課題の分離

2018–09–20 (Thu) 17:49
私はこのブログで様々なスピ的考察を書いているが、スピリチュアルの理や霊的進化の道筋など客観的には判っていても、では自分で全て実践出来ているかというとなかなか難しい。
最近これはデジャブだと思う出来事があり、去年全く同じような出来事に遭遇したことを思い出した。
詳細は割愛するが、結果的に私の取り組み方が間違っていて、きちんと自分の立ち位置のボーダーが引けなかったことで心身ともに疲弊したことがあった。

アドラー心理学で「課題の分離」という考え方がある。

―『課題の分離』とは、問題や課題を目の前にして、『この問題・課題の最終的な末路を経験し、責任を負うのは誰か』を考え、課題が誰に属しているのかを仕分けていくことを言う。
そして、誰の課題なのかが明確になったら、自分の課題とだけ真摯に向き合い、他者の課題には介入しないようにする。―

つまり他者の問題に関わるといつの間にか自分の問題にまでなってしまう場合があるが、それは自分の課題ではなく忠告やアドバイスはしても解決はあくまで相手がしなければならないということだ。
人間関係や友人関係で、特に情が絡むとその境が分からなくなる場合がある。
またスピ系人間、特にエンパスや霊媒体質の人は、生きている人間の気持ちともシンクロしてしまうので、我が事のように心を痛めたり行動を起こしてしまう。
果ては相手に憑いている邪気までもらってしまい、ミイラ取りがミイラになることさえある。
占い師や霊能者はこのボーダーをはっきりさせないと命に関わるが、普通の人間関係でも課題の分離を行っていけばシンプルな生き方が出来るだろう。

図らずも最近私は全く同じパターンのシチュエーションに遭遇した。
しかしいつもブログで言っているように、私のガイド達が今回は教えてくれていた。
三度も違う人の口を介して同じことを言われたのだ。
内容は、言葉は違っても「課題の分離」をしなさいということだった。

三人から同じ事を言われたら、これはもう注意と指導以外の何物でもない。
自分でも気付いた「この道はいつか来た道」という感覚と、同じ轍を踏んではいけないという思いがある。

ブログではいつも見えない世界との繋がりを強くすればガイド守護霊から様々なサインが貰えると言っていたが、今回は自分が信じて書いていた事が証明された気がする。
昨日久しぶりに会った3人目の人は私に「前回の宿題がクリア出来たかどうかお試しされたんじゃない?」と私に言った。
その通りだと思う。

見えない世界の人達に感謝だ。


Image429.jpg





« エネルギーバンパイアはいる | HOME |  ダメンズ考 »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/452-09945366

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR