アファメーション

2015–11–20 (Fri) 12:35
スピリチュアル用語でアファメーションというのがある。

願いを言葉にして引き寄せ叶えるということらしいが、案外現実味があるようだ。
引き寄せの法則とはよく聞くが、アファメーションもその一種で否定形はいけないとか一度のみとかやり方には形があるようだが、願い誓えばそれが実現するという。
決まりに則ってアファメーションして来たら、全て叶ったというスピリチュアルワーカーもいるが、普通の人はそうそう簡単には行かないだろう。

失敗した時の答えも用意されていて、実は心底望んでいないとか、それを与えては本人のためにならないので天の配慮でブロックしている等々…。
ちょっと怖いのは、きちんと作法にそってやらないととんでもないことになるという事例があった。

ある人が1千万円ほしいとアファメーションをした。
しかし単に1千万円を望んだので、交通事故に遭い障害の代償として手に入れたという事例だ。
これは確かにアファメーションは現実のものとなっている。

つまりスピリチュアルや想念の世界とは、空気を読んでくれない。
人間社会と違って常識や配慮というものは通用しない。
ダイレクトにそのものだけが繋がるので時に残酷だったりするが、ポジティブもネガティブもいわゆる善悪さえもなくあるのは人間の強い想念が物事を現実化するという作用のみだ。

私自身は知らず知らずのうちに思っていた事や願っていた事、特に言葉に出して言ったり書いていたことは逆に願いとは思っていないことでも現実になっていることが多々ある。
自分自身で検証してみると怖いと思う事例もあり、これからはもっと自分の言動に慎重にならなければと思っている。

アファメーションとは別だが、話の中で相手の言った言葉や考え方がやたら印象に残る時がある。
もっと言えばよもやま話をしていても何気なく聞いていた話の中でのエピソードが妙に引っかかったりしたときは、自分に向けられているものだと思った方がいい。
必ず後に自分の身にそれが起こったり、経験することになるからだ。

多分これはシンクロのようなもので、知らせや気付きのサインなのだろう。
大抵は忙しさに紛れて通り過ぎていってしまうが、ふと立ち止まって今までの生活や人間関係で心に残っている言葉や会話を思い返してみると、現実になっていたりこれからの生きるヒントになっているものがあるかもしれない。

逆に言えばアファメーションも人の言葉も出来事も、意識して頭にインプットした段階で現実化する可能性があるし、もっと穿った見方をすればそれはそもそも来るべきことでアファメーションは単なる予定調和であるということも言えないだろうか。

まあ、スピリチュアルの世界は何とでも解釈が成り立つので、自分が望む形で理解するのが一番だが。



« 魂の成長 | HOME |  失って分かる価値 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/56-27fe0f24

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR