オミクロン株

2021–12–01 (Wed) 17:54
ここへきて世界中で新型コロナの変異種、オミクロン株について騒ぎ出した。
感染力が従来の比ではないらしい。
南アフリカ共和国発祥と言っているが見つかっているのはいずれも渡航者だ。
スパイクタンパクがデルタ株に比べてかなり変異しているらしいので、感染力が強い以外に重症化するのか致死率が高いのかもまだわかっていない。
全て渡航者が感染して運んでいる。
彼らはほとんどワクチン二回接種済みだろう。
だから、ワクチンは効果がないというのだけは確かだ。
イスラエルでは3回接種した医師が感染している。

ワクチンは効かないのに世界では3回目接種を急げの大合唱だ。
ここに激しい論理矛盾を感じるのは私だけだろうか?
南アフリカの医師の証言では症状は軽いらしい。
しかし、WHOはじめ世界は示し合わせたように、大ごとにしている。

世界でのワクチン接種はもう頭打ちだ。
3回目をする人間はそれほど多くないだろう。
普通に考えてもエンドレスで6か月ごとに打って大丈夫かと思う。
ウィルスも生き残るためには変化を続けるし、ワクチンが新型コロナを撲滅するという発想でいる限り仁義なき戦いは続く。
そして代償は治験中の人間の体と命だ。

私は今回のオミクロン株騒動には人為的な匂いを感じる。
これまでも新型コロナのウィルスは絶え間なく変異し続けてきた。
表示を付けてカウントされただけでも二桁はある。
しかし各国が感染者を厳密に調べているわけではない。
ただこのオミクロン株では降って湧いたように騒ぎ出したところに、どうも腑に落ちないものを感じるのだ。
確かに感染力が強いし患者が増えれば病院は逼迫するだろうが、軽症なら治癒する。
しかしその前にワクチンを早く打てと煽る。
それも効かないワクチンをだ。

折しもヨーロッパや各国で、ワクチン義務化、ワクチンパスポートへの反対運動反対デモが大規模で行われている。
それを蹴散らし恐怖からワクチンを打たせ、国民を黙らせ国家を安泰にして利益を上げられるのがこのオミクロン株なのではないだろうか。
世界の支配層にとっては一挙両得なのは確かだ。


20211128_115100 (2)




ワクチンと全体主義国家

2021–11–17 (Wed) 17:40
新型コロナが激減し日本は一応の落ち着きを取り戻したようだ。
しかしヨーロッパは激増している。
ワクチン接種者の間でのブレークスルー感染で増加しているのは間違いなさそうだ。
これを認める国は少なく、未接種者が広めているという論調だが、もはや情報操作だろう。

3度目のブースタ―接種を各国が始め、日本も来月からするという。
イスラエルは二回目以降激増し、三度目が終わってまた減ったがいつまで持つのか。
ヨーロッパ諸国はワクチンパスポートを作り、未接種者の人権を制限しようとしている。
仕事も解雇されとにかく接種しないと基本的人権さえ奪われる。

その結果反対デモが起こり、二極化、分断化が進み、新型コロナのせいというよりワクチンのせいで世界がおかしくなっている。
そのワクチンはいまだ治験中で、5年後のことは判らない代物だ。
副作用や死者も他のワクチンとは比べ物にならず、当初宣伝された効果も次第にメッキがはがれ、打っても感染するのは明らかだ。
重症化や死者は減らせると頑張ったが、それもヨーロッパでは怪しくなってきたようだ。
ここに至ってはワクチンの非を認めることは、推奨してきた国家にとっては絶対できないので、ただただ打ち続けるのを進めるのみだろう。
どんな病気が増えようと超過死亡が増えようと、時間がたてば因果関係が分からなくなり薬害だと証明が難しくなる。
日本も打ってすぐに死んでも、認めないくらいだから。

各社の混合接種にしたのも責任の所在をはっきりできないためだろうし、製薬会社も利権業者もとにかく儲けるだけ儲けようとしているのは明らかだ。
新型コロナの死亡者がほとんどいない幼児にまで接種しようとしているわけだから、世界はどうなっているのかと思う。
兎に角このワクチンの害やネガティブ情報は、正規の研究論文さえ一切無視され封殺される風潮になっている。
youtube始めソーシャルメデアも反ワクチン狩りが凄まじい。

言論の自由や反対があってこその民主主義が、もはや一つの意見しか認めない全体主義国家になっている。
日本はまだそこまで行ってはいないが、ドイツやオーストリア、オーストラリアなどは、打たない者は人権を剥奪すると、堂々と国の為政者が言っている。

恐ろしい世界になったと思う。
全体のために個人が抹殺される世の中がまた来たわけだ。
歴史はかくも繰り返されるのか。


mask (2)





続・狂った世界を見る

2021–10–07 (Thu) 16:06
近頃動画で眞子様と小室氏の結婚について占った。
所詮占いではあるが結果を含め、この結婚は結局この結論しかなかった的な話になった。
すると、驚いたことに初めての経験だが一日にして50人以上の登録が減っていた。

多分ポイントは「この期に及んではもう眞子様と小室氏への批判をやめて二人を祝福してあげるしかない、人の不幸を願うのは良くない」という趣旨の私の発言に多くの反対している人達が反応したのだと思う。
かつてないほど低評価もついたし、もちろん反論のコメントもついた。

反対する人間は小室圭氏の出自と人間性、将来の天皇の義兄になること、税金を使うことについての三本柱を強調しているが、大半は愛国ネトウヨ系が多いようだ。
人権問題を持ち出すとパヨク認定されたりする。

反響の大きさに私もいささか驚いているが、思ったのはこのコロナ禍で日本人の心が荒み病んでいるのではないかということだった。
確かにこの二人のいきさつを考えたら、横紙破りで眉を顰められても仕方がない部分もある。
しかし、3年間国民の誹謗中傷に晒されメンタルまで病んで、全ての身分を捨て結婚して海外へ逃げ出そうとしている眞子さんに追い打ちをかけるようなことをしているのは、もう無抵抗な人間をいじめているようにしか見えない。

閉塞した今の社会で、妬み、羨望といった負の感情を向ける格好のターゲットがこの二人なのだ。
マスコミは売り上げが伸びるから、尚更小室氏の過去のネガティブなエピソードを血眼になって深堀りする。
庶民はそれを読んでは尚更二人への非難を増幅させるという構図だ。

あさましいと思う。
結局この二人が幸せになろうが結婚に失敗しようが当事者同士の問題であって、誹謗中傷している人間には何の関係もないことだ。
もっと言えば小室氏が懸念している通りの人間で野心のために眞子さんと皇室を利用しているとしても、それを断罪するのは関係者達だ。
皇室が~とか、税金が~とか、正義漢ぶって言っているが、それであなたの生活が影響あるのかと聞かれたら一切ないはずだ。
皇室の恥さらしだとか言っても、では日本がそれで世界から何か不都合を受けるかと言ったら全くないだろう。

愛国ネトウヨ中国攻めて来るぞの人たち以外にも、ごく普通の人も同じ感想を持って私の動画を批判的に受け取っていたようだが、どうして皆こんなに心がささくれ立っているのだろうと悲しくなった。
絶対幸せになれるわけがない、失敗しろの感情が誹謗中傷になるのだろうが、「人の不幸を願ったら自分に返ってくる」と私が言ったのが、そういう人たちの逆鱗に触れたのだろう。

どんな人間だって幸せになりたいだろうし、人としてそれを祝福してやれるだけの器量を持ちたい。


200731_400503600044393_1385435071_n - コピー





狂った世界を見る

2021–09–23 (Thu) 16:19
暫くブログを更新できていなかったが、実は個展と引っ越しが重なりとてもブログまで手が回らない状態だった。
Youtubeは何とか動画は上げていたが、二つの大きな行事が重なると疲労困憊で、とにかくまだ疲れは抜けないが、歳を考えたら仕方がないのかもしれない。笑

久しぶりに更新するが、書いていなかった数か月で社会はまた変わってしまったように思う。
コロナの第五波が押し寄せ自宅放置で死者が続出、菅総理はとうとう政権を維持できなくなり総理大臣も変わる。
何より私が不気味なのは、みなワクチンを打つようになり、ワクチン洗脳が進んで打たない人間は非国民扱いになる風潮だ。
ワクチンのネガティブ事象など、もう調べてもいないのかもしれない。
ワクチンさえ打てば普通に生活できる、重症化しない、周りの人のためと、若いインフルエンサーを使い国民に刷り込みを行った結果、深く考えない人達は若年層までワクチンを打つものだと思い込まされている。

今更ワクチンのリスクを言ったところでもう聞く耳を持たない人たちが殆どだろうから無駄なのだが、半年しか効かない、ブレークスルー感染がある、ADEで重症化する等の事実はワクチン先進国のイスラエルを始め世界的に立証されているが、それでも世界も日本もワクチン一本鎗で、聞かなくなったら次々打てばいいという恐るべき発想だ。
動物実験では5~6回打ったら全員死んだそうだ。

私は打つつもりはないし家族にも打たせたくないが、今や日本はワクチン二極化で家族や友人間でも分断が起こっている。
日本は同調圧力が強い。
上が号令を掛ければ右倣えだ。
日本よりワクチン推奨だったアメリカは頭打ちで50~60パーセントから進まないようだが、後れを取った日本はもうアメリカを追い越したとか。

自分の意志を持つ個人主義のアメリカ人と同調圧力で集団意識の強い日本人の差だろう。
結果は来年から出てくると思う。
これは戦争と同じで、作為的であれ自然であれ天の間引きで淘汰だと思う。
コロナやワクチンで犠牲になる人間、罹っても打っても生き延びる人間、今の時代に生きているそれぞれの魂のプログラムなのだろう。

一番感じるのは、ワクチンという一つの方向に向かって是非も判らずひたすら向かっていく人類の狂気だ。
ワクチンパスポートを作り出した世界は狂っていると思う。


81537505_2668357403258990_7946169112302977024_o.jpg





毒と薬

2021–07–14 (Wed) 17:43
新型コロナのワクチンが日本でも接種が進んでいる。
壮大な人体実験と言われるmRNA遺伝子ワクチンだが、そろそろ変異株には効かなくなりつつあり3回接種も取り沙汰されている。
確かに一定程度効果はあるようだが先のことは判らず、人類に福音をもたらすワクチンなのか人類を破滅に導くワクチンなのかは人々の考えも二極化している。

これは科学的物理的根拠をもとにしたことではないのだが、私を含め私の周りあるいは見聞きしているスピ能力のある人達は大抵がワクチンを危険だと思っているようだ。
大っぴらには言っていないが、まだ様子を見たいとか、打たないという人が多い。
根拠を尋ねると、「とにかくそう感じるから」というのが殆どで、つまり科学的根拠も何もないがインスピレーションで少なくとも自分は打ちたくないということだ。
シックスセンス、霊感、スピ能力がそう感じさせるのだとしか思えない。

かくいう私も肌感覚で打ちなくないと思っているし、特に若い家族には絶対打たせたくない。
若者はこれから50年の人生があり、余命10年の老人とはリスクが違う。
確かに、くだんのワクチンを打ったからどうなるものでもなく、健康そのものでいられる人もいるだろう。
しかし、未来のことは判らない。

私が言いたいのは、ただ単純にスピ系人間、いわば見えない世界とコンタクトを取ったり情報をもらえたりする人たちに、新型コロナワクチンのリスクを感じている人が多いという事実だ。

新型コロナは人類に変化をもたらすと思っているが、もしかしたら新型コロナウィルスよりもワクチンの方がその役割を担っているのかもしれない。
原初の人類は宇宙人が遺伝子操作をして作り出したという説もあるくらいだ。
遺伝子が変わるのは人間の歴史を見たらそう珍しいことではないということか。

蛇足だがフランスのマクロン大統領がワクチン接種を強制するために非接種者の私権を制限すると発表した。
医療関係者は接種しなければその職を追われるようだ。
彼は陰謀論の世界ではNWOのエージェントと言われている。
世界各国が右倣えしたら、あながち陰謀論も嘘ではないのかと思ってしまいそうだ。


DSC_0195.jpg




 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2021/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR