混沌と覚醒

2015–12–27 (Sun) 17:15
昨日やっと長い混沌から抜け出せた気がした。
朝からトラブル続きだったが夜になってようやく滞った出来事の解明が出来て、頭にかかっていた霧が晴れたような感じになった。

どうしてこうなるのかと謎解きと煩悶の期間で、ガイド達にヒントをもらったり意見されたりあるいは妄想かどうかわからなくなるような状況もあったが、それはちゃんと繋がっていて整理し確認する作業が昨日だったように思う。

未来は決定しておらず予測や予定は変わるもので、それは一人の人間にも、日本の、世界の未来にも言えることだ。
個人の未来が変われば全体の未来も変わって行くし、逆も言える。

この世に確実な物などど何もなくて、その時点時点で選択や変容がある。
スピリチュアルの世界では大まかなプログラムがあるがその細部は個人の選択に任されているところがあり、ガイドがいくら道を示しても分からず違う方に行く場合もあるが、結局根幹から外れないようにはなっているらしい。
ただし、途中でそのプログラム自体も変わることがあって、また変えることも可能のようだ。

今日本は時の政権が権力をほしいままにしているように見えるが、この道はいつか来た道と過去の日本を振り返り危惧している。
もし日本や世界がまた同じ歴史を繰り返すならそれはもはや天意と考えるしかない。
しかし、そこに至るまで何度でも選択や軌道修正のチャンスはある筈で、まだこの先の未来は我々の意識や行動で変わっていくのではないか。

今後地球がどうなるのか、人類がどうなるのか、個人の未来の変容が集積されて地球の未来も決まるなら、まさしくアセンションで人々が覚醒していけば違う未来や歴史が作られるだろう。

今回私個人の混乱や障害は変化する自身の未来への胎動だということに気付かされた。
これはすべからく、もっと大きな集合体、国、世界にも当てはまることではないだろうか。

変容の度に新たな覚醒がある。

予定されても確定ではないということがスピリチュアルの世界にはあるのだから、都度都度確認することが必要らしい。
私にとって一連の出来事は、一年の締め括りに覚醒の何たるかを学ぶビックイベントだった。


« 無明長夜 | HOME |  宇宙人を信じるか »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/74-1b4fa346

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR