腐れ縁

2018–09–11 (Tue) 15:00
今日はあまりいい表題ではないが、腐れ縁という言葉はよく聞くと思う。
男女の間でも同性同士でも使う。
文字通り「腐った縁」でいい意味では使わない。
お互いに良い影響を与えないが、切りたくても切れない縁のことだ。
男女なら別れたいのに別れられない、離れかけてもまたくっついてしまう繰り返しで、それが結婚に至らなかったり、逆に結婚していても最悪の相手なのに今度は離婚が出来ないなど、切るに切れないネガティブな縁だ。

これはもう前世の因縁があるのは明らかだが、多分そのを抱えたまままた今生で会うことになって、それぞれの未熟さから過去の因果を解消できないでいる関係が腐れ縁なのだと思う。
男女なら色情因縁がそれに絡むからもっと始末が悪くなる。

別れては戻りを繰り返すのは腐れ縁の典型と言えそうだが、当事者に聞くと本人達も腐れ縁だと認めている場合が多い。
しかしこういう場合自分達でもう腐れ縁だと肯定していることになるから、永久に関係は腐れたまま続くだろう。
必ず理由があって今世で縁を再開したわけだから、それをどうにかしようと考えなければまた来世に持ち越すことになる。

それにはすっぱり切れるか、その縁を腐らせず良縁にすることだ。
男女ならずるずると関係を続けるのではなく結婚して家庭を築くか、二度と会わない覚悟で別れるかどちらかで、たとえ結婚して失敗し離婚になっても逆にそこでは解消されると思う。
生煮えの状態で延々と同じことを続けるのが腐れ縁だから、それをはっきりさせるのが腐れ縁の清算には必要だ。

私も腐れ縁と言えそうな男女を幾人か見て来たが、恋人同士でも夫婦でも必ずメビウスの輪をぐるぐる回っている。
どこかでブレイクスルーすべきなのになかなかできないのが過去生の因縁であり、二人の共通のカルマなのだと思ったものだ。
しかし少なくとも腐れ縁と自覚しているなら、それを解消しようと努力するのが魂の成長だ。
離婚騒ぎを何度も起こしながらも別れず老齢になり、一緒にいてよかったと思った時に腐れ縁は良縁になるかもしれないし、苦しみにのたうち回ってもすっぱりと縁を切ることが出来たらそれも因縁の清算になるだろう。

肉親や親類縁者はもともと縁があるからその設定自体は変えられない。
しかし、赤の他人と深い縁を持つ時はそれが腐れ縁になるか良縁になるか悪縁になるかは、因果やカルマのせいばかりではなく今世の生き方や霊性の向上によっても決まるし変えて行けることだと思う。

先日、3年も付き合っても別れられず結婚したくても諸般の事情でなかなか無理で、腐れ縁と自嘲していた友人の相談を受けた。
「腐れ縁も結婚したら良縁になるし、別れたら縁が切れるのだから今の状態を続けて腐れ縁にしているのは本人達。
自分の向き合い方で縁の種類を変えられるのだから、どうにかしたいなら動いた方がいいのでは。」とアドバイスをしたが、果たしてどうだろうか。

人間は過去生の因と今世のどこかで必ず向き合う時がある。
腐れ縁と言われる相手との付き合い方もその一つだろう。


87811badf031e26257dfc8cc2467ab6d_s.jpg






« スピ的視点の違い | HOME |  ジャッジしない »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/448-59230350

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR