『~のせい』と『~のおかげ』

2019–02–13 (Wed) 16:53
前記事で「おかげ様」について書いたが、「~のおかげ」と「~のせい」の違いについて考えてみたい。
よく人はいいことがあったら「~のおかげ」と言い、悪いことがあったら「~のせい」という。

何でも自分以外に原因を求めたがるのは人間のサガだが、特に悪いことについては多い。
「~のおかげ」と「~のせい」は表裏一体で、前者はポジティブな出来事の場合で後者はネガティブな場合だ。
対象は同じでも自分にとっていいか悪いかだけで、言い方が変わる。

しかし時としてネガティブな「~のせい」が未来には「~のおかげ」になることがある。
過去を振り返れば誰にでもあるのではないか。
その時は大変でも結果的にあのおかげで違う道が開けたとか、成長できた、いい経験になったと思えることがあるはずだ。
当時は「~のせいでこうなった」と恨んでも、ずっと後になって「あれがあったから今日がある、あれをバネにしてここまで来られた」と考えると「~のせい」が「~のおかげ」に転換する。

私自身も絵の世界にいて、若い頃は随分人間関係で苦労した。
媚びるのが嫌いで常に単独行動だったので、生意気と見られたりいわゆるお局様や大センセイにはあからさまに冷遇されたこともある。
しかし当時はそれを制作のモチベーションに出来たし、その結果ここまで来られたと思っている。
だから今となっては、私に試練を与えてくれた人達のおかげだと考え、彼女、彼等には感謝している。

人間とは弱いもので、特に組織や団体は利害関係で成り立っていることが多いから染まってしまう。
欲や権力にしがみつく者はあからさまに人間の感情を剥き出しにして時には子供じみたこともするが、彼らの器量の狭さやの未熟さを理解出来るようになると同じ土俵にはいられなくなる。
だから、その関係から脱却するために努力しステージを上げれば、彼らは逆説的に恩人なわけだ。

人生に苦労や試練は付き物だ。
霊的進化のために自ら苦難を決めて来たと言われるほどだ。
だから齢を重ねが成長すると「~のせい」が減って「~のおかげ」が増えてくるだろう。

何にでも感謝する「感謝教」とは違うが、人生の最後の方には「おかげさまで生かしてもらった」という境地になりたいものだ。
誰でも辞世の句で「幸せな人生だった、人生の全ての物に感謝します。」と言うことが出来たらと思う。



DSC_1724.jpg





« エネルギーは回る | HOME | 

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/514-36df81f0

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR