりになるのか、世直しになるのか、終末になるのか・・・・。

私はどんな天災が来たとしても東京は守られるだろうと思っていたが、令和になって結界が破られたのかもしれない。
東京は江戸川区を始め、下町は水害があったら水没するようになっているらしい。
元々金持ちや支配者は山の手など高台に住み、穢多非人や下々の者は低地に住むのが歴史だ。
天災でさえ人間には平等ではない。

今は差別はない社会だが、それでも「下町」という場所は東京に存在し、名前の通り海抜が低い。
淘汰されるべき人間は高台に住んでいる方が多いのに、いつの世も被害を受けるのは社会の弱者や懸命に生きている市井の人々だ。
今までは東京の結界によって守られて来たのに、もしかしたらそれが変わってしまったのだろうか。
先月の台風15号でそれを感じたが、あながち間違いではないような気がする。

伊勢神宮が水没するということは日本にとって大きな意味がある。
日本と日本国民にとっての天の警鐘なのか。

悲観的な事ばかり書いているが、明日になってみなければどうなっているかはわからない。
私は今まで台風や災害にも大丈夫だと思って何も準備をしたことのない人間だ。
福島原発が爆発した時だけ日本の危機を感じただけだ。
しかし今回は食糧を備蓄し停電に備えた。
悪い予想は外れる方が多いからそう願いたい。

今回は日本の危機というより、何か大きな力が働いているような気がする。
原発の二次災害を心配しているが、東北大震災でも反省もなく日本を腐敗させている政権と愚民になった日本人が、もう一度警告されていうような気がしてならない。


gettyimages-86802320-2048x2048.jpg




台風19号

2019–10–11 (Fri) 15:22
台風19号が来る。
先月15号で千葉が甚大な被害を受けたので、早くからマスコミも気象庁も警報を出している。
実際昨日あたりから調べているがその規模と強さは、かつてのアメリカ南部を壊滅させたカトリーナやつい最近バハマを直撃し激甚被害を出したドリアンに匹敵するらしい。
衛星写真を見てもその巨大さもわかるし、伊勢湾台風並みの被害を予想している向きもあるようだ。

私は今まで台風だろうが大雨だろうが何も準備もしないし大丈夫だろうと思っていたが、今回はあまりいい感じがしない。
今朝スーパーへ保存のきく食料を買いに行ったら、開店前から50メートルにもわたるような長蛇の列だった。
無事に済めばそれに越したことはないので備えは必要だと思う。

陰謀論者には人工台風、スピ関係では日本の浄化と大地震の鎮静とも言われているが、どちらにしても天の予定調和と思うしかない。
私が考えたのは東海関東を狙い、最終的には浜岡原発や福島原発など原発の二次災害まで含めているのではないかということだ。
下手をしたら東北大震災並みの被害かもしれないし、違う力で大難が小難に抑えられるかもしれない。

劣化し民度が下がったおかしい日本を変えるためにはまず為政者を変えなければならないが、今の安倍政権を倒すのは大災害か外圧か本人のアクシデントぐらいしかないと思っていたので、被害が最小限で済みなおかつ政権に打撃を与えるような方向なら台風も仕方がないのではないかと思う。

マスコミは先月の教訓から大々的に注意喚起をしているが、相変わらず政府の対応はどうなっているのかもわからない。
ノーベル賞受賞者に自分の手柄のように電話をかける総理や、消費税増税でもラグビーに狂喜し日本すごいと舞い上がっている国民には脱力しかない。

「命を守ってください。」が気象庁の会見で語られるだけなのはおかしい。
アメリカではカトリーナの時には避難命令が出て市民が続々と街を逃げ出したが、それを命じたのは行政だ。
まあ、仮に原発にどんな事故が起こっても今の政権なら一切隠蔽するだろう。

国に国民を守る気も能力もないのは先月の千葉の台風被害を見てもわかるので、もはや自分の身は自分で守るしかない。
ライフラインが断たれたら、最低三日ぐらいはサバイバルできるような備えは必要だと思う。
大きな天の浄化と世直しが来るのなら、その時は日本は淘汰も覚悟するしかないのだろうか。


K10012123081_1910111348_1910111351_01_02.jpg




深淵をのぞく時

2019–10–08 (Tue) 14:47
「深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ」
これは19世紀のドイツの哲学者、ニーチェの言葉だ。
『善悪の彼岸』という著書の中で書かれている言葉だが、正確な文章は

「怪物と戦う者は、その過程で自分自身も怪物になることのないように気をつけなくてはならない。
深淵をのぞく時、深淵もまたこちらをのぞいているのだ。」

というもので、平たく言うとミイラ取りがミイラになる、というような意味だ。

今朝この言葉を不意に思い出したのだが、これはスピリチュアル業界にぴったり当てはまると思う。
本業ではないにしてもスピリチュアルリ-ディングをやっていると、人間の闇を見る時が多い。
まさしく深淵を覗くという感覚だ。

占い師も霊能者もスピリチュアルリーダーも、逆に深淵からこちらを覗かれメンタルを病んだり闇落ちしたりする人は多い。
ビジネスと割り切って都合の悪い深淵を覗かない人は生き残れるが、ニーチェのように何処までも覗き込んでいく人は自らも怪物になってしまう。

ニーチェは明らかに霊能体質で常にあちらの世界と繋がっていたようだ。
彼の類まれな哲学的思考も著作も、彼自身というより上の誰かが書かせていたように思う。
その証拠に彼は原因不明の病をいくつも抱え、時に目が見えなくなったり人生の後半は明らかに精神疾患のような症状を呈していた。
今なら統合失調症と診断されるような状況だ。
興味深い文章を見つけたのだが、時々おかしくなっていた時の彼の手紙にはこう記されている。

「私が人間であるというのは偏見です。…私はインドに居たころは仏陀でしたし、ギリシアではディオニュソスでした。…アレクサンドロス大王とカエサルは私の化身ですし、ヴォルテールとナポレオンだったこともあります。…リヒャルト・ヴァーグナーだったことがあるような気もしないではありません。…十字架にかけられたこともあります。…愛しのアリアドネへ、ディオニュソスより」

今ならスピ業界ではまかり通る主張だ。
私もこの手の主張をするカリスマスピリチュアリストを知っている。
宇宙人もいればローマ帝国の皇帝やブルボン朝の王様だった人もいる。
最初は驚いたが、グループソウルとして考えれば、妄想とも断言できない。

多分ニーチェの中では錯乱するとが過去生やグループソウルに戻っては、その記憶を持ってきていたのだろう。
中年以降狂気の歯止めが利かなくなってからは、深淵に囚われて日常に戻れなくなったのではないか。

芸術家もそうだが世に名を残す偉人たちは大抵そのためにやってきただ。
時には霊媒状態で膨大な意識や知識をダウンロードするので、体も精神も消耗が激しい。
自らボーダーを外すと、ニーチェのような末路になってしまうのだろう。

彼はミッションを完遂したので、的にはかなり高いのだと思うが、この手の人たちは人間の幸せは望めない悲しい宿命を持っている。

「深淵を~」の言葉はずっと頭の片隅にあった。
多分スピリチュアルワークをする時は、これを忘れるなということなのだろう。


DSC_1462.jpg





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR