リセッション

2016–02–13 (Sat) 17:06
前回日本経済が大変だと書いたが、もはや世界経済の危機らしい。

一般の日本人は経済に興味がない。
芸能人の不倫やら覚せい剤やら更には北朝鮮のミサイルだとマスコミはそれで大騒ぎしているが、スピン報道の陰で大変な事態が起きていることは過去の日本を見ていても証明されている。
今、かなり日本は危機的状況にある。

日本株とドル円は前回記事に書いた後一晩で直線のような下落をしてチャートを見た人々は目を疑った。
国民の年金は20兆円が吹っ飛び、アベノミクスは完全に崩壊したが、政権に追従しているマスコミは大きく取り上げず世界恐慌が目の前に来ている今もその実情さえ報道していない。

来週は16日に銀行封鎖、19日にドル崩壊などと一部で予言めいたことが囁かれているが、大地震の予言と同じでそうはならないだろう。
しかし経済は生き物であり市場は気持ちで動くから、集合意識がそこに向かえば日時はずれるにしても類することは起こってくるかもしれない。

もはや経済のリセッションはスピリチュアルを全く信じない市場関係者や財界人も予想していることで、去年の後半から激しい世界経済の変動が起こっていることは確かだ。

これが地球規模のスピリチュアル的淘汰の一端で終わりの始まりなのか、陰謀説で言われている一部の支配層がその他を奴隷化するNWOの計画なのかと考えてしまうが、とにかく日本人は危機感を全く持っていない。

私はインディゴらしいので、そのせいか常に物事を俯瞰して見たり手の届かない壮大な不条理に憤ったり焦燥を感じたりするが、ガイドや後ろの人達に言われるのは目の前の生活に目を向けなさいということだ。

何年後かに戦争が起こり銀行で預金が下せなくなっても、あるいは大地震でライフラインが止まって普通の生活が出来なくなっても、それは起こるべくして起こることなのだから、すでに個人の力ではどうしようもない運命なのだと。

確かに何が来るかわからない未来を心配するより、まずマイナス金利が個人の生活にどう影響していくのかを注意していた方がいいのかもしれない。


« 日本の行く末 | HOME |  妄想の宇宙 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/96-70ac8899

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR