人間の変容

2019–12–11 (Wed) 14:26
私はスピ系のブログは毎日幾つか読んでいるし最近はユーチューブでも見ている。
いずれも自分の考えていることや感じていることと似たようなことを言っていたり、参考になることもあるからだ。
結構な部分で共通認識を得られていると思うような人、あるいは許容範囲だと思えるものしか読んだり見たりはしない。
それでも、人生観やポリシー、思想信条が真逆という場合もあって、そこも割り切って考えられる場合は継続して読んでいたりする。

私は一部の自己啓発系やスピの人が言うように、自分にとって嫌なものやネガティブなものは見ない、聞かない、という主義ではないので、社会情勢や時事問題、政治については常に情報は収集している。
それは自分の為ではなく社会人として必要だと思うからだ。
今の政治を見ていて悲憤慷慨して自分のためになるかと言ったらストレスが溜まるだけだが、では自分さえ生活できて楽しければいいのかと言えば、私はそういう人間ではないからだろう。

しかし今のスピリチュアルや自己啓発系の潮流を見ていると、特にそこそこ安定したスピリチュアリストや成功法則を売りにしている自己啓発系の人などは、ひたすら「自分が一番、自分が自分を作る、自分次第で現実も変わる」という考え方か、「楽しく生きて宇宙にお任せ」的なものが主になっており、社会や政治には全く関心がないのに戸惑いを覚える。
多分嫌なものは見ないというポリシーがあるから、自分の生活が脅かされない限り犯罪も腐敗政治もよその世界の出来事にしているのかもしれない。

彼らはある程度ネットでも知名度があるし実際にセミナーをやればかなりの集客力があるから、この道の成功者と言える。
とにかくすでに年収数千万という人達だから完全に勝ち組で、みんなこの高みまで来なさい、というコンセプトでそのノウハウを教えている。
しかし派遣が増えてもネット難民が増えても、そうなったのは政治、社会のせいという発想はない。
なぜなら豊かな生活を享受している彼らは今の社会でも何不自由なく困っていないから、彼らにとっては住みよい社会なのだ。

当然政治もどうでもいいどころか、既得権益を脅かされるくらいなら今の政権が続いてくれた方がいいに決まっている。
累進課税でも強化されたら彼らはそれこそ生活を脅かされるわけだから。

そんな成功者たちのセッションやセミナーで、派遣でかつかつの生活をしている人達を救えるだろうか。
最近、ユーチューブで人気者のスピ系や成功法則ユーチューバーなどの動画を幾つか見ている。
なるほど確かにいいことを言っているし同感することもままあり、人気が出るのもわかるような気がする。
でもユーチューブに限らずブログでも、共鳴できる部分や参考になる部分があってスピリチュアル的には同じ方向を向いているのに、思想信条が正反対なのはなぜだろうと考え込んでしまう。

結局のところ、人間はその時の自分の環境によって思想信条も変わってしまうからだろう。
スピリチュアル世界の理を知っていても、収入が増え成功すれば金持ちの世界に住みその視点になる。

それが人間なのだと思うが、やはりどんなに状況が変化しようが私は自分の軸はぶれないように生きたいものだと改めて思う。



051005_rose.jpg





波動の法則

2019–12–07 (Sat) 16:09
波動についてある記事を読んだが、これまでぼんやり感じていたことが説明されていた。
波動、気、エネルギー、パワー、周波数など、類似語としてよく使われる。
厳密にいうとそれぞれ微妙な違いがあるようだが、スピリチュアルで使うのは各人によって捉え方や解釈も自由なので、唯一無二の真実というのはない。

で、その波動だが、それはいわゆる個々の周波数、振動のことだというのが説明だった。
ワングラスは音の振動だけで割ることが出来る。
天使の周波数、悪魔の周波数というのがあるのは周知の事実だ。

そもそも世の中のすべての物は周波数を持っているというのが量子力学で説明されているが、この種類の違いによって波動が決まるらしい。
波動の高低、強弱もスピではよく言われる。
「あの人は波動が高い」「あの人は波動が低い」「高い波動の人と付き合おう」「低い波動の人とは離れよう」など皆同じようなニュアンスで語られる。
強い波動と高い波動は混同しがちだが、これはイコールではなく波動が低くても強い人はいる。
波動が強くて低いタイプには、金持ちや社会的地位があっても人品の卑しい人が多い。
逆に波動が高くても弱い人は、いい人なのだが人の影響を受けやすいそうだ。

確かにギラギラした人やいかにも俗的で影響力の強い人などは、波動は強くても低い感じがする。
真に波動が高く強い人はやはり霊格も高く人徳があって人々を導いていくような人だろう。

面白かったのは、一人の人間も色々な波動を持っていて、外に出る時、家に居る時、いいことがあった時、凹んでいる時と、出てくる波動が違うそうだ。
前に会った時とすっかり印象が変わっていたというのは、出している波動が違うからだ。
波動が高く強い人も波動が低く弱い人も、それぞれの枠の中で様々な波動を持つということだ。

波動は共鳴するので、その時の波動の人と似ている波動の人を引き寄せたり付き合ったりする。
ネガティブになっている時は、同じネガティブ問題を持っている人と話が合うし繋がっていく。
金持ちは金持ちしか付き合わないし、世の中は似たような人間がグループを作る。
同じ波動を持つ者同士が共振し合うからだ。

考え方や生き方が変わると自分の周りの人間関係もがらりと変わるのは、周波数が違ってきて出ていく波動が変わるからなのだろう。
人に影響されないためには、まず自分の波動を強くしなければならない。
特に外出したり人と会う時は、強い波動を出すようにした方がいいようだ。
身に付けるものも高い周波数の物がいいらしく、ゴールドや光るものは波動が高いそうだ。

お金持ちが高価なものを身にまとい、金製品や光り物を身につけるのも道理はあるようだ。笑



77130534_2592413800853351_5201770853670322176_o.jpg





続・桜を見る会

2019–12–03 (Tue) 13:27
安倍首相の桜を見る会はどんどん嘘がばれている。
官僚もそれに必死で加担し、モリカケ事件のデジャブを見るようだ。
国民殆どは安倍総理や官房長官が嘘を言っていることを知っていても、堂々と開き直り判り切った嘘を付く彼らの姿にも慣らされてしまったのか、香港のような怒りの国民蜂起になどなりようがない。

昨日の国会で安倍総理が「名簿のデータはシンクライアント方式のサーバーにあり自動的に削除されたと報告を受けている。」と官僚の書いた台本を間違えつつ読んでいたが、これがネット上で炎上していた。
IT関係者から、それなら復元できるしどこかにデータは残っているはずだと多数のツイートがあり、細かくシステムを説明しているものもあった。

穿った見方をすれば無知な安倍総理を後ろから刺したのではないかという向きもあったが、それは真実を追求する者たちの目で、普通のテレビしか見ない国民は「だったら無理だろう」と受け取ってしまう。
技術的な事になると専門家でしかわからないので、判る人なら嘘を認めたことになるこの発言についても、野党の反応も鈍い。

前夜祭のパーティーを安い会費にしたホテルニューオータニのように、関わるIT業者も利権絡みで官邸に逆らえず、今必死でエンジニアを使って本当にサーバー内にある名簿を消しにかかっているかもしれない。
自分達の嘘の辻褄合わせのためには人の命さえ何とも思わないのだから、この事件でまた死者が出ないことを祈るばかりだ。

それともう一つ昨日の答弁で座視できないことは、名簿をシュレッダーにかける際遅れた理由を、「短期雇用の障碍者が業務をしていたため」というニュアンスの発言をしたことだ。
これも一部では批判を買っているが、このような発言を総理大臣がするのはいかがなものか。

それでもマスコミ幹部と連日会食をしているせいで、マスコミの追及もなく国会が閉じれば第二の不平等条約FTAが通り安倍政権は逃げ切りを図る。
勿論東京地検も頭を押さえて飼い馴らしているので絶対に動かない。

消費税増税で7パーセントも消費は落ちている。
これさえも国は隠しているが、倒産、リストラ、閉店のラッシュだ。
にっちもさっちもいかなくなったら、また大災害か武力衝突か。

こんな政権が7年も続いてまだ続けさせようとしているのだから、もはや日本国民全体の責任だろう。

因みに以下の写真は、官邸のマリーアントアネットがお気に入りのビジュアルバンドを公邸に呼んで階段に座らせ撮影したもの。
バンドの名前がVersailles(ベルサイユ)なのが出来すぎだ。
確かに臨場感は完璧だが…。



EKx9SLgUEAAlqG_.jpg



除霊・浄霊

2019–12–01 (Sun) 14:43
スピリチュアルに興味があれば知っている人も多いと思うが、斎藤一人さんという成功法則の伝道師がいる。
有名なスピリチュアリストでも一人さんに私淑している人もいて、実際語り口を聞いているとどこかの高僧が話しているような何とも言えないゆったりしたエネルギーを感じる。
多分彼は伝道師としての役目を持っている人なのだと思うが、偶然除霊について話している内容を知った。

除霊というのは悪霊が取り憑き専門の祈祷師や陰陽師などに多額の対価を支払ってやってもらうイメージがあるが、そんなケースは単なる浮遊霊の憑依ではなく筋金入りの悪霊だ。
誰でも何かしら霊は憑けていて、憑いては離れたりある期間留まって離れたりするもので全く害のない霊も多い。

憑いているとわかると恐怖が先に立つが、中にはちょっと助けてくれたりする霊もいて、憑依現象を起こしたり人生を狂わせてしまうほどの悪霊は滅多に憑かない。
せいぜい体が重くなったり体調がすぐれなかったりする程度だが、これくらいの邪鬼は塩風呂に入ったり自分のマインドを変えることで落ちたりする。

齊藤一人語録では、そもそも祓う落とすという考え自体を否定していたので新鮮だった。
つまり「来てくれて有難う、一緒にご飯でも食べに行こうか」くらい言って、楽しいことに誘ってみるのがいいそうだ。
ネガティブなのが浮遊霊なのでそうすると自然に離れたり、あるいは成仏できたりして逆に補助霊として助けてくれることもあるという。

これはなるほど一理あると思った。
確かに明るくてエネルギーに満ち幸せな人は、浮遊霊や邪気など弾いてしまう。
霊がすがって来るのは、優しい人やネガティブな状態がシンクロする人だ。

怖がって恐怖を抱くと尚更取り込まれて体にまで入られてしまう。
人助けだと思って、人間扱いし(もとは人間なので)どんどん楽しい所、明るい所に連れて行ってあげればいいと。

その中で一番心に残った言葉があった。
「人助けをしたら悪いことが起こるはずはない。」

理屈通りにいかないのがこの世だが、基本のシンプルな法則は忘れてはいけないのだと思う。
ややもすると悪霊憑依→除霊浄霊→術者、となるが、まず取り憑くほどの悪霊は稀で、日常の中の邪鬼は自分が何とか出来るものだし、邪鬼まで行かなくても普通何体かは憑いているという認識を持った方がいい。

良き心の人間は憑いてきた霊も上にあげられるし、善を成せば善が来るという当たり前のことなのだろう。

蛇足だが、有名人なので実名を上げさせてもらったが、私は全然彼のことは知らずたまたま知った考え方をテーマにさせてもらっただけだ。



9827e59f1eb9921d71c90ac4d7a2b995_s.jpg





占いカフェ

2019–11–29 (Fri) 16:02
とある占いカフェへ行ってきた。
最近占術研究会に久しぶりに出てタロットの読み方のヒントを得たり、新しいデッキが欲しくなり幾つか手に入れたので、タロットの専門家に会ってみたくなったのだ。
やはり偶然というかネットを調べていたら辿り着いた占いカフェがあり、そこはかなり本格派の占い師が10分1500円という価格で入れ替わり鑑定してくれているところだった。

早速タロットに特化してやっている占い師の日に行ってみたのだが、都心の隠れ家的カフェで昼間だったので誰もお客はいなかった。
カウンターの女性と話すと、占い業界の悪徳業者に憤慨している占い師たちが集まって廉価で占いを提供してくれている場所だと言っていた。
確かに名前で検索すると有名なカルチャーで教えていたり、マスコミの露出や本も出版していたりと、名前を知っている占い師も何人かいた。

そうこうするうちにタロット専科の人が来て、鑑定をしてもらうことになった。
感想は、確かにタロットのプロは違うとう感じだった。
まず、切れがいい。
占う内容に絞って見るので、読み方と解釈の仕方が決まったテーマからぶれない。

勉強もかねてと言ったので、スプレットの見方やラインの読み方など解説も交えて教えてくれたので、かなり目から鱗の部分があった。
四元素やタイムラインの読みなど私があまり採用しない方法も使い、聞きたいことの答えを教えてくれた。
特に数字の読み方でなるほどと思ったことがあって勉強になった。

余談で面白いことを教えてくれた。
剣、聖杯、棒、金貨は四元素で、風、水、火、土に分類されるが、スプレッドに占める割合で読めることがあるというのだ。
結婚を占う時地域性があって、地方に行くと特に北陸などは結婚も土地や家の結びつきが多いので、土や物質的なのもを表す金貨のカードが多く出るそうだ。
東京など大都市では結婚は本人の気持ちや意志なので、感情を表す聖杯のカードが多く出るということだ。
剣が多く出た女性は、条件でバサバサ切るから剣が多いとか、数字の出方でも物事の推移が分かるなど興味深い話が多々あった。
タロットの読み方は一枚一枚の意味もさることながら、まず大まかにアウトラインを掴むのが要諦だと言っていた。

お客さんが誰もいなかったので10分の鑑定だったが、タロットの読み方など結構話してくれて、行った甲斐があったと思っている。
何十年もやっている人なのでやはり道を究めたプロは凄いと実感した。
そこのカフェで鑑定をしている占い師たちは、殆どそこでは採算度外視でやっているようだ。
観てもらったタロット占い師も、本を出したりカルチャーでも講座を持っている人だった。
まだまだ占い業界も志のある占い師達が沢山いるのだと思う。

昔本もたくさん出していた銭天牛という著名な占い師がいたが、御子息が名前を継いでやはり銭天牛として有名になっている。
その人も他では占わないそうだが、そのカフェでは同じく10分1500円で見てくれるそうだ。

交流会もあるというのでそのうち行ってみたいと思う。



11e8c8b3fb25d51ac9ad2becebefd736_s.jpg





 | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR