妖怪はいるか

2018–08–11 (Sat) 17:17
お盆には怪談話がつきものだが、私の友人の占い師は小さい頃幽霊以外にもいわゆる妖怪や不思議な世界のものも見えたという。
ゲゲゲの鬼太郎では様々な妖怪が出てくるが、これは日本古来から伝えられている妖怪で、それに類するものはいたのではないかと最近は思っている。
今ほど文明が発達していなかった時代では洋の東西問わず妖怪や魔物がどこでも語り継がれているし、名前がある妖怪から悪霊が重なり合って化け物のようになった魔物までいたはずだ。

電気もなかった昔では神も魔物も身近なもので、人間も繋がりやすく見えたのではないだろうか。
河童などは今でも馴染みが深いし、これほど身近な妖怪もないと思う。
本当にそれらしきものはいたと考えてもおかしくない。
今でもカマイタチはいるようで、私も一度だけ覚えがないのに腕に5㎝もあるひっかき傷が突然出来たことがある。
まさかと思っていたが偶然違う理由で陰陽師のところに行ったら、傷を見てそうかもしれないと言われた。
まあ、真偽の程は判らないが、スピブログを読んでいるとカマイタチにやられたという記事を見つけて、やはりあるのかと思ったものだ。

庚申塚というのが今でも地名やバス停などにあるが、これは陰陽師などが妖怪や魔物を捕まえ地中に封印して石を置き塚にしたものだ。
昔は妖怪や魔物を陰陽師や呪術師が捕まえて埋めたり結界を張ったりしたようだ。
だから間違って結界を破ったり塚を掘り起こしたりしたら、パンドラの箱を開けることになる。

現代人は幽霊も信じないしましてや妖怪など物語の中のものとしか捉えないだろうが、スピリチュアル的視点になると妖怪というよりも形を変えたエネルギー体だったリ宇宙人だったり人の姿をしていないだけで、見えない世界では様々な形態があるのだと思うようになった。
近代は都会化して妖怪の住む場所も無くなり、みんな深い森や山の奥に追いやられてしまったという。
山の中で迷うと不思議なものを見たという証言はたまに聞くが,案外それは妖怪かもしれない。笑

お盆は死者だけではなく地獄の窯が開くと言うから、あちらの世界からも様々なものが来る。
海水浴をすれば水中に引っ張られると言うし、お盆の禁忌は案外あるようだ。
昔から言い伝えられていることや迷信は何かしらの根拠があるかもしれず、面白半分で破らない方がいいような気がする。



12a45938bcb427bb426157f8e4315f97_s.jpg





« 見えない世界のコンタクト | HOME |  護られる時 »

コメント

こんばんは

お盆は地獄の窯が開くですか・・・最悪なことにちょうどお盆にトラブル発生しまして、記事を読んでついこじつけたくなってしまいました。
一番の原因は新月と月の障りが重なったので、神経が尖って諍いに発展したのが主なのは承知していますが。(満月、新月前後はケンカしてしまう事が何度かあったので、自前に用心と思うのですが、いざその瞬間には頭からスコーンと抜けてしまってます)

あと妖怪じゃないんですが、いまさっきスイカを食べていたら、いきなり目の前に蜘蛛が現れて、上の蛍光灯から糸を垂らして上行ったり、スイカの皿の上に降りたりして、数分間ちょろちょろしていました。

お盆にいきなり蜘蛛が目の前に現れるという現象に、「こ、これはご先祖様由来なのか、よくない系なのか・・・」と一瞬固まってしまいました。

ネットでちょろっと調べましたら、夜蜘蛛は良くない・・・がちょーんとなりました。
蜘蛛は嫌いじゃないですが、時期が時期だからつい気になってしまいました。

あと私の故郷は海に面した所なのですが、お盆は精霊流しがあって(どこでも
あるとは思いますが)、朝4,5時に起きて家族総出で歩いて数分の浜に、仏壇に供えた食べ物等とロウソクや線香を持って行き、砂浜に線香ロウソクを立て、ご先祖様を送る(だったと思う)行事があります。

といっても、小さい頃は何がなんだかわからず、親の言うまま朝起こされてついて行ってただけなんですが。

毎年町内で木の精巧な船を造り海に流すのですが、あれも深くは親に聞いたことがないですが、その年に亡くなった方の魂を乗せてあの世に送り出すみたいな事を言ってました。

ご先祖様の事や、あの世の事など興味なかった頃は何の意味が?とか思ってましたが、そういう方向に心が動いて行くと、いろんな行事が意味あるんだなーと受け入れる様になりました。

今回も駄文長文失礼しました。
陰陽師の術も本当にあるんだなっていうのも最近信じられる様になりました。

Re: こんばんは

コメント有難うございます。

お盆は感じやすい人は結構大変みたいです。
その反面故人が帰って来るのできっといいこともありますよ。

スピリチュアル的な視点を持つと何事も意味を考えてしまったり結び付けようとしてしまいがちですが、神経質にならずに何となくピンと来たり印象に残ったことはそうかもしれないくらいに押さえておいた方がいいです。

確かに古来から受け継がれている伝統や行事は根拠があるものでしょう。
信じる信じないは個人の気持ちですが、少なくともそういう知識を持ったり実感出来るようになればなおざりには出来ないのだと思ってしまいます。

スピリチュアルは自分にとってこの程度とボーダーを決めておくのが賢明だと思います。

おはようございます

昨日、山口で行方不明になっていた2歳男児が無事見つかりましたね!

いなくなったのが12日で見つかったのが15日。
その間ご先祖さまが見守ってくれていたのでは、
とのコメントをどこかで読みました。

私には視えないのでわかりませんが、
ご先祖さまか妖怪かトトロは確かに近くにいる!と思った出来事でした。(^^)

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

本当に山口の事件は不思議ですね。
仰るように何か違う力が働いたような気がします。
多分あの子はこれから大人になってこの恩を世の中に返すことになるでしょう。

助けた男性も特殊な人だと思いました。
彼はきっと何かに呼ばれてあの子を見つけたのでしょう。

狐につままれるとか、狸に化かされるとか、案外本当の事だからそんな言い方がされるのかもしれません。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://leomasquerade.jp/tb.php/433-a164e865

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

プロフィール

masquerade

Author:masquerade
職業画家でベネチアンマスクを描いています。

PR

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

人気記事ランキング

月別アーカイブ

タグ

メール送信

リンク

フリーエリア

QRコード

QR

人気ブログランキング

PR