クリスタルチルドレン

2018–09–07 (Fri) 17:01
北海道に行った時に絵の教室の教え子と10年ぶりに会ってきた。
最初に教室に来たのは小学2年ぐらいだったが、いわゆる不思議ちゃんで学校でも皆に馴染めずいじめや仲間外れにされていた。
龍の絵が好きでそればかり描いていたので、この子は龍神系なのだと思ったものだ。
オーラも見えるようだったし、普通の子供と話が合わず多分転生の少ない精霊や宇宙系の魂のようだった。

10年の歳月を経て会った彼女は、社会でかなり苦労をし人間の修行をして人間らしくなっていた。
3時間会って話した内容は見えない世界の話ばかりで、完全にお互いの正体が理解できた再会だった。

スピリチュアル能力を持っている人間は、幼少期から見えないものが見えたり感じたりする。
それをそのまま言ってしまうので、親も周りも気味悪がったり変な子扱いされて学校へ行けばシカトかいじめに遭う。
本人も人の嘘や本心や未来まで見えるから、素直に付き合えなくなるし人間不信に陥って友達などできない。

私の知り合いや友人のスピ系人間や占い師は、やはり小さい頃から人付き合いが大変だったり長じても人間社会に馴染むのに苦労している。
私のように一通り終えてから開いても、もう元の世界へ戻るのは頭のスイッチを切り替えなければならないのだから、子供時代からそうなら疎外感に苦しみ鬱やメンタルを病んでもおかしくないし自殺する子も多い。

インディゴやクリスタルチルドレンで、本来の目的で人生を全う出来ている人はどのくらいいるのか疑問だ。
途中で挫折や潰れてしまう割合も高いと思われる。
彼女もクリスタルチルドレンだが、普通に社会で働いてソウルグループの人に会ったらしく人間社会の常識を指南してもらったようで、しっかりした考え方を持っていた。

自分のこれからの人生でやるべきことも分かったので、龍神の家と土地を継いで傍ら好きなクラフト作家になりたいと言っていた。
実際もう販売もしていて、作品も見せてもらったがやはり宇宙の物だった。
彼女をリーディングしてみたら、土地を守ってくれる限り作家として後押しするからと彼女についている龍神が言っているような気がして伝えた。
本人自身もあれよあれよという間に地元だが作品が知られ売れるようになったそうで、龍のおかげだと気が付いたそうだ。

まだ若く時々此岸と彼岸の区別がつかなくなると言っていたが、実は彼女のような若者も最近は少なくないように思う。
特にクリスタルチルドレンと呼ばれる特殊な能力を持った子供達はADHDやアスペルガーに見えることがある。
非凡な力を持っていても潰されてしまうのは可哀そうな事だ。
多分このブログを読んでくれている人の中にも同じように生き辛い人がいるのではないだろうか。

存在するだけで周りをヒーリングしていると言われるぐらいの魂なのだから、彼らには地球のために最大限の能力を発揮してもらいたいものである。

写真はその彼女の作品


DSC_0376.jpg





« 天変地異 | HOME |  スピ的視点の違い »

コメント

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/446-52a73c95

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

PR