念とエネルギー

2018–11–11 (Sun) 16:34
人は常に念を出しているし受けている。
念とはエネルギーや波動ともいえるが、想念だけではなく誰でも体の周りには腕の長さくらいのエネルギーをまとっている。
これはオーラと呼ばれるが、色が見えたり大きさ形が違っていたり伸び縮みもする。

その時の状態によっても形状や色が変わったり、病気などをするとその部分だけ欠けたり凹んだりもするらしい。
私はオーラは見えないがかつて絵を教えていた時絵画教室の生徒にオーラが見える子がいて、心身共にしんどい時期に「先生のオーラはぼこぼこに引っ込んでいる」と言われたことがあった。
今なら見えなくてもわかるような気がする。

嫌いな人間の側に行きたくないと思う時は相手が出すエネルギーフィールドに触れたくない、入りたくないと感じているからだし、好きな人にくっつきたいと思うのはそれを共有したいと求めるからだ。

喜びや悲しみは波動となって体から放出される。
特にネガティブエネルギーは残りやすいようだ。
風邪を引いて熱を出したり病に臥せっていれば、体から邪気やネガティブエネルギーが出て寝具がそれを吸い取っている。
そういう時は特にこまめに寝具類を洗ったり布団を干した方がいい。

物には念が憑くというが、知らず出しているネガティブエネルギーがその時に身に着けていたものや場にも残る場合がある。
だから、失恋した時に来ていた服や相手から貰った物は身に着けたくなくなるし、処分した方が理にかなっていると思う。
失恋でなくとも人生で辛い経験や大変な思いをした時の物はそれを思い出すから嫌だが、実は思い出すというのはその時に憑いた念に通じてしまうということでもある。
とにかく嫌だと思う物や場所や人は、そこにあるエネルギーを避けたいというスピ的直観だと考えていい。

私は以前温泉が大好きで、大きな町の健康ランドのような温泉にも足繁く通った経験がある。
そういう場所は温泉をかけ流しではなく循環させていて、おびただしい数の人が毎日入っている。
以前はそれも平気だったが今ならもうとても入る気にはならない。
いくら消毒していても物理的にきれいでないというのもあるが、それ以上に多くの人が入りお湯に体から邪気やネガティブなエネルギーを出していくのだから、とても怖くて入られないのだ。

世の中には潔癖症の人がいるが、病的でない限り人のエネルギーに敏感だからその影響を受けたくないという、自分でも気が付かない隠れスピ人間なのかもしれない。

どうしても嫌な感じがするという時は、自分のスピ能力を信じてその感覚を尊重した方がいいだろう。


7014f623c4113d084c624e1501a042b1_s.jpg





« 神社参りの意味 | HOME | 

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/474-fbaaf3d3

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR