続・腐れ縁

2018–09–15 (Sat) 17:05
先日の記事で「腐れ縁」の恋愛を相談してきた友人の話を書いた。
結論から言うと、腐れ縁は今もこの後も絶賛進行中という模様だ。
お互いの言い分を直接聞かされたり、かなり私も心配したのだが「今度こそ別れる。」と言う彼女にやっと縁が切れるかと思っていたところ、またヨリが戻って「これから二人で遊びに行ってきます」メールには脱力してしまった。

最初から上手く行かないと思っていたが、深い過去生の縁で別れられず同じことを繰り返している。
現在の親も加わり夫婦だったり親子だったり捨てたりという複雑な関係なのでむべなるかなの結果だが、持ち越したカルマを解消するのはかなり大変だろうと予測は付いていた。

職業占い師なのでその過去生も友人は判っているが自分のこととなると感情が先走るので、人を占いながら自分も他の占い師に占ってもらうという状況で笑うに笑えない。
残念ながら私も同様だが、占い師は自分のことは感情のフィルターが掛かるのでよく分からなくなる。
外科医が自分の手術が出来ないのと同じだ。

男女の色情は、もつれ絡み合い計算できない複雑さを持つ。
色情因縁の要素が入ればもう泥沼をのたうち回るごとくで、周りも巻き込んで延々と泥仕合の繰り返しが続く。

私にとっては今回もデジャブのような部分があって、以前も違う友人のDV絡みの恋愛に関わったたことがある。
友人を心配して入れ込み過ぎこちらの方が毒を受けてしまい体調を崩したので、今回もこの徒労感に同じ轍は踏むまいと思ったところだ。

夫婦喧嘩は犬も食わないというが、色情というのは肉欲が入るからそちらに振れるタイプは理を説いて話してもまず無理だろう。
極端な話どちらかに違う相手が出来たり存在がなくならない限り、別れることは不可能だ。
色情因縁の腐れ縁になると複数の異性が色情で絡み合うので修羅場になるが、当の本人たちは懲りずに延々とその状態を繰り返している。
その結末はきれいな因果の清算は少なく、もっとカルマを積むような刃傷沙汰になったりする。

私もなぜか人の恋愛の相談を受けることが多いが、結論としては何度か別れては戻るを繰り返しているカップルはあまりいい恋愛ではないし腐れ縁に近い。
そしてそういう二人は傍が何を言っても聞かないし、終末がハッピーエンドになる確率は低い。
極端な話、命のやり取りになる事さえある。

腐れ縁の男女はパワーが強いので、周りが悪影響を受けることが多々ある。
アドラー心理学で「課題の分離」というのがあるが、相談を受けたら解決法は提案しても相手の課題なのだから割り切り、そこで心理的関係を断ち切るべきというものだ。

今回は私自身も「課題の分離」という課題をクリアしなければならなかったようだ。
友人のトラブルに親身になるあまり巻き込まれてしまうことはよくあるが、そんな時はきちんと線引きをして、仮に結論が見えていてもそこに辿り着けないのは本人の修行だと思うしかない。


764e3d4eb3aa59056420c62b3f37e1b3_s.jpg





« ジャッジしない | HOME |  エネルギーバンパイアはいる »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/450-21278e1e

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR