理解と実践の狭間

2015–10–29 (Thu) 17:47
10月は旅行へ行ったり、展覧会があったり、精神的にもかなり気を張っていたのでここへきて疲れが出たのか二日ほど休んでいた。
そういう時はバイオリズムが悪いのか星回りが悪いのかはたまた波動が悪いのか、良くない巡りあわせで躓きが躓きを呼び結果的に冷静な判断が出来なくなったりする。
今回も判断ミスと思われることで自分の首を絞めるような事態になってしまい、体調を崩し二日間寝込むことになった。

しかしどうしてこんな羽目になったのかよくよく考えてみると、どうも自分のこれまでの行動様式や判断基準の癖というものが大きく左右しているように思った。
よくスピリチュアルの世界では、~ねばならない、~すべきだ、という思い込みや頑迷な信念を手放した方がいいという。

私の場合は自分で決めたら絶対にそれを成し遂げるという変な信念があり、ややもすると人にまでそれを求めてきた部分があり家族などは大変だったろうと思う。
自分の敵は自分であり、目標に到達できなかったらそれは敗北だった。
仕事の世界では必要なことだったが生活の些細なことにまでその傾向が見えていた。

今回の事で分かったのは、自分はこう決めたからそのためには手段を選ばない的な部分が結果的に自分を苦しめたという事。
つまり何事もスムーズにいくのなら良いが、無理を押してもという段階でそれはどこかでストップがかかっているのに気付くべきだ。
そのままごり押しするのはよした方がいいという知らせだったのにも拘わらず、決めたことを覆したくないために無理を通した結果は惨憺たるものであった。

折しも昨日「自分の判断は絶対正しいと思っているよね」と身近な人間から言われた。
最初は?と思ったが、これはまさしく背後からの言葉だったのかもしれない。

今回はどうしてこうなったのかガイドに尋ねたところ、過去生からの呪縛、それにより形成された現世での性格や癖が紐解かれた。
その視点から思い返してみるに、この人生は何度か同じパターンの繰り返しで自分の体も損なう結果になっていたことに思い当たった。

分かりやすい例では病院に行って病気を悪くされたり誤診されるというケースが何度もあった。
こうだと決めて医者に訴えるので、それが結果的に医者のミスを招いたりするし、自分に責任がない時には何故か引かれるようにその状況になってしまう。
どうやらそれは潜在意識の中であえて自分を罰していたらしい。
過去生の魂からの影響もあるし、今世でも何かがトリガーになるとその契約が発動するのかもしれない。

もう過去の呪縛は解き放ったと思っていたのだが、まだ簡単には行かないようだ。

今回も完全にガイド達は知らせてくれていたのを自分の決めたことを覆したくなくて、結果痛い思いをして二日間寝込むことになったというわけだ。

頭で理解しいっぱしのブログを書いていても、実践が伴わなければ説得力がないということが身に沁みている。
しかしこれを悟れただけでもよかったし疲れが溜まっていたから休む必要があったよと、どうやら私のガイド達は言っているようだ。



« 隠れスピリチュアル | HOME |  陰陽師の指南 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/50-533cf7ef

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR