念とエネルギー

2018–11–11 (Sun) 16:34
人は常に念を出しているし受けている。
念とはエネルギーや波動ともいえるが、想念だけではなく誰でも体の周りには腕の長さくらいのエネルギーをまとっている。
これはオーラと呼ばれるが、色が見えたり大きさ形が違っていたり伸び縮みもする。

その時の状態によっても形状や色が変わったり、病気などをするとその部分だけ欠けたり凹んだりもするらしい。
私はオーラは見えないがかつて絵を教えていた時絵画教室の生徒にオーラが見える子がいて、心身共にしんどい時期に「先生のオーラはぼこぼこに引っ込んでいる」と言われたことがあった。
今なら見えなくてもわかるような気がする。

嫌いな人間の側に行きたくないと思う時は相手が出すエネルギーフィールドに触れたくない、入りたくないと感じているからだし、好きな人にくっつきたいと思うのはそれを共有したいと求めるからだ。

喜びや悲しみは波動となって体から放出される。
特にネガティブエネルギーは残りやすいようだ。
風邪を引いて熱を出したり病に臥せっていれば、体から邪気やネガティブエネルギーが出て寝具がそれを吸い取っている。
そういう時は特にこまめに寝具類を洗ったり布団を干した方がいい。

物には念が憑くというが、知らず出しているネガティブエネルギーがその時に身に着けていたものや場にも残る場合がある。
だから、失恋した時に来ていた服や相手から貰った物は身に着けたくなくなるし、処分した方が理にかなっていると思う。
失恋でなくとも人生で辛い経験や大変な思いをした時の物はそれを思い出すから嫌だが、実は思い出すというのはその時に憑いた念に通じてしまうということでもある。
とにかく嫌だと思う物や場所や人は、そこにあるエネルギーを避けたいというスピ的直観だと考えていい。

私は以前温泉が大好きで、大きな町の健康ランドのような温泉にも足繁く通った経験がある。
そういう場所は温泉をかけ流しではなく循環させていて、おびただしい数の人が毎日入っている。
以前はそれも平気だったが今ならもうとても入る気にはならない。
いくら消毒していても物理的にきれいでないというのもあるが、それ以上に多くの人が入りお湯に体から邪気やネガティブなエネルギーを出していくのだから、とても怖くて入られないのだ。

世の中には潔癖症の人がいるが、病的でない限り人のエネルギーに敏感だからその影響を受けたくないという、自分でも気が付かない隠れスピ人間なのかもしれない。

どうしても嫌な感じがするという時は、自分のスピ能力を信じてその感覚を尊重した方がいいだろう。


7014f623c4113d084c624e1501a042b1_s.jpg





依り代としての人形

2018–09–29 (Sat) 16:54
先日ベネチアへ旅行してきた友人からお土産に小さなベネチアンマスクを貰った。
出雲大社で偶然知り合い私の仮面の作品の一枚を自分のガイドだと言って買ってくれたスピ友だ。
数あるマスクの中から私にぴったりだとピンと来たものを選んだそうだ。
確かに見た瞬間私も好きな紫色でピンと来てしまった。

しかし喜んで家に飾ったその夜から胃腸の調子が悪くなりかなりしんどかった。
実はその少し前にちょっと友人のトラブルに巻き込まれ、助けを求められてかなりへとへとになっていたところだった。
もしや貰ったマスクに何か憑いていたせいかとも思ったのだが、宇宙人の友人に写メを見せたところ、このマスクが毒出しをしてくれたのかもと言われた。
確かに好きな友人が私のためにピンと来たものを買ってくれたのだからおかしなはずはなく、逆にトラブルで貰った負のエネルギーをデトックスしてくれたと考えた方がいいような気がする。

人の形をしたものは人形だけでなく仮面や体の一部のオブジェなどでも念が入りやすい。
人形供養というのもあるくらいだから、愛着のある人形やずっと家にいて人間の気に触れていたものはエネルギーを帯びている。
ぬいぐるみなども子供が可愛がると、守護になったりガイドが入ることもあるようだ。

目のあるものは怖いというが、それは目が気の出入り口になりそこに念や霊魂を察知するからだ。
私も仮面の絵を描いているが、必ず人間が被っているものなので仮面の中に生きた人間の目を描く。
そうするといきなり命が吹き込まれたような感覚になる。

人形も同じで中には本当に何かの霊魂が入ってしまったものもあるし、実際の目が無くても人形が依り代になって気や念がつく場合がある。
これは良くも悪くも両方なので大事にしているものはいつも可愛がって愛着を持てば守護魔除けになるし、逆に貰い物などであまりいい感じがしない時は元々何かすでに憑いているのかもしれない。
気が進まない場合は手元に置かないかしまっておいた方が無難だろう。

物には念が宿る。
特に人の形をしたものやパワーストーンなどは入りやすいので、自分の物にするには注意が必要だ。



DSC_0385.jpg





続・腐れ縁

2018–09–15 (Sat) 17:05
先日の記事で「腐れ縁」の恋愛を相談してきた友人の話を書いた。
結論から言うと、腐れ縁は今もこの後も絶賛進行中という模様だ。
お互いの言い分を直接聞かされたり、かなり私も心配したのだが「今度こそ別れる。」と言う彼女にやっと縁が切れるかと思っていたところ、またヨリが戻って「これから二人で遊びに行ってきます」メールには脱力してしまった。

最初から上手く行かないと思っていたが、深い過去生の縁で別れられず同じことを繰り返している。
現在の親も加わり夫婦だったり親子だったり捨てたりという複雑な関係なのでむべなるかなの結果だが、持ち越したカルマを解消するのはかなり大変だろうと予測は付いていた。

職業占い師なのでその過去生も友人は判っているが自分のこととなると感情が先走るので、人を占いながら自分も他の占い師に占ってもらうという状況で笑うに笑えない。
残念ながら私も同様だが、占い師は自分のことは感情のフィルターが掛かるのでよく分からなくなる。
外科医が自分の手術が出来ないのと同じだ。

男女の色情は、もつれ絡み合い計算できない複雑さを持つ。
色情因縁の要素が入ればもう泥沼をのたうち回るごとくで、周りも巻き込んで延々と泥仕合の繰り返しが続く。

私にとっては今回もデジャブのような部分があって、以前も違う友人のDV絡みの恋愛に関わったたことがある。
友人を心配して入れ込み過ぎこちらの方が毒を受けてしまい体調を崩したので、今回もこの徒労感に同じ轍は踏むまいと思ったところだ。

夫婦喧嘩は犬も食わないというが、色情というのは肉欲が入るからそちらに振れるタイプは理を説いて話してもまず無理だろう。
極端な話どちらかに違う相手が出来たり存在がなくならない限り、別れることは不可能だ。
色情因縁の腐れ縁になると複数の異性が色情で絡み合うので修羅場になるが、当の本人たちは懲りずに延々とその状態を繰り返している。
その結末はきれいな因果の清算は少なく、もっとカルマを積むような刃傷沙汰になったりする。

私もなぜか人の恋愛の相談を受けることが多いが、結論としては何度か別れては戻るを繰り返しているカップルはあまりいい恋愛ではないし腐れ縁に近い。
そしてそういう二人は傍が何を言っても聞かないし、終末がハッピーエンドになる確率は低い。
極端な話、命のやり取りになる事さえある。

腐れ縁の男女はパワーが強いので、周りが悪影響を受けることが多々ある。
アドラー心理学で「課題の分離」というのがあるが、相談を受けたら解決法は提案しても相手の課題なのだから割り切り、そこで心理的関係を断ち切るべきというものだ。

今回は私自身も「課題の分離」という課題をクリアしなければならなかったようだ。
友人のトラブルに親身になるあまり巻き込まれてしまうことはよくあるが、そんな時はきちんと線引きをして、仮に結論が見えていてもそこに辿り着けないのは本人の修行だと思うしかない。


764e3d4eb3aa59056420c62b3f37e1b3_s.jpg





ジャッジしない

2018–09–14 (Fri) 17:22
最近スピリチュアル世界ではニューエイジ系が多い。
その一部で「自分を愛そう」「愛を送ろう」「ワクワクしよう」「自分に正直に」「ジャッジしない」などがよく言われている。
言わんとすることは判るが、これを文字通り実践したら自分一番の善悪関係ない好き放題の人生になってしまう。
そんな生活は出来るわけがないので、もっと現実に即した方法論が欲しいところだ。
一度だけそれ系のスピの集まりに出て、主催者がスピリチュアルの基本は愛だ的な事を説いていたので、解釈に戸惑ったことがあった。

ややもするとスピ世界でも耳障りのいいことを唱える傾向にあるが、じゃあ具体的にはどうすればというのが欠けている場合が多い。
「嫌な人にも愛を投げ掛けて」は常套句だが、あまりにも漠然としている。
つまり、嫌な人にも全否定しないで心を広く持ち理解する努力をしたりその人の立場に立って考えたり思いやりを持とうという意味だろうが、「愛を送ろう」は現実からかけ離れすぎている。
もしかしたら嫌な人の魂に向かって「あなたを愛しています」という思念を送ることかもしれないが、不勉強で私の解釈は上のようになってしまう。

スピリチュアル世界では愛というのがかなり意訳され、かつ便宜的に多用されているような気がする。
キリスト教の愛という概念が転用されている感がないでもないが、もちろん私も愛を否定するわけではない。
しかし現実に生きていれば辛いことも悲しいこともあるし裏切られたりいじめられたりすることもある。
そんな時に「愛」は全てを解決してくれるかというとなかなか難しい。

愛というのは無償だと思う。
特に親の愛は自分の命に代えても子を守りたいと思う。
男女の愛でも相手のために死ねるかと問われて死ねるのが真の愛だと思う。
死は命より大切なものと置き換えてもいいが、つまり相手の存在が自分自身より大事なものという意味だ。
私にとっての愛の定義はそうだが、スピリチュアルでいう愛は多分慈愛のような意味合いが強く、もっと言えば人類愛のような高次の愛ということなのだろう。

ジャッジしないも言いたいことは判るのだが、あくまで現実社会に即してという前提がつくと思う。
ただこれは私も最近そういう心境になって来つつあり、どんな悪人でもその人間のライフパーパスとして魂がそうなっているのなら、見えない世界の摂理として考えるしかないという気持ちが出て来たのも事実だ。
生きている人間が生きている人間を断罪するのは法律であり時の社会倫理だ。
しかし魂同士は断罪は出来ないし、あくまでそれぞれの今生の目的が違うだけでしかない。
そこを混同してしまうと大きな落とし穴があると思う。

「愛が全てで自分に正直にワクワクして何事もジャッジしないで生きよう」はとても羨ましい生き方だが、「自分の好き勝手に良い悪い関係なく楽しいことだけするのが愛の生き方だ」とは間違ってもならないようにしたい。
スピリチュアルは生きる助けになるが、取り入れ方次第では違う方向にシフトしてしまう場合もあるので、きちんと自分の基準で咀嚼することが必要だろう。



012.jpg





腐れ縁

2018–09–11 (Tue) 15:00
今日はあまりいい表題ではないが、腐れ縁という言葉はよく聞くと思う。
男女の間でも同性同士でも使う。
文字通り「腐った縁」でいい意味では使わない。
お互いに良い影響を与えないが、切りたくても切れない縁のことだ。
男女なら別れたいのに別れられない、離れかけてもまたくっついてしまう繰り返しで、それが結婚に至らなかったり、逆に結婚していても最悪の相手なのに今度は離婚が出来ないなど、切るに切れないネガティブな縁だ。

これはもう前世の因縁があるのは明らかだが、多分そのを抱えたまままた今生で会うことになって、それぞれの未熟さから過去の因果を解消できないでいる関係が腐れ縁なのだと思う。
男女なら色情因縁がそれに絡むからもっと始末が悪くなる。

別れては戻りを繰り返すのは腐れ縁の典型と言えそうだが、当事者に聞くと本人達も腐れ縁だと認めている場合が多い。
しかしこういう場合自分達でもう腐れ縁だと肯定していることになるから、永久に関係は腐れたまま続くだろう。
必ず理由があって今世で縁を再開したわけだから、それをどうにかしようと考えなければまた来世に持ち越すことになる。

それにはすっぱり切れるか、その縁を腐らせず良縁にすることだ。
男女ならずるずると関係を続けるのではなく結婚して家庭を築くか、二度と会わない覚悟で別れるかどちらかで、たとえ結婚して失敗し離婚になっても逆にそこでは解消されると思う。
生煮えの状態で延々と同じことを続けるのが腐れ縁だから、それをはっきりさせるのが腐れ縁の清算には必要だ。

私も腐れ縁と言えそうな男女を幾人か見て来たが、恋人同士でも夫婦でも必ずメビウスの輪をぐるぐる回っている。
どこかでブレイクスルーすべきなのになかなかできないのが過去生の因縁であり、二人の共通のカルマなのだと思ったものだ。
しかし少なくとも腐れ縁と自覚しているなら、それを解消しようと努力するのが魂の成長だ。
離婚騒ぎを何度も起こしながらも別れず老齢になり、一緒にいてよかったと思った時に腐れ縁は良縁になるかもしれないし、苦しみにのたうち回ってもすっぱりと縁を切ることが出来たらそれも因縁の清算になるだろう。

肉親や親類縁者はもともと縁があるからその設定自体は変えられない。
しかし、赤の他人と深い縁を持つ時はそれが腐れ縁になるか良縁になるか悪縁になるかは、因果やカルマのせいばかりではなく今世の生き方や霊性の向上によっても決まるし変えて行けることだと思う。

先日、3年も付き合っても別れられず結婚したくても諸般の事情でなかなか無理で、腐れ縁と自嘲していた友人の相談を受けた。
「腐れ縁も結婚したら良縁になるし、別れたら縁が切れるのだから今の状態を続けて腐れ縁にしているのは本人達。
自分の向き合い方で縁の種類を変えられるのだから、どうにかしたいなら動いた方がいいのでは。」とアドバイスをしたが、果たしてどうだろうか。

人間は過去生の因と今世のどこかで必ず向き合う時がある。
腐れ縁と言われる相手との付き合い方もその一つだろう。


87811badf031e26257dfc8cc2467ab6d_s.jpg






« 前へ | HOME |  次へ »

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR