神社参りの意味

2018–11–10 (Sat) 17:27
私は神社が好きで定期的にいくつかの神社に行く。
祈祷してもらったり宿坊に泊ったり自分の浄化も兼ねて通い、実際本当に助けてもらっていると感じている。
しかし最近ふと思うところがあって自分自身の内観をしてみると、神社参拝で反省すべき部分や姿勢を改めなければならないのではないかと気付かされた。

よく、神社はお願いに行く所ではないと聞く。
参拝の時にはお礼と感謝で十分だと。
しかし大抵の人は御利益を期待したり願い事をする。
祈祷では神職が神様に祈願の取り持ちをしてくれるし、参拝客が増え皆が神様に手を合わせればそのエネルギーを得て神様もパワーが増すのも事実だろう。
それでいい循環が出来れば理想的だ。

しかし人間は弱いもので「苦しい時の神頼み」という言葉通り、困った時だけお参りに行ったり縋ったりすることも多い。
私も最初は好きな神様にお参りし神気を感じ自分が浄化されていくような気持になるだけで嬉しかったが、時に困り事があったり窮地に陥ると神社へ行って神様にお願いしたのも何度かあった。
勿論崇敬する神社で助けて貰ったと思った時はお礼参りもし、ますます神様が好きになっていった。

だが、ふと気付いたのはいつの間にか本末転倒になってしまっているのではないかということだ。
困った時は神社へ行って助けて下さいとお願いする。
そういうことが多くなっていないだろうか。

商売繁盛とか儲かりますようにと現世利益を求める参拝をどちらかというと否定的に考えていたのは、人間の欲を神様にお願いしてはいけないと思っていたからだ。
しかし例えば厄落としでも縁切りでも命を救ってくださいという切実な願いでも、実は神様にお願いするということについては変わらない。
神様は内容を選ばないと言われる。

ただ、もし御利益があるとしたら実は本人自身が最大限の努力をして、もう出来ることは全てやったという上で神様にお願いした時だと思う。
自助努力もせずに他力本願で、あっちの神様こっちの神様お願いしますではいけないのではないか。
もっと言えば御利益も諸願成就も、自らの努力や持っているパワーが不可欠で、それを呼び覚まし引き出して最大限発揮させてくれるのが神様の力であり神社参りのあるべき姿ではないかと思ったのだ。

ブログの最近の記事で「天は自ら助くる者を助く」「人事を尽くして天命を待つ」と書いたことがあったが、これが今日はリフレインしていてこの記事になった。
一昨日昨日と三峯神社へまた一泊してきたのだが、神様が私に教えてくれた言葉のような気がする。


DSC_1772.jpg




« 今ある幸せ | HOME |  念とエネルギー »

コメント

こんばんは

私は昔から、神社仏閣にはお願い事を多くしていたので、
スピリチュアルブログで「個人的な願い事をしてはいけない。」、
と目にした時は気まずい思いをしたものです。(^^;)

でも、お願い事とも自分の希望を語ったとも言える内容だったので、
大丈夫かと思っています。(;^_^A

感謝とお礼だけのお参りが一番良いのかもしれませんが、
苦しい胸の内を吐露したくて、神社仏閣に足が向く時もありますね。

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

私も同じ感じで参拝しています。
参拝の仕方は基本があるようですが、神社という神域で浄化されたり内観したり神気をいただいたり様々な在り方があると思います。

ただ、人と同じで初対面の相手にはまずご挨拶からというのがいいのではないでしょうか。
そういう意味で私は好きな神社には定期的に通うようにしています。
弱音を吐いたりお願い事もありますが、棚ぼたの御利益はないと思います。
苦しいときは神社へ足が向くのは自然ですから、あまり構えず好きな神様にお話しを聞いて貰ってもいいのではないでしょうか。

神様に歓迎されてない気がする私

私は一時期母親の大病回復祈願に足しげく氏神様へ通っていました。
自分が神様に嫌われる様な悪い波動を持っているのでは、と内心不安に
思いつつ縋る所がなく神様にお願いしに行っていました。
あれから3年ほど経ち、母は再発を繰り返しながら命を繋ぎとめています。

ある日から参拝を止めました。自分では何も神様に喜ばれる様な人間じゃないのに、お願い事をしにだけ行く自分の醜さを感じました。
神様なんて何もしてくれないじゃないかという黒い感情もありました。

たまにふらっと訪れる事がありますが、お願い事はしません。
潜在意識ではきっと助けて神様と叫んでいるとは思いますが、表層意識では
お願いしますと唱えるのはやめました。

それほどあちこちの神社を訪れたわけではないですが、今だに神様に歓迎されていると感じた事がありません。

神社に行く道すがら黒いアゲハを見た時は歓迎されてるとか都合の良い様に受け止めましたが。

私はそれほど神社に親和性を感じていないのかもしれません。
建築物の好みとしては教会の方が心躍ります。

Re: 神様に歓迎されてない気がする私

コメントありがとうございます。

ティナさんがお母様の平癒を祈って神社に必死で参拝すること自体、ティナさんの自助努力と必死さが神様に伝わっていると思いますよ。
神様というよりも、その祈りがお母様の命を繋ぐ一助となっているのではないでしょうか。

過去生の影響で神様も親和性が違ったりします。
教会がお好きならティナさんの過去生はキリスト教に縁が深かったのかもしれません。
具体的な神様ではなくても、天に祈るという気持ちが大事なのだと思います。

人間ですから神の存在を疑ったり信じなくなったりすることはあるでしょう。
結果が出なければ「神も仏もあるものか」と思ったり。

その人の価値観で神仏の存在はいかようにも変化します。
要は自分にとって信じるか信じないかだけです。
人間が生きる上で神仏の存在はよりどころになりますが、無神論者は違うよりどころを見つけるでしょうし、その人その人の信じる道を行けばいいのだと思いますよ。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/473-49c427de

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR