ネット世界の闇

2019–01–18 (Fri) 15:29
去年興味深いスピ系ブログを見つけ、読み出していたところ突然閉じるというお知らせと共に翌日には本当に消えていた。
元々霊感的なものがあった人らしいが仕事にしているわけでもなく、年齢を重ねカラー系のセッションも始めた人で、日常的なスピ話も書いていて人気も出ていたようだ。
多分ブログのことで何かあったのだろうと推察していたが、昨日偶然違うところで再開されているのを見つけた。
プロフィールの中に、やはりSNSでの問題を匂わせる記述があり、推測通りだったようだ。

SNSで政権を批判すると、ネトウヨと呼ばれる輩がツイッター始め2ちゃん、ブログ、FB、インスタでもれなく絡んでくるが、彼らは自民党がバイトで雇った連中もいれば触発されて同調する者もいるし、仮想世界で自分のストレスを晴らしている者まで様々だ。
しかし、一つだけ共通点は社会生活を営むリアルの自分を隠しているということだ。
罵詈雑言をぶつけてくるのは必ず正体を判らなくしている。

これを裏返すと人間の中に潜む黒い部分、闇の部分をこれでもかと見せてくれるのがネットの世界だ。
自分が誰か判らなければ、何をしてもいいという前提が本人達の中にあるのだろう。
正体を隠し口汚くネット上で相手を誹謗中傷する輩は、現実しか信じないというある意味スピリチュアルとは程遠い人間だ。
「天知る、地知る、我知る」という箴言があるが、意味さえ分からないのではないか。

誰でもむしゃくしゃしたりストレスが溜まれば捌け口としてどこかを攻撃したい時もあるだろうが、匿名性の陰に隠れてこそこそやるのは一番卑怯だ。
ネット上でヘイトや暴言を吐く極右のネトウヨが、実は調べたら中年の普通のおじさんやサラリーマンだというケースがよくあるようだ。
無辜の市民の仮面を被って良き父親良き夫でも、実はネット上では別人になり人格を疑われるような振る舞いをしているのだ。

仮想世界は人間の闇の部分の受け皿でもある。
一番怖いのは闇を抱えた人間がリアルの部分で闇を抱えていると出さずに、いい人になり切っていることだ。
死ぬまでそれで終わるのかもしれないし、そういう部分がいつか破綻して実生活でも出てしまう場合もあるだろう。

私はハンドルネームでブログを書いているが政権批判にしてもスピ的内容にしても責任は取るつもりなので、個展の案内も記事にしたことがあるし私を知ろうと思えば可能なスタンスを取っている。
コアでマイナーなせいか(笑)、幸い冒頭のブログのように閉じてしまうほどのトラブルに見舞われたことはないし、政治ネタのツイッターでたまにネトウヨや極右おじさんに絡まれることはあるが、スルーして済んでいる。

SNSというのはどんな人間かを知る踏み絵だと思う。
シリアルキラーは何年も何十年も良き夫良き父親だったというのが多いが、ネット上の別人も犯罪にはならない同類かもしれない。

的には、リアルで見える見えないは関係ない。
誰も知らないと思っても、天は知っているのだ。



0f1abd23a2f0915bf44545bdbe2fb121_s.jpg






亥年のジンクス

2019–01–04 (Fri) 17:21
今年は正月から波乱の幕開けのようだ。
3日の朝,、為替が一挙に大暴落し、ツイッターのトレンドにFX用語のロスカットというタグが入った。
一瞬で数千万円も吹っ飛んだ人のツイートやブログもあったが、トレーダーでもそうなのだから素人が一獲千金を狙っても所詮無理だろう。
世界の1パーセントの金持ち投機筋に素人が敵うわけはない。

年末から株安が続いているが、今年は本当に経済恐慌が来るのではないかと思ってしまう。
いくら安倍政権の指令で日銀が年金を突っ込み株価を吊り上げ為替を操作しても、もうその限界は近い。
総選挙までは何としても株価を維持するつもりだろうが、世界同時暴落になればお手上げだ。

為替暴落が朝なら、夜になって熊本で大きな地震もあった。
強震モニタを見ているとマグニチュードも震度も次第に大きく変えられていて、人的被害もなく正月休みなのにやたら政府の対応が早かったので妙な感じがした。

2019年は亥年だが、歴史的に亥年は大災害が起こる年と言われていて、事実何度も大地震が起きている。
地震も台風も人工的に起こすことができるのは今や世界の常識だが、私は最近は人工災害だろうが戦争と同じでそれも天の予定調和だと思っている。
どちらにしても今年が当たり年の可能性はある。

新年早々暗い予感ばかり書いているが、最近は人間も二極化が始まっていると思う。
今風のスピリチュアルでいえば上に行く人と現状に留まる人か。
どちらも本人の選択だが、一つだけ言えるのはこの二つのグループは段々共通項が少なくなり相容れなくなってきたことだ。

勢い付き合う人間や属する組織も変わっていくだろう。
去年一年の私がそうだったが、勢いがつきすぎると反動も大きかった。
緩やかな移行が理想的だが、それにはまず日本の現状がもっと悪化しないこと、国を揺るがすような大事が起こらないことを願うしかない。
有事の際に人間の本質が分かるというが、有事が起こらない前に自分がどのステージにいるのか、周りの人々がどんな立ち位置なのかを見極めた方がいいだろう。

何が起こっても自分にとっての優先順位と、何が一番大切なのかを知っておくのは必要な事だと思う。



f0f352c0b58b1c017f62baad703247df_s.jpg





『頭にきて』のメンタリティー

2018–12–29 (Sat) 15:25
最近は政治問題を取り上げるにもあまりにもひどすぎて、頭の中でまとめて消去ボタンをクリックしている状態だが、年末のここへ来て馬鹿殿の御乱心をまた見る羽目になり辟易としている。

政権の嘘ごまかしは文書改竄、統計捏造で次々明らかになっているが、安倍真理教ではどんな教義でも通る。
しかし最近は国際的にも通ると錯覚しているようで、国際捕鯨委員会(IWC)からの脱退、韓国駆逐艦の海上自衛隊哨戒機へのレーダー照射映像公開と、相手が外国でもお構いなしだ。
安倍事案と呼ばれる政治問題があるが、この二つがそうで、さもありなんだ。
つまり安倍総理が自分の一存で事を動かしてしまう政治問題だ。
国際機関脱退はトランプのパリ協定脱退を真似たつもりかもしれないが、理由は二階堂幹事長と安倍総理の地元が商業捕鯨をやっているからだ。
しかしこんな大事なことを国会にもかけず、相手が国際機関だろうが総理のごり押しで決めてしまうのだからもう何でもありだ。

そして昨日のレーダー照射の映像公開だが、これも防衛省が渋ったのを安倍総理が「鶴の一声」で公開させたという。
この問題は穏便に済ますこともできたはずだ。
移民政策で支持を失った極右勢力とネトウヨに対する安倍総理のパフォーマンスにしか見えない。
困ったときの危機煽りだが、北朝鮮は使えなくなったから韓国を仮想敵国にしたいわけだ。

アメリカやロシアが同じことをしても絶対にやらないのに、相手を見て仕掛けるところが狡猾な幼児性を持つ安倍総理らしい。
映像を最初から最後まで見ればよく分かるが、遭難した北朝鮮漁船を救助している韓国駆逐艦を日本の哨戒機が偵察撮影するためにかなり至近距離に近づいている。
韓国の主張通り最初に接近したのは(日本は法を守った距離だと言っているがあくまで日本の航空法)こちらで、韓国の説明が二転三転してもその点は韓国の言い分に矛盾はない。
動画を全部見ると、時折音声を消しているし、「了解でーす」「はーい」「一応呼びかけるか」とクルーの通常運転の声がして切迫感は皆無だ。
しかしムキになって、「これが証拠だ!」と世界に発信する子供じみた行為は安倍総理の行動様式そのもので、安倍事案の真骨頂だ。
これで事を荒立てて今度は「韓国が~」とやりたいのだろうか。

https://www.youtube.com/watch?v=T9Sy0w3nWeY
YouTubeにアップされた防衛省の動画だ。
韓国も非はあるかもしれないが、中国にも2013年レーダーを照射されたことがあった。
当時もヒステリックに軍事衝突を煽る世論もあったが、映像の公開などせずうやむやながら落着している。
レーダー照射は大事ではないと極右の元自衛隊航空幕僚長、田母神氏でさえ言っている。

https://ironna.jp/article/11560

~首相は「韓国に対し相当頭にきていた」(自民党関係者)
安倍総理の頭では政治的判断など出来ずに、幼稚な感情が全てを動かす。
『頭にきて』戦争も起こしかねないのが、安倍晋三という日本の総理大臣だ。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2018122800890&g=pol


DSC_0243.jpg






ブログの限界

2018–11–27 (Tue) 15:10
最近は政治ネタを書くのに気合が入らなくなってきた。
それというのも明らかにネット規制があるのが分かったからだ。
それを知りつつそういう勢力に屈したくなくて書いていたが、先頃政権批判の過激な記事を書いたらアクセス数が半分に減った。

政府が規制しているというより、プロバイダー側などが自主規制のように特定ワードで規制を掛けているようだ。
このブログは自動的にツイッターにも連動するような設定にしていたが、その記事の後数日間はツイッターにも載らなくなっていた。
日本ツイッター社が露骨な政権寄りの規制をしているのは知られているが、その他アメブロや他のブログでも規制を掛けていてある日突然ブログ閉鎖のお知らせが届いたりするらしい。

スピ系ブログがお約束のように政治批判をしないのは(礼賛なら構わない)、人気に差し支えるというのが大きいだろう。
ブログをビジネスの一環と捉えているブロガーは決して政治ネタは書かない。
安倍政権は情報統制に力を入れ出してから、、マスコミへの露骨な政治介入で政権批判のジャーナリストたちを駆逐し御用記者や評論家を多用するようになった。
それを見て我が身を守るため、ネット業界から一般の人間にまで自主規制の意識が出てしまったのだろう。
暗黒政治の始まりと言えそうだが、それに唯々諾々と従がっているのも日本国民なのだから未だに現政権は続いているわけだ。

安倍総理が海外にばらまいたお金が10兆円。
アメリカからお古の兵器購入は10年ローンで、本人達が政界から去っても国民は使えない武器にお金を払い続けることになる。
そしてオリンピックの予算は3000億円から3兆円に跳ね上がり、大阪万博には参加国に240億円の支援金を出すそうだ。
みんな国民の血税である。
生活保護も年金もカットで消費税は上がり70歳まで働かなければならない。
政権の連中はあと3年もしたら責任を取らなくてもよくなる。

考えると眩暈がするのでもうブログネタにしても空しいだけだと最近はあまり書かないが、スピ的に言うとそれも日本人のが選択したことで決まったロードマップなのかもしれない。
スピ世界で言われているのはの淘汰が来るということだから、これから様々な天災人災で地球は変わっていくだろう、
私の年代はもう人間の経験をある程度積んだが、次の世代はどうなるのだろうかと危惧している。
日本人の自浄作用がまだ残っていることを期待したいが、多分もう外的な力でないとどうにもならないのだろうと漠然と考えている。

さて、この記事はまたブラックリストに入るのだろうか。



IMG_20181123_115631_208.jpg





吉凶の法則

2018–11–25 (Sun) 15:41
美術業界では毎年団体の展覧会がある。
どの団体も幾つかの賞があって、その年の優秀作何点かに贈られる。
在野のコンクールでもそうだが、まず画家として名を成すためには何らかの賞を受賞して画歴をつけなければならず、作品を売る以前にそれを通過儀礼にするのが一般的だ。

長年美術界にいて私は面白い法則に気が付いた。
自分自身も含め受賞したりそれに類する快挙を上げた時には、必ずその前後に大きな不幸やトラブルに見舞われているというものだ。
ある時授賞式に出ていたら、二人の人が「実は最近身内を亡くしまして」とスピーチしたのを聞いた。
ハッとして色々思い返したりその後も因果関係を調べてみると、私の知っている範囲の人達でもかなりの確率で誰かを亡くしたり病気になったり大きな出来事があったのが分かった。

吉凶は手を繋いでやってくるのかもしれない。
いい事ばかりが続くとその後必ず悪いことが来るというのはよくあるが、いいことと悪いことが同時進行で起きる場合もある。
どこかが出るとどこかか引っ込むという運命の法則はあるようだ。
結局はプラマイゼロということだろうか。

強運で恵まれていいこと続きの人もいるし、逆に不運続きでいいことなど一つもないという人もいる。
現世単位で考えればそうかもしれないが、輪廻転生という視点で見ると案外帳尻は合っているのかもしれない。

しかしこの一生だけでも、「禍福は糾える縄の如し」で、いい事ばかりも悪い事ばかりも続かないと考えた方がいいだろう。
穏やかに揺れ幅が少なく進んでいくのがいいかもしれないが、人生で必ず大きな出来事は何度か起こる。
しかし苦しい、辛い事の後にはご褒美のようにいいことが来るので、それを信じて絶望や悲嘆を乗り越えよう。
また、いいことずくめでイケイケの時は後から代償を払う場合もあるので気を引き締めていた方がいい。

私も過去を顧みるに、画業が好調で受賞したりオファーが続いた時は私生活では大きな苦しみや問題を抱えていた時期だった。
あまりにも両方が極端だったので、最近はどちらも尖らず真ん中を緩く生きたいと思うようになった。

夢を追いかけ実現し順風満帆なのはごく限られた強運の人で、予めそういう人生のシナリオを持っていたと思われるが、その器でない人間が不相応な成功や身分を手に入れると失うものも大きいような気がする。

大抵の人間は今世の容量は決まっているそうなので、それをうまく配分して使い切りたいものだ。



古代蓮2





« 前へ | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR