占い師は辛い

2016–02–04 (Thu) 17:18
最近は占いの相談で一番多いのが不倫だそうだ。
電話占いなどネットで検索すると占い師のプロフィールに占術の種類、得意分野などが載っているが、不倫を真っ先に挙げている占い師が多い。
特に電話鑑定のように手軽で顔が見えないと不倫などは相談しやすいのだろう。

大手の占い会社は霊感霊視で不倫が得意と言うのが今の売れ筋だそうで、次がタロット、算命系や易系だけだと人気が出ないらしい。
霊視できなくてもその項目を入れられることもあるそうだから、やはり見えないものを見るという能力に人は惹かれるのだろう。

占い師も辛いよというところだが、幸せな人が占いに来ることは殆どないわけで、有料の占い師になった時点で相応の覚悟はしなければいけない。
単に不幸な人以外に非常識、不道徳、良識のない人間も多い。

需要の多い不倫相談は来る段階で大抵の相談者は倫理に悖ることをしているのだから、まずお勧めできないというのが占い師といえど人としての大前提ではないだろうか。

多くの占い師が相談の中で一番困るのが不倫らしいが、実際可否どちらの答えでも後味のいいものではないし占い師側にもストレスが溜まる問題だ。
スピリチュアルの世界では不倫も予定調和という考え方もあるが、明らかに道を外れる行いを推奨するのは心が痛む占い師もいるだろう。

不倫で修羅場になり周りも自分も傷付くのが今世の修行だったり前世の因果だったりと原因を探ることはできるが、さあどうするかということになるとそれを知ったところで何の役にも立たない。

せいぜいどんな結果になってもそれは自分の魂が選んだ道であり運命だったというぐらいしかない。
もっと言えばそれを乗り越えた後何を学びどう魂の成長があったのかを自覚するのが今生の学びなわけだが、不倫の渦中にいて煩悶している相談者はもっと具体的なことを求めているのだからどこに着地点を見つけるかは占い師のポリシーに拠るしかない。

占いで良識や倫理に反することを相談されるのが最も厄介だ。
しかしそういう相談が一番多いのが、人間という生き物の業の深さだろうか。


« 厄払い | HOME |  カオスのライトワーカー »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/93-8c38a067

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR