政治と魔術 ・1

2018–11–29 (Thu) 17:09
政治とスピリチュアルについては過去にも何度か書いているが、改めてもう一度書いてみたい。

政治と宗教や霊能は切っても切り離せない。
古今東西歴史の初めから支配者やリーダーは、見えないものが見えたり神と話せるシャーマン的な人物が多かった。
それが部族から国という形になり政治という制度になっても、特殊な能力を持っている者は当然人々を導くポジションにつくことになる。

日本でも卑弥呼はシャーマンだったし聖徳太子も予言をしたり数々のエピソードから霊能者だったことが分かる。
元を辿れば太古の指導者は宇宙から来た特殊な魂とも言われているが、そこは触れずにおくとして、古来から洋の東西を問わず政治と神事は切り離せない。

政治を日本では、政と言う。
「まつりごと」である。
古代は祭政一致が常だから、神からの御宣託を受けて「政」は行われた。
天皇は神事を行うシャーマンという位置付けで、「現人神-あらひとがみ」とつい最近まで考えられていたのは歴史で習っただろう。

外国も日本も時の為政者が霊能者や宗教者に頼り言いなりに国を動かした事例がいくつもあり、、ロシアの怪僧ラスプーチンや奈良時代の道鏡などは女帝に取り入ったことで有名だ。
平安時代に安倍晴明が陰陽師となり様々な呪術を駆使して天皇や公家達に絶大な影響力を持つと、以降政治の世界ではお抱えの陰陽師や祈祷師を持って政敵を呪詛することもあったようだ。
天皇はじめ平安貴族は血を流すのが嫌いだから呪術を使ったとの説があるが、確かに武家は刀、公家は呪詛と相手を倒す方法は違っていたのかもしれない。

飢饉や疫病が襲うと頼るのは僧侶や祈祷師を集めて神仏に願う加持祈祷だったし、菅原道真公や崇徳天皇、平将門も祟りを抑えるために神に祭り上げたのだから、政治は見えない世界、神仏に左右されていたと言っても過言ではないだろう。

世界各地で魔術師や祈祷師は呪術を使っていたし、日本でも藤原不比等が中国から蟲毒という呪術を持ってきて使っていたのは闇歴史で知られている。
魔術や呪術の需要は政治絡みが多く、政敵や邪魔者をひそかに疑われず葬るために使われた。
大抵は病気や怪我、事故なので呪詛だとは知られない。
仮にそう思われても因果関係など立証できないので、呪術は最強の武器だったろう。

スピリチュアルも政治にかかるとオカルトやホラーの側面が大きくなってしまう。



02233a191216d28e550c509bb8ca1b34_s.jpg





« ブログの限界 | HOME |  政治と魔術 ・2 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/481-fe396bb9

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR